• HOME
  • 恋愛
  • いい彼女と思われるための条件とは|具体的な方法や注意点をチェック
恋愛

いい彼女と思われるための条件とは|具体的な方法や注意点をチェック

男性から「いい彼女」と思われる女性は、どんな見た目で、どんな性格でしょうか。いい彼女になるために、必ず実践したい行動や、やってはいけないNG行為はあるのでしょうか。彼好みの“いい彼女”を目指して、満たしておくべき条件を知っておきましょう。

彼氏からいい彼女と思ってもらうには

大好きな彼に、もっと愛されたい。周りに自慢したくなるような、特別な彼女になりたい。男性に「いい彼女だな」と思われるためには、どんなことに気を付けていけばよいのでしょうか。

具体的な方法を探るために、見た目、性格、仕草など、男性の目線に立って、素敵な女性像について考えてみましょう。すぐにでも行動に移したいことと、控えるべきNG行為を知って、彼のための努力を始めてみてください。

男性がいい彼女だと感じる見た目の特徴

彼女になれたからといって、見た目に対して気は抜かない。そんな女性が素敵なようです。

スタイルを維持している

いい彼女は、付き合い始め当初のスタイルを、いつまでも維持していることが原則です。男性が気に入ったのは、恋人になるときの彼女の姿。そこから、あまりにもかけ離れた姿になってしまうと、相手は「騙された」と感じてしまう恐れもあります。

また、「細ければ細いほどいい」というのは、女性が多く抱く理想です。男性にとっては、太りすぎと同じくらいに、細すぎることはNGの場合があります。つまり、太りすぎていたり痩せすぎたりしていない、健康的なプロポーションが望ましいということです。

美容の手を抜いていない

美容とは、フェイスケアだけではありません。毛先まで潤いのある髪をキープしていて、爪の先、足の先まで、しっかりと手入れがされている。こうした細やかな身だしなみが、いい彼女の条件なのです。

とくに、女性の髪に魅力を感じるという男性は、意外なほど多いです。あるアンケート調査によると、「髪の状態は、女性としての魅力に影響すると思う」と答えた男性は、全体の87%と圧倒的。髪が乱れていたり傷んでいたりすると、がっかりさせてしまうようです。男性目線では、「髪型よりも髪のツヤが重要」という結果も出ています。

また、足元が美しい女性は、好感度が高いといわれます。会うたびに、全身をくまなくチェックする男性は少ないかもしれませんが、ふとしたときに目に入った彼女の身だしなみが完璧だと、「素敵な女性だな」と惚れ直してしまうでしょう。

ファッションセンスがよい

流行に敏感で、常に最新のファッションを取り入れている。そんな女性はおしゃれで可愛く、見ていて飽きないものですが、それだけでOKなのは学生まで。

大人の女性として、流行りだけでなく、自分の体形や年齢に合ったファッションが、理解できているという点も重要です。雑誌のコーデをコピーしただけで、“服に着られている”よりも、まるでオーダーメイドのように“服を着こなしている”女性は高ポイント。体型に合った服を着ると、スタイルがよく見え、佇まいも洗練された印象になります。

彼の好みを取り入れつつ、小物を含めた全身をセンスよくまとめている女性は、男性にとって、並んで歩きたくなる存在です。

身につけるものに清潔感がある

どんなにものがよくても、扱いが雑では台無しです。持ち物や衣服が汚れていたり、ボロボロだったりしても気にならない女性。そう考えれば、清潔感のなさに男性が引いてしまうのも分かります。

服はシワや汚れが一切なく、靴は汚れや傷、かかとの擦り切れなどを放置さずに、しっかり手入れされている。鞄や財布の端が剥げていたりせず、ポーチもコスメなどで汚れていない状態。これらを当たり前にキープできている女性は、ものを大切にする、だらしなくない、素敵な彼女です。

男性がいい彼女だと感じる性格の特徴

見た目だけでなく、内面も重要。一緒にいて、心地のよい彼女の条件とはどんなことでしょう。

男性を立ててくれる

男性にはプライドがあることを理解している彼女は、友人や知人の前で、彼を立てる会話ができるものです。自分は目立たないように、あくまで彼の引き立て役に徹する。仕事ができる、助けてもらえる、頼りになるなど、彼のいい所を周囲にアピールする。これらを、わざとらしくない感じで自然に実践できると、男性からの評価は急上昇です。

彼の友人に紹介される場面ではOKでも、自分の友達に彼を紹介する際に失敗する女性は、いい彼女とはいえません。照れ隠しから友達の前で、彼の下げ発言をしてしまうというパターンはありがちですが、男性からするとプライドが傷付き、大きなマイナス要素です。大好きな彼を、素直に褒める彼女のほうが、やはり可愛いのです。

適度に束縛や嫉妬がある

過度なわがままはNGですが、相手が愛情を感じる束縛は、適度に必要です。男性は、束縛や嫉妬が激しすぎると疲れてしまい、彼女から気持ちが離れていってしまうこともあり得ます。不安や不満など、自分の主張ばかりの“重い彼女”は、彼の負担になるのです。

しかし、まったく束縛しない場合は、逆に寂しく感じてしまいます。つまり、普段は束縛や嫉妬の姿を見せず、たまに可愛く嫉妬するくらいの女性が男性にとって好ましく、理想的な彼女であるといえます。男性が「愛されているな」と感じることができるような、少しのやきもちがポイントです。

周囲に対して気配りができる

「いい彼女」とは、「周りに自慢したくなる彼女」だともいえます。男性にはプライドがあります。周囲からの評判や評価を、まったく気にしないでいる人は、そう多くありません。

彼に対してだけではなく、他人や周りの人にも、自然な気配りや優しさをみせることができれば、自分自身だけでなく、一緒にいる彼の評価も上がります。そして「素敵な彼女だね」などと友人たちからいわれると、自慢できる彼女だと実感できます。

必要としている人に席を譲るなど、困っている人に、手を差し伸べる気づかいを忘れない。そんな彼女の優しい一面を知って、さらに惚れ直すきっかけにもなるでしょう。

素直に甘えさせてくれる

外でがんばっている男性ほど、家では女性に甘えたくなるもの。そんな素振りはみせなくても、無意識にでも、男性は女性に心の癒しを求めています。

何もいわなくても、「お疲れさま」とねぎらってくれる。食事を用意して、笑顔で出迎えてくれる。男性が「早く帰りたい」「家に呼びたい」と思えるような、リラックスできる空間を作ることに長けた女性は、大切にしたくなる“いい彼女”です。

男性にとっては、滅多に愚痴をいわず、どんなことも受け入れてくれる心の広い女性が、理想的であるといえます。

彼氏にとっていい彼女になる方法

彼に“いい彼女”と思われるための、具体的な行動です。ぜひ実践していきましょう。

おごってもらったときは素直に喜ぶ

男性が食事をおごることは、当然ではありません。おごってもらったときには「ありがとう」と、きちんと言葉にして伝えましょう。さらに「うれしい、おいしかった」などと、喜びも素直に伝えるようにすると、彼はおごってよかったと思えます。

感謝の気持ちと、お礼の言葉を忘れない女性は素敵です。「当たり前」「いわなくても分かる」という考えは、見直しましょう。

笑顔を絶やさない

いつでも笑っている優しい彼女は、男性にとって“癒し”そのもの。嫌なことがあっても顔には出さず、常に笑顔でいることを心がけてみましょう。怒りを覚えるようなことでも、小言や愚痴を口に出す前に、まずは深呼吸。冷静になって相手を思いやり、心穏やかに過ごしてください。

そしてニ人きりのとき、彼の前でだけは弱い部分をみせます。普段笑っている彼女が悲しんでいたら、彼は親身に話を聞いてあげたいと思うでしょう。「自分は彼女にとって特別な存在」と感じることもでき、ニ人の仲がより深まります。

話を聞くときは目を見る

よそ見をするなんてもってのほかです。彼の話を聞くときは、しっかりと目を合わせて、しっかりと聞いていることをアピールします。そして、話の途中で遮ったり否定したりせず、適度に相づちをうちながら、最後まで聞くようにしましょう。

女性からじっと見つめられるだけで、思わずドキッとする男性も少なくありません。何より、彼女が話をきちんと聞いてくれると、彼は「自分は大切にされている」と実感できるのです。

体調や健康を管理する

女性は、ホルモンの変化が体調や感情に出やすいといわれます。ただし、それを理解できる男性は、決して多くはないことを覚えておきましょう。仮に相手に知識があったとしても、理不尽な要求をしたり、八つ当たりを繰り返したりしていては、彼の愛想が尽きてしまいかねません。

PMSの症状でイライラして、彼に当たったりしないように、食生活や生活習慣を整え、規則正しい生活を送るように心がけましょう。生理周期による気分の浮き沈みが、あまりにひどいようなら婦人科で受診します。ホルモンバランスを整える市販薬も売られているので、上手に活用しましょう。

いい彼女になるための注意点

“いい彼女”を目指すなら、以下の4つを最低限、実践しましょう。

自分勝手なわがままはいわない

彼の仕事が忙しいときに、いい彼女の真価が発揮されます。あまり会えず、連絡も満足にとれないような状況で、自己中心的な不満をぶつけて、彼を困らせてしまうことは絶対にNG。仕事が理由でデートがドタキャンになっても、彼のせいではないのです。

彼の仕事のことを理解して、責めるのではなく、むしろ応援してあげられる女性になりましょう。「がんばってね、無理しないでね」と一言返せば、わがままをいわない、可愛い彼女だと思ってもらえます。

ものを大事に扱う

彼からのプレゼントは、毎日身につけて、大事に使っていることを忘れずにアピールしましょう。適当に扱って部屋のどこかに放置、なんてことにならないように要注意です。自分があげたものを、大切に使ってくれている彼女の姿をみて、悪い気がする男性はいません。

また、仕草や、ものの扱い方が丁寧な女性は、それだけで魅力がアップします。ぜひ、以下のようなことを実践していきましょう。

  • 音を立てずに、ゆっくりとコップを置く
  • 落ちたものを、きちんとしゃがんで拾う
  • 鞄や上着、書類などを投げて置いたりしない
  • 人からものを受け取るときには、両手を使う

動作が大雑把だとガサツにみえます。ややゆっくりめに、丁寧な仕草を重ねてみてください。

料理の手を抜かない

男性の中には、料理が趣味だったり、その道のプロであったり、彼女に料理の腕を求めない人も存在します。しかし多くの男性にとって、料理上手な彼女は、やはり理想的である場合がほとんどです。

いい彼女になるためには、できるだけインスタント食品や総菜を使わずに、普段から自炊を心がけ、料理の腕を磨きましょう。いざとなればレシピをみれば大丈夫、と考えていては失敗します。料理は、手順や手際が重要です。料理に慣れているかどうかは、調理中の様子や後片付けのやり方をみれば、一目瞭然なのです。

四六時中べたべたしない

付き合い始めはお互いに舞い上がっていて、ずっとべったりしていても、大抵はあまり気になりません。ただし、付き合いが長くなってくると、付き合った当初のテンションを維持することは、少しつらくなってきます。

彼に「いつでも一緒」を押し付けすぎると、彼女のことを重たく感じてしまう可能性が。彼を疲れさせないためには、程よい距離感で接することを意識しましょう。

例えば、同じ部屋にいても、それぞれの時間を過ごす。会話がなくても、心地のよい関係を築くなど。長く付き合っていくためには、お互いに気を遣わない「気の置けない存在」になることが大切です。

自分の彼氏にとってのいい彼女を目指そう

一般的な“理想の彼女”のイメージ像を、実際にすべて実践しようとすると、かなりハードルが高いと感じるかもしれません。それでも、できる限り近づけるように努力する姿は、男性にとって可愛く思えるものです。

忘れてはいけないのは、世間の男性全員の理想を、目指す必要はないということ。目の前にいる自分の彼にとって、“いい彼女”になれるかどうかが、一番重要です。“素敵な女性”の基本形は押さえつつ、彼の好みに合わせて、彼の色に染まっていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール