• HOME
  • 恋愛
  • 「出会いがない」が口癖の女子は必見|良い出会いのきっかけ作りとは
恋愛

「出会いがない」が口癖の女子は必見|良い出会いのきっかけ作りとは

出会いに恵まれない、と悩む女性は多いものです。特に社会に出て働きだすと、置かれた環境によっては自然に出会う機会がないことも。今回はそのような女性に焦点を当ててみました。出会う機会の作り方や、その後のチャンスを掴む技などをみていきましょう。

出会いがないけど素敵な恋愛がしたい

女性なら誰しもが、今は彼氏がいなくて出会うチャンスもないけれど、将来的にすてきな恋がしたい、と夢見るのではないでしょうか。小さい頃には、自分が〇歳になったら結婚して、素敵な家庭と作って子供もいて…という風に何気なく思い描いていた人も多いと思います。

しかし現実はそう上手くはいかず、素敵な彼氏どころか異性と出会うチャンスも全くない、と嘆く女性も多いようです。

今回はそのような、出会いがないけれども恋愛がしたい、と願う女性に向けて出会いの機会の作り方や、どのように意識を向ければよいのか、などについてみていきましょう。ぜひ、新たな一歩を踏み出して、今の環境を変えるきっかけにしてみましょう。

どうして出会いがないのか原因を整理してみる

素敵な男性との出会いがない、と嘆く女性の愚痴はとても多いようです。出会いに恵まれているという人と、全く出会う機会がない、という女性にはどういった違いがあるのでしょうか。その原因を整理していきましょう。

毎日が多忙でプライベートの時間が少ない

学生の頃と比較すると、社会人は日々仕事が忙しく、毎日自宅と会社の往復で終わってしまうという人がほとんどではないでしょうか。社会人として一人前になるために、そして与えられた仕事を精一杯こなすため、と一生懸命に過ごすとあっという間に1カ月、そして1年は過ぎていきます。

そして休日は、しっかりと体を休めたり掃除や買い物などの用事で終わってしまうということも多いでしょう。日頃の仕事でぐったりとして体が疲れてしまっていると、仕事帰りや休みに日にコンパに行こう・婚活をしてみよう、という気力も全く残っていない、ということになります。

また土日休みではなく平日が休みという勤務体系の人は、他の友人たちとも休みが合わないのでそもそも一人で過ごすことが多い、という現状もあります。このようなことから、社会人になると一気に異性との出会いやきっかけが少なくなります。

そして、恋愛対象となる異性との出会いのチャンスも減ってしまうと、いう悪事循環になってしまいがちです。

条件にこだわり過ぎている

良い人に巡り合えない、と悩む人の中には「自分の好みにこだわり過ぎる」、「男性の理想が高い」、「男性に求める条件が異常に高い」という女性も多いようです。自分の条件や好みばかりにこだわっていると、これらにピッタリと合致する人はなかなか現れないものです。

また、これらの条件や好みに合う人だとしても、その人が自分を必ず好きになってくれるとも限りません。また、条件や好みだけで選んだ人と上手く付き合っていけるかどうかも、未知数なのです。

このように恋愛そのものや恋人・パートナーに対して夢見る乙女になってしまっている女性は、次のように目線を変えてみる必要があるでしょう。

異性に対してのの条件を好みのタイプかどうかより「これだけは譲れない」という最低の条件を設けてみることです。例えば、正社員なら大丈夫、顔よりも性格がよく優しい、などの条件をいくつか設けて決めておくのです。そしてこの条件をクリアした異性と交流を図ってみることをおすすめします。

理想が高く相手に期待しすぎている

せっかく男性とお付き合いをするなら、自分の理想を追い求めたい、という風に考える女性は、異性との出会いが少なくなってしまいます。タイプの男性の理想が高いと、相手への期待がとても高くなります。

そうすると、男性を見るときの目が厳しくなり相手に対して減点法で判断をするようになっていきます。人間は男女ともよい所と悪い所があるものです。しかし、最初から無意識に嫌な所にだけ目がいってしまうと、せっかくのチャンスもみすみす見逃してしまうことになります。

また「男性の理想が高い女性」は、いつも男性側からのアプローチや、スマートな女性への言動を求めているものです。そういった肉食系で積極的な男性は、女性を手に入れるまでは積極的で夢中になり、その後は他の人に目がいく、という人も多くいます。表面だけの理想像にこだわらずに、自分の周りの人間関係をまず見直し、広げることから始めてみましょう。

出会える場所に行っていない

自分好みの男性との出会いがないのは、日常生活がワンパターンになっていて毎日のリズムが同じようになっていることも考えられます。自分から積極的に、異性との出会いの場所に出かけていかずにただ、理想の男性を待ってしまっていませんか?

映画やドラマのように、ある日突然に白馬の王子さまが現れるということは、あまり現実的ではありません。もしそういった幸運が周りにあるとしても、自分にも必ず起きるはずと都合の良い方に考えてしまうと、ますます男性との縁が遠のいてしまいます。

社会人になってからの新たな出会いは、思い切って日常から冒険して行動する気持ちがないと難しいといえるでしょう。

出会いがないと思っている女性の特徴

なぜか自分は残念ながら男性との出会いが全くない、と思い悩む人には共通の特徴があるようです。出会いを多くしたり、自分の生活圏の中からチャンスを掴むためには、まず自己分析をしてみることが大切です。

受け身になっていて自分から行動できない

「恋愛がスタートするときには、男性から積極的にアプローチをするもの」のように考えるタイプの女性は、常に受け身になっていますので、自分から行動するということがありません。

そのため、男性で気になる人がいても、自分からアプローチをせずにただ待つのみ、ということでチャンスがとても限られてきます。そして、出会いのチャンス自体も減ってきてしまいます。

最近は肉食系の男性ばかりでなく、草食系の消極的な男性も多くなっています。自分から恥ずかしくてなかなか話しかけられない、というタイプの男性には女性からのきっかけ作りが必要なのです。

若い頃は男性がどんどん言い寄ってきて受け身が当たり前だった、という女性は意識を変えることから始めてみましょう。自分で自主的に行動できるようにしていくと出会いの幅が広がっていくでしょう。

完璧で隙がない

外見がとても整っていてきれいな女性は、男性からも女性からも高嶺の花と思われています。遠くから見ているだけで、なかなか誘ったり話しかけられないというケースも多いようです。また外見以外でも仕事や勉強が完璧で知能レベルが高いなどの女性も、男性はたじろいでしまいがちです。

完璧で隙がない女性は、「自分が誘っても迷惑だろう」、「もう彼氏がいるに違いない」、「気になるけど誘いづらい」という風に思われている可能性が高いのです。このような女性は、男性との出会いを多くしてチャンスを掴むためには、工夫と行動が必要だといえます。

それはちょっとした隙を見せることです。失敗をしても隠さずにさらけ出すことや、天然なところ・弱い部分を少し見せましょう。完璧な姿を見せすぎないと、逆に男性からアプローチがされやすくなります。

女子力が低い

男性は自分にはないものや、男性とは逆のことに心惹かれるようです。女性は普段から服装やメイクに気を使い、髪型もたまに変えてみるなどのオシャレをすると、男性もハッとして印象に残ります。また常に身の回りのものは清潔感が溢れるようにしておくことが大事です。

休みの日はパジャマのままで過ごす・仕事に行くときは朝は忙しくてメイクやブローもおざなりになっている・歯も時間をかけて磨かない、などの行動は、積み重なると外見・内面にも現れてきます。特に年齢が上がるほど、がさつな性格や生活態度は気を付けたいです。

自分のモチベーションをアップさせるためにも、普段から女性らしさを意識して過ごし自分磨きをしてみましょう。そうすると不思議にも出会いのきっかけも増えていきます。

友達が少ない

男女が付き合うきっかけで一番多いものは、友人の紹介です。直接、彼氏彼女の候補として改まって紹介されるだけでなく、たまたま大勢で一緒に過ごして、話が合い好きになるという偶然のケースもあります。共通の友人がいると、何か困ったことが起きても仲裁に入ってもらえるメリットがあります。

このように、友人関係から広がる異性との出会いがとても多いので、もともと友達が少ない・友達がいない、という人は異性と出会う機会が必然的に少なくなってしまいます。異性との出会いを求めるならば、まずは同性の友達を増やすということから、スタートしてみるとよいのではないでしょうか。

出会いのきっかけをつくる行動が大切

現在の生活環境の中に、素敵な男性がいない、または紹介されるなどのチャンスもなさそうだ、と感じている場合は積極的に出会うきっかけとつくる必要があります。ここでは、新たな出会いの方法についていみていきましょう。

出会い系のイベントに参加する

合コンや街コンに参加する

社会人が異性と出会うきっかけとして、一番ポピュラーな方法といえば「合コン」、「街コン」です。合コンは友人同士などで参加する少人数の集まり・飲み会ですが、街コンは市町村が企画して行うことが多く、その規模は数十人から数百人と大規模になります。

合コンや街コンのようなコンパイベントは今や定番で、ここで出会う男女も大変多いようです。街コンのユニークなところは、そのテーマが30代限定、公務員や自衛隊・消防士限定、など年齢や職業別に参加するスタイルになっています。

また、趣味のアウトドアやスポーツ、アニメ、鉄道、旅行などが好きな人を集って行うこともあります。市町村と共催している場合は、その都市の町おこしの意味もあります。人数が多いのでより多くの異性と一度に知り合うことができるイベントです。

婚活パーティなどに気軽に参加してみる

近年は、結婚相談所が企画するパーティもさまざまな種類があります。また、企業はたくさんの人を集める必要があるため、女性に特典があるという場合も多くなっています。このように出会いの場やパーティを企画している運営会社を利用してみる方法もあります。

こういった場に一人で参加するのは抵抗がある、という人は独身の友人を誘ってみることをおすすめします。あまり深刻にならずに気軽に参加してみると、意外な出会いがあるかもしれません。

また、婚活パーティではなかなか理想の人に出会えなかったという場合でも、異性の気の合う友人と作ることができます。仕事上では知り合えないような、いろいろな交流関係が生まれると、そこから人間関係が作られ、異性との出会いにつながることもあります。

「相席居酒屋」に飲みに行く

近年、女性からも人気上昇中のシステムが「相席居酒屋」というものです。これは男性と相席をしてお酒を飲んで食事ができる、というお店です。主に、居酒屋がお客様を集めてそこで男女の出会いの場を作ってくれる、というユニークなシステム。

女性は飲み物と食事が無料という場合もありますので、気軽に参加できますね。お店側が馴染みのお客さんに声をかけてくれて、ある程度の職業や年齢で分けて開催してくれることが多いようです。その場で話が合い、意気投合すれば、お互いに連絡先の交換などを自由に行えます。

そのお店を出た後に、二次会に行くというケースもありますが、あくまでもそこでの異性との人間関係は自己責任で行うようにして、注意深い行動も必要です。

習い事やサークルなどに行ってみる

毎日が仕事場と自宅の往復になってしまっているならば、アフターファイブや休日に趣味の活動をしてみてはいかがでしょうか。そして趣味は一人でする種類のものよりも、複数で行うものやサークルなどに入って行うものをおすすめします。

自分が興味のある趣味やスポーツのことであれば、意見も同じで話が合い盛り上がります。また、違う仕事をしている異業種の人と知り合うことで、友達の輪が広がります。そしてその交流の中から、自分の好みの異性が見つかるということも多いのです。
習い事やサークルで異性と知り合うと、趣味や特技のことで話や情報を共有できます。また、お互いの共通点が見つかりやすいというメリットも。視野が広がり出会いのきっかけもできるので一挙両得です。

SNSを利用する

インターネットが普及したばかりの頃は、サイトや掲示板などで男女が知り合うのは、詐欺や騙されることが多い、という悪いイメージがありました。実際、サクラなど偽の人を使って、異性を探している人の弱みに付け込み騙す犯罪も当初は多くあり、ニュースにもなりました。

しかし、近年はさまざまな防止策やセキュリティ、身分を証明する方法も確立してきました。婚活アプリや出会いのサイトなどを大手企業が主催するケースも多くあります。

また、SNSなどのソーシャルネットワークが急速に広まり、誰もがパソコンやスマートフォンなどの機器を通して、オープンな形で交流できるようになりました。その代表格が「Instagram」、「Facebook」、「Twitter」、「LINE」などです。

現在はアプリも安心して使えるものも多くなっています。時間が限られている人や忙しい人も、気軽にきっかけが作れるところがメリットといえます。

シェアハウスで生活する

近年、首都圏を中心に増えてきているのが、シェアハウスです。一軒の家を複数の人たちで共有し、共同生活をするシェアハウス。欧米などの海外では、金銭にあまり余裕のない学生や若者が、家や部屋をシェアするということは、ごく普通のことです。

この合理的なシェアハウスという生活スタイルが日本にも広まりつつあります。シェアハウスの良い点は、家具家電が既にある家が多く、家賃や光熱費の負担がとても安いということです。また、外国人やさまざまな異性と出会う場所として、活用する人もたくさんいて交流ができます。

同居者同士が一緒に料理をしたり、時にはホームパーティや趣味を一緒にしたり、共に外出したりと、さまざまな人と交流したい人にはピッタリで合理的な仕組みです。しかし、多数の人間の集まりですので、人間関係のトラブルや、生活面での意見の違いや気遣いなども覚悟をして、シェアを始めることが大切でしょう。

出会いの場でチャンスを掴んで恋に繋げる方法

異性との出会いを求めて、勇気をだして自分から出会いの機会を作って参加する、という行動がまず一歩です。そして、その次は出会いのチャンスをいかに自分のものにするかが鍵です。ここでは、素敵な異性との出会いを成功に導く方法について触れていきます。

合コンでの出会いを成功させるためには

一緒に参加するのは知り合い程度の女子と

異性と出会うために、勇気を出して合コンや婚活パーティに参加するときには、一緒に参加する人についても注意が必要です。気が知れた仲のよい友人と一緒に参加したい、と考える女性も多いことでしょう。しかし、仲良しの友人との参加は、実はあまりおすすめできないのです。

もし一緒に参加した友人と、同じ男性を気に入ってしまった場合は、お互いに気を使い遠慮がでてしまいます。合コンでも、好みの男性がいても自分だけ抜けがけは悪いと気を使ってしまい、盛り上げ役や影の役に徹するなどの事態も起こり得るのです。

一緒に参加する人が、知り合い程度の人でお互いに異性を探す、という目的で割り切って一緒に参加するならば、こういった相手への遠慮は無用です。お互いがビジネスライクに接することも可能なのです。もし、お互いの好みの男性が一緒の場合、恋愛優先になっても後腐れなく、今後も付き合えるのではないでしょうか。

また「会いたい」と思わせる

合コンやパーティなどの場では、自分のことは話をしてもあまりさらけ出しすぎないことがポイントです。自分の話ばかりする人は、男女ともにあまりよい印象を持たれません。話すぎると「この人はこういう人だ」と思われて、もうあまり興味を持たれなくなることも。

出会いの場での会話は、ある意味で男女の駆け引きの場でもあります。自己紹介は簡潔にして、できるだけ聞き役に徹してみましょう。そうすると相手が「これからももっと話がしたい」、「また会いたい」と思うようになる確率がアップします。

一番大切なことは、合コンやパーティ中は常に笑顔で接するということです。そして、なんでも話すというスタイルではなく、神秘的な部分も残すという技を使うとよいでしょう。

気配り上手で好印象に

異性との出会いの場所に参加するときには、あまり人から見られていないような場面でも細かな気配りが必要です。男性からみて気が利く女性というのは、女性としてポイントがアップします。

合コンだからといって、ただ飲む・食べる・話す、というだけでなくお皿をきれいにまとめる・グラスを端に並べておく、などの最低限の気配りは忘れないようにしましょう。ただあまりにもやり過ぎは禁物です。自分だけ男性の印象をアップさせようとしている、と女性たちからひんしゅくをかう羽目になります。

男性があまり気が付かないような、さりげない気遣いをすると「優しい気配りのできる女性」、「家庭的な女性」という印象を持たれることでしょう。また、ここでは男性側の反応もしっかりチェックできます。

例えば、「自分で食べ物を何も取り分けず、全部女性にやってもらい当然」という態度の男性は要注意です。日頃から自分では全く何もしない男尊女卑の男性か、マザコンの可能性があります。気配りをしながら男性の個性もチェックしてみてはいかがでしょうか。

社会人サークルなどで楽しみを共有しあう

社会人向けのサークルや同好会などは、合コンや婚活パーティと比べてより深い人間関係が生まれます。合コンや婚活パーティは1回きりの出会いで、再度会うことがないケースがほとんどです。一方でサークル活動の場合は、何度も集まって行動を共にするので、継続的な人間関係を築くことができます。

また、共通の趣味やスポーツなどの体験を一緒にすることで、楽しみを共有できることもメリットですね。継続的に複数の同じ異性と交流すると、初めは分からなかった人柄も見えてきます。そして、お互いに良さや個性を知った上で、異性として惹かれ合うようにもなりやすいのです。

共通の体験や感動・感情を分かち合うことができるサークル活動は、社会人にとって打ってつけの出会いの場所です。積極的に参加して、じっくりと相手を見極めてみましょう。

素敵な出会いのために大切にしたいこと

たくさんの出会いのチャンスを作って、行動をするときには、同時に自分で気を付けるべきポイントがいくつかあります。男性により良い印象を持ってもらうために、自分ができる事柄を知っておきましょう。

いつも笑顔で幸せオーラ全開に

異性から好印象を持たれるためには、やはり素敵な笑顔がとても重要です。笑顔が可愛い明るい女性は、周りの人を幸せな気持ちにさせてくれます。また、笑顔が多い女性の周りには、知らず知らずのうちに人が多く集まるようになります。

笑顔といってもただ表情だけで笑うことはせず、自分自身の心をまずオープンにそしてポジティブにすることが大切です。幸せな精神状態から出る笑顔は、幸せのオーラを放ちます。周囲の人から居心地がよいと思われるためにも、まず自分が笑顔を絶やさないようにしてみましょう。

過去にこだわり過ぎない

恋愛は、人を好きになってお付き合いをして幸せな日々もありますが、時には別れや相手の心変わりなど辛い思いをすることがあります。プラスとマイナスの感情の両方を経験することが恋愛だともいえます。

過去に辛い失恋や恋愛をした女性の中には、どうしても過去を思い出して引きずってしまうという人もいます。しかしこれから新たな出会いをしてよい異性に出会いたい、と思うなら、まずは勇気を出して新しい出会いの一歩を踏み出すことが大切です。

辛い経験があったから今の自分がいる、と気持ちを切り替えて新しい自分に生まれ変わる感じで、前に進んでみることが自分の幸せにつながります。もし気持ちがマイナス思考になっていて、新たな出会いのための誘いを断ってしまうと、目の前に素敵な異性がいてもそれに気がつかず、前の彼と比較して悲観的になるだけです。

自分に合うフィールドで出会いを探す

せっかく新たな出会いを求めて行動をするならば、しっかりと事前調査をしてそのきっかけが自分と合うフィールドかどうかを見極めましょう。例えば、婚活のために新たに参加する場には、独身者が全くいない、学生しかいない、という場合は自分の目的とはかけ離れています。

また、参加するサークルなどが、自分には合っていないような環境の異性が多くいる場合、男性側からアプローチされても迷惑と感じてしまいます。また、新たな出会い以前に嫌な思いや辛い思いをする可能性もあるのです。

もし、自分には全く合わないフィールドである、と確信したときは、すぐに他の場所に移るなど切り替えることも大切です。せっかく自分の貴重なオフの時間を割くのですから、もし間違えた場所のときにはためらわずに方向転換をしましょう。

いつでも出会える準備をしておく

現在特定の彼氏やパートナーがいない女性は、次の出会いがいつどこであるかは分からないものです。そして出会いは突然やって来るもの。常に正装や勝負服を着ている必要はないですが、いつどこで何があっても恥ずかしくないような、身だしなみを常にする女子力も大切です。

例えば、普段良く行くコンビニや本屋、美容室に行くときなど通い慣れた場所に思わぬきっかけがあるかもしれません。最低限の化粧や服装をして、誰に出会っても後で後悔しないようにすることも必要です。

出会いがない時には一人の時間を大切にする

人生の長い時間では、常に男性と出会う機会がある、という風にはいかないことも多いようです。もちろん毎日の生活が大事なので、恋愛の出会いのためだけに時間を割くということは、通常ではなかなかできないでしょう。

今、自分に出会いがないからといって、ただやけになって異性を探し続けるよりも、一人の時間を大切にするという選択肢もあります。肩の力を抜いて一人になる時間も作ることも、大切な経験となるでしょう。

一人でいる事のメリット

一見、一人で時間を過ごすことは、寂しくてつまらないと思うかもしれません。しかし、誰にも気を使わずに買い物をしたり、雑誌を読んだり、体のケアをするという時間も大変貴重な時間です。誰かと常にいることに慣れている人は、一人になったら何をしたらいいの?と最初は戸惑うかもしれません。

まずは一人で何かすることに慣れることからスタートしてみましょう。一人で行動することで人としての成長を実感し、今まで気が付かなかった世界を体感できるかもしれません。

一人で楽しむのが向いている場所

実際に一人で過ごすときには、どのようなことをしているのかと疑問に感じる人もいることでしょう。ここでは一人で楽しむのに適した場所をいくつかピックアップしていきます。

まず、図書館や美術館など学術的・芸術的な場所です。人と会話をしながら鑑賞することもよいのですが、たった一人で自分の世界観を養うという方法も素敵です。そして映画館もおすすめです。これはすぐに実行できて簡単な場所ですね。

映画を観終わった後に一人で余韻に浸ることや、とにかく作品に集中して観ることができます。映画の感想を言い合うということをわざわざしなくてよい、という気軽さもあります。

自分のことを見つめ直して成長するチャンス

失恋をして現在、一人で過ごしているという場合、すぐに新しい彼氏が見つかる訳ではないかもしれません。また、すぐにまた新しい恋愛はしたくない、と意識的に感じる女性もいることでしょう。そのようなときは、自分を見つめ直すまたとないチャンスです。

今まで彼と過ごしていてできなかったことを、この期間を活用して実行してみてはいかがでしょうか。自分自身についてよく分析したり、本を読み映画をたくさん観るなどの自分の内面的な成長に時間を費やしてみることをおすすめします。

新しいことに挑戦したり、一人旅をしてみたりなど、いろいろなことを一人でチャレンジすると気が付くと成長があります。そしてますます人として魅力が増し、それが新たな出会いを呼ぶこともあります。

出会いがないと悩まないでにチャンスを掴もう

結婚適齢期と呼ばれる女性は、自分の希望する年齢までになんとしても結婚しなければ、という強い気持ちから焦ってしまいがちです。男性の少ない職場や、適齢期の男性が全くいない環境、または好みの男性が周りにいない、という場合、まずはその環境以外で出会いの場を広げる努力が必要です。

趣味や勉強の場に参加することや、複数で行うスポーツにチャレンジしたり、スポーツ観戦をするなど、さまざまな方法があります。また近年はインターネットの発展によりSNSやお見合いサイトでの出会いも盛んです。

そして、信頼できる友人や知り合いに自分の好みの男性をさりげなく伝えておくと、いつか紹介をしてもらえるというチャンスがあるかもしれません。現在、出会いがなくても悩まずにまずは行動して機会を積極的に作るようにしてみてはいかがでしょうか。

出会いの場を広げることで、直接意中の男性に巡り合わない場合でも、気の合う仲間や友人ができるというメリットがあります。また、自分の見聞も広がりますので、より豊かな人生を送ることができるでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール