占い

夢占いでわかる深層心理|猫の夢に隠された意味は何なのか

自分の心の状態や見えない世界、無意識の領域を表すとされる夢占い。夢はときに、未来を示すともいわれます。夢の中に猫が出てきたら、状況をよく思い出してください。夢が伝えていることは、猫の様子や行動によってまったく違った意味を持っています。

猫が出てくる夢の意味はひとつではない

夢の中に猫が現れたとします。では、この夢はいい夢なのか悪い夢なのか?ただ、猫が登場した夢といっても、その猫の状態や行動、子供の猫か大人の猫かなど、さまざまな要素でその夢が示す意味は大きく違ってきます。その猫の夢の内容によって、吉夢の場合もあれば凶夢の場合もあります。

猫の夢は、たいていは悪い夢として表現されることが多いですが、実はそういうわけでもありません。解釈によっては、幸運を呼ぶ夢とされることもあるのです。夢に出てきた猫が、なにを示しているのか、あなたになにを伝えようとしているのか、心の世界を見ていきます。

男女で意味が違う夢の猫

男性が見るのか女性が見るのかによっても、猫の夢の意味は変わってきます。男性が夢で見る猫は、きまぐれでわがままな女性という意味が強いです。その夢を見た男性が結婚しているのであれば、その猫は浮気心の象徴。軽い気持ちで女性に近づくことは、要注意です。

逆に、女性の夢に出てくる猫は同性の存在です。それは自分のライバルであったり、他人を中傷する気持ちや、嫉妬心などネガティブな感情のシンボルだったりします。

基本的に、夢に出てくる猫は女性を象徴しています。ただ、夢の中の猫はどちらかというと、女性の妬みや意地の悪さを暗示しています。そのため、よくない夢とされることが多いのです。しかし、恋愛運の上昇を表している場合もあり、決してよくないイメージだけではありません。

猫の種類でも夢の意味が変わる

猫といっても、その種類や毛の色だけでも、多種多様な猫がいます。夢に出てきた猫の特徴によっても、あなたの心の状態は違ってきます。また、余裕があれば毛並みも思い出してみてください。毛並みがきれいであれば、それだけ幸運の意味合いが強いとされます。
猫の夢は不穏だとされることもありますが、同時に幸福を招いてくれる夢でもあります。特に、可憐な猫はその代表です。もしも夢の中に出てきた猫を、魅力的だと感じたのなら、それは幸福の訪れを表しているのかもしれません。

白い猫の夢は吉夢

白い猫が夢の中に表れて、自分がその猫に対してよい印象を抱いたなら、それは幸せを予兆する夢です。たいていの場合は、これから訪れる幸福を暗示しています。また、白い猫は純粋な心を表しており、これからよい出会いに恵まれる暗示でもあるのです。

また、夢の中で白い猫を飼うといった状況なら、それは恋愛の運気が上がっていることを表します。よいパートナーと出会えたり、恋人がいるのであれば、関係がより深まることが期待できそうです。

もし白い猫を拾う夢だった場合は、金運が上昇傾向にあることを示しています。幸運を象徴するとされている白い猫は、まさに幸せの塊。それを手に取るということから、幸運をつかみ取るという解釈ができます。お金だけではなく、思いがけないラッキーが舞いこんでくるかもしれません。

悪い暗示の可能性も

夢の中で、白い猫からマイナスのイメージを感じることもあるかもしれません。もし、白い猫に噛まれてしまうなど、負の状況が起こったなら、恋人が去ってしまったり、大切なものをなくしてしまったりという暗示です。また、白い猫が汚れていたりみずぼらしい状態だったりしたら、人間関係の悪化や対人トラブルの可能性があることを意味しています。

夢に出る黒猫は幸運の象徴

魔女の遣いや不穏なイメージが根強い黒猫ですが、夢に出てきた場合は必ずしも悪い夢とはいえません。もし夢の中に黒猫が現れて、自分から遠ざかっていくようであれば、今抱えている問題や悪い状況が去っていくということを示しています。現状を打開するチャンスかもしれません。

しかし、夢に出てきた黒猫によいイメージを持たなかった場合、自分の言動や態度が元で対人トラブルを生んでしまうという暗示です。気づかないうちに他人を傷つけてしまうかもしれません。黒猫がそれを教えてくれていると考えれば、悪いだけの夢でもありません。

夢占いには、落ち込むような解釈が出てくることが多いですが、それをプラス方向に再解釈することで、生活を豊かにしていくものなのです。

場面で違う猫が出てくる夢の意味

猫が出てくる状況の夢には、さまざまなパターンがあります。夢を見た人の感情や好みによっても、結果は変わってきます。猫が登場した場面や状況で、夢があなたに伝えたいことはなんなのかを、一般的な視点から見ていきます。

ここでは、猫の行動や状態に注目していきます。場合によっては凶夢とされることもありますが、深刻に考える必要はありません。少しだけ「気をつけよう」と思う程度で、人生に大きく負担をかけることはないのです。

猫がたくさんいる夢の意味

もしも、夢の中に視界いっぱいの猫が出てきたら、猫が好きな人にとってはとてもかわいらしい光景です。しかし、これは注意しなくてはいけない夢。見えない世界が「気をつけて」と、あなたに教えてくれているのです。

金銭トラブルを表す

招き猫というものがありますが、猫がたくさんいたのなら、これはお金が離れていく可能性を暗示しています。お金に関するトラブルや、衝動買いで無駄遣いをしてしまうかもしれません。金銭的な損失を表すことが多く、お金の取り扱いや揉め事には、気をつけてというメッセージです。

また、気持ちの緩みを示している場合があります。うまい話や儲け話には、気をつけたほうがいいということを、夢が教えてくれている可能性があります。

対人関係への注意を表す

あなたを取り囲む猫の数が多ければ多いほど、対人関係に注意してほしいということを伝えています。また、その猫たちに対して、自分が持った印象がよくなかった場合は、さらに注意が必要です。余計なトラブルに巻き込まれて、損をするかもしれません。

しかし、もし夢を見た人が、時間に追われて余裕のない生活をしていたり、ストレスを抱えていたりしたなら、猫たちがそれを体現している場合があります。心や体が、休息を求めているのかもしれません。

女性が見た場合は恋愛運の下降を表す

夢を見た人が女性だった場合、その夢は恋愛運が下がっている傾向にあることを、暗示しています。恋人がいる女性なら、彼との関係がマンネリ化している可能性もあります。恋人がいない女性であったなら、それはもう一度自分を見直すチャンスです。

これをきっかけに、女性としての自分を見つめ直して、魅力的な自分を探してみることもよいかもしれません。猫たちが自分を磨くきっかけを、与えてくれていると考えることもできます。

子猫の夢の意味

愛くるしい表情を見せてくれる子猫。子猫の夢は、愛情や恋愛に関わる出来事を暗示しており、多くの場合は、幸せの訪れを知らせてくれています。また、子猫の夢はチャンスの到来でもあります。

もしも、子猫が産まれる夢を見たなら、努力が報われて仕事が成功することを意味します。自信を持って行動してよいということを、暗示しているのです。

幸運を表す

夢の中で、自分の存在自体が子猫になっていたり、人間が子猫を産むといったちょっと変わった夢を見たりすることがあります。人によっては、気分の悪い夢かもしれません。しかしそれは、夢占いにおいて恋愛運の上昇や、恋の転機を表しています。

パートナーとの進展や、新しい出会いが待っているかもしれません。また、子猫を産む夢というのは、一見不安を感じますが、長年抱えているストレスや不安から、解放されることを暗示する吉夢です。さらに、新しい自分を発見できる可能性も含んでいます。

愛情に飢えていることを表す

守ってもらう存在といった、か弱い印象の子猫が夢に出てきた場合。それは夢を見た人が、愛情に飢えていることを表しています。親猫などの、自分の命や安全を守ってくれる存在がいないと、生き抜くことができない子猫。そんな子猫が夢に出てくるのは、その人が愛情に飢えていることを意味します。誰かからの強い愛を感じたいと思っていることや、その欲求が本人の深層心理から、夢という形で表現されていると考えられます。

子宝に恵まれるということを表す

子猫が一匹や二匹でなく、たくさん出てきた夢を見たなら、それは子宝に恵まれるという暗示です。また、恋愛運が上昇している状態で、人間関係がうまくいく、人に恵まれるといった意味もあります。パートナーがいる女性の場合、もしかしたら妊娠するかもしれませんし、そうでなくても、好きな人との関係が進展する可能性を含んでいる夢です。

恋愛に関することでなくても、仕事やプライベートで最高の出会いが待っていることを示しています。積極的に、出会いの場に足を運んでもよいかもしれません。行動を起こすチャンスが、めぐってきている可能性が大きいです。

猫が話す夢の意味

現実ではありえないことですが、夢の中で猫が自分に話しかけてくることがあります。それが、猫の言葉なのか人間の言葉なのか、はっきり聞こえたかどうかでも、その夢の伝えたい内容は変わります。まるでファンタジーの世界ですが、その状況がどんな心理を表しているのかを見ていきます。

夢占いにおいて、夢の中に登場したものが残す言葉とは、重要な意味を含んでいる場合があります。夢を見た人に対するメッセージであることが多く、できることなら覚えておきたい内容です。

すっきりしないことがあることを表す

人間の言葉ではなく、言うならば猫語で夢の中の猫が話していたのなら、夢を見た人が何かに迷っていたり、後悔があったりする心の表れです。心残りやもやもやしていることがあるときに、見ることが多い夢です。

たとえば、現実世界で引っかかる出来事があって、それを引きずっているのかもしれません。深い意味はありませんが、心の迷いが表れた夢です。

何かにすがりたいという気持を表す

もしも、夢の中の猫が人間の言葉で話していたり、猫の言っていることがはっきりと分かったりした場合。それは、あなたの内面や思っていることを、表していることがあります。また、その夢はメッセージ性が非常に強く、誰かが助けを求めている場合や、夢を見た本人が誰かに助けを求めていることを表しています。

夢の中の言葉を覚えていることは難しいことですが、その言葉の中に現実世界での出来事や、問題の解決の糸口があるかもしれません。

対人関係を表す

容姿が美しく可憐な猫が、夢の中で話しかけてきたなら、恋愛運が上昇していることを暗示しています。その夢を見た人は、異性にとってとても魅力的に映っていて、人をひきつけるものが、まさに今輝いている状態です。逆に、みすぼらしく病気だと分かる猫が話しかけてきた場合は、異性によい印象を持たれていない、魅力を感じられていないといった可能性があります。

もしかすると、自分を見つめ直す時期がきていることを、伝えているのかもしれません。自分の持つ魅力というものは、恋愛だけでなく仕事でも輝く大きな要素です。また、自分の生き方が、大きく変わる可能性を含んだ夢という解釈もできます。

猫を飼う夢の意味

猫が好きな人や、近々猫を家族に迎え入れる予定のある人が見た場合は、単純に猫を飼いたい欲求の表れの可能性があります。しかし、そうではない人がこの夢を見た場合、また違った意味合いを持ちます。

猫の夢には「秘密」や「二面性」といった意味もあり、外には出さない内側の自分を表していることもあるのです。猫を飼うという夢は、そういった部分が大きく表れてきます。

秘密を表す

夢の中で、猫を飼って楽しいと思ったなら、夢を見た人は何か秘密を握っていて、その内容に満足していたり楽しんでいたりすることを表しています。

逆に、猫にすぐ飽きてしまったり、興味がなくなってしまったりした場合は、自分が握っている秘密を苦に感じていることの表れです。早く手放してしまいたい、誰かに打ち明けたいという気持ちの表れです。

他にも、なにか得をするといったことを暗示している場合がありますが、多くの場合は物事を仕切りたい、リードしたいといった気持ちの表れです。「猫を飼う」という行動に、物事の主導権を握りたいという気持ちが強く出ているのです。

欲望を表す

猫を飼うという夢には、自分の欲望が大きく出ていることがあります。それは「自分の思い通りになってくれる存在が欲しい」という、内なる欲望があることを表しています。また現在、自分が置かれている状況を、もどかしく思っているという意味でもあります。

もし夢で飼う猫が大きかった場合は、上司や親など自分より目上の人物に対して、抱いている不満が体現されている可能性があります。上司や親に対して、もっと自分の思いをわかってほしい、こうしてくれたらいいのにといった思いが、強いことを意味しています。

また、自分が尊敬できる人物がほしいといった、気持ちが表れていることもあり、目標とする存在を必要としているという暗示でもあります。なにか大きな存在によって、導かれたいという思いと同時に、新たな領域に挑戦したい気持ちが、表現されている場合もあります。

子供に戻りたいという想いを表す

飼う猫が子猫だった場合、それは子供に戻りたい気持ちの表れです。単に赤ちゃん帰りという意味合いよりも、仕事で疲れがたまってしまい、心に余裕がなくなっていて「あの頃に戻りたい」という、現実から目を背けたい感情が、夢となって表れている可能性があります。甘えといってしまうこともできるかもしれませんが、それだけ心が休息を求めていると考えられます。

猫に追いかけられる夢の意味

少し不安を感じてしまう、猫に追いかけられるといった夢。猛獣に追いかけられることを考えれば、大したことはない夢に思えますが、夢の中で猫に追いかけられたなら注意が必要です。しかし、夢の意味を理解して行動に気をつけていれば、回避できる道もあるはずです。

悪い解釈だけではなく、その先を見ていくことが、夢占いの本当の示すところです。

人間関係に疲れていることを表す

猫に追いかけられる夢は、人間関係に疲れてしまっていることを暗示しています。親しい間柄であっても、相手に対して面倒だと感じていることや、プレッシャーに思っていることが表に出つつある可能性があります。また、仕事やプライベートにかかわらず、心配に感じていることがあり、精神的に不安定になっているのかもしれません。

信じていた友達に、裏切られるようなことが起こったり、他人に不愉快な思いをさせられたりなど、マイナスの出来事を予兆している場合もあります。

トラブルの発生を表す

猫の夢とは、嫉妬心を表すことがあり、他人からの妬みや、やっかみなどのトラブルが生まれる可能性を暗示している場合があります。また、この夢を男性が見たなら、女性からの言葉やわがままに振り回されていたり、気づかないうちにそういった状況に、陥っていたりする可能性があることを表しています。

逆に女性がこの夢を見たなら、女性同士の争いに注意が必要です。思わぬ出来事からすれ違いが生まれ、争いに発展してしまうことが予感されます。

逆恨みを表す

女性がこの夢を見た場合は、誰かから逆恨みを受けてしまう前触れであることも。また、その相手は同性とは限りません。些細な出来事から、トラブルに発展してしまう可能性を含んでいるため、誤解を生まない言葉遣いや行動を、心がけたいところです。

猫を可愛がる夢の意味

猫好きな人ならば、当然の行動かもしれませんが、そうでない人が夢の中で猫をかわいがっていたのなら、その夢には意味があります。自分に対する気持ちの表れの場合もあれば、他人から受ける感情や行為を暗示している場合もあります。

「気をつけなくてはいけない」という解釈もありますが、これはこの夢の持ち主の心が優しい証拠であり、魅力的な人物であるという意味も含みます。悲しい出来事の到来よりも、自分の内面のよいところに目を向けることもしてください。

裏切りを表す

猫をかわいがる行為の夢は、夢を見た人が大切に思っていた人物や、信頼をおいていた人物からの裏切りを意味しています。女性であれば、同性の人物から裏切られ、男性であれば信頼していた女性から、裏切られる可能性があることを暗示しています。

猫を可愛がるという夢は、身近な存在に背を向けられるかもしれないという、注意を促す夢でもあるのです。

猫への想いを表す

猫が大好きな人や、実際に猫を飼っている人がこの夢を見たのなら、それはそのまま、現実世界の猫への想いや愛情を表しています。しかし、猫を飼っていない人や、そこまで猫に対して愛情がわかない人が、猫をかわいがる夢を見たなら、少し愛情に飢えていることを表しています。自分に向けられない感情に、さみしさを感じているのかもしれません。

ただし、猫をかわいがる夢というのは、吉夢の解釈もあります。幸運を呼び込んでいるという意味合いを持つ夢なので、マイナスに考える必要はありません。この夢を見た人の運勢は、上昇傾向にあるといえます。

自分を想ってくれている人がいることを表す

猫をかわいがって、楽しく遊んでいる夢であったなら、自分に想いを寄せている異性がいる可能性があるという暗示です。気づいていないだけで、たくさんの異性から注目されている場合もあります。思いがけない異性からのアプローチが、期待できるかもしれません。

ただ、夢を見た人が落ち込んでいる気分だった場合は、癒しを求めている状態です。さみしさを埋めたいといった、感情が表れているということもあるのです。

たくさんある意味を知って夢占いを楽しもう

猫が出てくる夢占いといっても、猫としたことや猫の行動などによって、まったく正反対の意味になることもあります。夢占いの結果次第では、朝から落ち込むなんてこともあるかもしれません。しかし、夢が教えてくれる世界は「気をつけてね」といった優しいものです。

悪い結果だったからといって、決して落ち込む必要はありませんし、深刻に受け止めることはありません。逆によい結果だったなら、その日1日が少し楽しくなりますし、些細なことも幸運に感じられます。夢占いとは、生活を楽しむための一つのツールです。たくさんある意味を知って、喜んだり期待したりしながら、楽しい夢占い生活を送ってください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール