資格・語学

「仕事にいかせる資格」とは何か。人気の資格でスキルアップしよう

「手に職をつける」というように、職業を一生のものにするために資格を取得することは有効なことです。女性におすすめの人気の資格とは何でしょうか。特別な受験資格が不要で、できれば簡単なものがよいですが、転職に有利な資格はある程度の勉強は必要です。

就職や転職に役立つ資格で有利に

仕事先を選ぶ際、少しでもよい仕事につきたいと思うものです。条件のよい仕事を得るために、ニーズのある資格を持っていることは、非常に有効といえます。女性は結婚や出産など、ライフスタイルが大きく変わることがあります。居住地が変わったり、子育てのために時間の制約があったり、あらゆるケースに対応することもあるでしょう。

就職や転職に役立つ資格とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。女性におすすめする人気の資格をみていきましょう。

疲れとストレス

転職先を考えるなら

今後の人生を考えたとき、資格の取得は選択肢の幅を広げてくれます。希望の職種や職業に役立つもの、必要な資格について、将来のために知識を深めることも重要な第一歩となります。

長く続けられる事務職

女性にとって長く続けられる事務職を希望する人は多いでしょう。転職の際に、資格を持っていると有利になることは間違いありません。時代が変わっても、経理や簿記の知識は企業にとって、必要であることは変わりません。事務職を希望する人は、簿記の資格を取得しておくことで経理関係の仕事も可能となり、就職先の選択肢が広がることでしょう。

経理や財務で即戦力として、企業が求める資格を取得しておくことは、今後のライフスタイルが変化しても、大きな力となるといえます。

人を助けたい医療介護に携わるなら

どんなに機械化が進んでも、人間でなければできない仕事が医療関係でしょう。医療関係の勤務先は、大小さまざま全国にあります。医療関連の資格は、人生のなかで大きくライフスタイルの変わる可能性が高い女性にとって、就職先をみつけやすくする資格といえます。

各種医療事務の資格や、メディカルアロマセラピスト、心理カウンセラーなど通信教育で取得できる資格も数多くあります。

医療の仕事ってどんなもの?人気の医療の仕事やその仕事内容を解説

自分で全てを管理するなら独立

子育て中やさまざまな理由から、在宅での仕事を希望する女性も多くなっています。クラウドソーシングも進み、在宅ワークを選択しやすい環境になってきているともいえるでしょう。自分自身で、働く時間や量を管理できる独立を考えている人にとっても、有効な資格はたくさんあります。

ネイリスト、WEBデザイナー、ファイナンシャルプランナーなど、資格の取得が収入アップにつながる可能性もあります。

事務職に役立つ資格

女性が就職や転職の際に希望する職種のトップは事務職でしょう。特別な学歴がなくても、誰でも受けられる資格も数多くあります。事務職への転職や就職に有利になる資格はあるのでしょうか。

できれば2級以上がいい日商簿記

経理や財務、一般事務などで、もっとも知名度が高い資格が日本商工会議所が主催する「日商簿記」です。経営管理に活かせるスキルとして、企業が求める資格の一つです。

日商簿記は初級・3級・2級・1級の4ランクの試験があり、1級合格者は、税理士試験の受験資格が得られます。企業で求められるレベルは、2級以上といわれています。資格を活かせる範囲は広く、経理、財務、一般事務にまで及びます。

書類作成時に使いこなせるためのMOS

パソコンのスキルとしてもっとも有名なのが、MOS(Microsoft Office Specialist)でしょう。社会人に必須のスキルともいえ、社内教育にも導入されています。パソコンのスキルを客観的に証明することができ、受験後すぐに判定がでるので、取得したその日から履歴書に記載が可能です。

試験科目は「Word」、「Excel」、「Power Point」、「Access」、「Outlook」の5種類がありますが、「Word」と「Excel」を受験する人が多いようです。「Word」、「Excel」どちらもスペシャリスト(一般)レベルとエキスパート(上級)レベルに分かれています。

医療介護業界で役立つ資格

医療や介護業界で役立つ資格も数多くあります。医療機関は日本国中にありますから、パートナーの転勤に伴う転職時も、仕事をみつけやすいメリットがあります。

10種類もある医療事務関連の資格

医療事務関連の資格は、国家資格ではありません。各種民間団体のよって、医療事務に関する試験をおこなっています。日本国内では、30種類以上の医療事務の関する試験が行われています。大きく分けると、医科、歯科、診療情報、調剤、レセコン(レセプトコンピュータ)、介護に分けられます。

医療事務の仕事をおこなうのに、資格は必要ありませんが、資格とスキルを身につければ、就職や転職に非常に有利とされていて、人気の高い資格といえます。多くの医療事務関連の資格のなかで、「診療報酬請求事務能力認定試験」、「医科・医療事務管理士(R)技能認定試験」、「医療事務技能審査試験(メディカル クラーク(R))」の3つが人気の高い資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験

試験は、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施しています。レセプト(診療報酬明細書)の作成スキルに関する内容になります。医療事務の資格のなかでも、もっとも高難易度といわれています。受験料は7,500円(2018年12月改定予定)、合格率は30%となっています。

医科・医療事務管理士(R)技能認定試験

株式会社技能認定振興協会が実施し、医療事務資格の中でも最も人気の高い資格です。医療保険制度や診療報酬の仕組み、診療報酬の計算、医学一般など幅広い知識とスキルが求められます。受験料は7,500円、合格率は50%となっています。

医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)(R)

一般財団法人日本医療教育財団が実施している試験で、医療機関での医療費明細書(レセプト)作成や受付業務、コミュニケーション力などが試験内容となっています。受験料は7,500円、合格率は公開されていません。

趣味から仕事面で使えるメディカルアロマセラピスト

ストレスの解消やリラックス効果などの癒し効果をもつアロマセラピーを、心身の改善効果を期待し、総合医療の一つとして医療や福祉に取り入れているのがメディカルアロマセラピーです。メディカルアロマセラピストは、健康維持・改善を目的とした統合医療を担うアロマセラピーの専門家のための資格です。

最近では、アロマセラピーが、スポーツジムや介護現場、認知症予防や終末期ケアなど医療現場でも導入されていて、資格を活用できる幅が広がりつつあります。現在、メディカルアロマセラピストの資格を認定している期間は「IFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)」、「日本アロマセラピー統合医学協会」、「JMAA(日本メディカルアロマテラピー協会)」の3つです。

在宅でできる仕事に役立つ資格

最近は、在宅で仕事をしている人も増えています。誰でも収入を得ることができ、自宅でできる仕事にいかせる資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

人生設計に役立つフィナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランニングとは、経済的側面から人生設計をすること。ファイナンシャルプランナーは、家計にかかわるお金の専門家として、幅広い知識をもち、サポートをする仕事です。国家検定の「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)」が最も有名です。

美容で取り入れやすいネイリスト

ネイリストは、美容師とは違い、国家資格は必要ありません。知識とスキルを身につければ、自宅での開業も可能です。知識とスキルを身に着けるためには、「スクールに通う」、「サロンで働く」方法が考えられます。そして「ネイルの資格検定を合格する」ことはお客様への信用につながります。

さまざまな検定がありますが、知名度の高いものは「JNECネイリスト技能検定(ネイル検定)」、「JNAジェルネイル技能検定(ジェル検定)」、「ネイルサロン衛生管理士」です。

自分の手で創造するWEBデザイナー

クラウドソーシングがすすみ、在宅でWEBデザインの仕事をしている人はとても増えています。作業時間や仕事量を自身で管理できることも、子育て中の人にとっては都合のよい働き方といえるでしょう。WEBデザイナーに特別な資格は必要ありませんが、資格の取得は基本的な知識を身に着けること、またアピール材料として有効であることは間違いありません。

人気の高いWEBデザイナーの資格は、「Webクリエイター能力認定試験」、「HTML5プロフェッショナル認定資格」、「ウェブデザイン技能検定」の3つです。

高度なライティング力で他に差をつけるWEBライター

WEBライターにも特別な資格は必要ありません。WEBデザイナーと同じく在宅ワークが可能な職業です。WEBライターに求められるものは、正確な情報を集め、クライアントの求めるテーマに沿った文章を書くことです。ライティングスキルを可視化するために、能力試験の受験をおすすめします。

日本WEBライティング協会の「Webライティング能力検定」や、日本クラウドソーシング検定協会の「WEBライティング技能検定」があります。

悩める人の心に寄り添う心理カウンセラー

自宅で開業できる職業として人気が高まりつつあるのが「心理カウンセラー」です。心理カウンセラーの資格は各団体が認定しており、さまざまなものがあります。受験資格に大学や大学院卒業が必要な「臨床心理士」や「公認心理師」(2018年9月に国家試験「公認心理師」第1回試験が行われます)などもありますが、民間のスクールや通信教育で取得できる資格も多くあります。

人の心理に興味のある人は、通信講座で勉強することも有意義な時間になるといえるでしょう。資格を持っていることはクライアントの信頼感のためにも、必要といえます。

資格でスキルアップを目指そう

資格を取得することは、現在の自分のスキルアップにもなり、取得のための勉強から、知識や新しい情報を得ることができます。そして、取得した資格は将来にわたって活用することができます。
転職の際には大きなアピールポイントとなりますし、独立開業の支えとなります。特別な受験資格が必要ないものや、通信教育で働きながら勉強できる資格も数多くあります。今後の人生設計に役立つ、資格取得にチャレンジしてみましょう。


関連記事