• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 恋をしていると胸が苦しくなるのはなぜ?~その原因と解決方法とは~
恋愛

恋をしていると胸が苦しくなるのはなぜ?~その原因と解決方法とは~

恋をしていると、好きな人の顔をみるだけで心がドキドキしますよね。LINEでメッセージが来たり、彼が他の女性と話しているのを見ただけで胸が苦しくなったり…この記事では恋をするとなぜ胸が苦しくなってしまうのか、その原因を解き明かしていきます。

恋をすると胸が苦しくなる原因

仕事や趣味などのほかにも頑張っていることがあるのに、恋をしたことで胸が苦しくなりどうしても集中できない。そんなあなたは、まずは恋をするとなぜ胸が苦しくなってしまうのかという科学的な理由を知ることで自分がおかしいわけではないのだ、ということを自覚してみることから始めましょう。

恋をすると脳内が活発になる

「誰かを好きだ」という恋をしている状態になると、人間の脳内の動きは活発化されます。これは、偏桃体、脳内ホルモン、ドーパミンといった化学物質の分泌が盛んになるため。これらの物質が具体的にどのような作用を及ぼしているかに関してはこのあと詳しくご紹介していきます。

緊張で過度のストレスがかかる

大事なプレゼンの前や重要な案件を任されているときなど、緊張で心臓の鼓動が速くなり胸が苦しくなる、という経験はきっと誰にでもありますよね。

恋をしているときもまさに同じような状態が体の中で起こっているのです。片思いの相手などの目を見て話したり、会話をするだけでも緊張してしまうという場合や、この恋がうまく行くのかわからない、相手の気持ちが読み取れないなど、そのような不安な気持ちを抱えていると、過度なストレスがかかって胸を苦しくさせる原因にもなります。

恋をしているときに分泌されているもの

冒頭でも少し触れましたが、恋をしているときには体内で胸を苦しくさせる化学物質が分泌されていることも原因の一つだということが証明されています。では具体的に、それらはどんな働きを持つものなのでしょうか。

脳が快感を感じると分泌される「ドーパミン」

ドーパミンという名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。これは人が喜びを感じたときや運動するときに分泌される物質で、やる気や集中力を促進させるような効果があります。

一方でドーパミンには依存性や中毒性も存在。一度快感を得ると、もう一度その感覚を得たいと積極的に働きかけようとするのです。そのため、ドーパミンが出なくなってしまうと心身にストレスがかかります。意中の相手と会っている時間はあっという間に過ぎるのに、会えない時間に胸が苦しくなるのはドーパミンが一時的に分泌されずストレスがかかっているからだともいえるでしょう。

緊張すると分泌される「アドレナリン」

このアドレナリンも名前がよく知られているのではないでしょうか。人が緊張状態にあるときに分泌されるホルモンのひとつで、脈拍を速くさせたり促進する作用はアドレナリンの効果としてよく知られています。

オリンピックやW杯などで選手が極度の緊張と興奮状態によって、試合中にケガをしていても痛みを感じないまま終了後まで気づかずに記録を残したなどという話もありますが、これもアドレナリンの作用によるものなのです。

集中力を高める効果もある「ノルアドレナリン」

ノルアドレナリンには、交感神経を活性化させる働きがあります。緊張状態にあるときなどに心拍や血圧を高め、それによって私たちの思考や意識が活性化するのです。一方でノルアドレナリンは別名ストレスホルモン。交感神経が活発に動くことで不安や怒りといった感情も同時に増幅してしまうためそのように呼ばれています。恋をすることでドキドキして落ち着かないのはこのホルモンの影響もありますね。

肌ツヤにも効果があるとされる「エストロゲン」

エストロゲンは女性ホルモンの一種で、女性らしい体をつくるために分泌されます。よく恋をすると女性はきれいになる、といった言葉を聞きますが、このエストロゲンが肌ツヤをよくしたりといった働きをしているのもその理由の一つなのです。

恋をすると肌もきれいになることは女性にとっては嬉しいことでありますが、心が苦しいとつらいものですよね。

恋で胸が苦しい時の対処法

恋をするとどうしても彼のことしか考えられず胸が苦しくなってしまうそんなあなたが少しでもその苦しさに対処できるようなアドバイスをお伝えします。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

気を紛らわすことをする

スマートフォンに新しいゲームを入れて熱中する、単純な作業を行う、部屋の大掃除をする、運動など体を動かしてみたりと、さまざまなことに挑戦して気を紛らわすことも一つの方法です。なるべく彼のことを思い出さなくてもいいように、他に集中できるようなものを見つけてみましょう。

このときに注意したいのはLINEやTwitter、InstagramなどのSNSはシャットアウトしておくということです。彼からの連絡が来たり彼の動向をSNSで目にしてしまうとあっという間に意識はそちらの方に持っていかれてしまいます。まずはそれらが見えないところで全く別のことに集中できるような環境づくりを行ってみましょう。

アロマや音楽でリラックスする

恋をしているときに脳から分泌されるのは、基本的に交換神経を刺激する化学物質やホルモンです。それを抑えるためには、副交感神経の働きを優位にさせるようなアロマの香りや音楽が効果的。またハーブティーなどを飲んで気分を落ち着かせるのもいいかもしれませんね。

相手に好かれたいという気持ちを整理する

女性が片思いに苦しんでいるときはついつい彼に愛されるにはどうすればいいのか、という悩みに陥りがち。しかし忘れてはいけないのは、好きだというのはあなた側からの気持ちであるため、相手からではなくまずはあなたが彼を愛する人になる必要があるのではないでしょうか。

相手の気持ちをコントロールすることができないという思いがあると余計に苦しくなってしまいますよね。まずは相手に追いかけられるだけではなく、追いかけるという道もあるということを考えてみましょう。

友人に相談する

胸の苦しさは一人でためこんでいるよりも、他人と共有したほうが軽減されます。友人に相談してみるなどして、なるべくストレスを内側にためこんでしまわないように心がけましょう。

また、友人に相談してみることによってより自分の考えや行動に対して客観的であったり冷静な視点を得ることもできます。自分一人で考え込んでいるよりも、家族や友人など自分が信頼することのできる第三者からの意見やアドバイスを聞いてみましょう。

自分の気持ちを文章にする

例えば毎日つけている日記やお気に入りのメモ帳などに自分が今感じていること、考えていることなどを胸の苦しさの原因となっている気持ちを書き出してみましょう。文字にして自分の目に見える形に残してみることで、より気持ちが整理されることもあります。

また、自分の考え方や気持ちが整理されることで、おのずと自分が次に何をしなければならないのか、今自分が最も優先すべきことはなになのかを確認し、次のステップへと気持ちを切り替えたり、行動を起こしていための手助けとなるかもしれません。

好きな相手に好みを合わせすぎない

相手に好かれたいと焦るあまり、なんでも相手の好みに合わせようと過剰になってしまうことがありますよね。しかし、過度に自分の好みや性格を相手に類似させようとすると、余計に今の状況が辛いという気持ちに追い込まれてしまい違った意味で恋が苦しい、と胸を苦しくさせる原因にも。

少し肩の力を抜いて、ありのままの自分で相手に好きになってもらおうというくらいの気持ちで過ごすことも大切だということを忘れないようにしましょう。

恋愛をもっと楽しもう

恋をするとどうして胸が苦しくなってしまうのか、その原因と胸の苦しさを忘れられる方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

恋をすると胸が苦しくなってしまうのは、ホルモンなどの影響で自然な現象だということが科学的に証明されているので、あまり深く思い悩まないようにすることが大切です。

また、どうしても胸が苦しくて何も手につかず悩んでいる人は、心を落ち着かせるために自分が集中することができたり、気分を切り替えることができるようなアクティビティに取り組んで、自分の心持ちを変えてみる努力をしてみましょう。

胸の苦しさをただ単に忘れるというだけではなく、その気持ちとどのように折り合いをつけていくのかということも考えなければなりません。相手を好きで苦しくなるのであれば、その気持ちを忘れる方法を探すだけでなく、相手と次のステップに進むにはどのような行動が必要なのかを考えられるようになるといいですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧