• HOME
  • 恋愛
  • 好きな人が夢に出てくるのはなぜ|潜在意識や心理を解説
恋愛

好きな人が夢に出てくるのはなぜ|潜在意識や心理を解説

夢は、自分の願望が反映されているのか、未だに解明されていないことも多い現象です。しかし、夢に好きな人が出てくると、どのような意味合いがあるのか気になります。ここでは、好きな人が夢に出てきた時の意味合いを状況別に解説していきます。

好きな人の夢には自分の願望が反映されている

自分が密かに抱いている願いが夢として現れる一方で、現実とは全く逆のことを伝えようとしているなど、夢は未だに解明されていないことも多い現象です。

好きな人に会える夢は、自分が密かに願っている想いが反映されているとも言われており、現実では今後の展開にどのように影響するのでしょうか。夢が伝えてくれる詳しい意味を知りたい人は、この記事を読んで参考にしてみてください。

夢に出てきた好きな人が優しい時の意味

夢の中で、好きな人はあなたにどのような接し方をしてくれましたか。実は、どのような接し方をしていたかで意味が異なります。夢の中で相手が優しかった場合、以下のようにプラスとマイナスの両方の意味があると言われています。

今のままでは関係性が進展しないという暗示

自分が見る夢の内容によっては、今後の好きな人との展開が良い方向に向かう可能性があることを期待してしまいがちです。夢で自分と仲良くしている相手が想いを寄せる人だったなら、それは自分の願望が現れていると考えられています。

したがって、好きな人との関係は、今の関係性を維持し続けるだけで、今後の進展は期待できない可能性が高いと言えるでしょう。

もし、好きな人に対して積極的にアピールするのが苦手な場合、このような夢を見たことをきっかけとして、自分から積極的に話しかけてみるなど、何かしらアクションを起こしてみましょう。

もう少し優しくして欲しいという願望の現れ

好きな人が、自分に対してあまり優しくないと感じていると、相手が優しくしてくれる夢を見る確率が高いと考えられています。これは、現実では好きな人に優しくされたことが少なく、本当はもっと優しくしてほしいという願望を抱いていることを暗示しています。

また、好きな人に対して自分は優しくしているのだからと、夢の中で見返りを求めている場合もあります。このように、現実での不満が夢の中で現れていると感じるのであれば、今後は相手との距離感や接し方を変えてみてはいかがでしょうか。

笑顔を見たいと思っている

現実ではなく夢の中であっても、好きな人の笑顔が見られるということは、幸せな気持ちにさせてくれる出来事でしょう。たとえ夢から覚めたとしても、現実でも夢と同じような笑顔を見たいと願うのではないでしょうか。

好きな人の笑顔を見れるという素敵な夢には、残念ながら逆夢のケースが多いと考えられており、実際には恋が成就していない可能性高いと言えます。しかし、好きな人の笑顔を現実でも見ていたいなら、マイナス思考を払拭した上で行動することをおすすめします。

恋愛運がアップしている

女性は好きな人がいると、テレビや雑誌の占いを見る際に恋愛運を気にする人も多いのではないでしょうか。また、近年では、恋愛運をアップするために縁結びの神社に訪れる若い女性が増えており、実際に参拝して恋愛が成就した人が多いと噂の神社は人気が高くなっています。

好きな人の優しさが溢れる夢は、恋愛運がアップしていることを暗示していると考えられています。

例えば、恋がうまく進んでおり、相手が現実と夢の両方で優しい様子にギャップがないのであれば、恋愛運がアップし続けることを現していると言えるでしょう。

また、実際に相手が笑顔で応対してくれる場合、自分も同じうように笑顔でアプローチするのが良いでしょう。

異性として見られたいと感じている

好きな人との関係が、現実で友達以上からなかなか進展していない場合、早く友達以上の関係になって女性として見られたいと願うものです。相手に優しく頭を撫でてもらうような幸せな夢は、ずばり相手に異性として意識してもらいたいという願望の現れだと考えられます。

また、頭を撫でられるということは、女性にとってうれしいことでもありますが、相手から異性としてではなく妹のような存在だと思われていることを暗示しています。

そのため、好きな人が好むファッションやメイクを研究して試してみるなど、異性として意識してもらうために女性らしさをアピールしてみると、相手が女性として意識し始めるかもしれません。

夢に出てきた好きな人が冷たい時の意味

夢で好きな人に冷たい接し方をされてしまうと、現実でも同じようなことが起こるのではないかと不安になりがちです。このような夢は、新たな関係を築くチャンスの暗示や自分が感じている不安が現象化しているのかもしれません。

今後、仲良くなるチャンスが来る

もし、好きな人が夢の中であなたに冷たい接し方をしていたら、たとえ夢の中であっても気分が落ち込んでしまうものです。このような夢を見ると、夢とは逆のことを意味しており、吉夢であると考えられています。

従って、今後、好きな人と仲良くなれるきっかけが掴めるという可能性を暗示しているため、特に心配する必要はないと言えます。ただし、だからと言って、急に好きな気持ちを全面に押し出したアピールをするのは止めておいた方が無難でしょう。

恋愛において「男は追われると逃げる」と言われることがあるように、急に積極的なアピールをして逃げられてしまうことがないよう、さりげないアピールに留めておくようにしましょう。

心の中の不安を現している

万が一、夢の中でも好きな人からあなたのことが嫌いだと直接言われたとしたら、目が覚めた時に現実ではなくて良かったと安堵することでしょう。夢の中でこのような状況になった場合、自分の心の中にある不安が反映されていると考えられています。

例えば、好きな人との距離が近い場合、相手の趣味などの情報を多く知っているケースがあります。このようなケースでは、現実において自分と相手の趣味や好みが合わないことが原因で、自分とは釣り合わないかもしれないという不安を抱きがちです。

最近、心の中でこうなったら嫌だなと感じている不安がないでしょうか。不安な夢は、そう現実で感じている部分が夢として反映されただけなので、決して心配する必要はありません。

人は不安を抱えるとなかなか前向きにはなれませんが、相手に対する心の不安を払拭することで、新たな暗示が夢として現れるかもしれません。

臆病な心境が暗示されている

現実において、好きな人から嫌われるくらいなら、自分から去ってしまおうと逃げ腰の姿勢になるケースがあります。このような場合、夢に自分が密かに抱いている臆病な気持ちが現れ、好きな人から冷たい接し方をされる夢を見ることが多いと考えられています。

その理由としては、好きな人に冷たくされてしまうかもしれないと心のどこかで感じており、そうなる前に自分が冷たい態度をとって逃げようとしていることを暗示しているからです。

しかし、なかなか難しいことかもしれませんが、自分の気持ちに素直になれば、そういった不安も解消できるのではないでしょうか。好きな人と共通の友人や同僚がいる場合は、接点を作ってもらうように頼ってみるのも良いでしょう。

友人としての関係がうまくいく

好きな人から怒られる夢を見た場合、夢で嫌な気分になった上、現実でこれからどのような嫌な状況が起こってしまうのか不安になりがちです。

しかし、このように不安になる夢は、相手との喧嘩といったトラブルを暗示しているわけではなく、友人としての関係が良くなっていくことを現していると考えられています。

もし、夢で好きな人から頭ごなしに怒られていたら、コミュニケーションを増やすことで状況が変化するかもしれません。

気持ちに気づいていないことの暗示

夢で好きな人から冷たい接し方をされたり、そっけない態度を取られると、たとえ夢の中であってもモヤモヤした気持ちになりがちです。

このような夢を見ると、残念ながら夢の中だけでなく現実においても、相手は自分の気持ちに全く気付いていない状態であることを現しています。

したがって、この恋が片想いである場合、この先も片想いのままで状況は変わらないことも多いため、この夢をきっかけとして新たな恋を視野にいれてみるのもいいかもしれません。

夢に出てきた好きな人が他の人と仲が良い時の意味

好きな人が夢に出てくれるだけで気持ちが高ぶりますが、夢で好きな人が自分ではない他の誰かと仲良くしていたら、相手によっては今後の展開が気になります。

好きな人に頼りすぎている

好きな人が他の人と結婚する夢を見た場合、夢ですら精神的なショックが大きいでしょう。このような夢を見たとしても、そのまま現実になる予知夢だったりはしないので安心してください。

しかし、現実において自分が今嫌だと思っていることや苦手なことがあり、それらの問題から逃げていたりはしないでしょうか。好きな人が他の人と結婚する夢は、現実の困難から逃げていることを暗示していると考えられています。

そのため、現実の自分を見つめ直し、好きな人に頼りきらずに精神的に自立していく必要があります。また、夢と同じようなことになる可能性は低いですが、現実では相手の結婚相手が自分になるように努力してみましょう。

憧れの感情を抱く人がいる

好きな人が他の女性と仲良くしている夢は、たとえ夢の中であっても相手の女性に嫉妬心を抱いてしまうのではないでしょうか。このような夢は、好きな人が仲良くしている相手に対して、憧れの感情や理想としていることが夢として反映されている可能性が高いと言えます。

もし、好きな人と仲良くしている人がいて、その女性のような振る舞いをしたいと思っていても、残念ながらできていないとのではないでしょうか。このような場合、憧れや理想としている女性に近づくためには、自分がどのような努力をすれば良いのかということを、今一度見つめ直してみる必要があります。

ライバルに奪われてしまう焦燥感

夢で好きな人が他の女性と仲良くしていたら、現実に恋のライバルがいるのではないでしょうか。もし、恋のライバルがいるのであれば、絶対に負けたくないと闘志を燃やしがちです。

このような夢では、好きな人を恋のライバルに奪われてしまうかもしれないという、焦りの感情があることを示しており、自分が恋に敗れてしまうことへの不安が反映していると考えられます。また、ライバルの女性に対し怖気づいている場合も、夢の中で同じような形で現れるケースもあるでしょう。

自分自身のコンプレックスを現している

多くの女性から憧れの対象となっている女優やモデルでも、テレビや雑誌でコンプレックスがあることを告白しているように、どのような女性でも、なにかしらのコンプレックスを抱えていることが多いです。

好きな人に素敵な恋人がいるという夢は、自分自身のコンプレックスがある場合に見やすくなると考えられています。このような夢は、無意識に感じているコンプレックスが夢となって形に現れたものだと言えるでしょう。

しかし、自分のコンプレックスときちんと向き合うことができれば、好きな人との関係を進められる可能性があります。自分のコンプレックスを改善するように心がけましょう。

他の人が好きなのではないかと疑っている

好きな人が他の人と楽しく出かけている夢を見てしまったら、現実においてもこのような不安を感じてしまいがちです。このような夢は、実際に現実でも、好きな人の心が他の人に向いていると感じていることが多いと考えられています。

好きな人の心が他の人に向かっているということは、決して素直に受け入れがたい自体であると言えるでしょう。また、好きな人への片想いが辛く、諦めようと思っている心情の現れでもあるとも言えます。

そのため、片想いを続けていくか、それとも新たな出会いに期待するのか、この夢をきっかけとして考えてみてはいかがでしょうか。

夢の中で好きな人がとる行動別の意味

好きな人との関係性が進展していない場合、夢であっても好きな人との時間を共有したいものです。以下のように、夢の中で好きな人がとる行動によっては、さまざまな意味合いが込められています。

好きな人と目が合う夢の場合

好きな人と目が合う夢は、現実における相手との距離によって意味合いが異なります。例えば、まだ知り合って間もないなど、好きな人との間に距離がある場合、相手が自分に興味があると思い込んでいる可能性があると考えられています。

一方で現実でも好きな人と仲が良い場合は、相手が自分に対しt本当に関心を持っているという暗示の可能性もあるため、今後の展開が期待できると言えるでしょう。

2人きりでデートの約束をする夢

好きな人と2人きりでデートの約束をする夢は、現実世界で感じる好きな人に対する寂しさの現れだと考えられています。そのため、好きな人に会いたいという気持ちがあっても、満たされていない可能性があると言えるでしょう。

また、好きな人に会えていない寂しさから、このような気持ちを紛らわすために夢の中で会うことを約束しているという夢を見てしまうと考えられます。

現実で好きな人になかなか会えないと、それだけ想いが募るばかりですが、相手との距離感を保ちながらアプローチするように心がけると良いでしょう。

自分から好きな人にキスする夢

実際に好きな人と恋人の関係になっていない場合、相手とキスをする夢は、二人の関係性が進展している証拠でもあり、是非とも現実になって欲しいと願うものです。

しかし、残念ながら自分から想いを寄せる人にキスをする夢は、この恋が片想いで終わってしまうことや、恋が決して実らないことを暗示しています。

好きな人からキスされる夢

自分から好きな人にキスをする夢は、残念ながら現実での関係性が進展しないことを暗示しており、相手の方からキスされる夢も同様の意味合いを現しています。

このような夢を見た場合、好きな人にキスしてほしい願望や、自分のことを好きになって欲しいという思いが強いと考えられるため、現実で関係性が進展する可能性は低いと言えるでしょう。

好きな人が自宅にやって来る夢

現実で好きな人があなたの自宅を知らない場合、相手が自宅にやって来る夢を見ると、夢では二人の関係性に進展があったことを現していると言えるでしょう。

夢で自宅にやって来る人物は、現実においても近いうちに緊急の知らせを持ってくる役割があると考えられています。したがって、好きな人が自宅にやって来るということは、自分に対して何か伝えたいことや話したいことがある可能性が高いといえます。

そのため、実際に好きな人に会ったら自分から積極的に話しかけるなど、好きな人が話しやすい環境作りを心がけると良いでしょう。

夢に出てきた好きな相手への感情によって異なる意味合い

好きな人の夢とひと言で言っても、状況によって意味合いが異なります。ここでは、夢に出てきた好きな相手のパターン別の意味を順に解説していきます。

今でも好きな元彼が出てきた場合

過去に恋人と別れた際に、未練もなく潔く分かれた相手もいれば、今でも未練を残している相手もいることでしょう。夢の中に今でも未練を残している元彼が出てきた場合は、そうだったらいいなという願望の可能性が高いと考えられます。

また、その元彼と楽しく過ごしている夢であれば、あの頃に戻りたいと強く思っている心が現れており、未練を断ち切れない気持ちや寂しさが夢という形になって反映されているのかもしれません。

未練のない元好きな人が出てきた場合

未練のある元彼が夢に出てきた場合、寂しさなどが反映されていると考えられますが、未練のない元彼や以前好きだった人が出てきた場合、現状に満足していない気持ちの現れだと考えられています。

夢に現れたのが未練のない相手だった場合、その人に対して未練があるわけではなく、「早く次の恋がしたい」とのサインとして受け止め、満たされる恋愛を目標として、現在の恋愛状況を見直してみると良いでしょう。

好きな芸能人や有名人が出てきた場合

女性同士の会話の中で、好きな芸能人や有名人の話題になることも多いのではないでしょうか。好きな芸能人や有名人が夢に出てきた場合、これらの人達には滅多に会うことができない存在であるため、喜びもひとしおだと言えるでしょう。

例えば、好きな異性のアイドルや俳優が夢に出てくるのは、自分が人から認められたいという承認欲求の現れであると考えられています。そのため、現実において仕事の業績で認められたいと考えていたり、好きな人に女性として認めてもらいたいという願望が夢に反映したと言えます。

なお、異性の好きな芸能人に限らず、同性の好きな芸能人が夢に出てきても同じ意味になります。

好きな人の両親が出てくる夢

夢に好きな人の両親が出てくる場合、夢でも好きな人の両親だということを認識していることから、実際に相手との距離感が近いことが考えられます。

好きな人の両親から推測されるのは、これから人間関係が広がっていくということです。ただし、この人間関係は、決して好きな人との関係性に繋がるとは限りません。

しかし、普段は人の集まる場所を好まない場合でも、この夢をきっかけに人の集まりそうな場所に積極的に行くと、新たな人間関係の構築が期待できると言えるでしょう。

人間関係の広がりによってさまざまな人と触れ合うことで、価値観の視野も広くなり、仕事やプライベートに良い刺激になる可能性も期待できます。

好きな人だけが夢に出てこない場合

夢に出てくる人は、自分の周囲の人や全く知らない人まで状況に応じてさまざまです。好きな人に想いを馳せていると、夢に出てきて欲しいと願いがちですが、なかなか思うように現れないケースもあります。

好きな人が夢に出てこない理由としては、恋愛が成就して現状に何も不満がないということが挙げられます。なぜなら、心の中に満たされないものがあるのであれば、夢として反映されやすいと考えられているからでう。

好きな人だけが夢に出ないというのは寂しさもありますが、現実での恋愛が上手くいっているという証拠でもあるため、恋愛を満喫できていると言えます。

このような時は、別のさまざまな夢を楽しむなど、心に余裕を持ったライフスタイルが実現できると考えてみるといいでしょう。

夢に好きな人が出てきた時に実生活で意識したいこと

好きな人が夢に出てきた場合、現実の世界への警告や潜在意識による願望を暗示しているケースもあるため、ライフスタイルを見直してみることも大切です。

好きな相手のことを冷静に観察する

例えば、自分が怪我をしてしまう夢を見た場合、現実で怪我をしないように気を付けるなど、夢をきっかけとして意識して行動することで、不慮の事故を回避できたというケースもあります。

そのため、好きな人が出てくる夢のことを考えすぎて実生活に悪影響を及ぼすのではなく、良い方向に向かうための暗示だと捉えてみてはいかがでしょうか。

好きな人が夢に出てくるのは、現実での願望や不満が反映しているケースもあり、全てが吉夢に繋がっているとは限りません。また、夢で見た好きな人の悪い姿が本当の姿であったり、悪い部分を知らせているのかもしれません。

好きな人ができると、良い部分しか見えなくなりがちですが、良い部分ばかりだけではなく、悪い部分にもしっかりと目を向けて、それを受け入れることができるか判断していく必要があると言えるでしょう。

素直に自分の気持ちを認める

実際には、自分が相手を想う好きだという気持ちに気づいていなくても、潜在意識の中で好きだという気持ちが芽生えているケースがあります。

また、異性が夢に出てくるということは、何かしら気になっているということの現れである可能性もあるため、夢にまで見てしまうほど相手に対して想いが募っているということを認めて、自分の気持ちに素直になれるような行動を心がけると良いでしょう。

焦って告白するのは厳禁

好きな人が夢に出てくると、夢でも会いたいくらい相手のことが好きなんだと再認識するきっかけとなります。しかし、好きな気持ちを抑えることができず、現実の世界で焦って告白するのは厳禁です。

その理由としては、焦って告白しても、信頼関係が成り立っていなければ恋は成就しないことが多いからです。そのため、相手との距離感を保ちつつ、自然体でコミュニケーションをとることが大切です。

例えば、職場に好きな人がいる場合、自然に距離感を縮めることなく想いを打ち明けてしまうと、今後の関係性が悪化してしまうだけでなく、仕事に行くことすら苦痛になる可能性もあります。

そのため、あくまでも自然な距離の縮め方を目指し、突然想いを打ち明けて驚かれないように注意が必要です。

自分の悪い所を改善してみる

目覚めた直後は夢の内容を覚えていても、身支度をしているうちに自然と夢の内容を忘れてしまうことがあります。しかし、想いを寄せる人が出てくる夢の場合、そのこと自体が嬉し過ぎることから、内容を覚えているという人も多いのではないでしょうか。

一般的に夢は、悩みごとを抱えていると出やすいと言われているため、夢に見た内容をよく思い出して、現実の日常で改善できることがあるならば試みるようにしましょう。

自分の悪い所を改善することは、好きな人との関係性を良くすること以外にも、プライベートの友人関係や職場での人間関係を円滑にし、魅力的な大人の女性として周囲から憧れる存在になることに繋がります。

そうすることで、好きな人が異性として意識してくれるなど、自然に距離感が縮まる可能性も期待できます。

仕事や趣味にも手を抜かない

常に好きな人がいないと何も手につかない人や、相手に合わせてファッションや好みを変える人などは「恋愛体質」とも呼ばれており、好きな人ができると相手のことしか考えられなくなるタイプだと言えます。

このようなタイプの場合、好きな人が夢に出てくると、その内容に振り回されがちです。しかし、その夢をきっかけとして自分の恋愛体質の部分に気をつけ、仕事や趣味にもしっかりと打ち込むようになれば、もっと魅力的な女性になれると言えます。

想いを寄せる人が職場にいる場合、仕事がきちんとできる女性になることで、上司や後輩からの信頼を得ることができ、好きな人からも一目置かれる存在になる可能性も期待できます。

夢は自分を変えるきっかけだと考えよう

小学生の頃、好きな人と結ばれるというようなおまじないを試した人も多いのではないでしょうか。一説では、女性は男性よりも占いなどのスピリチュアルな世界を信じやすいと言われています。

このようなことから、女性は見た夢によっては、その内容がどのような暗示をしているのか気になりがちです。また、夢は、自分が実際に抱いている願望や潜在意識が現れやすく、現実でのライフスタイルを見直すきっかけを与えてくれているのかもしれません。

したがって、夢で見た内容に振り回されるのではなく、夢は魅力的な女性になるためのきっかけの一つだと捉え、充実したライフスタイルを目指しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール