• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • ITで起業するのに必要な知識は何?女性エンジニアも活躍できる理由
働き方

ITで起業するのに必要な知識は何?女性エンジニアも活躍できる理由

IT起業を考えている女性エンジニアの悩みは何でしょう。それは、ITで起業して本当に成功できるのかどうかではないでしょうか。ITで起業するメリットは少ない資金で始められて、システムを仕組み化できること。女性でも安心してできるのがIT起業です。

IT起業を考えている多くの女性へ

女性のエンジニアが起業をする人が増えています。ITで起業をすることで本当に成功できるのか、不安は多いはず。では、どのようにしたら、IT起業を始められることができるのでしょうか。どうしたらIT起業で成功できるのかが、知りたい情報でしょう。IT起業と一言でいっても、いくつか種類があり、自分にあう仕事を選ぶことから始めなくてはいけません。IT起業のメリット、デメリットを勉強して、成功する起業を始めましょう。

IT起業で起業をする方がいい理由

ITで起業する人が増えていますが、どうしてでしょうか。IT起業は費用も少なく企業でき、事業も仕組み化ができるので、効率もよいのです。どのようによいのか詳しくみていきましょう。

必要最小限の費用で起業できる

IT起業が手軽に起業できる理由としてあげられるのは、ネットとPC周りの環境があれば低コストで会社を立ち上げられることです。IT起業はなぜ少ない費用で起業できるのかというと、在庫を持ったり事務所を借りなくても始められるからです。

飲食店や雑貨店などを始めるとなると、商品の在庫が必要なため、数百万円単位の資金が必要ですが、IT起業の場合には在庫なしで起業できるのが最大のメリットでしょう。自宅で起業できることも可能なので気軽に起業でき、低コストということで、ITでの起業が多くなっている理由はそこにあるのです。

事業の仕組み化ができる

事業が成功する人の多くに、事業の仕組み化ができている例が多いです。逆に、仕組み化ができないとIT起業でも失敗してしまう可能性は大きいです。

IT起業でいう仕組み化というのは、自動化のことをいい、自分が一人で全てを行うのは限度があるので、どこかのシステムを自動化することが大事になってきます。IT系のエンジニアが起業をした場合、既にプログラミングの技術があるので、プログラミングを自動化し働いてもらうようにします。

また、事業が自動で回るように仕組み化したり、最小限の労力で事業展開ができる仕組みを作ることができれば、IT起業で成功できるでしょう。

IT起業で失敗しないために必要な目的とビジョン

IT起業で失敗しないためには、どのようにしたらよいのでしょうか。失敗しないためには、はっきりとした目的とビジョンが必要です。

まずは、何のために企業をするのかを明確にすることが大切です。現在の職場から独立したいから起業をするというだけでは、会社は続かないことが多いからです。現在の職場に不安があり、本当は今すぐには辞めたいのだけれど、すぐに、他の会社に転職できる保障はありません。仕事が嫌だからだけでは、モチベーションが続かないので、起業が成功する可能性は低くなります。

起業をするのですから、何が目標なのかを明確にすることが必要ですし、低資金で始められるからと、安易な気持ちで起業をしても、失敗してしまうでしょう。

ITで起業をする際に必要な知識とスキル

ITで起業することに決めたなら、どのような知識やスキルが必要なのでしょうか。起業する場合の注意するポイントをみていきましょう。

起業をする際に知っておくべきこと

ITで起業するのにどのようなことをしたらよいのでしょうか。まずは、起業をするのに必要な手続きとは何かを知りましょう。次に勉強するべき点は製品やサービスをどのようにして拡大していくかです。

会社の興す際に必要な手続き

起業をするのに必要な手続きと必要なことは以下の4点です。

  • 開業手続き
  • 経理業務や公的機関への事務手続き
  • 起業初期の運転資金の調達
  • 労働基準法などの法的な知識

どれも起業をするには大切なことなので、しっかり勉強して、戦略をねりましょう。

製品やサービスの広め方と販売戦略

起業してから重要なこととしてあげられるのは、自分の会社で提供する製品やサービスを市場へ広めていく手段を持つことです。

広めていくのに必要なことは、販売戦略、販路の開拓と市場が求めているものを知ることです。特に市場が求めていることが何なのかを時間をかけて調べて、販売戦略を考えていきましょう。

起業をする際に必要なスキル

起業するのに必要なスキルはあるのでしょうか。それは、マーケティングスキルと集客スキルです。詳しくみていきましょう。

マーケティングスキル

マーケティングについては、最低限の知識として持つことも必要です。知識を実践に活かして結果を出していき、自分が提供するサービスや製品を求めている顧客はどこにいるのかを知ることで、販売戦略が変わってきます。

集客スキル

起業で成功するためには、0からすべて自分で考え、行動していきましょう。他の人に頼ってばかりいたら、起業は失敗に終わってしまいます。会社自体に集客力がなくては、顧客を獲得するのは難しく、よいサービスだけでは、うまくはいきません。

IT起業のビジネスモデル例

ITで起業をするのには、どのようなビジネスモデルがあるのでしょうか。

web系広告事業

リスティング型ウェブメディア事業、インターネット広告事業がweb系の広告事業があります。ネット上に自社サービスや製品の広告を打つことで、とれだけ製品のよさをアピールできるが鍵となります。

また、オンラインでサービスを展開する際に必要なマーケティングやホームページの作成、集客までを一手に請け負う事業も展開できるでしょう。

スマホの無料アプリ事業

スマホのアプリ事業で利益をだすのには、無料のアプリからサイト内の広告の収益や有料課金につなげていけるかが重要です。子供から大人まで、スマホが急速に普及している現在、アプリの需要も大きくなっています。しかし、アプリでおおきく当てようなどの一攫千金的な思考では、ビジネスは成り立たないと思っていてください。

ホームページ(HP)作成事業

ホームページ作成での起業もできるのですが、どのように仕事をみつけてきたらよいのでしょうか。営業活動も必要ですが、企業や個人の事業主に向けてホームページ(HP)作成を請け負うこと、システムエンジニア(SE)ならば、ワードプレスのテンプレートを開発し、販売もできるでしょう。

オリジナルのwebデザインを作成する請け負いもできますし、仕事を請け負うだけでなく、デザインの講座を展開していくこともできるでしょう。

ITで起業をするためのアイデアの見つけ方

ITで起業をするのは、資金が少なく始められやすいのですが、アイデアが必要です。どんなアイデアか自分にあるのか、しっかり考えましょう。

アイデアをみつけるには、今までの自分を棚卸しする方法が最適です。自分が持っているスキルはどのようなことがあるのか、他の人に教えることができる、ノウハウはあるのか。自分の強みや好きなことを棚卸しをして、アイデアを探しましょう。

また、人が悩んでいることも、ビジネスチャンスです。調べると、いろいろみつけられるので、IT起業に活かしてください。

IT起業をするために大きな一歩を踏み出そう

IT起業をするのは気軽に低資金でできるのですが、簡単に成功するものではありません。自分に何ができるのか、何なら頑張っていけるのかを十分に考えなければ、起業できたとしても続かないでしょう。お客様を第一に考え、どのようにしたら笑顔にできるかを考えて、IT起業しましょう。

▼IT技術を身につけたい人はコチラ
IT技術を身につけよう|おすすめプログラミングスクール10選

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール