• HOME
  • 恋愛
  • 年下彼氏の魅力とは|付き合うメリットやデメリットについて
恋愛

年下彼氏の魅力とは|付き合うメリットやデメリットについて

女性も年齢を重ねてくると、年下男性も彼氏候補の一人として検討することがあります。しかし、年下彼氏と付き合うことには、どのような魅力があるのでしょうか。年下彼氏のメリットやデメリット、付き合う上での注意点なども合わせてみてみましょう。

年下彼氏には年上や同い年にはない魅力がある

大人な対応をしてくれる年上男性や、対等な関係を自然と築くことができる同い年男性とは違う魅力をもつ年下男性は、彼氏候補として考えられる存在です。どのような魅力があるのか、また付き合っていく上で、どのような注意点があるのか、理解を深めておきましょう

可愛いだけじゃない年下彼氏と付き合うメリット

年下男性と付き合ってみたいと思った女性は多いのではないでしょうか。年下男性には可愛いというイメージを抱くことも多いですが、魅力はそれだけではありません。実際に付き合ってみると、どういうものなのか、メリットや付き合う魅力についてみてみましょう

自分好みの男性に育てられる

年下の男性は素直で従順なため、年上の女性から多くのことを学びたいと思っている人が多いです。そのため、彼のことを自分通りの男性に育てることができます。

付き合っていく上でも自分がリードする機会も多く、過ごしやすい相手だといえるでしょう。年上男性の場合、男性がリードしてくれる場面も多いですが、自分の考えが正しいと思い込んでいるケースもあります。年下男性には彼のよい部分をきちんと尊重し、直してほしい部分を指摘しても素直に受け止め、改善する努力をしてくれるでしょう。

影響されて若々しくなる

年の差カップルで女性が気にする点といえば年齢差でしょう。かっこよくて若い彼氏に釣り合うように、自然と自分磨きをするようになるので、若々しく健康的でいられるようになります。美容や健康に気を付けるようになるため、実際の年齢よりも若く見られる機会が増えることでしょう。

一方、年下男性も年上彼女に釣り合うよう努力を続けることが考えられます。年下であってもリードしたいという思いを抱き、何事にも頑張るようになるのです。このように、お互いが高め合えることは恋愛が長続きする秘訣ともいえるでしょう。

余裕のある付き合い方ができる

年下彼氏の場合、年下だからと割り切って考えることができるので、彼に頼りすぎて罪悪感を感じたり、追いかけてばかりの恋愛とは違う気持ちで付き合うことができます

そのため、相手の立場に立った余裕のある接し方や気兼ねすることのない対等な関係を築くことができるようになります。

年上男性や同学年の男性の中には、女性を下に見るような考えの男性もいます。しかし、年下男性の場合、自分のほうが経験や知識でも劣っているということを認めて接しているので、彼女の意見や考えを尊重して聞き入れてくれる機会が多くなることもあります。

心に余裕が生まれるため、「ありがとう」や「ごめんね」を素直に伝えることも。自然と母性ある接し方をすることができ、より年下彼氏から愛されることでしょう。

飾らない自分を見せられる

付き合っている彼氏がしっかりしていると、自分もしっかりしないといけない、だらしない人だと思われないようにと思ってしまいがちですが、彼氏が年下だと母性本能をくすぐられて、自分のだらしない姿や弱い部分などのダメなところを見せやすくなります。

相手がダメダメな姿を見せてくれると、肩の力が抜けて、素の自分でいることができるだけでなく、自分を無理に飾る必要がなくなり、付き合っていても楽な気分でいられることでしょう。ありのままの自分を出して付き合いたいと思っている人には、年下彼氏だと気楽に付き合うことができそうです。

年下彼氏と付き合う上でのデメリット

気になる人がいても、年下だと分かった時点で諦めてしまう人も少なくありません。また、自分との年齢差を気にして、なかなか恋愛が進展しづらいことも多いです。年下彼氏と聞くと、さまざまなデメリットが頭に浮かぶことでしょうが、どのようなデメリットが考えられるのかみてみましょう。

金銭面での不安がある

年齢に差があると収入面での差も大きくなるケースがあります。そうなると、金銭面で頼りにすることができないため、彼女が多く支払う場面も多くなる可能性が高くなります。

これは、年下男性といっても、どのくらいの年齢差があるのかで変わってきます。1歳~2歳程度の年下であれば、自分よりも高収入である可能性も出てきます。ストレートに質問するわけにはいかないため、普段の生活からさりげなくチェックしてみるとよいでしょう。

もし、プレゼントをもらったり、食事をごちそうしてもらったりと、お金がないとできないことを頑張ってしてくれている姿を見たら、どんな小さなことでも感謝する気持ちを忘れないようにし、きちんと伝えましょう。また、お金がないことを責めたり、プレゼントや旅行などをねだったりすることも控えることがおすすめです。

若さへの嫉妬を感じてしまう

年齢差があるカップルほど、自分に相当自信がないと、彼の周りにいる女の子に嫉妬したり、彼自身の若さにコンプレックスを抱いてしまうことがあります。

しかし、これは女性特有でもあり、年齢を気にしてしまうばかりに抱いてしまう嫉妬ともいえます。目に見えない嫉妬や彼を疑い続けることは、とても疲れること。彼にイライラしてしまったり、八つ当たりしてしまう前に、自分磨きをして少しでも自信をつけることがおすすめです。ただし、年上女性がやってしまいがちな、年齢不相応の若作りにはならないよう注意が必要です。

結婚のタイミングが難しい

結婚への意識の違いは、年齢差があるカップルほど感じるものではないでしょうか。こちらは適齢期を迎えているのに、彼氏は結婚はまだと考えているなど、お互いの結婚に対する考えが合わないケースは少なくありません

結婚適齢期を迎えている女性や、周りの女友達が次々と結婚していくのを見ている女性にとって、のんびりしている暇はないのかもしれません。しかし、彼が自分から結婚したいという気持ちになるまで待つ忍耐力は必要ですが、彼とは別に結婚相手を探すということも選択肢の一つとして考えてみるとよいでしょう。

世代のギャップが生じてしまう

年齢差カップルに多い悩みが、世代の違いによって生じるギャップ。最近の話題や彼の若すぎるテンションについていけず、心のすれ違いが起きる可能性があります。

その例として顕著なのが、社会人と学生の年齢差カップル。遊んでばかりいられない社会人の彼女がストレスを抱えやすくなる傾向があります。年下彼氏との付き合いを深めていくうえで、ジェネレーションギャップはあるものとして受け止めるよう心がけることも大切です。

また、生活リズムの違いも、世代のギャップに含まれます。立場の違う男女が、異なる生活リズムで過ごしていれば、すれ違いは必然的に起こってきてしまいます。積極的に二人で会える時間を作ったりすることで、お互いの気持ちまですれ違わないよう努力をすることも長続きさせるポイントといえるでしょう。

年下の彼氏を夢中にさせるテクニック

気になる年下男性を攻略するにはどうすればよいのでしょうか。年齢に関わらず、男性を攻略することはかなりハードルが高いもの。どのようなテクニックを身に付ければ、気になる年下男性と付き合うことができるのかチェックしておきましょう。

年下好きであることを宣言する

はっきりと、年下が好きということを宣言することも効果的です。年上の男性には興味がなく、年下男性が恋愛対象だと伝えることで、年下の男性をまんざらでもない気持ちにさせることができます。

意中の人がおり、その人にモテたいと思ったら、万人受けを狙って八方美人になるのではなく、はっきりと宣言することが大切です。年下男性のほうも、年下好きを宣言してもらったほうが、アプローチしやすくなり、関係が進展しやすくなることでしょう。

メイクを最新のものにする

年下男性にモテるためには、肌や顔、服などは年相応のものでOKです。メイクだけは流行の最新メイクを取り入れるようにしましょう。

若い頃のメイクを引きずったままだったり、若い子の真似をした服だったりというのは、若作りをしているという印象を与えてしまうことも。メイクだけを最先端にするだけで、キレイなお姉さんという印象を強くさせることができます。

眉とリップをトレンドメイクにすると、見た目が若くなります。気軽に取り入れやすいメイク方法なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

少し上から目線になる

仕事を優しく教えてあげたり、困っているときに助けてあげると、年下男性は憧れを抱きやすい傾向にあります。お姉さんぽい態度で接することがポイントです。

年齢を理由に強気な態度をとったり、開き直ったりする態度は、年下男性からの評判がいまいちになってしまう可能性も。例えば、彼が悩みや愚痴を言ってきたとしても、説教のような受け答えにならないよう注意することが必要です。年齢を重ねたことで得た経験や落ち着きを前面に出して、魅力をアップさせましょう。

共通の趣味を持つ

年下男性に限らず、意中の男性と共通の趣味を持つことは、彼に近づくためのテクニックとして知られています。彼の好きな音楽や映画など、共通の趣味があれば、話も盛り上がりやすくなります。年下彼氏の趣味をリサーチして自分も飛び込んでみましょう。

趣味の話題をきっかけにして仲良くなれば、デートの口実として二人で出かけることも可能になります。意中の彼との距離を縮めたいのであれば、彼の趣味をリサーチし、共通の話題のタネを持つことが大切です。彼が好きなことだから自分もやってみた、と話してみることもおすすめです。

年下彼氏と上手に付き合っていくにはどうすればいいの

どんな年齢の男性でも、付き合っていくには注意点があります。では実際に、年下男性と付き合うことになったら、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。上手に付き合っていくポイントを抑えて、長続きするカップルになりましょう。

年齢差を意識しないで接する

相手が年下だからといって、女性が無理にリードする必要はありません。自然体でなんでも一緒に楽しむことが大切です。頑張ってリードする付き合いは、自分のありのままの姿とは異なり、違う自分を演じて付き合うことになってしまいます。それは、彼女が疲れてしまうことになり、恋愛が長続きしなくなる原因にもなるので、自然体を常に心がけるようにしましょう。

男性にもプライドがあるので、自分がリードしたいという欲求があります。そんなときは、素直に年下彼氏を頼りにしてリードしてもらいましょう。年齢差を意識しないでお互いに接することが、自然体でいられることにつながり、お互いが大切な存在になっていくことでしょう

甘えたい時は自分から甘える

年上だからという理由で、自分で色々なことに制限をすることはおすすめできません。たとえば、年上だからといって甘えるのを我慢することなどが当てはまります。年下の男性でも、女性から甘えられたいという願望はあるため、甘えたいときは積極的に甘えるようにしましょう。

年下彼氏にしっかり者と思われていた場合、甘えたり頼りにする態度で彼はギャップを感じ、ドキッとすることも。全てにおいて自分が頑張りすぎてしまうだけでなく、積極的に甘えたり頼りにすることが、長続きさせるポイントといえるでしょう。

すべてを受け入れてあげる

男性には、甘えられたい、頼りにされたいという欲求がある反面、彼女に甘えて癒やされたいという思いもあります。そのため、仕事に対する愚痴や不満を聞いてあげたり、何か失敗しても責めたりせずに、年上女性ならではの広い心で受け止めてあげるようにしましょう。

頑張っている年下彼氏を、年上女性ならではの包容力で優しく包んであげることが大切です。注意することは、甘やかしすぎないこと。パワーバランスが崩れてしまうと、親子のような関係や、彼が頼りすぎてしまうことになってしまうので気を付けましょう。一緒にいて居心地がよく、ホッと一息つける、そんな存在になることが長続きさせる恋愛の秘訣ともいえるでしょう。

思ったことは口に出して相談する

年齢差があると、人間関係や仕事など、彼とは違うストレスを抱えてしまうことがあります。そんなときは、年下だからといって遠慮せず、思ったことや悩みはすぐに彼氏に相談するようにしましょう。不満をきちんと伝えることで、対等な関係を築くことができます。

ただし、彼にも分からないような難しい悩みなどは、職場の人や家族に相談することがおすすめ。また、自分のことばかりを相談するのではなく、彼の悩みもしっかりと聞いてあげることが大切です。お互いに、相手の立場に立ち、真摯に向き合うことでより良好な関係を築くことができるでしょう。

年下彼氏が喜ぶプレゼントってどんなもの

誕生日やクリスマス、イベントなどの際にあげるプレゼントも、年齢差のあるカップルには悩みの一つ。どんなものをあげたら喜んでもらえるのか、不安に思ってしまう人もいることでしょう。プレゼントとしておすすめのアイテムをチェックして参考にしましょう。

シンプルな皮の財布

彼氏が大学生や20代であれば、長い間同じ財布を使っていることも多いことでしょう。財布はプレゼントとして間違いなく喜ばれるアイテムの一つともいえます。ブランドは気にせず、予算3万円くらいの皮の財布がおすすめです。

学生や新社会人など、彼の立場が変わっても使いやすいシンプルで上質な財布を選ぶことがポイントです。落ち着いた飽きのこないデザインであれば、大切に長く使ってもらえることでしょう。

おしゃれなネックレス

学生や20代の年下彼氏であれば、おしゃれに敏感な世代だからこそ、プレゼントにネックレスをもらいたい人も多い傾向があります。シンプルでつけやすいデザインのものを選ぶことがポイントです。

また、彼女からアクセサリーのプレゼントは、いかにもいカップルらしいプレゼントともいえます。1万円~3万円程度の予算で探し、初心者でも付けやすいネックレスを見つけましょう。さりげなく、自分もお揃いで購入するのもおすすめ。プレゼントを渡したあとに、お揃いで買ったことを話してより二人の絆を深めるのもよいでしょう。

ビジネスアイテムのネクタイ

彼氏が社会人の場合や、新社会人になる場合などは、プレゼントの鉄板アイテムともいえるネクタイも候補に挙げておきましょう。社会人の男性にとって、ネクタイは何本持っていても困らないアイテムでもあります。ワイシャツのカラーに合ったものを店員にアドバイスをもらいながら選ぶとよいでしょう。

予算的にも1万円前後を試算しておけば十分な選択肢を得ることができます。彼氏にとっても重たくなりすぎないプレゼントになるので、気持ちよく受け取ってくれることでしょう。

年下彼氏に結婚を意識させるためにやるべきことは

年下彼氏と付き合っていく中で、結婚観の違いは感じることが多いものです。自分が結婚適齢期にさしかかっても、彼氏が結婚意識が低く進展しづらい悩みは年齢差カップルのよくある悩みでもあります。彼氏に結婚を意識させるためにはどのようなことをやるとよいのでしょうか。

自分の人生プランを伝えておく

自分の人生設計を、付き合いの早い段階でしっかりと伝えておくことが大切です。女性には子供を授かるタイムリミットが存在するため、具体的に何歳までに産みたいか、それにはいつまでには結婚する必要があるのかを相手にしっかり伝えておくことが重要です。

彼氏の立場からすると、周りにも結婚した友人なども少ない状況になることが多いため、イメージがつきにくく、重たい話だという印象を受けてしまいがちですが、年上女性と付き合うということは、周りの友人たちよりも早く身を固めて父親になることもあるということを認識してもらうことが大切。ざっくりとしたプランでもいいので、彼氏に話しておくことがおすすめです。

結婚適齢期であることをアピールする

自分が結婚適齢期を迎えているから結婚に焦っていると思われたくない場合は、同級生が結婚ラッシュであることや、出産していることを話題に出し、結婚適齢期を迎えていることを彼氏に意識させることも効果的です。

結婚や出産を迎えた、幸せそうな友人の話を聞かせることで、結婚への抵抗感が和らいだり、具体的なイメージが持ちやすくなったりするので、さりげなく話してみるのもよいでしょう。ポイントは結婚生活の現実や愚痴は言わないこと。男性は結婚に対してよいイメージを抱いていないこともあるので、結婚はいいものなんだということを印象付けるように話しましょう。

また、若い男性ほど、高齢出産のリスクを理解していないことも多いです。年齢が高まることにつれて出産のリスクが高まることを説明することで結婚への意識が高まるかもしれません。子供好きな彼氏であればより効果的といえるでしょう。

経済的な負担が軽くなることを訴える

男性は結婚に対してネガティブなイメージを抱いている人が多い傾向があります。そのため、結婚願望を伝えるよりも、結婚のメリットを伝えたほうが効果的なケースもあります。

結婚してしまえば税金が安くなったり、光熱費や家賃の負担が軽くなるといった経済的なメリットを伝えて、彼の結婚に対するイメージをアップする方法があります。それでも彼の腰が重い場合は、少しずつ物件を探して具体的で現実的な数字を見せながら話をしてみるのもよいでしょう。

年下彼氏と幸せになるために気をつけたいこと

同級生カップルとは違い、年齢差のあるカップルだからこそ、幸せになるために気を付けなければならない点もあります。それは一体どのような点なのでしょうか。

母親のように世話を焼かない

年上女性が年下彼氏にやってしまいがちなこととして、彼女ではなくお母さんのような存在になってしまうことが挙げられます。彼のために家事を一生懸命頑張っても、女として見られなくなってしまっては本末転倒のため、母親のような存在にならないように気を付けることが大切です。

女性は彼に家庭的な一面をアピールするために家事をやってしまいがちです。結婚している夫婦であれば、家事を行う比率は女:男が10:0のケースもあることでしょう。しかし、年齢差のあるカップルだからこそ、家事も一緒に取り組むようにすることが大切です。

また、料理を振る舞うときにも大皿料理は避け、カフェで出てくるようなお皿に一人分ずつ用意しておしゃれに見せる工夫をすることがおすすめです。家庭的な料理であっても、盛り付けなどで趣向を凝らすことで、母親とは違う女性としてきちんと認識してもらうようにしましょう。

デートの支払いは割り勘にする

自分のほうが年上だからといってデートのたびに支払いをしていると、彼氏のプライドが傷付いてしまう可能性があります。年齢差のあるカップルの場合、どちらかが支払うのではなく、割り勘というスタイルにしておくことが無難でしょう。

ただし、年下彼氏が学生の場合、経済的に苦しいようであれば女性が支払ってあげることも、たまにはよいでしょう。毎回支払ってあげることで、彼をダメ男にしてしまわないようにすることも大切です。彼が支払うと言ってくれたときには、素直にごちそうさまと好意に甘えることで、彼氏もうれしい気持ちになってくれることでしょう。

年下扱いはNG

年下彼氏といえども、男性にはプライドがあるので、子供扱いしたり、年下だから頼りないと言われてしまうと、屈辱的な思いになってしまいます。普段から対等に接するように心がけて、いざというときは男性を立ててあげられるような女性になりましょう

例えば、年下彼氏に言いがちな「可愛い」という表現も、「カッコイイ」という表現に変えるだけでも違います。彼も、彼女から頑張っている姿などをカッコイイと言われたら嬉しいものです。積極的にカッコイイと思ったことを伝え、彼を頼りがいのある男性へと育てあげましょう。

一人の男性として尊重してあげることで、彼にも自信がつくだけでなく、彼を頼りにしているという姿勢もアピールできます。このような対等な関係を意識することが、二人の関係をより良好なものにしていってくれることでしょう。

年下彼氏を自分好みの男性に育て上げよう

年下彼氏と付き合うことにはメリットも多く、彼氏候補として十分に考えられる存在であるといえるでしょう。気を付ける点やデメリットなどをしっかりと理解して、お互いが対等で信頼し合えるような良好な関係を築くことが大切です。

また、自分好みの男性に育て上げていくことも年上女性ならではの楽しみ。年齢差を感じさせないカップルになるには、お互いが自然体でいることも重要です。二人の年齢差ではなく、関係性に意識して年下彼氏と良好な関係を築き、彼を自分好みの男性に仕上げていきましょう。

【関連記事】気になる年下男子がいる人はこちらの記事もおすすめ
年下男子は振り向くのか。うまくいく6つのアプローチと4つの注意点

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール