ヘア・ネイル

頭皮をシャンプーでケアできる?成分から期待できる効果を分析

シャンプーは髪を洗うものというイメージがありますが、洗うべきは髪よりも頭皮です、頭皮を洗うよう意識すれば、自然に髪もきれいになります。シャンプーの成分によっては頭皮にダメージを与えてしまうものもあります。シャンプーしているのに抜け毛や薄毛が気になるというなら、頭皮環境が悪化しているかもしれません。

頭皮に優しいシャンプーでケアしよう

顔のケアは念入りにするのに、頭皮のケアは疎かになりがちです。頭皮と顔はつながっていますので、顔をケアするように頭皮も意識してケアすることをおすすめします。ただし顔のように直接化粧品は付けられません。

頭皮のケアはシャンプーで汚れを落としましょう。ただし洗浄力の強いシャンプーは頭皮を乾燥させ、頭皮環境が悪化してしまいます。頭皮ケアシャンプーを使うことで、頭皮の汚れを落としつつ潤いを与え乾燥によるトラブルを防ぐのがベストです。頭皮にやさしいシャンプーを選んでください。

頭皮ケアシャンプーの選び方

頭皮ケアシャンプーにも種類があるので、目的な頭皮の状態に合わせて選ぶようにしましょう。選ぶポインを紹介します。

アミノ酸系洗浄成分のもの

頭皮への刺激や負担を抑えたいときは、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いものの、頭皮の潤いを守るために必要な皮脂まで落とさないのはメリットと言えるでしょう。

必要以上に刺激を与えないので、乾燥を防げます。肌と同じ弱酸性という性質は、キューティクルを守り髪のパサつきも防いでくれます。

シャンプーの成分によっては、刺激が強すぎて肌に合わないと感じる人も。アミノ酸系シャンプーは低刺激だから、敏感肌や乾燥が気になる人にもおすすめです。やさしいシャンプーは泡立ちが悪いというイメージですが、意外にも泡立ちがよくしっかりと洗えます。

頭皮にも髪にもやさしいですが、洗浄力の弱さをデメリットに感じてしまうこともあるかもしれません。ワックスやムースなどを使っている人や、オイリー体質で頭皮のベタつきが気になる場合は、二度洗いを試してみてください。

ノンシリコンのもの

シリコンを配合したシャンプーは、指通りがよくなるおいうメリットがある一方で、剥がれ落ちる際、キューティクルも一緒に剥がれやすくなるのがデメリットです。毎日使うので、使いやすいことも大切ですが、使い続けると髪や頭皮のトラブルとなってしまいます。

シリコンもイメージほど悪いものというわけではありません。しかし配合量が多いと髪が傷む原因にもなりかねません。髪から剥がれたシリコンは、毛穴に詰まりやすいことも覚えておきましょう。

毛穴が詰まれば頭皮の炎症の原因となりますし、頭皮にもニキビができます。毛髪に覆われているので蒸れやすく、炎症を起こしやすいのもシリコン入りのシャンプーをおすすめしない理由です。

今はドラッグストアでもノンシリコンシャンプーが販売されていますので、手軽に入手できます。頭皮ケアを意識するなら、ノンシリコンシャンプーを使いましょう。

オイル系のもの

オイル系シャンプーはベタつくイメージがあるので、敬遠してしまう人も多いかもしれません。オイルにも種類がありますので、種類を選べば頭皮ケアが可能です。オイルは油分が頭皮にうるイオを与え乾燥を防いでくれます。洗い上がりもしっとりしていますし、髪と頭皮にもいい影響を与えてくれます。

オイル系でオススメなのは、ホホバオイルやアルガンオイルです。美容オイルとしても知られていますし、どちらも天然由来のオイルで洗い上がりもしっとりしています。

汚れを落としながら、保湿もできるのはオイル系シャンプーのメリットです。ビタミンやミネラルも豊富に含まれるので、頭皮の乾燥が気になる人はオイル系シャンプーもおすすめです。

頭皮をケアする正しいシャンプーの仕方

最適な頭皮ケアシャンプーを選んでも、使い方を間違えると望む効果は得られないでしょう。正しいシャンプーの仕方を覚え実践してください。

ブラッシングをしてから洗う

シャンプー前のブラッシングは必ず取り入れましょう。1日過ごした髪には目に見えない細かいゴミやホコリが付いています。知らない間に絡まりができていることもあります。ブラッシングをせずにシャンプーしても、ゴミやホコリが付いていればきれいに落とせません。

絡まりがあると指に引っかかりますし、濡れると解けにくくなるので最初にブラッシングで絡まりをなくし指通りをよくするという目的もあります。

梳かし方は前から後ろに流すよう、全体を均一にブラッシングしましょう。ショートの場合は、手グシでもOKです。ブラシをかけるときはあまり力を入れすぎないよう、優しく梳かすことを心がけてください。

30~35度くらいのぬるま湯で洗う

髪や頭皮にやさしいシャンプーを選んでも、お湯の温度が高すぎると必要な皮脂までごっそりと洗い流してしまい、頭皮を乾燥させてしまいます。頭皮が乾燥すると、ゴワつき硬くなるので抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌させるので、頭皮のベタつきやニオイも気になります。頭皮は皮膚の中でも一番皮脂の分泌量が多い場所です。毛髪があるので蒸れやすく雑菌が繁殖しやすくなります。

シャンプーするときの温度は、30度~35度くらいにしましょう。少しぬるいと感じるかもしれませんが、温度が高すぎると頭皮環境を悪化させる原因となってしまいます。

予洗いをしっかりと

髪を濡らしたらすぐにシャンプーしたくなりますが、予洗いせずにいきなりシャンプーをつけて泡立てようとすると、均一に洗えません。予洗いはブラッシングでは落としきれないゴミやホコリを洗い流せますし、頭皮や髪を十分に湿らせた状態でシャンプーできるので、ムラになりにくいのです。

汚れを落とすにはシャンプーが必要ですが、予洗いだけでも大まかな汚れは落とせています。泡立ちも良くなりますので、必ず予洗いをしてください。予洗いの目安は2分~3分くらいです。

意外に長く思うかもしれませんが、予洗いを丁寧にしておけば、シャンプーも楽ですし、ゴシゴシとこすらなくても大体の汚れは落とせているので、髪や頭皮への負担を軽減できます。

手でシャンプーを泡立ててからつける

シャンプーするとき直接頭皮や髪に付けてから擦り泡立てていませんか?これはNGです。髪や頭皮が濡れていても、擦ると摩擦が起き必要以上に刺激を与えてしまいます。洗顔するとき洗顔料を泡立ててから使うように、シャンプーも泡立ててから泡で包み込むように洗うのがおすすめです。

髪に付けてから泡立てようとすると、摩擦でキューティクルを傷めてしまいます。濡れた状態で刺激を与えると乾いているときよりも刺激が強くなるので注意してください。上手く泡だないなら、泡立てネットを使うといいでしょう。泡立てネットがない場合は、最初から泡で出てくるシャンプーを使うのもいいかもしれません。

頭皮をマッサージするように洗う

たっぷりの泡を作ったら、泡を壊さないよう優しく包み込むように洗いましょう。このとき髪に泡を付け擦るように洗ってしまいがちですが、髪ではなく頭皮を意識して洗うのが正しいシャンプーの仕方です。

爪を立ててゴシゴシ擦るのはNG、指の腹で頭皮をもみほぐすようにしながら、頭皮全体をもみ洗いすれば、髪の汚れも落とせますので、髪はこすらなくても大丈夫です。ミディアム~ロングの人は、頭皮を洗い終えたら泡を毛先になじませましょう、こすり洗いは不要です。

マッサージをすることで、頭皮のこりをほぐし血行を促進する効果が期待できます。血行が促進されれば冷えによる乾燥も防げますし、シャンプーのうるおい成分が頭皮に浸透しやすくなります。

しっかりすすぐ

頭皮をマッサージするようにシャンプーをしたら、次は丁寧に洗い流しましょう。すすぎ残しがあると髪に負担をかけますし、頭皮環境を悪化させる原因となってしまいます。ある意味すすぎが一番重要と言ってもいいくらいです。

30度~35度くらいのぬるめのお湯で、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流していきます。ただシャワーをかけるだけでなく、手を添えお湯をためながら部分的にすすぎていくと、すすぎ残しなくスッキリとすすげます。

全体を丁寧にすすぐには、少し時間が必要です。ササっと一瞬ですすぎをしている人は、十分に洗い流せていない可能性があります。

髪の長さにもよりますが、手を沿えお湯をためながら頭皮全体を丁寧にすすいでください。生え際や襟足、耳の後ろなどもしっかりとすすぎましょう。

頭皮ケアにおすすめのシャンプー

頭皮ケアシャンプーは種類が豊富です。毎日使うものですから、無理なく続けられる価格帯かどうかもチェックしましょう。アミノ酸系やオイル系シャンプーは、効果を実感しやすいのでおすすめです。ノンシリコンでも軋みにくい物がいいでしょう。

haru黒髪スカルプ・プロ

頭皮と髪にやさしいアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。100%天然由来の成分でできていて、10の無添加にノンシリコン、国内生産という安心感もあります。

3種類のココナッツ由来アミノ酸を採用しているので、頭皮にも優しく毛穴詰まりもクレンジングする効果が期待できます。頭皮サイクルをサポートするキャピキシルを高濃度で配合しているのもポイント。毎日シャンプーするだけで、頭皮環境を整え髪の健康もサポートします。

オリーブ油とオレンジ油を配合しているので、コンディショナーを使わなくてもなめらかな指通りを実感できると評判です。1本で2ヶ月分あって、コンディショナー不要だからコスパもGOODです。

リンレン レメディアルシャンプー ローズ&ツバキ

ツバキやローズはもちろんその他にも10種類の国産植物を使用した、無添加シャンプーです。植物由来の成分が、頭皮に潤いを与えながら優しく汚れを落としてくれます。

ほのかに香るのは合成香料ではなく、天然の香りをブレンドしているからです。人工的に作った香りではないので、リラックス効果も期待できます。

無添加でも天然由来の洗浄成分がしっかりと汚れを落としてくれるので、洗い上がりもスッキリ。コカミドプロピルベタインを配合しているので、ハリやコシのある髪に導きます。

mogans ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー

森から生まれた20種類の植物由来アミノ酸と、美髪成分、キューティクルを守りながら指通りをよくするコンディショニング成分など、96%以上が植物由来成分でできています。低刺激にこだわっているので、敏感肌や頭皮が弱い人も安心して使えます。

赤ちゃん用のシャンプーにも使われているヤシの実由来の洗浄成分、保湿力の高いバオバブ種子油がすっきりしているのにしっとりを実感させてくれると評判です。やさしいのに泡立ちがいいから、ストレスなく洗えます。

シャンプーの成分とやり方を見直そう

シャンプーの成分によっては洗い上がりも違ってきますし、頭皮や髪に与える影響も変わってきます。頭皮ケアという目的があるなら、どの成分が頭皮に良いのかを知ってから選ぶといいでしょう。

いいシャンプーを使っても使い方が間違っていると意味がありません。自分に合ったシャンプーを選び、正しく使うことが大切です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール