• HOME
  • 恋愛
  • 「好きな人がほしい」そんな想いを叶えるためにやるべきこととは
恋愛

「好きな人がほしい」そんな想いを叶えるためにやるべきこととは

好きな人がほしいなと考えている女性は多くいます。しかし、考えているだけではなく行動に移すことが大切です。今回は、社会で働く女性が好きな人がほしいと思ったときに、まずやるべきこととは何なのかについて、解説していきます。

好きな人がほしいと感じたら

社会で働く中で、意外に出会いがない場所で働いてる女性は多くいます。出会いがなければ、好きな人もできませんし、どんどん出会いの場も失っていってしまうでしょう。

そんな女性が好きな人がほしいと感じたら、どのような行動を取ればよいのでしょうか。それは決して難しいことではありません。好きな人がほしいと感じた多くの女性に、まずやるべきことは何なのかということについて、をお伝えしていきます。

好きな人が欲しいと感じた社会人女性がやるべきこと

社会人女性が「好きな人がほしい」と感じたら、まずは何をやるべきか、自分自身でできることを紹介していきます。ぜひ参考にして実践してみましょう。

出会いの場にでかける

もし出会える機会がないなら、自ら出会える場に出向きましょう。例えば、合コンや街コンなどのように、人が集まるようなイベントに参加することで、おのずとたくさんの人に出会えます。多くの人と出会うことで、好きな人ができる可能性も高まりますし、好きな人ではなくても、友達になれそうな人に出会える可能性があります。

合コンを友達にセッティングしてもらったり、街コンだったらそういったイベントがないかどうか、調べてみたりしてみましょう。まずは、行動するということが大切なポイントです。行動してみないと、何も始まりません。

自分磨きをする

好きな人がほしいと思っているのに、なかなかできないという場合、恋愛に消極的になってしまっている可能性があります。自分磨きをすることで自信がつきますし、出会いの場でも楽しく過ごせるでしょう。

自分に自信がないと、出会いの場に行くということすら、なかなかできずに終わってしまいますし、ネガティブな思考になりがちに。明るく前向きに自分磨きをすることで、外見は洗練されていくでしょう。もちろん、外見だけでなく、内面も磨くことが大切です。心も外見も、美しく磨き上げましょう。

マッチングアプリを利用してみる

マッチングアプリとは、登録をすることで気軽に出会えるアプリです。女性の場合は無料なところが多く、合コンなどの出会いの場に行く時間がないという人は、とりあえずマッチングアプリに登録してみてはいかがでしょう。

メールなどのやりとりを男性と行い、デートの約束ができたりして、さまざまな男性と交流を深めていけます。その中で、好きな人と出会える可能性も高いので、まずは登録してみましょう。

恋愛脳を刺激する

ラブストーリーもののドラマや映画、恋愛漫画やアニメなどを観ると、恋愛がしたいと思わせるように「恋愛脳」が刺激されます。さまざまな胸キュンで恋愛脳が刺激されれば、自分も恋愛するために行動力が出てきます。さらに、その恋愛ものに感情移入することで、恋愛したいと思えて好きな人ができやすくなるでしょう。

好きな人がほしいと感じたら、まずはたくさんの恋愛ドラマや映画などを観てみましょう。恋愛ドラマなどを観て、恋愛はこういうものだなどとイメージもしやすくなります。ある意味、イメージトレーニングとして鑑賞してみましょう。

たくさんの異性と仲良くする

十人十色という言葉があるように、人は外見も中身も人それぞれでいろいろな人がいます。さまざまなタイプの男性と、初めは友達としてでも仲良くなってみることで、第一印象とは違った印象を受けることもあるでしょう。また、ギャップなどで好きになる可能性だってあります。

いきなり恋愛したいがために、さまざまな男性と仲良くするのではなく、友達という段階からスタートしてみてはいかがでしょうか。
もしかすると、そのたくさんの男友達の中に、運命の人がいるかもしれません。そして、恋愛の先に発展する人もいるかもしれません。どういったところに出会いがあるか分からないので、さまざまな男性と仲良くしておきましょう。

好きな人がほしいのにできない理由とは

好きな人がほしいと考えているのに、なぜできないのか、その理由をまずは考えてみましょう。つまり、客観的に考えてみることが大切です。では、具体的にどのような理由が考えられるのかを紹介していきます。

異性への理想が高い

誰にでも、「好きな人にはこうあってほしい」というような理想はあります。例えば、イケメンじゃなければ駄目だとか、年収や職業などに関してもも理想はあるでしょう。

しかし、理想が現実で叶う可能性は、それほど高くありません。自分の恋愛においての条件に囚われてしまい、たくさんの出会いのチャンスを逃してしまっている可能性もあるでしょう。

理想を持つことは、決して悪いことではありません。しかし、理想ばかりを追い求めるのではなく、しっかりと現実を見ることも大切なことです。好きな人がほしいのにできないなら、まずは自分の理想を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

隙がなさすぎる

男性というのは、隙のあるような女性を好みます。隙がない女性というのは、言葉の通り隙がないので恋愛対象の女性としては、見られない傾向にあるのです。守ってあげたくなるような女性に、男性はそそられてしまいます。ガードが堅いことは、自分を安売りするよりはよいのですが、堅すぎることもよくありません。

ニコニコと笑顔で対応して、適度にコミュニケーションを取れる人になりましょう。隙をつくるということは、難しいことのように感じるかもしれませんが、あくまで自然体で笑顔でいることが大切です。真面目すぎてしまうことは、男性からしたら恋愛対象になりにくいでしょう。

仕事や趣味を最優先にしてしまっている

社会人として仕事をしている女性で、仕事にやりがいを感じている人は、恋愛よりも仕事を優先してしまっていることがあります。

仕事で大きなプロジェクトを任されたり、出世がかかっているような仕事をしたりしている場合、今は恋愛より仕事となってしまっているのでしょう。仕事に没頭しながら、好きな人を見つけるということが、両立できる人ならそれでも大丈夫かもしれません。

また、好きな人を見つけることよりも、好きなことや趣味にはまって充実した生活を送っている場合、恋愛はそっちのけになってしまうことがあります。仕事や趣味で充実していると、恋愛するということを忘れてしまうのでしょう。

過去の恋愛にトラウマがある

これまで付き合ってきた男性との恋愛の中で、嫌な思い出やトラウマがあると、恋愛に対して消極的になってしまう人がいます。トラウマとは、なかなかそう簡単に克服できないものです。どのようなトラウマにせよ、恋愛に臆病になってしまえば、好きな人もできにくくなってしまうでしょう。

新しい恋に進みたいなら、トラウマを克服してみようとする気持ちが大切です。トラウマも克服してからでなければ、恋愛してはいけないということではありませんが、無理のない程度のレベルで、少しずつ前に進んでいきましょう。

異性との関わりがなさすぎる

女性だらけの職場で働いていたり、普段、異性と関わるような生活を送っていなかったりした場合、好きな人はできにくいでしょう。
好きな人がほしいという気持ちがあったとしても、自分自身の今置かれている状況が、恋愛できるような状態ではないということが考えられます。

それ以外には、たとえ時間に余裕があっても、行動力がなくて行動範囲が狭かったり、異性と関わる機会が少ないとわかっていても、気付いたら時間だけが過ぎていたりなどということもあります。好きな人がほしいなら、そのような生活から少し脱却して、出会えるような場所に出向いてみるとよいでしょう。 

好きな人がほしいと思ったときにできるおまじない

好きな人がほしいと思ったときの「おまじない」を紹介していきます。女性なら、子供の頃などに恋愛に関するおまじないを、一度でも経験している方は多いのではないでしょうか。

おまじないで、実際に効果が100%あるかといったら、そういうことではありませんが、おまじないは自分に暗示をかけるようなものです。何もしないよりはまずは試してみてはいかがでしょうか。少しでもよいので努力してみると、実ることもあるでしょう。

古い下着は捨ててしまう

好きな人ができたり、よい出会いがあったりするおまじないとして、「古い下着を捨てる」というものがあります。なぜ下着なのかというと、「下着は自分自身の悪い運気を吸い取る」という言い伝えがあるためです。悪い運気を吸い取った下着を捨てて、きれいな下着に変えることで、新たな運気を取り入れるという意味合いがあります。

下着は、普段見えませんが、下着からきれいにおしゃれをしておくと、女性は気分が変わるものです。さらに運気がよくなるなら、新しい恋や出会いが呼び込まれてくることでしょう。下着を捨てることは簡単なので、一度捨ててみて新たな下着を購入してみましょう。 

素敵な人に出会うにはカーテンをピンクにしてみる

家では、何色のカーテンを使っているでしょうか。もちろん、人それぞれ好きな色で、部屋の雰囲気に合わせたカーテンにしていることでしょう。しかし、カーテンをピンクにしてみるというおまじないがあります。出会いを求めるなら、ピンクのカーテンがおすすめで、ピンクは恋愛運を高めてくれるといわれています。

ピンクは女性らしい可愛い色というイメージですが、色から得られる効果というのがあり、気づかないうちに脳が色から影響を受けることがあるのです。カーテンは、意識しなくても目に入ってくるものです。家にいるときや、仕事から帰ってきたとき、寝て起きたときでも、カーテンの色は無意識に目に入ります。

カーテンの色を変えるだけでも部屋の印象は変わり、窓から恋愛運が入ってくるともいわれているので、カーテンを新調するときにはピンクにしてみてはいかがでしょうか。

5円玉に赤い糸を結ぶ

もう一つの恋愛に関するおまじないとして、自分の生まれた年の5円玉を磨いたあとに、赤い糸を結んで持ち歩くというおまじないがあります。5円玉は「ご縁」という意味と合わさり、きれいに磨くこともご縁があるようにしっかり磨くとよいでしょう。赤い糸で結んだあとは、財布に忍ばせておくなどして、肌身離さず持っておくとよいとされています。

まず、自分の生まれた年の5円玉を、見つけることから始めないといけません。しかし、よい出会いを求めて恋愛運を高めるためにも、日頃から5円玉の作られた年に、注目してみてください。見つかるかどうかは、運としか言えませんが、きっと見つかるでしょう。もし見つかったなら、早速磨いて赤い糸で結び、よいご縁があるようにおまじないをかけましょう。

好きな人がほしいと感じたらとにかく行動しよう

好きな人がほしいと思ったら、何よりも行動をするということが重要なポイントです。行動を起こさなければ何も始まらず、出会いがあるとは思えません。

なかなか好きな人ができないなら、なおさらそのような状況から打破するために、合コンなどの出会える場所に参加したり、マッチングアプリを利用したりなど行動してみましょう。そして、恋愛においてのおまじないも、ぜひ試してみてください。よいご縁があるように、自分に暗示をかけてみましょう。

▼どうやって良い出会いが作れるかは知りたい方はこちら
「出会いがない」が口癖の女子は必見|良い出会いのきっかけ作りとは

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧