ヘア・ネイル

「自分に合うシャンプーは?」シャンプーの違いとおすすめアイテム

シャンプーは市販やサロン様々なところで販売されています。また種類も多く価格もさまざまです。シャンプーの種類によって肌トラブルになったり、髪の毛が傷むことがあります。シャンプーによって配合されている成分にちがいあり、これを把握することで美し髪の毛を手に入れることができます。

おすすめのシャンプーを使うメリット

シャンプーにはいろいろな種類があり、どれを選んだら良いか分からなくなりますよね。おすすめのシャンプーと言われても「シャンプーなんてどれも同じだろう」や、「自分に合うシャンプーとは…?」って疑問を感じる人もいると思います。

おすすめのシャンプーにはそれぞれにメリットがあります。そのシャンプーを使うことで、自分の髪質が変わったり、今まで頭皮に問題が起こっていたことも解決し、新しい自分に導いてくれるのです。

人気のシャンプーが選ばれる理由

頭皮に優しい成分配合

シャンプーにはいろいろな種類があります。値段も様々です。シャンプーなら何を使っても一緒だと思われがちですが、実はシャンプーによって入っている成分がちがいます。この成分で値段も変わってきますし、髪の状態も変わってきます。

シャンプーにはアミノ酸系や石けん系、高級アルコール系など種類があります。アミノ酸系や石けん系は比較的頭皮に優しいとされておりですが洗浄力が弱いシャンプーなので、しっかり洗いたい人には物足りないかもしれません。逆に高級アルコール系のシャンプーは、比較的安価で泡立ちがよく洗浄力が強いシャンプーですが、肌への負担が大きいです。これが原因で髪が傷んだり、頭皮にかゆみや湿疹が出たりします。

アミノ酸系や石けん系のシャンプーを使えば頭皮や髪への負担が少なく、抜け毛防止などの効果が出ます。

髪の補修をしてくれるアミノ酸成分配合

シャンプーの種類によってアミノ酸成分配合のものがあります。このアミノ酸配合のシャンプーは少し高価なシャンプーですが、低刺激で頭皮や髪に少し自信がなくなってきた人に合うシャンプーです。

アミノ酸成分を含んだシャンプーは地肌への刺激が少ないものです。ですから、フケ予防にもなります。また、適度な保湿性があり、弱酸性なので髪のパサつきが減ります。アミノ酸が髪に浸透して傷んだ髪の毛を補修してくれる効果もあり、洗いあがりがしっとりし、まとまりのある髪になります。

しっとりした洗い上がりになる

毎日髪の毛を洗う度に髪にまとまりがない、パサつくという悩みが出てくるかもしれません。その原因は髪の水分不足なのです。しっとりした髪は、髪に十分なうるおいがある状態のことで、反対にしっとり感が足りないと感じる髪はうるおいが足りていないことが多いのです。

しっとりと洗い上げるには、実はシャンプーが重要。しっとりした状態を求めるのであれば保湿成分の配合されたシャンプーを選ぶようにしましょう。保湿成分の配合のシャンプーを使うと、髪に不足していた潤いが補われるためツヤ髪になります。また傷んだ髪の毛を補修してくれるのでパサつきもなくなり、ボリュームも抑制され、まとまった髪になります。

お手頃価格で効果を実感

シャンプーにはたくさんの種類があります。その分値段もさまざまです。

髪の毛によいシャンプーは高いものだと思ってしまいます。安いものは髪の毛や頭皮を傷めてしまうかもしれないという心配もあります。毎日使うものだから高価なものはもったいと思う人も多いでしょう。しかし、入っている成分に気をつければお手頃価格で効果が期待できるものが買えます。

肌が弱い人や敏感肌の人は、アミノ系シャンプーや無添加などの種類を選びましょう。これらは髪にも優しいので傷むこともありません。肌が弱い人じゃなくてもアミノ系シャンプーや無添加のシャンプーを選ぶとよいでしょう。特に「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」など表記してあるものは肌が弱い人にとって、刺激の強い成分なので避けましょう。頭皮が荒れたり、髪の毛が傷みやすくなります。成分を把握したら毎日使うものなので、自分に合いそうなものを選んでいきましょう。

美容師が使って納得のサロン愛用のもの

サロンに行くとシャンプーが販売されています。市販のシャンプーを購入する時は自分に合うシャンプーがどれなのか悩みます。しかしサロンで購入すると髪のことに一番くわしい美容師が、自分の髪質などに合わせて選んでくれます。例えば、カラー用シャンプー、くせ毛用シャンプーなどです。シャンプーの洗浄力も優しいもので肌が弱い人や敏感肌の人には最適です。

プロが納得して使っているものだから傷んだ髪などにも効果期待ができそうです。しかしサロンのシャンプーは市販のものに比べると価格が高いです。それはシャンプーの洗浄成分のちがいからです。サロンのシャンプーは、髪によい原料が使われているので市販のシャンプーより高くなってしまうのです。

おすすめの市販シャンプーについて

ロレアル パリ エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジング クリーム ボタニカル

泡なしクレンジングで、シャンプーを使わずに髪を洗えるものです。これによって泡摩擦をなくし、ダメージの少ない髪を実現できます。マイルドなクリームに、クレンジングオイルを配合され、頭皮をやさしく洗い上げることができます。クレンジング、コンディショナー、トリートメントのオールインワン機能で髪へのダメージを防ぎながら頭皮ケアもしっかりできるものです。

カウブランド無添加 シャンプー さらさら

地肌にやさしい天然由来アミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性のシャンプーです。洗いあがりすっきりで、根元から軽やか、指通りさらさらした髪の毛に仕上がります。

天然由来コンディショニング成分配合で、ノンシリコン処方です。デリケート地肌を考えた無添加・低刺激処方にもなっています。着色料、香料、防腐剤、品質安定剤、アルコール無添加なシャンプーです。

いち髪 なめらかスムースケア シャンプー

純・和草プレミアムエキス(補修と予防成分)に紫玄米ぬかエキスを新配合したシャンプーです。紫玄米は白米に比べて種皮部分にポリフェノールの一種である「アントシアニン」を多く含んでいます。

剥がれやすいキューティクルをしっかり閉じて髪表面をなめらかに整えて摩擦を予防してくれる「キューティクルスムース」が処方されています。指通りもよく、しなやかさをアップさせて芯の美しい健康的な髪に導きます。

植物成分由来アミノ酸系洗浄成分使用のノンシリコンシャンプーです。

モイスト・ダイアン パーフェクトビューティ モイストダイアン エクストラダメージリペア シャンプー

オーガニックアルガンオイルと独自のビューティーケラチン処方でダメージを補修してくれます。「アミノケラチン」が特に傷んだ毛先やパサつきも集中ダメージ補修し、キューティクルケラチンがキューティクルを整えて、うねりがちな髪やくせ毛も毛先までうるおうふわっと、さらっとしたストレートに導きます。さらにしっとりまとまる髪にも導いてくれます。エクストラダメージリペアは、傷みが進んだ髪の補修に着目したシリーズです。

ラックス プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア シャンプー

しっとりするけど、ベタつかないやわらかい洗い心地で、ダメージをうけた髪をいたわりながらクレンジングします。使うたびに美しいなめらかな仕上がりになります。100%アンデス産ピュアオーガニックオイル、ボタニカルフラワーオイルをはじめとする6つの植物由来成分を配合しています。

洗練された優美な香り華やぐボタニカルフラワーブーケの香りです。

ディアボーテ HIMAWARI オイルインシャンプー

ディアボーテ オイルインシャンプー ジャンボ 500mL

ディアボーテ オイルインシャンプー ジャンボ 500mL

1,679円(10/23 01:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

うねり、くせ、パサつきをカバーしてくれるシャンプーです。キメ細かい豊かな泡が髪をやさしく洗いあげ、さっぱり感を感じられます。さらに使い続けると扱いやすい素直な髪になります。硫酸系界面活性剤不使用で、さらりと弾む健康的な髪に仕上げます。髪のゆがみを整えるノンシリコンシャンプーです。

ヒマワリ種子油は抗酸化作用をもたらしてくれる成分なので、紫外線から髪を守ってくれます。

シャンプーを使うときの注意点

肌に合わない時はすぐに使用をやめる

いくらネットなどで評価が高いシャンプーを使用しても自分に合わない場合があります。それは人それぞれ肌の状態や髪の質が違うからです。

シャンプーを使い始めて2~3日後にかゆみやカサカサしたり、湿疹が出るなど肌に直接何か影響が出ることがあります。これはシャンプーに入っている成分でアレルギー反応を起こしているかもしれないので、すぐに使用をやめましょう。もったいないからといって使用し続けると、炎症がひどくなり病院に通うことになるかもしれません。

洗浄力の強い界面活性剤を避ける

シャンプーの成分には界面活性剤が入っています。これは油などの汚れを浮かせて落とす洗浄成分のことです。界面活性剤は種類があります。アミノ酸系界面活性剤、石けん系界面活性剤、高級アルコール系界面活性剤などです。

石けん系界面活性剤や高級アルコール界面活性剤は洗浄力が強く、特に高級アルコール界面活性剤は泡立ちもよいし安価ですが頭皮や髪を傷める心配があります。肌が弱い人や敏感肌の人には洗浄力の強いものを避けた方がよいでしょう。

肌が弱い人や敏感肌の人には、アミノ酸系界面活性剤が向ています。低刺激で、頭皮に優しいです。しかしその分洗浄力が弱いので、しっかり汚れを落としたい人には物足りないかもしれません。

自分の髪質に合ったシャンプーで魅力ある女性に

シャンプーにはいろいろな成分のものがあります。シャンプーの種類の分だけそれぞれ合う合わないものがあります。肌が弱い人、敏感な人、髪の毛にツヤを出したい人、抜け毛や薄毛を防ぎたい人など人によって様々な悩みがあります。

数多くのシャンプーの中で、自分に合ったものを見つけるためにも正しい知識とシャンプーに入っている成分などを把握することが重要です。シャンプーなんてどれも同じだと思って使っていたら、髪の痛みが激しくなったり、頭皮に問題が出てくるかもしれません。

シャンプー1つこだわるだけで美しい髪になり、より魅力的な大和撫子になれるかもしれません。たかがシャンプー、されどシャンプーです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール