• HOME
  • 恋愛
  • 彼がデートをドタキャンする理由|脈あり、脈なしを判断する方法とは
恋愛

彼がデートをドタキャンする理由|脈あり、脈なしを判断する方法とは

あなたは彼氏からデートをドタキャンされたことはあるでしょうか。楽しみにしていたデートをドタキャンされると悲しいですよね。この記事では彼がドタキャンをする理由や対処法、脈あり、脈なしを判断する方法について詳しく紹介します。

ドタキャンするのは脈なしか対処方法を紹介

デートの約束をしていたのに急にドタキャンされた、という経験はありませんか。ドタキャンする方は、やむを得ない理由があったのかもしれませんが、ドタキャンされた方は、たまったものではありません。ドタキャンする人の気が知れないと思うのも当然のことでしょう。

男性はどのような理由でデートをドタキャンするのでしょうか。ドタキャンする男性の心理とはどういったものでしょうか。実は、そのときの対処法によって、本命に格上げされるか、そのままフェードアウトしてしまうかが決まってしまうこともあります。

この記事では、ドタキャンされたときの上手な対処法や切り替え方、脈ありか脈なしかの判断基準、ドタキャンされない方法について詳しく解説します。

デートをドタキャンする理由

男性がデートをドタキャンする理由とは、どういったものがあるでしょうか。ドタキャンする理由によっては隠された男性心理が見え隠れするものもあります。それでは、一つずつ見ていきましょう。

仕事で行けなくなった

「仕事で急用が入った」「どうしても休日出勤しなければならなくなった」など、働いている男性は、急に断れない仕事が入ってしまったり、仕事の都合で急遽予定を変更しなければならないこともあります。デートに行くつもりだったけれど、ドタキャンせざるを得ないことも起きてしまいます。

デートに行けなくなった理由が仕事の場合、女性としては残念な気持ちでいっぱいになりますが、こればかりは「仕方がない」と諦めるしかないでしょう。

体調不良が理由

デートのときは万全の体調で相手と楽しい時間を過ごしたいものです。しかし、「発熱してしまった」「腹痛で外出できそうにない」「体調が悪いので通院したい」など、デート当日になって体調が悪くなり、ドタキャンしてしまうこともあります。

猛暑日が続く真夏や、インフルエンザなど感染症が流行する冬場、季節の変わり目などは、体調を崩しやすくなりがちです。体調が悪いのに無理をさせてまでデートをするのは、彼に大きな負担を与えてしまいかねません。

他の予定ができた

「家庭の事情でどうしてもはずせない用事が入った」「急用で地元に帰らなければならなくなった」など、仕事以外でも、デートよりも優先しなければならない大事な用事が急に入ってしまうこともあります。家庭の事情を含め、彼にしか分からない事情もあるかもしれません。

あなたにも他の予定ができてしまい、スケジュールを変更しなければならないこともあるでしょう。急用で仕方なくデートドタキャンせざるを得ないこともあります。

面倒くさくなった

デートの約束をしていても、何となく気が乗らないときってありますよね。あなたもデート日が近くなるにつれて面倒に思えてくる経験はあるでしょう。男性も気分が乗らなかったり、面倒になってしまうこともあるといわれており、それが理由でドタキャンする人もいます。

気分が乗らない場合は、最初からデートに行く気があまりないことも多く、約束をする段階で素っ気ない態度をとる男性もいるでしょう。

お金がない

「給料日前でお金がない」「想定外の出費が続いてお財布がピンチ」「デートに使うお金が足りない」など、デート前に金欠になってしまうこともあります。女性に食事やデート代をおごってもらうことに抵抗がない男性であれば、たとえ金欠状態であっても気にすることなくデートに行きますが、一般的にはそういった男性は多くありません。

プライドを保つことを重視する男性は少なくありません。女性に「お金がない」と言えずにデートをドタキャンするしかなかったという男性もいます。

ドタキャンされた時のOKな対応

デートをドタキャンする男性の理由や心理が分かったとしても、ドタキャンされると嫌な気持ちになってしまうことには変わりはありません。なかにはイライラを相手にぶつけてしまう人もいるでしょう。ここでは、ドタキャンされた時の正しい対応について紹介します。

相手の事を思いやる

ドタキャンの理由が急な仕事や体調不良、家庭の事情など、どうしようもない理由の場合、彼も「申し訳ない」という気持ちでいっぱいになっていることでしょう。

そんなときは、仕事に行かなければならない彼には「大変だろうけど頑張って」、体調がすぐれないなら「何かできることはない?」など、相手のことを思いやる気持ちを言葉で伝えるとよいでしょう。

間違っても「仕事と私、どっちが大切なの?」と彼を追い詰めてはいけません。仕事を優先させなければならないことがあるのはお互い様です。イライラする気持ちが沸いてきたら、ぐっとこらえて優しい気持ちになれるよう切り替えましょう。男性は自分に優しくしてくれる女性に好意を持ちやすいと言われています。

残念という気持ちを伝える

ずっと楽しみにしていたデートをドタキャンされると、がっかりするのは当然のことです。ドタキャンの理由によっては彼を責めたくなることもあるでしょう。しかし、相手を責めすぎてしまうと逆ギレされてしまう可能性もあります。そんなときは、彼の良心をチクリと刺激してみてはいかがでしょうか。

「デートできなくて本当に残念」「会いたかったから悲しいよ~」など、「残念」という気持ちを一言伝えます。さらに、「無理してない?」「大変そうだけど大丈夫?」など、相手をいたわる言葉をかけると、彼は「彼女を悲しませてはいけないな」という気持ちになるでしょう。

「彼女は良い子だな」「可愛い子だな」と思ってもらえれば、「次こそは絶対に彼女とデートしたい!」と思うことでしょう。

ドタキャンの代わりに何かしてもらう

ドタキャンされて嫌な気持ちでいっぱいなのに、我慢して男性を許してしまうのはよくありません。我慢する女性は少なくありませんが、我慢ばかりしていると不満がたまっていつか爆発してしまいます。

この場合、男性に我慢をする代わりの対価や代償を要求することで、我慢することなく、「まぁ、いいかな」という気持ちになれるでしょう。

「ドタキャンの代わりに食事に連れて行って」「次のデートで〇〇に行きたい」「1週間毎日〇〇してくれたら許す」など、対価や代償を具体的に男性に要求します。

ただし、言い方によっては図々しいと思われる可能性もあります。あくまでも優しく可愛らしく言うのがコツです。彼としても、許してもらうためにすべきことが明確になるので良いでしょう。

脈ありか脈なしか判断する方法

男性にデートをドタキャンされると、ショックですよね。自分がドタキャンをしない女性であれば、尚更悲しみも大きくなり、「脈なしなのかな」と思ってしまうこともあるでしょう。しかし、ドタキャンをされたからといって、一概に脈なしとは限りません。ここでは、脈あり・脈なしの判断方法を掘り下げてみるとよいです。

次のデートの予定を打診される

たとえデートをドタキャンされたとしても、ドタキャンした時、あるいは数日後に、「〇月〇日の都合はどう?」「〇日なら開いているんだけど」「〇日に〇〇に行かない?」など、近い日程でのお誘いの打診があれば、すぐにでも会いたいと思っているため、脈ありと考えてよいでしょう。

日程の提示をしたとしても、あまりにも先の日程だった場合、またデートが延期になってしまうこともあります。あるいは、うやむやになることを期待しているケースも出てきます。次回のお誘いがあっても近々でなければ、脈なしの可能性アリと考えてよいです。

きちんと謝ってくれるか

男性は、本命の女性には誤解されたくない、嫌われたくないと思います。本命であれば、ドタキャンしなければならなくなった理由をしっかり説明します。「ドタキャンをして本当に申し訳ない」ときちんと謝ってくれます。女性に謝罪して納得してもらった上で、他の日程で調整しようとしたり、埋め合わせをしようとするでしょう。

次のデートで会ったときに真っ先に「この前はドタキャンしてごめん!」と誠実に誤ってくれるなら脈ありです。しかし、ドタキャン直後に謝罪をしない、態度がそっけない、会ってもドタキャンがなかったかのように振る舞っているなら、脈なし、あるいは、本命の女性ではないと判断できるでしょう。

連絡が来るか来ないか

ドタキャンをしてデートを断ったとしても、電話やメール、LINEなど、いつも通り連絡が来れば、「ドタキャンをして申し訳ない」「また会いたい」と思っています。変わることなく日常のやりとりも続くため、この場合は、脈ありと考えてよいでしょう。

しかし、脈なしの場合、ドタキャン後に連絡が来なくなったり、LINEをしても返信がない、男性に連絡を取ってもそっけない態度で交わされることもあります。こういった男性は誠実とは言えません。連絡を待ち続けるのではなく、次の恋愛に気持ちを切り替えましょう。

1回だけじゃなく繰り返す

ドタキャンを1回だけでなく、何度も繰り返すようであれば、脈なしの可能性は高いでしょう。職業柄、急に仕事をしなければならない、出勤日が変更することが多いなど、納得ができる理由であれば良いですが、ドタキャンの理由が毎回変わる、「申し訳ない」という謝罪がない、誠実さが感じられない場合は、脈なしです。

また、ドタキャンが続く理由を尋ねてみてもよいでしょう。仕事や体調不良など、たまたま仕方のない理由が続いていることがあるかもしれませんし、実は冷めてしまって会いたくないと思っているからかもしれません。後者の場合は、話し合ってみる、もうデートをしないなど、何かしらの行動が必要になるでしょう。

ドタキャンされない方法

男性からドタキャンをされなくなる方法はあるのでしょうか。ここでは、ドタキャンをされてしまうのを、前もって防ぐ方法について紹介します。

前日に連絡してみる

デート前日に、明日の待ち合わせ場所や時間の確認をするために、連絡を取ってみましょう。電話、メール、LINEなど、日常的に連絡を取り合っている方法であれば、連絡手段は何でも構いません。前日に連絡をしてみて、その時に都合が悪ければキャンセルの連絡が来るはずですし、ドタキャンもしにくくなります。

こちらとしても、前もってキャンセルになることが分かっていれば、ショックは少なくてすみますし、スケジュール調整もしやすくなるでしょう。

会うのを楽しみにさせる

男性からデートをドタキャンされないためには、相手に「デートが楽しみ」「会うことが楽しみ」だと思ってもらうことが大切です。「ドタキャンをするかどうかは約束の時点でほぼ決まる」とも言われています。あまり乗り気でないのに約束をしてしまうと、デートに行くのが面倒になってしまうことだってあります。

男性がデートに行きたいと思えるような内容やスポットを選んで、デートへの期待感を高めるのがコツです。相手は乗り気になれるようなプランにすると良いでしょう。

デートの約束はドタキャンがあると思っておく

仕事や友人など、様々な理由でデートの約束をキャンセルしなければならないことは誰にもあります。仕方なくドタキャンをした経験がある人は多いでしょう。

ドタキャンをされると、ショックな気持ちになりますが、そもそも「デートの約束をしてもドタキャンの可能性がある」と思っておけば、深く傷つくこともありません。「ま、いいか」「そんなこともあるよね」と、心を切り替えられて、いつまでも嫌な気持ちを引きずることもなくなるでしょう。

 


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール