• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 年下男子は振り向くのか。うまくいく6つのアプローチと4つの注意点
恋愛

年下男子は振り向くのか。うまくいく6つのアプローチと4つの注意点

最近年下男子と付きあう年上女性が増加中。年下男子の魅力は何といっても子犬のようなキュートなところです。しかし年齢差があるゆえに長く付きあうにはコツが必要。ここでは、年下男子の特徴やうまく付きあうポイントなどについて一緒に学んでいきましょう。

年下男子への想い

年下男子というと、子どもっぽくて可愛い存在といったイメージ。一般的に恋愛対象になることが少ないのですが、子犬のような可愛さゆえに、そこから母性本能が働いて彼氏として意識する女性も最近では増えているようです。

年下男子はどんな魅力があるのか、気になる年下男子をゲットするにはどうしたらいいのか、おすすめのデートプランや注意すべき点などを一緒に学んでいきましょう。

年下男子の魅力

年下男子は年上男性と何が違うのか、気になるところです。そこで年下男子の魅力について迫っていきましょう。

子犬のような可愛さ

年上女性から見て、年下男子はまるで子犬のような可愛さがあります。女子の前では必要以上にカッコつけてしまう男子が多いのですが、年上女性に対しては素直に頼ったりかわいい一面を見せてくれるのです。

笑顔がキュートで、若さがある一面はふとした瞬間に母性本能をくすぐられてしまうので、まるでお母さんになった気分。ぎゅっと抱きしめて守ってあげたくなってしまうのです。年の離れた弟のように、いつも自分のそばについてくる子犬の存在は癒される瞬間。

例えば、お弁当に好物のものを入れてあげたら、中身を見ておいしそーと喜んだり、うれしいときにやったーといって万歳する男性は、子どもみたいで思わずにっこり笑ってしまうでしょう。

若くて純粋

自分よりも若くて、とにかくエネルギッシュなところは年上女性にとっては魅力的な存在。自分までも明るく元気になれるのです。裏表なくストレートな感情を見せてくれる年下男子は、とても純粋でその雰囲気に引きこまれていきます。

若さあふれるはつらつとした明るさに触れていくうちに、落ちこんでいた自分も明るく前向き思考に。実年齢よりも若くありたいと思っている女子にとっては、年下男子はぴったりかもしれません。ういういしくてわかわかしさがあふれている、残業続きの毎日や徹夜続きの自分にはない魅力を感じるのでしょう。

年下男子はとにかく若い、何をするにも新鮮でいきいきしている、その姿に自分自身の活力になっていることは間違いありません。

元気でアクティブ

自分よりも若さがあるので、とうぜん元気でアクティブ。バイタリティにあふれて、どんなことでも率先してチャレンジしようとする姿は、最初は戸惑ってしまうかもしれません。自身も若いころの感覚を取り戻してポジティブに動こうとします。

もしもヘトヘトになってもしっかりとサポートしてくれて、女性として扱ってくれるので調節してくれるところも魅力的。食べ盛りでモリモリ食べる姿は、見ている側もとても気持ちがよいので、落ちついた雰囲気の大人の男性とは違った楽しみがあります。

自分と違う感性

昔の自分を見ているような感じを覚える人も多く、過去の自分に出会えて懐かしく感じる人もいます。過去にタイムスリップした気分になるので、自分も若く感じることから、魅了されるのでしょう。また、自分にはない感覚を持っていて新鮮に感じる人もいます。

少し年齢が違うだけで、見ている世界や考え方の違いを知って、とても新鮮に思うわけです。話がかみ合わなくなることもありますが、お互いの視点の違いを楽しみながら会話をすると、刺激しあえて楽しい雰囲気になるでしょう。

自分にはない感性を持っている男性と付きあいたいと思った場合、年下男子はそんな大人女性を刺激してくれる特別な存在になってくれるはずです。

甘え上手で従順

素直に甘えてくる年下男子は、とてもチャーミングで母性本能がくすぐられる大人女子も多いようです。とくに母性が強い年上女子にとっては、普段は強がってもたまに素直に頼ったり甘えたりしてくる年下男子はとにかくかわいくて仕方がありません。

甘え上手で従順な姿勢で頼ってくるので、「自分がしっかりしなきゃ」「守ってあげなきゃ」と自身がポジティブ思考になることでより人生が楽しくなってくるのです。また、年上男子と比べて少しやきもち焼き。他の男性と話をしているだけで、より一層躍起になってきます。

年齢という自分では超えられない壁を感じているからこそで、プラスして独占欲を発揮するのも、適度であればかわいいものでしょう。

急に大人っぽくなる

普段は子どものような、子犬のような可愛さを持っている年下男子が、ふいに大人っぽく感じる瞬間があります。年下なのにしっかりしている、年上女性に対して敬意を示している姿に感心したと、ちょっと違った一面にドキッとしてしまうのです。

年下男子が相手だとどうしても期待値が低くなりがちですが、逆に大人の雰囲気をチラッと見せた瞬間にときめきや感動を覚える年上女子も意外と多いでしょう。そのギャップが年下男子がモテる要素なのです。

ポイントはいつも子どもっぽいのではなく、ふとした瞬間に見せる男性としての魅力があること。それが年上女性がキュンとしてしまう瞬間。

年下男子へのアプローチ

気になる年下男子へプッシュするためにはどうすればいいのか、具体的に相手にアプローチをする方法をいくつか挙げていきます。

同じ目線で話す

年齢差があり、年上ということもあってどうしても上から目線になりがち。会社の上司・部下の関係ではないので、年齢を感じさせるような距離感を持たないことが大切です。普段の会話の中で意識的にタメ口で話すようにしましょう。

「年上だから」というだけで女性から子ども扱いをされるとイラ立つ男性は多いものです。「若くてかわいい」などの発言も、男性は「下に見られた」と感じがちなので要注意。敬語で話すうちは、なかなか2人の距離は縮まりません。

上から目線にしないように、日ごろからフレンドリーで対等な会話を心がけてください。習慣化すると自然と同年代カップルのような関係になっているはず。

たまに甘える

年上だからとしっかりしてしまうと、かえって二人の間に距離感が生まれます。たまには弱味も見せることが大切。会ったときにかわいらしさを出して親近感を演出するのがおすすめです。例えばメールやラインでかわいいスタンプを使ってみましょう。

「年上」という概念を捨てて、二人の間では年齢感を出さないように、天然なところやかわいさを見せると好感度がグッと上がります。食事や買い物でいつも奢ってばかりいる人も、ときには「これ買って~」と甘えてみるとよいでしょう。

ずっと甘えっぱなしではなく、たまに甘えるというのがポイント。いつもとは違う姿にドキューンときてしまうので、タイミングを見計らって子犬のように甘えてみてください。

年上ならではのギャップを見せる

年上=頼りになるといったイメージが強いのですが、これでは二人の距離は縮まりません。年は上だけど天然・ドジっぽいところを見せた瞬間、今まで頼りなかった年下男子が大人っぽく感じるものです。

ときにはギャップを見せることで、年上の女性の弱いところを見せて、僕が守ってあげなきゃというような気持ちにさせることもマンネリ化を防ぐために必要な要素でしょう。あくまでもたまにがポイント。つねにドジっぽいところを見せつづけると、かえって逆効果です。

たまに見せる天然でドジなところが、ギャップ感から年上女性にメロメロになってしまいます。長くよりよい関係を続けたいのであれば、生活の中でメリハリは大切。

相手の悩みを聞く

悩んでいたり、元気がないときは相談を聞いてあげましょう。仕事の相談にのっているうちに、だんだんプライベートな相談も受けるようになって、より二人の距離感が縮まります。普段から悩みを聞いてあげると何でも話してくれるようになり、会話の回数も自然と増加。

仕事の相談からプライベートまで、「よく相談にのる」という方法は、自然と親しくなるチャンスで、相談を重ねるうちに、信頼関係が築けるのです。年上ならではの豊富な社会経験での知識は、年下男子にとっては嬉しい存在。

自分にはない解決法を見だしてくれることで、どんどんあなたに惹かれていくでしょう。それとなく悩みがないか聞いてみてください。

共通の話題で距離を縮める

共通の話題があると、少しずつ上下関係がなくなって二人の距離感が縮まります。年齢差をこえて仲よくなり、デートの口実も増えるでしょう。例えば読書が趣味で好きな小説家の話題から本の貸し借りを理由にデート。

相手にとっても好きな本のことで話ができるので、率先してデートしたいと思うはずです。まずはお互いの興味があることを見つけて、会話の機会を増やすことが大切。とくにシャイな彼は大勢でよくわからない話をしたり、自分の話ばかりされるのは苦手です。

それだけで「この人はおれと合わなそう」と思われないように、お互い興味をそそるような話題づくりを心がけてください。

大人の色気を程よく利用

年下男子は同年代の女性にはない、大人の魅力を年上女性に求めます。口元にほくろがある・唇がプックリしている・ハッキリした顔立ちなど、色気のある女性の特徴ですが、顔の特徴は努力で変えられるものではありません。

そこでメイクで自身を変身させましょう。リップやネイルは赤・ピンク系に、髪型はストレートロング、ボディラインが強調される細身の服装が大人の色気を演出。ただし、派手になるとかえって印象が悪くなるので、やるすぎない程度に控えてください。

普段は地味めの女性が、たまに肌の露出が多い服を着ると、年齢関係なく男性はドキッとするものです。このギャップ感が大切。やりすぎない程よい露出で、年下男子の心をゲットしましょう。

年下男子からの見逃せないサイン

実は好意を持たれていた、年下男子からのそんなサインは見逃せません。ここでは、ちょっとした気になるサインについて解説していきます。

急にタメ口になるときがある

年下なのにタメ口をきいてくる男性は、あなたに好意を持っている場合と逆に脈なしの可能性があります。ここは見極めが大事。普段は敬語なのにふとした瞬間に見せるタメ口は脈ありの可能性があるので期待したいところです。

お互いの距離を縮めたいという心理からくるタメ口で、ときどき敬語を混ぜるなど、目上の女性に対する敬意が表れている瞬間を見逃さないようにしましょう。

よく心配してくる

必要以上にあなたの近況を知りたがったり、体調を気にかけてくる場合は、脈ありサインの可能性あり。好きな人のことは、心配になるものです。ちょっと連絡が遅れただけで、「病気なのではないか?事故にあったのではないか?」と不安になってしまうのでしょう。

自分に興味を持ってくれるのはとてもうれしいことですが、過度の心配性はかえって重く感じてしまうので、ほどよい距離感を保つことも大切です。心配をかけないように、あなたがしっかりすることで過干渉はなくなります。

年上女性として、隙のない完璧な性格の中にときたまドジってしまう天然の部分を見せるのは大事ですが、いつも不安定な状態は年下彼氏をつねに不安にさせてしまうので、メリハリを持って彼に接するようにしましょう。

時々背伸びをする

年上女性にとって、年下男子は放っておけない、守りたい存在。自分がしっかりしなければと普段から油断を許さない状況を作ってしまうと、緊張感から疲れが出てしまいます。ときにはリラックスも大切です。

この状況を打破するには、ときどき背伸びをしてみましょう。たまにドジったり甘えてみることで気の抜けない空間が和らいで、お互いの距離感が縮まるはずです。ドジな部分を見て、彼も素の部分を見せてくれるようになり、お互いの距離感も縮まります。

年上だからといって完璧である必要はないのです。ときにはダメな部分を見せてもよいでしょう。そんな姿に年下彼も素直に向きあってくれるはず。

気付くと側にいる

気がついたらいつも側にいたと気づくこともあるでしょう。相手に好意を持っていれば少しでも近くに居たいと思うのが心情。よく視線があうのも好意の表れサインです。視線が合う回数や秒数が長ければ長いほど好意を持たれている可能性大。

普段の生活の中で気がついたらいつも隣に座っている、話しかけてくる、視線が合うなど、生活を思い返してみましょう。そんな彼の姿に胸キュンに感じている自分は年下男子に好意を持っている証拠。なかなか相手からアプローチがないときは自分から率先して告白してみるのも吉です。

アピールはしても、思うように告白までには至らない彼の気持ちをくんで、年上女性としてリードしてみると意外と簡単にカップルになれるかもしれません。

態度が素っ気ない

ちょっと不愛想で素っ気ない態度なので、嫌われていると思ってしまいがち。しかし、実際は自分の感情を表現するのが苦手なだけで、嫌っているから素っ気ない態度を取っているわけではありません。

普段は恥ずかしい気持ちで不愛想な態度を取っていても、好きな人が困っているときは照れを捨てて助けたいと思っているはずです。そんな気持ちを理解してあげましょう。素っ気ない体だからといって、それがあなたのことが好きではないと断定しないことです。

素っ気ない態度の裏にある、本当の彼の気持ちを理解して、素直になれるようにいろいろ話しかけて話題づくりをしましょう。

告白するときのポイント

自分から告白をするときに気をつける点があります。どんなことに重点を置くべきか、しっかり学んでいきましょう。

年上ということは隠さない

実年齢をいいたくない女性は多いものです。とくに気になる年下男子に告白する場合、年上というだけで嫌われてしまうかもしれません。とはいってもここで年齢にサバをよんだり、年上ということを隠してはNG。

長く付きあっていく中ですぐにわかることであり、ばれてしまったときに本当に嫌われてしまう恐れがあります。つつみ隠さず正直に伝えることで、相手に安心感を与え、よき信頼関係を築くことができるのです。

相手も心を許してくれて、緊張していた二人の距離感が縮まります。告白のときは真実を語り、相手の真意を確認するようにしましょう。

相手からの好意を確認

自分から積極的に告白をすることは大切。しかし、勇気を出して告白してもふられてしまうのはとても辛いものです。相手からの脈ありサインを見極めておきましょう。例えば、よく話しかけてくれる・笑顔が増えた・メールやラインの回数が増えたなど。

告白前から、相手の様子をこまめに観察してください。相手からの好意を確認してから告白すると、思うような結果を得ることができるはず。勘違いだったという場合もありますが、相手の気持ちをまったく知らない状態での告白はリスクが高くなります。

前とはちょっと違う言葉や行動に気づき、相手からの好意を確認してから、自分の気持ちを伝えてみましょう。

告白はシンプルに分かりやすく

告白はシンプルでかつ分かりやすくがポイント。分かりにくいいい回しは使わないことです。せっかく告白しても相手が告白したと理解しません。「私はあなたが好き」という気持ちを率直に伝えることで、相手にしっかり自分の気持ちを伝えることができます。

かっこいい言葉はいりません。簡潔した中に素直に「好き」という気持ちをしっかり伝えることで、相手にもその気持ちが届くのです。まわりくどい言葉はかえってうざく、相手にとって嫌悪感を抱いてしまうので、シンプルにまとめてください。

年下男子と行くおすすめの場所

年下男子とのデートスポットとしておすすめの場所を把握しておくことは大切。一体どんなところがベストなのか、チェックしておきましょう。

遊園地で楽しく遊ぶ

若いカップルの定番である遊園地。若さあふれる年下男子とのデートは、家デートや美術館デートといったインドアデートよりもアクティブデートがおすすめです。体力もあり、はっちゃけて遊びたいという無邪気な年下男子に合わせてあげましょう。

遊園地は、ジェットコースターなどの絶叫系アトラクションから、苦手な人でも楽しめるメリーゴーランド系もあるので誰でも遊べるテーマパークなのです。

美術館や博物館で落ち着いたデート

年上の女性に好意を持っていると年下男子は、大人女性のイメージとぴったりの落ちついた空間デートを好む傾向があります。そういったカップルにぴったりなのが美術館や博物館。知的でもの静かなイメージが強く、大人の雰囲気を十分に演出してくれるでしょう。

これを機会に、芸術への興味が深まってお互いの共通の趣味として会話が盛りあがること間違いありません。休日は美術館・博物館めぐりを計画してみてください。

高級レストランで大人時間

年上女性とのデートで大人っぽく振る舞いたい年下男子は、ちょっと大人の雰囲気がある空間デートをしたいと思っています。とくに食にこだわりを持っているのであれば、思い切って高級レストランを予約してみましょう。

ただし、普段あまり行ったことがない高級料理店で緊張のあまり、面目やプライドをつぶしてしまうとデート自体嫌がってしまうかもしれないので、高級店ばかりのデートは控えた方が無難。

動物園で触れ合う

動物園は癒される空間。入館料もそんなに高くなく、付きあいたてホヤホヤのカップルでも、熟年カップルでも十分に楽しめるのが魅力的です。何匹も飼育されている動物園の施設エリアは広く、はじからはじまで観るのにかなり歩くことになります。

これが適度な運動になり、アクティブデートがしたい人にピッタリ。普段あまり話題がないカップルでも、のんびり過ごしている動物の話題で自然と盛りあがること間違いありません。

年下男子とのデートでの注意点

デートはごくごく自然体が一番。しかし年下男子とのデートでは気をつけるべき点もあります。そこでデート中の注意点をいくつか列挙します。

服装は若作りしない

年下男子に合わせて少しでも若いかっこうをしたいと思うものです。しかし、それは逆効果。35歳なのに20代前半の女子たちが好むようなファッションや派手な髪色に染めるのは、「痛い年上女」に見られてしまいます。

彼の方から「ミニスカート履いてほしい」といったリクエストがある以外は、年相応のシンプルで大人らしい服で勝負しましょう。無理に若作りする必要はありません。素のままのあなたが、年下男子は好んでいる場合が多いのです。

年相応の服装にプラスして、若干彼が好むようなカラーを取りいれてみましょう。そんな努力に彼も気づいてくれるはずです。

デートをリードし過ぎない

年上らしくリードすることも大切ですが、やりすぎてしまうと年下男子のプライドをズタズタにしてしまう可能性も。年下とはいっても男性であるということを理解して、男性を立てるように努力しましょう。

彼がリードしようとしているのであれば、立てるべきところは立て、甘えるところは素直に甘えるのがポイント。年上だからと上目線でつねに年齢差を感じさせるようなデートは、リラックスできずに窮屈になってしまいます。

女性らしいかわいらしさも忘れずに、お互いを思いやりながら対等に付きあえるデートを目ざしましょう。とくに彼の得意分野については、「やって」とお願いしてみると率先してリードしてくれるはずです。

年齢ばかりを話題にしない

年齢差があるカップルは、どうしても年上女性の方が年を気にしてしまうものです。しかしそのことばかり気にするあまり、ネガティブ思考になりやすく、かえってお互いの距離感が出来てしまうことも。年の差ばかり気にしないようにしましょう。

少なくても年下男子とのデート中は、同年代と付きあっている感覚でときには甘えたりすると二人の関係も盛りあがるはずです。「私は年上だから」と二人の間に一線をひいてしまうことで、ギクシャクした関係になってしまいます。

二人でいる間は、年を気にせずに二人でいる時間を大切にしてください。そんな姿をみて年下男子も、同年代の恋人同様に対等に扱ってくれるはずです。

子供扱いしない

お姉さんぶるのはNG。年下男子は、女性の方が上というだけで引け目を感じています。「恋愛対象になっていないのでは?」と不安に感じているのです。そこで子ども扱いしてしまうとますます恋愛対象から外れてしまいます。

場合によっては甘える・頼ることも大切。頼りなくてついつい母性本能が働いてしまうときも、せめて半分ぐらいに我慢しましょう。彼氏・彼女は対等な立場にいることでうまく付きあっていけるのです。子ども扱いされると、男性としてのプライドがズタズタ。

かえって二人の間に距離感が生まれてしまうので、ときにはしっかり者、ときには甘えキャラとメリハリをつけて交際していきましょう。

恋愛ドラマのシーンにドキッとする

恋愛ドラマは現実とは違うと思ってしまうものですが、実際にはドラマ以上のシチュエーションはあったりします。そこで恋愛ドラマの演出のようにドキッとするシーンをいくつか挙げてみましょう。

年下男子が走って追いかけてくる

ドラマでよく見られるシーンといえば、恋人を追いかけるシーン。相手を心配するあまり、周りが見えずに探し回る彼は、胸キュンしてしまいます。例えけんか別れしてしまっても、その後に追いかけてきて、「ごめん」と一言。

これで一気に今までのわだかまりも吹っとんでしまうでしょう。恋愛ドラマが大好きな女性であれば、誰もが経験したいワンシーンなので、彼に再現してもらうのも吉。

年下男子が女性上司を見守る

年上上司と年下男子との恋愛ドラマもよくあるパターン。最初はお互いよき上司と部下の関係だったのに、いつしかそこに仕事を超えた感情が芽生えてくるのです。仕事上では上下関係ができてしまいますが、プライベートではお互い対等に。

仕事中とは違ったおっちょこちょいな一面をもつ彼女に、年下男子はもうメロメロになり、「しょうがないな」って密かに守る立場もお互いの距離感が縮まっていい関係に発展するでしょう。

涙を堪える女性に気付く年下男子

普段あまり涙を見せない女性が、ケンカなどで涙をこらえている姿はグッときます。もともと男性は女性の涙に弱いのですが、泣きじゃくっている人よりも泣くのをこらえている女性の方が人気。そんなかわいらしい姿を年上女性にしてもらったら、ギャップ感でビビビときてしまうでしょう。

電話越しに涙をこらえているのが分かると、弱い自分を見せてくれた彼女の元にかけつけて、ギュッと抱きしめてあげたくなってきます。気がついたら彼女の家に走り出すドラマのワンシーンのような演出が、現実でも見られるかもしれません。

年下男子が恋する相手

年下男子が年上女性に恋する瞬間は、ある特徴を持っています。一体どんな女性が魅力的に感じるのか気になるところです。そこで、年下男子が恋する・憧れる相手について挙げてみましょう。

年相応の美しさと華がある

年下男子から外見で恋愛対象となる条件は、見た目が若いこと。とはいっても、わかわかしいのと若作りは別物です。自分の年齢を考えない、肌を露出したファッションはNGで若作りは逆効果になります。例えば、化粧の濃さでごまかしているのは典型的な若作りに見えるポイント。

年上でも素肌がきれいで顔の作りがよい人、童顔の人は年下男子受けがよいのです。要は着かざる美しさではなく、あくまでも内面からでる美と華を見て、年下男子は恋愛対象に発展するでしょう。年をかさねるとエイジングは避けられませんが、年相応のスキンケアで肌年齢を下げることは可能。

スキンケアは手遅れということはないので、今日からしっかり年齢にあった肌ケアをして、年下男子のハートをゲットしてください。

放っておけない年上女性

年上女性=しっかり者・すきがない人といったイメージ。しかし、年下男子の前ではときにうっかりドジってしまう姿は、そのギャップ感にドキューンときてしまう男性も多いでしょう。仕事では完璧ですきのないイメージが、天然でドジな姿を見るとかえって放っておけない存在に。

「あの人は俺がついていないとダメだ」と思わせることがポイントです。そのため、年上だからとしっかりしすぎずに、ときにはダメな部分もしっかり気になる年下男子に見せるようにしましょう。「ガードの固い女性」のイメージが崩れて、年齢差の壁がなくなってきます。

いつしか友達のような感覚の女性に思ってもらえるようになるので、親しみやすく好きになりやすいという心理が働くのです。

?笑顔で優しい女性

いつも笑顔の女性は、多くの男性をとりこにします。親しみやすく、怒ることなくいつもニコニコしているので包容力があると思われるのです。言葉にするのが難しい人でも笑顔を見せると、それだけで年下男性の心をわしづかみにします。

笑顔=優しいイメージが強いからでしょう。仕事やプライベートで失敗してしまい、くよくよしていたのに彼女の笑顔で癒され、いつしか辛い気持ちも吹っとんでしまいます。笑顔にはそれだけ即効性があるのです。

普段から仏頂面をしている、イライラしている人は、鏡を見ながらキュートなスマイルを作る練習をしてみましょう。

年上ならではの余裕がある

年齢をかさねていくと、豊富な社会経験からさまざまなことに対して柔軟に対応できるようになります。そのため、年上ならではの余裕があると年下男子は実感するようです。リラックスした雰囲気はとても居心地がよくて魅力的な存在に。

包容力があってささいなことで喧嘩することもないので、相手を束縛しない、ほどよい距離感をつねに保つことができます。これが恋愛対象として長くつきあっていくポイント。同年代女性との付きあいでは、男性=男っぽい・つねにリードしなくてはならないといった固定観念が付きまといます。

しかし、年上女性は甘えられる存在なのでリラックスした状態で付きあえるため、背伸びする必要がありません。相手にとっては離れたくない存在になってくるのです。

自然体の女性

自分を着飾らない、自分に正直でいつも自然体の女性は、年下男子にとってはとても魅力的な存在。つねに自然体なので偉ぶらずに対等に付きあえるのです。それでいてさりげなく相手を立てることができる女性であればなおOK。

変に若作りしている女性は一見すると若くてきれいですが、中身が伴っていません。内面の若さは自然と外見をもわかわかしく、華やかに魅せるのです。第一印象がよくても長く付きあっていくとボロは出てしまいます。

背伸びせずに、いつもの自然体の自分で年下男子と付きあっていくうちに、二人の関係はだんだん近づいてくるはず。

要注意な年下男子

年下男子は甘えん坊で可愛い存在。しかし、恋愛対象として見られていない可能性もあります。そんな要注意な年下男子の特徴について解説していきましょう。

甘えてくるだけの年下男子

彼女の条件として、自分の母親のような存在になってくれる女性を求める傾向があります。必ずしもそうとはいえませんが、甘えさせてくれる年上女性を求める男性は意外と多いようです。とはいってもただ単に甘えてくるだけの年下男子は要注意。

自分の身のまわりのことを世話してもらいたい、甘えたいだけといった理由で年上女性と付きあうと、二人の関係はうまくいきません。年齢差を感じさせないような甘え・甘えられの関係こそが、お互いにリラックスできてほどよい距離感を保つことができるのです。

甘えてくるだけの年下男子は、お互い尊敬しあうことがなく、ただ年上の女性の温もりとして肌に触れたい欲求が隠されているので注意が必要。

友達として好きなだけ

世代の違い(ジェネレーションギャップ)はいつの時代でも永遠のテーマ。年下が好きな女性でも、やはりこの壁はなかなか乗り越えられるものではありません。共通の話題がなく、いつしか自然消滅してしまうカップルも多いのです。

年上女性にとって、自分を慕ってくれる、甘えてくれる年下男子は可愛くていつしか恋愛対象になってしまうのですが、相手にとっては単なる友達の場合もあります。なんでも相談を聞いてくれて、甘えさせてくれる都合のよい女友達として付きあっているだけであれば要注意。

友達以上の感情がないので、将来性もなく、飽きてしまえば自然消滅の可能性もあるので、きちんと相手の気持ちを確認しておきましょう。

奢られなれしている

デートのときはいつも女性が支払うのが当たり前。年上なのだからしかたがないと思ってしまうのですが、やはり男性としての魅力に欠けます。食事の後は当たり前のようにさっと会計を素通りするような態度は、いくら太っ腹の女性でも嫌悪感が出てくるでしょう。

お金に関して頼りにならない男性は、将来一緒に暮らすようなときもつねに年上女性に頼ってくることになるので、一家の大黒柱になれません。こういった男性は要注意。甘えさせるばかりでなく、「たまには払ってね」と強気の姿勢を見せましょう。

お互い長くほどよい距離感を持って付きあうには、対等の立場でデートをかさねることが大切。金銭的なことでも平等に支払うように提案しましょう。

フリーターの年下男子

アルバイト生活は決して楽ではありません。家賃などで引かれると、お金のかかるデートは無理でしょう。また、将来的にも不安に感じるものです。今はフリーターでも将来夢を持っているのであれば別ですが、そうでない場合、今後の見通しが立ちません。

今後どうしたいと思っているのか、まず理由を聞く、結婚を意識したときに生計が成り立つのかどうかお互いに相談しあいます。ただ単に年上女性に甘えたいだけ、奢ってほしいだけの理由であれば、結婚などを意識してしまうと大変です。

10代の恋愛とは違って、お互い大人として将来結婚する相手になるかもしれないので、経済的なことはしっかりと話し合っておくようにしましょう。

年齢ばかりを気にせずに相手の中身をみよう

年下男子と付きあうと、年齢ばかり気にしてしまい、大切な相手への気持ちや中身を見逃してしまう可能性も。二人の距離感を縮めるためにも、裏表のない素の自分を見せるようにしましょう。

年相応の無理のない対応に、年下彼氏はだんだんあなたに好意を示すようになり、いつしか二人は年齢を感じさせない素敵なカップルに近づいているはず。気になる年下男子がいる女性は、今日から素の自分をアピールしましょう。

【あわせて読みたい】


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール