ライフスタイル

部屋も心もすっきり!一人暮らしでシンプルライフを実践しよう

たくさんの物に囲まれた雑然とした部屋を、何とかしたいと悩んでいませんか?この記事では一人暮らしでも簡単に実践できるシンプルライフのコツや継続する方法をご紹介。不要なものは断舎離して、部屋も心もすっきり!軽やかなシンプルライフを送りましょう。

シンプルにすっきりとするための方法を紹介

きちんと掃除はしているのに、なぜか部屋がすっきりしないと悩む人は少なくありません。この記事では、物を増やさないコツや部屋をすっきりと見せる技など、一人暮らしでもすぐにシンプルライフを実践できるコツをまとめました。

シンプルライフのメリットも解説しますので、一人住まいをすっきり整えたい人はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしをシンプルにするためには

ここでは一人暮らしでシンプルライフを送るために、最初に実行すべき基本をご紹介。一気に断舎離したり、大掛かりな模様替えは負担になるので、まずは簡単にできることから始めましょう。

物の分別をする

一人暮らしをシンプルで心地の良いものにするためには、不要なものを手放し、できるだけ物を減らすことです。「よく使用するもの」「あまり使わないもの」「全然使っていないもの」の3つに分別し、「全然使っていないもの」を処分します。

「いつか使うかもしれない」というものは、ひとまず「あまり使わないもの」に分別しても構いませんが、しばらく経ってからまた分別すると「全然使ってないもの」に降格することがほとんどです。「1年以上使ってないものは捨てる」などルールを設けて、潔く処分していきましょう。

部屋の中の色を統一する

一人暮らしの部屋をすっきりとシンプルに見せるには配色が重要です。「北欧風」「ナチュラル」「シック」など部屋のテーマで家具や小物などを揃え、メインの色を決めて統一すると見た目がすっきりとします。

部屋に使用する色はできるだけ少ない方がすっきりとシンプルに見えるので、3色以内で収まるようコーディネートしましょう。黒やネイビー、茶色など濃い色を差し色として配色すると全体が引き締まり、よりシンプルでおしゃれな部屋になります。

アナログからデジタルにする

シンプルライフを実践するには、CDや本、DVDなどは音楽アプリでダウンロードしたり、電子書籍や動画配信サービスなどを利用したりして、新しく購入しないようにします。

写真もプリントするとどんどん増えていくので、できるだけデジタル化して保存しましょう。スキャナーで読み込んで保存すれば劣化が防げて安心です。クラウドサービスやアルバムアプリを上手に活用すると、家族や友人とも手軽に共有することができます。

一つ手に入れたら一つ手放す

物を処分して片付けてもまたすぐに部屋が雑然としてしまう理由は、物が増えていくから。シンプルライフを実践するには「一つ手に入れたら一つ手放す」というルールが非常に有効です。欲しいものが見つかったら購入する前に、今持っているもので処分して良いものがあるか確認します。

このルールを実行することで「自分が本当に欲しいもの」が問われるので、衝動買いや購入したけれど使わない物が減っていくでしょう。

お気に入りのものだけ持つ

服、雑貨、食器類、アクセサリー、本などは、本当に自分が気に入っているものだけ残してあとは処分します。一旦整理したら先に収納スペースを確保し、そこに納まる数しか持たないのがポイント。どうしても年々増えていくものなので、それを見越してできるだけ少なく持つようにしましょう。

たくさんの物に囲まれていると、破損したり紛失したりしても「まだあるからいいや」「また買えばいいや」とぞんざいに扱ってしまいがちです。シンプルライフでは自分の思い入れのある物を厳選して残すので、物を手入れしながら大切に使うようになります。

物の定位置を決める

一人暮らしでシンプルライフを継続するためには「物の定位置を決める」というルールを徹底して守ることが大切です。物の置く場所が定まっていることで、消耗品などは補充のタイミングがひと目でがわかるようになります。在庫を常に確認できることで、ムダなストック買いが激変するでしょう。

物の定位置が決まっていれば、少しくらい片付けられなくても、パッと決まった場所に戻せば良いので掃除の時間も短縮できます。定位置を決めるポイントは、その物を使用する動線に置くこと。手に取りやすく戻しやすい場所に収納することで、手間なくすっきりした部屋を保つことができます。

シンプルライフ実行してよかったこと

ここでは一人暮らしでシンプルライフを実行するメリットをご紹介します。

部屋だけじゃなく心もすっきり

シンプルライフを始めるために不用品を分別し処分し続けていくと、心に溜まっていたモヤモヤまで捨てていくような感覚になっていきます。過去に使用していたものを捨てることで、シンプルで新しい生活をスタートしようという前向きな考えが芽生えるのです。

また、いつも部屋がすっきり片付いていると物を失くしたり、管理したりする手間がなくなります。物が定位置に納まっているので散らかりにくく、イライラする事がどんどん減っていくでしょう。帰宅時にも部屋がすっきりと片付いていれば、気持ちも晴れやかにリラックスして過ごすことができます。

シンプルライフを続けていくことで、達成感も味わうことができます。「自分は不要なものを手放すことができた」「整頓された部屋を保ち続けている」という事実が自信となり、整った部屋で過ごすことが楽しく、生活にハリが生まれるでしょう。シンプルライフを実行し部屋を整えると、心まですっきりと軽くなるのです。

ゆとりができる

シンプルライフを実行すると、本当に必要なものは多くないことを実感するようになります。その結果、買い物に費やしていた時間が不要になり、金銭面にもゆとりが生まれるのです。

シンプルライフでゆとりが生まれることは、他にもたくさんあります。部屋には必要なものしか置いていないので、掃除をする時に物をどかして掃除機をかける手間が省けるし、冷蔵庫の食材を放置することもなくなるので、食材を処分する手間が減ります。日常生活におけるさまざまな手間やストレスから解放されてゆとりのある自由な時間が増えるでしょう。

余分な物を断捨離してシンプルライフを楽しもう

一人暮らしでも簡単にできるシンプルライフの実践方法をご紹介しました。シンプルライフは「自分が本当に大切にしたいもの」に徹底的に向き合い、物への「執着心」を手放すことによって、物だけでなく、心の不要なものも断捨離されて軽くなっていきます。シンプルライフを実行し、必要なものだけに囲まれたシンプルで豊かな生活を送りましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール