• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 医療の仕事ってどんなもの?人気の医療の仕事やその仕事内容を解説
働き方

医療の仕事ってどんなもの?人気の医療の仕事やその仕事内容を解説

病院や薬局など、日常生活でもお世話になることが多い医療関係の仕事は、収入の安定感から人気の高い仕事が揃っています。医療の仕事というけど、一体どんな仕事があるのか?よく聞くけど意外と知らない、医療関係の仕事や、その内容を詳しく解説していきます

長く携わることができる仕事

医療系の仕事は長く携われ、収入も安定しており、さらにさまざまな働き方ができることから人気の高い仕事が揃っています。薬剤師や医療事務とは耳にするけど、そもそもどんな仕事なのか、医療系の詳しい仕事内容について解説していきます。

高倍率で人気の医療事務

まずは医療の仕事の中でも特に人気が高い医療事務。医療事務は、専用の免許が必要だったり経験が必要だったりと、どうしても敷居が高くなってしまう医療系の仕事の中でも、特に倍率が高い仕事です。

未経験からでもチャレンジできるので、初めての方も安心

医療事務の人気が高い理由は、なんといっても専用の免許などを必要とせず、経験がなくても目指すことができる仕事です。医療事務は基本的には事務職と変わらないため、事務職を経験された方や、事務職からの転職を考えている方にはうってつけの仕事と言えるでしょう。

医療事務の仕事内容

医療事務は大きく分けて4つに分けられ、

1つは患者さんや医療機関の方々に応対する受付、次に診察後に医療費から算出を行う会計、次に算出された医療費を診療報酬明細書に記載するレセプト作成。さらに医師が行った診察内容を記載するカルテ管理などがあります。

どれも基本的には事務職と変わらず、事務職は初めてという方でも始めやすい仕事です。

仕事復帰しやすい

医療事務は仕事を復帰しやすく、結婚や出産、育児にケガなどの理由で働けなくなった場合でも長期的な勤務ができるという特徴があります。

特に女性は育児で職場から離れる場合も多いため、見逃せない個所と言えるでしょう。医療系の仕事の中でもとにかく敷居が低く、働きやすい仕事です。

残業が多い事には注意

医療事務は倍率が高いぶん給与は高いとはいえず、レセプト作成やカルテ管理等、どうしても残業が多くなる仕事でもあります。

また患者と直接話す機会も多いため、経験よりコミュニケーション能力の方が重視されます。アルバイトやパートの場合は賞与や各種手当がない事にも気を付けましょう。

 医療事務の仕事内容とは?「職場の働きやすさ」が女性に人気なヒミツ

将来性が高く、幅広い働き方ができる介護士

高齢者が増えてきた現在、遅かれ早かれ意識しないといけないのが介護。介護士は将来性が高く、またさまざまな人が働けるよう働き方のスタイルが幅広いという特徴があります。

働き方のスタイルが幅広く、生活に合わせ働ける

介護士の求人は年々増加しており、アルバイトやパート、派遣など自分の生活にあった働き方ができると多くの人から支持されています。

働きつつ資格を取得できるので、無資格から始めることができるというのも大きなメリットで、資格がないと介護士になれないのでなく、介護助手や介護補助をやりつつ資格を取得していくという面が強い仕事です。

活躍の場が多い

介護士はとにかく活躍の場が多く、老人ホームや病院訪問介護ホームヘルパーなどさまざまな場面で仕事が行えます。どの仕事も覚えて損はないものばかりなので、日常生活でも介護で得たスキルが役立ってくれることでしょう。

介護士の仕事内容

介護士の仕事は高齢者のお世話をする、というイメージが強いですが、それだけでなく自立支援の手伝いをしたり相談に乗ったり、利用者の選択により多様な医療保険サービスや福祉サービスを受けられるようにするのも介護士の仕事。あくまで介護士は高齢者の補助をするという面が強いため、それ以外にもさまざまな仕事を行うことがあります。

やりがいが大きい

高齢者の自立を支援するという、患者と直に触れ合う仕事のため、直接接することで関係性が深くなり、感謝の言葉などを直に言ってもらえるなど、大変なぶんやりがいが大きい仕事です。他の医療の仕事と異なるトラブルに出会うことも少なくありませんが、それ込みで介護士ならではと言えるでしょう。

こういう時どうするか?介護士の仕事

たとえば、骨折し車いす生活をしているおばあさんが孫と旅行に行きたいと願っていたら介護士側はどうするでしょうか。

介護系の仕事は本人と直接相談し「どうしたいのか」聞くことが主体となります。この場合、介護士はおばあさんのお世話のみでなく「骨折が早く治り、歩けるよう」リハビリも行い、さらに手芸や歌などで肺活量を増やしたりと、身近に寄り添い高齢者が何を望んでいるか、くみ取ることが大切と言えるでしょう。

国家資格の薬剤師、やりがいも安定感もある

最後に紹介するのが、3つの仕事の中で最も敷居が高く、かつ安定感がある「薬剤師」です。薬剤師はその名の通り、病院やドラッグストアに欠かせない「薬」に携わる仕事。身近なものを取り扱うぶん、医療の仕事の中でも特にやりがいのある仕事です。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の主な仕事は医師の処方せんに基づいて薬を調合したり、調合した薬を管理すること。病院でもらえる粉薬や錠剤なども薬剤師が調合したものです。最近は病院外の薬局でも医師の処方せんに基づいた調合が行われ、薬が売られているという分業体制が進んでおり、ますます重要度が増しています。表には出てこないものの、医師や看護師に並んで病院に欠かせない存在と言えるでしょう。

さまざまな働き場所がある

薬剤師は病院に限らず、製薬会社や学校、卸売販売会社などでも仕事があるため、薬剤師の国家資格を持っておけばそれだけで働ける場所がぐんと増えてくれます。国家資格を取るまでは大変ですが、薬剤師の仕事はそれに見合った価値があるといってもよいでしょう。

薬剤師とインフォームドコンセント

最近はインターネットの普及により、薬局に行かずとも薬の知識を得ることができるようになったため、前にもまして薬剤師が重要視されるようになってきました。

インターネットの情報は確実とは言えないものばかりで、体質により薬の効果が変わる場合もあるため、直接相談し実際に症状を確認してくれることが重要視され「インフォームドコンセント(患者が医師から十分な説明を受けたうえで、治療方針に合意すること)」が合言葉となってきています。

薬剤師のやりがい

薬剤師は薬を調合するほかにも、どんな薬があるのか答えたり、薬の正しい服用法を教えたり、飲み合わせのチェックを行ったり、また症状が重い場合は医師の診察を勧めるなど、患者とのコミュニケーションも求められます。

正しい知識を教えることで感謝されることもあり、また薬が原因による健康被害も防げると、表には出てこないものの、影で医療機関を支えるやりがいがある仕事です。

 医療系資格で人気。薬剤師の年収や仕事って実際のところどうなの

自分にあった仕事で長く医療に携わっていこう

医療の仕事はとにかく長く働けるのが特徴で、中には20年以上医療事務を続けた人もいらっしゃいます。

医療の仕事は長く携わることができるぶん、資格が必要だったり残業が多かったり、他の仕事にないトラブルが起こったりと、一筋縄ではいかない仕事が多いですが、それに見合ったやりがいを感じられる仕事ばかりです。

仕事にはやりがいを重視するという方や、長く働きたいという方は、まずは医療事務や介護士から検討されてはどうでしょうか?

まずは資格取得を検討しよう

▼無料の資料請求はこちら▼

 ユーキャンの医療事務講座
 ユーキャンの介護福祉士講座

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール