資格・語学

産業カウンセラーの求人。スキルアップで仕事の幅を増やそう

産業カウンセラーの求人を見てみると、他の職業に比べて少ないように感じる人は多いです。スキルアップをすることで、多くの企業から必要とされる存在になります。人々の心を支援する大切な役割を担うので、的確に指導しアドバイスできる能力が求められます。

産業カウンセラーの資格はどんな職業に役立つのか

産業カウンセラーという言葉を聞いたことはありますが、実際にどのような仕事をしているのか知らないという人は多いでしょう。産業カウンセラーは、どのような仕事をこなしていくのかについて把握できれば、興味を持ち資格取得に向けて取り組むことができ、活躍の場を広げることができます。

どのような場面で活躍でき、自分に向いている仕事なのかを把握できることにより、やりがいのある仕事として取り組むことができるようになります。自分の可能性を広げることにつなげられるかもしれません。この機会にチェックしてみましょう。

産業カウンセラーの求人をみてみよう

産業カウンセラーの仕事形態や募集について把握しておきましょう。

正社員としての求人をみる

産業カウンセラーは、正社員として働くことが可能な仕事です。年収200~400万円とし、大企業なら500万円以上という高額で仕事ができる会社もあります。INDEEDやリクルート、求人ボックスなどをチェックしてみるとよいでしょう。

資格を要する仕事なので責任を持って取り組めますが、正社員とした場合は自分の実力や実績が評価されます。正社員として働く場合は、より優れた人材が求められる仕事になります。

求人としては多くはない

資格者への求人というより、社内で資格をとってもらう場合も多いです。求人を行う企業もあるのですが、自分の会社で育成するというスタイルも多いです。

産業カウンセラーとしての役割は多く、求められる仕事なのですが、外部の人材を募集するよりも、企業内で産業カウンセラーを育てていくというスタイルも増えています。これから産業カウンセラーとして目指す人は、資格取得も大切ではありますが、会社選びも重要なポイントになります。

非常勤としての募集が多い

正社員ではなく、非常勤としての募集も増えています。大企業などのように、常にカウンセラーとしての相談がある場合は正社員として勤務が可能になりますが、少しの時間だけでよいという場合、時給制にしている会社もあります。

アルバイト、派遣社員として勤務する方法もあるので、育児や介護などいろいろな事情で短時間だけの勤務がよいという人にとっても、ありがたいスタイルで仕事ができます。時給は1,500~1,800円、2,000~5,000円など高めになりますが、あくまでも非常勤なので生活の支柱にはなりにくいです。

産業カウンセラーの求人を探す方法

産業カウンセラーとして働きたいという人は、求人を探す方法を知っておきましょう。

産業カウンセラー無料職業紹介所で手続きする

産業カウンセラー協会、産業カウンセラー無料職業紹介所で手続きをすることで、スムーズに求人を見つけることができます。ハローワーク認可事業として無料職業紹介を行っているため、通常の求人情報で見つかりにくい場合は、このようなハローワークなどで探してみるとよいでしょう。

求人情報には限りがあるため、希望者全員の紹介ではないということも知っておくとよいでしょう。来所して求人票を提出するか郵送で申し込みも可能です。

ハローワークで求人を探す

ハローワーク窓口や、ハローワーク求人サイトを利用して探す方法もあります。無料サービスなので、ハローワークまで遠いという人はサイトを利用して探す方法をおすすめします。地元企業に強いため、地元の企業で働きたいという人は見つけやすいです。

地元の企業と広く関りを持っているので、求人情報が入っていない状態でも、相手企業と問い合わせをしてくれるため、求人情報に掲載されていなくても諦めず、希望を持って探すことができます。

民間の求人サイト

民間の求人サイトにもまったく求人がないわけではありません。数は多くありませんが、新着などをチェックすると求人が掲載されている場合があります。リクナビ、マイナビ、はたらいく、いい就職.com、INDEEDなど、さまざまな求人サイトを確認してみましょう。利用者優先のサービスで、サイトによって同じ求人情報が掲載されていることがあります。

民間の求人サイトは気軽にチェックしてみたいときにもおすすめです。正社員としての求人もあるため、就職が決まる場合も多くあります。しかし、実際の勤務条件や内容が地域によって異なる場合があるため、問い合わせ、面接をしても自分が働きたい環境とは異なる場合もあります。慎重に決めることが大切です。

産業カウンセラーの資格を活かせる仕事

実際に、産業カウンセラーとしての資格を活かせる仕事を把握しておきましょう。

民間企業や医療機関の人事部や総務部

産業カウンセラーは、民間企業や医療機関の人事部や総務部で働くことができます。産業カウンセラーという名前ですが、内容は心理カウンセラーとしての能力が強く求められます。うつ病による出社拒否、パワハラ、セクハラなどのメンタルヘルス対策への援助も行い、人間関係開発への援助も行います。

企業や医療機関で、人と人とのつながりや、人の心と向き合い的確なアドバイスが求められるため、人と単に話すことが好きという人ではなく、的確に判断しアドバイスできる人が向いています。単に聞いてあげるだけでよい人もいます。人の心の支えとなれる仕事で、企業はもちろんのこと、直接医療に携わらなくても、医療を通じた環境で仕事をすることができます。

ハローワークや人材コンサルタントとして

求職者専門相談員として仕事をすることができます。キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタント、リクルーティングアドバイザーとしてなどさまざまに呼称されます。キャリア開発についての助言や社員の研修プログラムなどの作成を行う仕事も担います。

産業カウンセラーからのスキルアップが必要な場合もあるため、資格を取得したから安心というわけではなく、常に自分のスキルを高める方法や手段を身につけ、優秀なコンサルタントとして活躍できます。

不景気による需要の拡大

リストラや離職者、定年後の再就職などを援助する仕事もこなします。キャリアカウンセラーとしての需要もあるため、資格取得中でも採用されるケースもあります。資格を取得していない状態ですが、研修生として業務をする場合があり、いち早く実際の現場で仕事を行うことができ、自分の経験として生かすことができます。

産業カウンセラーは、違うジャンルでもカウンセラーとしての仕事も行いやすいため、幅広く対応できる能力も求められ場合が多いです。

スクールカウンセラーとして

教師や保護者と子供の間に立ち問題解決のサポートに取り組む仕事も行います。教育委員会のHPに求人情報があるため、スクールカウンセラーとして活躍していきたい場合はと合わせてみるとよいでしょう。精神科医や臨床心理士の資格を持っている人も多いです。

しかし、正規雇用は難しく非常勤としての採用が多いのが現状です。需要のわりに病院への転職者も多いため、自分のカウンセラーとしての能力の質や幅も求められることを自覚しておくとよいでしょう。

時代の移り変わりとともに需要の増加傾向

不登校や発達障害の子供の増加しており、このような子供を対象にカウンセラーとしての資格を活かして業務を行うことができます。以前はスクールカウンセラーの需要は少なかったのですが、時代の移り変わりとともに増加傾向にあります。

不登校の子供を、通常の環境へと戻せるような環境づくりや意識改革ができるように援助し、発達障害の子供にも同じく、意識改革や学校生活の援助をしていきます。

運転適性診断カウンセラーとして

自動車事故防止につながる指導やカウンセリングをおこないます。高齢者による事故の多発しているため、このような取り組みで高齢者運転適性や自覚をもつことにつなげられます。

運転適性診断とは「貨物自動車運送事業輸送安全規則、及び旅客自動車運送事業輸送規則により事業者が行うドライバーへの診断」のことをいいます。国土交通省認定の自動車適性診断において、受信者に対しカウンセリングを行います。診断業務に関する入力作業などもあり、運転適性診断カウンセラーとしても資格を活かすことができます。

独立開業する

産業カウンセラーとしての経験や能力が身に付き、自分に自信を持てるようになったら、相談所を設立し企業に向けてのカウンセリングや研修などの提案することができます。

仕事の開拓が必須とされるため、最初は大変かもしれませんが、やりがいをもって仕事に専念できます。カウンセリングは健康保険適応外なのでカウンセリング料金の取り決めはありません。自分次第で収入を拡大していくこともできることも知っておきましょう。

産業カウンセラーの資格で需要を拡げる方法

資格で需要を拡げる方法を身につけることで、自分の能力を格段に高められます。

産業カウンセラーからのスキルアップ

産業カウンセラーの上級資格「シニア産業カウンセラー」にスキルアップができます。産業カウンセラーとしても活躍はできるのですが、枠が狭いため、これだけのスキルだけでは正社員として雇用されにくいです。

しかし、シニア産業カウンセラーとしてのスキルもあれば、需要も多くなるためさらに広く仕事をこなすことができます。産業カウンセラーの資格があるので安心と思わず、もう一歩スキルアップをすることでさらに活躍の場が多くなります。

シニア産業カウンセラーからスキルアップ

シニア産業カウンセラーとしてのスキルアップできたら、さらに上のキャリアコンサルタントとしてのスキルアップを目指しましょう。産業カウンセラーの資格があるからこそ、このようなスキルアップを目指すことができるので、そこで踏みとどまらず、常にスキルアップをして自分を高めることができます。

需要もあるので、自分の能力を最大限に発揮しながら、人々に寄り添った指導やアドバイスができるようになるのです。人の心を支える大切な役割なので、やりがいをもって業務できます。

産業カウンセラーは未来ある社会へ必要とされる資格

産業カウンセラーは、直接社会を援助する仕事ではありませんが、人の心を支える大切な役割であり、大切な存在です。産業カウンセラーとしても活躍できますが、さらにスキルアップをすることで幅広く業務をこなすことができ、人々に寄り添った指導やアドバイスができます。未来ある社会へ必要とされる資格なので、興味のある人は積極的に資格取得に向けて取り組みましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール