ヘア・ネイル

ヘアブラシのおすすめとは?選び方や正しいブラッシング方法を解説

毎日何気なく使っている方も多いヘアブラシですが、髪質や髪型によって最適なヘアブラシは異なります。また、髪の毛にとってはブラッシング方法も大切。自分に合ったヘアブラシの選び方や正しいブラッシング方法をマスターし、美しい髪を手に入れましょう。

髪の毛によいヘアブラシに変えてみよう

ヘアブラシにはプチプラなものから高級なものまで幅広く商品があります。自分に合ったヘアブラシとは一体どのようなものでしょうか。ヘアブラシや髪のことを深く知ることで、自分の髪の悩みに合ったヘアブラシを見つけることができるはずです。美しい髪を手に入れるためにも、ヘアブラシについて知識を深めましょう。

良いヘアブラシは美しい髪の毛を育てる

ヘアブラシと一言でいってもさまざまなものがあり、期待できる効果も色々あります。動物の天然オイルを含むようなブラシは髪に艶感を出してくれる効果があり、ブラシの素材によっても得られる効果は異なります

また、ブラッシングによる適度な頭皮への刺激は育毛をサポートしてくれたり、シャンプー前にブラッシングすることで髪や頭皮に付着した汚れやスタイリング剤を落ちやすくしてくれるので、洗浄効果がアップし頭皮ケアができる効果も期待できます。ヘアブラシを使うことで、美しく健康的な髪の毛を育てることに繋がるのです。

ヘアブラシの選び方

ヘアブラシにはさまざまな種類のものがありますが、それぞれに期待できる効果や、適した髪質やヘアスタイルなども異なるので、しっかりと自分に合ったヘアブラシを選ぶようにしましょう。

髪に合っていないヘアブラシを使用していると髪トラブルを招いたり、髪の悩みが解消できなかったりすることも考えられるので、しっかりとチェックすることが大切です。

髪の質で選ぶ

髪質によって、最適なブラシの材質が異なります。細くて柔らかく、絡みやすい髪の毛には豚の毛を用いたブラシがおすすめです。髪へのダメージを与えたくない方も、髪への負担を最小限に抑えてくれる豚毛のブラシを選びましょう。

髪のボリュームが出てしまいがちな剛毛な髪の毛には、ナイロン製のブラシがおすすめです。吸水性が高いので、しっかりと髪を抑えることができます。髪をしっかりと掴んでケアしてくれますが、切れ毛には注意が必要です。

目的で選ぶ

ヘアブラシを選ぶ際には、使用する目的で選ぶのもよいでしょう。抜け毛予防やくせ毛改善、つや出し、育毛など目的によって最適なヘアブラシが異なります。ヘアブラシを使うことで、どのような効果を得たいのか明確にするとよいでしょう。

ヘアスタイルで選ぶ

ヘアスタイルが異なれば、最適なヘアブラシも異なります。パーマヘアにヘアブラシを使用する際には、ブラシの1本1本の隙間が大きくなければ、せっかくのパーマヘアも台無しになってしまう可能性があります。また360度ブラシのついたタイプであれば、毛先や前髪のブローに使用することも可能です。自分のヘアスタイルに合った最適なヘアブラシを選ぶようにしましょう

持ちやすさで選ぶ

ヘアブラシは毎日使用するからこそ、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。ハンドルの形をチェックし、実際に手にとって持ちやすさやブラッシングのしやすさなどを確認することがおすすめです。実際にヘアブラシを使うときをイメージして手を動かしてみることもポイントです。

おすすめのヘアブラシ

ヘアブラシにはプチプラなものから高級品まで価格帯も幅広く、さまざまな種類があります。持ちやすさやブラッシングのしやすさ、髪の毛や頭皮のケアができるものなど、人気の高いヘアブラシはどのようなものなのでしょうか。

MARK&WEB ウッドヘアブラシナチュラル

ブラシ部分にも楓の木材を使用したヘアブラシ。髪の毛を優しく解きほぐしてくれます。またクッション性も高いため、地肌を痛めずに心地よい刺激を与えてくれ、頭皮マッサージにもおすすめです。S・M・Lの3サイズで展開しているので、髪の長さに応じて選ぶとよいでしょう。

メイソンピアソン ハンディブリッスル

小ぶりで使いやすいヘアブラシです。ブラシ部分には、硬柔中間の猪毛を100%使用した高級品。静電気が起こりにくくキューティクルによく馴染むので、毛先まで滑るように汚れやほこりを落とし、髪の毛を清潔に保ってくれます。高価格ならではの納得のいく使い心地を実感できるでしょう。

TANGLE TEEZER The Original

ブラッシングでもつれた髪をスムーズに解きほぐし、輝く髪へと導いてくれるヘアブラシです。柄がなく手で握り込んで使用するタイプ。この形状は髪の毛や手に負担をかけないデザインといわれています。カラーバリエーションが豊富なのでお気に入りのカラーを選び、毎日のブラッシングを楽しみましょう。

AVEDA パドルブラシ

ブラシ部分が頭皮に適度な刺激を与えてくれ、マッサージ効果も期待できるヘアブラシです。空気穴が施され、髪や頭皮に負担がかからないデザインになっています。パドルのような形状に並んだブラシが特徴で、ブローしながら使用するとなめらかなストレートヘアへと導いてくれます。 

正しい髪のブラッシング方法

髪質やヘアスタイルに合ったヘアブラシを選んでも、ブラッシング方法が間違っていてはせっかくのブラシも台無しです。またブラッシングをしているのに、髪へストレスを与えてしまうことも考えられます。正しいブラッシングを身に付け、ヘアブラシの効果を最大限に活かしましょう。

ブラッシングは乾いた髪の毛に行う

髪の毛は必ず乾いた状態でブラッシングするようにしましょう。濡れている髪の毛はとても繊細なため、髪の毛が濡れているとキューティクルを傷付けてしまう可能性があります。一度傷付いてしまったキューティクルは元に戻らないので注意するようにしましょう。

ヘアオイルなどで馴染ませてから行う

ヘアブラシを使用したとき、静電気が起こってしまった経験のある方は多いのではないでしょうか。静電気はどんな髪質にもダメージになってしまうので、最も気を付けたいポイントでもあります。ブラッシングをする前に、ヘアオイルなどを馴染ませてから行うと静電気が起こりにくくなります。

 自分の髪に合ったおすすめヘアオイル。もう悩まない選び方・使い方

毛先からとかすと絡まりにくい

髪の根元からブラッシングしてしまいがちですが、まずは絡まりやすい毛先を解きほぐすようにしましょう。毛先から解き始めることによって、絡まりのリスクを軽減することが可能になります。

また、髪の毛が絡まっても引っ張らずに優しくブラッシングすることも忘れないようにしましょう。どうしても絡まりがほぐせない場合は、ヘアオイルなどを馴染ませてみると解消することがあります。

最後は根本から毛先にブラッシング

ブラッシングによって頭皮が刺激されることで血行促進、皮脂分泌の促進に繋がります。ブラッシングの仕上げに根元からブラシを通すことで、髪の毛全体に皮脂を行き渡らせることができ、艶やかな髪へと導くことができます。頭皮の余分な皮脂を落とす効果もあるので、ブラッシングの最後には、根元から優しくブラシを通すようにしましょう。

美しい髪の毛を目指そう

何気なく使っているヘアブラシですが、選ぶ際のポイントは髪質やヘアスタイルなどさまざまなチェックポイントがあります。正しいブラッシング方法を身に付けることも大切です。髪に合ったヘアブラシで毎日正しくブラッシングすることで、美しく健康的な髪の毛を目指しましょう。

 話題のブラシ型ヘアアイロンで憧れのストレートヘアを作ろう

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール