• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 【ゲーム業界の仕事とは】意外と知られていない仕事の種類と現状
働き方

【ゲーム業界の仕事とは】意外と知られていない仕事の種類と現状

ゲームの仕事に興味を持っている人は増えています。資格がなくてもゲーム関係の仕事に携われるとして、楽しく取り組めている人も多いです。ゲーム関係の仕事や現状を理解することで、ゲーム関係の仕事に携わる人たちへの意識が変わっていきます。

仕事から見るゲーム業界

ゲームは、子供がするものだと思っていませんか?近年では、大人も子供に負けずゲームを愛する人が増えています。一人でできるものもあれば複数で楽しめるものまで幅広くあり、ゲームを通じて学ぶことも多くあります。

そんなゲームをユーザー側からとして見るのではなく、仕事にしたらゲーム業界はどのように見えるのでしょうか。ゲームの仕事や現状について詳しく見ていき、ゲーム業界で活躍する人の背景を見ていきましょう

ゲーム関係の仕事への興味

ゲームに関心を示す人は多いですが、仕事となればどんなことをするのでしょうか。ゲーム関係の仕事に興味をもっている人もチェックしてみましょう。

最近のゲーム関係仕事のを見てみる

最近はゲームをとにかくしているだけで、それが仕事という募集要項が増えています。ゲームをしているように見えますが、実はバグチェックという重要な業務です。

普通にゲームをしているのですが、資料と違っているなどの異変に気が付いた場合、報告書を作成するという仕事内容になります。未経験でも楽しくできるため、ゲーム関係の仕事の中でもこのようなタイプの仕事は人気があります。

てっとり早く興味がわくデバッカー

ゲームをしているだけが仕事というフレーズで興味を持った仕事は、ゲームテスター又はデバッカーといわれていて、動作確認、操作確認、記録などの仕事内容になります。とても楽で簡単な仕事に感じますが、実は稼働時間が長く集中力を必要とする仕事というポイントを押さえておきましょう。

ゲーム感覚で行えるメリットはありますが、テスターという自覚を持って取り組まないと商品の品質を落としかねないので、責任を持って取り組むことが大切です。

興味がわいたら次を考えてみよう。

デバッカーは取っ掛かりに過ぎないと感じ、ゲーム業界で他にも進んでみたいと思うことがあるかもしれないのであれば、プログラミングかCGのどちらかを勉強して、出来るようにしておけば成果につがりやすくなります。さらに一歩前進してゲーム業界へ進みたいと考えるならば、次のステップを考えてみると楽しく取り組めるようになります。

 CGクリエーターの検定とはどんな資格?申し込みや勉強法ガイドブック

ゲーム関係の仕事を紹介

ゲーム関係の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。知っていそうで知らない人が多いので、掘り下げてみましょう。

ゲーム制作に関わるゲームクリエイターを紹介

ゲームクリエイターとは、ディレクター、プランナー、プログラマー、キャラクターデザイナーなどのゲーム制作に関わる職種をまとめて呼んだものです。

このようなクリエイターのおかげで、新しいゲームが世の中に送り出されて、多くの人に楽しんでもらえるのです。主に、ディレクターが指揮をとり、ゲームのシステムやプログラムやキャラクターなど役割を作り、一つのチームとしてゲームを仕上げていくのです。

ゲーム関係の仕事で高みを目指す

ゲーム攻略メディアの運営会社といえば今や有名な「GameWith」。この会社のエンジニアは2.5人だそうです。「好きこそ物の上手なれ」のことわざにぴったりです。ゲームに対する熱意やセンスのある人または、発想や想像力のある人は、能力を伸ばせる業界です。

よりよいゲーム作りを常に意識して取り組むことで、高見を目指して素晴らしいゲームを作ることができ、やりがいを感じて仕事ができます

ゲーム関係の仕事の種類を見てみる

ゲームの仕事といってもさまざまあります。プロデューサー、ディレクターいわゆる「現場監督」、プランナー、グラフィックデザイナー(3D/2D)、プログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターと数多くある事に驚きます。

ドラマやアニメの制作と同じように、ゲームにも数多くの仕事があり、たくさんの人の手によって作り上げていきます。決して、一人ではできるものではなく、協力し合いながら作られていくのです。

ゲーム関係仕事の現状

ゲーム関係に興味がある人でも、現状を確認することでさらにゲーム業界に対する意識が変わります。次の3つの現状について見ていきましょう。

給料面でこれからを見てみましょう

能力にもよりますが、大体300万円から600万ないし750万と考えてよいでしょう。ひいては1,500万なんて記載もあります。因みに、デバッカーだけを見た場合の年収は約150万~450万円位です。

デバッガーのスペシャリストとしたならば、年収500万円以上を目指す事も出来ます。本格的に資格を取得して業務をする場合は、担当する役割も専門的な分野ができるようになるため高額になります。デバッカーなら、未経験からでもできる割に給料もよいので資格がなくてもゲームの仕事に携われます。

デバッカーのマイナス面を見てみましょう

ゲームをしながら仕事ができるといっても、意外にもテストするゲームが選べず、指示通りにしかゲーム操作をさせてもらえないのが現状です。1日中ずっと同じ姿勢になってしまうのと、合わせて目も疲れてしまうため、自己管理が必要になります。

おまけに細かい作業を連続して行うというものが多いため、根気強さのある人でないと務まりません。長時間の作業に耐え切れず、辞めてしまう人も多いため、軽い気持ちではできない仕事であることを認識しておきましょう。

 「集中力を高める」方法を見つける。驚くほど効率よく作業が進みます

ゲーム関係の仕事にも意外とあるブラック企業

せっかく作成した物の内容等の評価をあまりせずに、いかにも「ちゃんとやってます」を装う様な所は、やはりゲーム関係の業界でもブラック企業といわれても仕方がないです。

ゲームであっても、人が行っている仕事なのですから、評価をきちんとしてくれる会社を選ばないといけません。新しいゲームがどんどん増える中、このようなブラック企業も増えているのが現状です。

これからのゲーム関係仕事

これからのゲーム業界や、ゲーム関係の仕事を目指している人は、次のことを意識してみましょう。

ゲーム関係の仕事に就く方法を見てみましょう。

どんなにゲーム業界に入りたくても、経験やスキルなど知識がないとなかなか難しい世の中です。そういう方は、まずデバッガーとなってゲーム業界で働き、業界の知識や経験を積んだり、コネを作っておく事で前進する手助けになるのではないでしょうか。自分のゲームへの熱意が伝われば、評価をしてくれる人もいるので、ステップアップにつなげられます。

外せないのがコミュニケーション能力

これからの時代は結局の所、コミュニケーションが最も重要視されるでしょう。例えば、この動作が的確なのか、的確でないなら何が悪いのかを作り手に伝えて改良してもらわなければなりません。

その時仕事をスムーズに運ぶ為には、コミュニケーション能力は欠かせないといわれています。いい方や言葉を変えるだけで、相手を怒らせてしまったり、ダメだしされているのに全然ポジティブ思考で取り組めたりなど、雰囲気よく仕事をするためにもこのような能力は必要になります。

 相手の気持ちを知る方法】コミュニケーション上手になろう

どんな仕事でもコミュニケーション能力は必要

ゲームは、簡単に作られているわけではなく、多くの人が携わり時間をかけて作られていることがわかります。ゲームに対する熱意はもちろんのこと、技術や発想力なども求められるため、自分を飛躍させたいと思っている人にもおすすめできる仕事です。たくさんの人が関って作り上げていくものなので、コミュニケションを大切にして、やりがいを感じながら取り組んでいきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール