恋愛

思いを伝えたい。女性の告白の仕方、告白の成功率を上げよう

好きな男性に想いを伝えたい。でも勇気を持てない。そんな「好き」を伝えたい女性の皆さん、成功率を上げる告白の仕方やシチュエーションをお伝えします。自分の魅力を相手に伝えるには、勇気が必要です。注意したいポイントも押さえて思いを伝えましょう。

思いを伝えたい女性の告白の仕方

「好きな人ができた」そのトキメキは、幼い頃の初恋からいくつになっても変わらないもの。幼い頃はストレートに「好き」を伝えられたのに、年を重ねるうちに「振られたらどうしよう」「相手が既婚者だったらどうしよう」「そもそもどうやって告白したら?」と、自分から告白する勇気を持てず、結局好きという思いを伝えることなく恋の終焉を迎えてしまうことも多いのではないでしょうか。

相手との進展を願うなら、「好き」という思いを伝えるという告白は欠かせません。ほんの少しの勇気を持つことで、自分に意欲と行動力が生まれます。思いを伝えるためにも、慎重に行動しましょう。

告白する前に考えなければならないこと

告白をして自分はどうしたいのか、覚悟を持って告白することと、相手との今後の関係についてもよく考えておく必要があります。告白する前にしっかりと考えておくことで、今後の展開をスムーズにさせます。

告白をしてどうしたいのかを明確にしておく

まずは告白する前に、告白後どういった関係になりたいのかを明確にする必要があります。ただ「好き」と想いを伝えるだけでは、相手はどう返事をしたらよいかわかりません。好きなのでどうしたいのか、それを明確にすることで、告白の内容が具体的になり、一層相手に想いが届きやすくなります。

告白をして、友達から仲よくなりたいのか、恋人として交際をしたいのか、それとも結婚を前提として交際をするのかなど決めておきましょう。告白する前の2人の仲の深さが鍵となるので、それによって告白の内容が変わります。

告白をした時としない時のメリットとデメリットを考える

後悔しない為に、まずは告白をした時のメリットとデメリット、しない時のメリットとデメリットを考えましょう。告白をした場合、相手との関係、周囲との関係はどう変化するか?告白することによって気まずくなったり、周囲が気を遣うような事にならないかなど。そんなリスクを恐れて告白しない場合、どんなデメリットが生まれるか。

ここで大切なのは、告白するしないの二択で迷うのではなく、メリットとデメリットを解消するにはどうしたらよいか考えることです。そうすることで視野が広がります。どうしてもデメリットを考える人が多いため、告白をためらう人が多いです。デメリットの対策を考えておくことで、告白する勇気が強くなります。

告白後のお互いの関係

告白後のお互いの関係を考えてみましょう。告白する前は、2人はどのような仲であったかが重要となります。あまり深い仲ではない場合は、近い存在になれるような関係に。お互いに好きかもしれないという雰囲気であれば、さらに深い関係に踏み込んでいきましょう。

そして、交際しているが、この先別の道を行くのか、結婚へのステップとするのかという結婚を前提とした深い関係にというパターンがあります。それぞれ、告白する前の状況によって異なりますが、告白後のお互いの関係を慎重に考えることで、どんな関係になれればよいのかをイメージできます。

自分で出来る告白の仕方を考えよう

直接会うのは気まずくなる場合もありますが、会うのは相手も好感を持っている可能性があります。自分でできる告白の仕方をじっくりと考えましょう。

直接会って告白

直接会って告白することは、とても勇気がいることです。しかし、直接会うことで、上手く言葉で伝えられなくても、表情やしぐさで告白する雰囲気を作ることができます。また、自分らしさを伝えることもできます。振られたらどうしようという不安もありますが、思い切って思いをぶつけたい人は、直接会うことを選ぶとよいでしょう。

メールや手紙などとは違い、残すことができないので、気持ちもスッキリとします。仲のよい相手である場合は、直接会って告白する方法がおすすめです。直接告白した場合、その場では振られたとしても、相手に考える余裕がなかった場合であることも考えられます。諦めずにその後も普通に接することで、相手の見方も変わってくるので、再びチャンスが見えてきます。

電話で告白

電話での告白も緊張しますが、電話は話の雰囲気やタイミングによって大きく左右されます。場合によっては、急な用事ができたのでまた今度というように、急に切られてしまう場合もあるので、お互いに落ち着いて話ができる状態になったときに電話をかけましょう。

雰囲気としては、暗い雰囲気ではなく、明るい雰囲気で話すのが理想です。ストレートに告白というよりも、「これはもしかして告白ととらえてもよいのでは?」という言いかたをして、相手の反応を見ながら思いを伝えていくという方法もよいです。相手に気持ちがある場合は、よい雰囲気のままになるので、自然な形で告白できます。堅苦しく考えすぎず、雰囲気を考えながら話しましょう。

手紙で告白

手紙の告白は、相手に残るものなので、このことも考えながら慎重に思いを書いていきましょう。手紙は、直接渡すことがポイントになります。誰かに頼んだり、鞄の中に入れておくなどして、手紙を渡す人もいます。自分が恥ずかしいからという気持ちで取る行動かもしれませんが、これは相手に対してマイナスの印象を与えてしまいます。

手紙で書くことで、相手に会わず様子を見ることができませんが、相手に考える時間を作ることができます。せめて、直接告白するのではなく手紙なのですから、勇気を出して直接渡すようにしましょう。そのときに相手はいたずらではなく、本気で思ってくれていることなのだと気が付くことができます。

メール・LINEで告白

メールやLINEで告白する方法もあります。手紙と同じで、会わずに告白はできますが、相手の様子がわからないデメリットがあります。相手が考える時間を持つことができるメリットがあるのですが、本気であるかが伝わりにくいです。

距離が離れている場合は、このような通信手段でもよいのですが、メールやLINEにする場合は、言葉や絵文字なども考えて送りましょう。絵文字がありすぎると重みがなくなり、友達感覚の好きという捉え方をしてしまう場合があります。通信手段もよいですが、送信するタイミングを考えながら送りましょう。

成功するLINEでの告白の仕方

LINEで告白する場合、注意しないと受け流される場合があります。自分の本気度を伝えることで相手に気持ちを伝えられます。

ストレートな表現で告白

LINEは、気軽に利用できる通信手段であることもあり、LINEでの告白が受け流されるハプニングになる場合も。LINEでの告白は、回りくどくなくストレートな表現で告白することが大切です。

今まで絵文字が多かった人は、急に絵文字をなくしてみる方法もよいでしょう。いつもとは違った雰囲気を作れるため、相手に自分の気持ちを察してもらえやすくなるのです。気持ちを伝える前に、タイミングや雰囲気も考えて送りましょう。タイミングによっては返事が遅く、相手側も返事のタイミングを逃してしまう場合があるので、タイミングも大切になります。

敬語で本気をアピール

軽い感じの「好きだよ」という言葉ではなく、「好きです」と敬語を使うことで、本気をアピールすることができます。軽い感じではなく、本当に気持ちを伝えていることを理解させられます。相手には、自分が冗談でいっているわけではなく、本気で思いを伝えていることを理解してもらうことが大切です。

敬語にすることで、LINEという気軽に会話ができる空間を、別な空間に変えることができます。冗談にとらえられるような絵文字も控え、使用する絵文字も考えながら文章を作り送信しましょう。

縦読み文章で告白

相手によっては、堅苦しいと思われて今いますが、いつもとは違った雰囲気を出すことができます。いつもとは違った内容に、相手も驚くかもしれませんが、最初に、「びっくりしないできちんと聞いてください」などという言葉を添えることで、相手も心の準備をすることができます。

縦読みでも、文章によっては冗談に捉えられる場合もあるので、文章はきちんと言葉を選んで書くようにしましょう。自分の正直な思いを書いて、相手にしっかりと伝えるようにタイミングを見ながら送信することが大切です。

プレゼントを渡す

LINEには、相手にギフトを送れる機能があります。相手の住所がわからなくても、プレゼントを贈ることができるため、利用している人は非常に多いです。ギフトカードには、メッセージを添えることができるので、メッセージに自分の思いを乗せてもよいでしょう。

堅苦しく重すぎないように、やさしめのメッセージにしましょう。しかし、ギフトの贈りすぎは迷惑に感じる人もいるので、迷惑にならない程度に活用することが大切です。誕生日プレゼントとして活用する人も多く、2人の雰囲気をよくするシチュエーションにすることもでき、ギフトを活用した告白も魅力的です。

告白を成功させるポイント

告白には告白する場所やタイミングが重要です。成功させるためのポイントを把握して、実践に活かしましょう。

告白する場所

夜景の見える場所

夜景の見える場所は、辺りが暗くなり自分の正直な気持ちを伝えやすい心境になります。また、相手もそれを受け入れやすい状態になりやすいため、告白を成功させる確率が高くなります。嫌な場合は、そのような場所に行きたがらないので、場所を選ぶことはとても大切なポイントになります。

夜景の綺麗なスポットを見つけておき、相手を連れ出してみましょう。その時点で断られたら告白のタイミングを延ばし、自分のペースだけではなく相手のペースも見ながら気持ちを伝えることが大切です。

人が少ない公園

人が少ない公園は、2人だけになりやすく、告白しやすい場所になります。日中ではなく、夕方の時間帯になると人が少なくなり、雰囲気も作りやすいためおすすめの場所です。場所にとっては、人の多い公園もあるので、場所や雰囲気、タイミングなども見ながら選ぶとよいでしょう。

他のカップルがいても、公園自体が広い場合はいいのですが、小さな公園の場合は別の場所にするか、別の日を選ぶとよいでしょう。タイミングをみながら話すことが大切なのですが、とても難しいことです。緊張している中、自分に余裕がなくなってしまいがちなので、冷静になって話すようにしましょう。

二人きりになれる個室

二人きりになれる個室も、告白しやすい場所です。二人きりになれることで、お互いに向き合える時間を作れるわけですから、個室がある場所を見つけておきましょう。雰囲気のよいレストランバーの個室もおすすめできます。

また、相手が車を持っている場合、車の中でも二人きりになれるので、告白しやすい場所になります。自分で、二人きりになれる場所を調べておき、一度は確認してイメージを作っておくと行動に移しやすくなります。

ロマンチックな海辺

ロマンチックな海辺も、告白しやすい場所です。日中ではなく夕焼けになる時間帯を選びましょう。夕焼けは赤に近いオレンジが多くなるので、ロマンチックな雰囲気になりやすく告白の成功率を高められます。

天気がよくない日は、ムードを考えて別の機会にしましょう。海を見ながら二人きりになれる瞬間を見つけて、思い切って告白してみましょう。ロマンチックな場所や雰囲気を味方につけて、焦らずに相手に思いを伝えましょう。

イルミネーションでムードを演出

イルミネーションを開催している場所を選んでもよいでしょう。イルミネーションはとてもムードが出るので、行くなら恋人と行きたいと思っている人は多いです。その場所に、一緒に行くのですから、気持ちがない人とはいきません。告白成功率も高いと思ってよいでしょう。

イルミネーションの季節は冬なので、相手との距離も近くなりやすいです。人が多く集まる場所ではなく、イルミネーションが見えている中でも、人気の少ない場所を選び、相手の表情や雰囲気などを見ながら気持ちを伝えましょう。

告白するタイミング

告白するタイミングは、とても難しいです。相手ももしかすると待っているかもしれないので、相手の表情やしぐさを見ながら告白をしましょう。話そうとしているにもかかわらず、話題を変えられたり、相手からの話が続く場合は、別なタイミングにしましょう。

場所も大切ですが、タイミングも非常に大切になります。タイミングが合わなければ断られる場合もあるため、焦らずに相手の呼吸を見ながら伝えることが大切です。

告白する回数

告白する回数も大切なことです。1回告白して断られても、再び告白して成功する人も多いです。1回告白をすることで、今まで気持ちがなかった人でも、相手を異性として見るようになることも。1度告白をして断られた場合、自分磨きをし直して再びチャレンジしてみましょう。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

2回または3回目でダメなら諦めることです。特に、仲のよい友達である場合、相手を異性としてみていない場合が多いので、告白をすることできっかけを作り出すことができるわけです。1回目の告白では成功の確率は低いですが、諦めずに再びチャレンジしましょう。

友達に協力してもらわない

友達に協力してもらうと、1対1という関係ではなく、2対1の関係になり、相手が自分だけではなく友達との関りができてしまいます。自分ではなく、友達のほうを好きになってしまう場合や、友達が彼を好きになってしまう場合があるので、友達の協力なく自分で告白をすることが大切になります。

相談をするのは構いませんが、実際に告白するという場合は、自分が直接思いを伝えるようにしましょう。相手側にとっても、友達から伝えられてもマイナスイメージにとらえられてしまうため、素直な気持ちになって気持ちを伝えましょう。

思わずキュンとさせる告白のセリフ

告白する言葉として、思わずキュンとさせる伝えかたがあります。相手の気持ちを自分に引き付けるためにも、伝えかたが重要になります。

ストレートに伝える

男性も女性と同じように、ストレートに伝えられると嬉しいと感じる人が多いです。ストレートに話すには、伝えたいことをはっきりさせておくことです。伝えたい内容が長い短いではなく、自分が何を伝えたいのかを明確にして、逃げずにしっかりと伝えましょう。

ストレートで純粋な気持ちは、相手にも伝わりやすく好印象を与えます。上手くいえなかったとしても、気持ちを伝えようとしている姿に相手も心が動く場合があります。焦らず落ち着いて話せば、気持ちは伝わります。

「ずっと」を使う

ずっと思っていたことを伝えると、自分という存在をずっと見ていてくれいたことにキュンとする人が多く効果ありです。相手は自分に気が付いていない場合でも、自分はあなたという存在をもっと前から知っていて、ずっと好きだったことを伝えることで、素の自分を好きになってくれていることに気が付かせることができます。

思いを伝えるとき、「ずっと」という言葉を入れてみましょう。思いの伝えかたに深みが出て、納得できる表現になり、告白成功率を高められます。

「あなたじゃないとダメ」と伝える

告白をされても、「どうして自分なの?」と感じる人が多いです。そのような疑問を持つ前に、あなたじゃないとダメという具体性を入れて話すと、さらに相手の気持ちを引き付けることができます。

他の誰でもなく、「私にはあなたしかいない」という内容の言葉を入れることで、本当に好きという気持ちを相手に伝えられます。相手からすると、自分を理解してくれている存在でに気が付くことができるため、キュンとした気持ちになりやすく、告白の成功率を高められます。

失敗してしまう告白の仕方

告白は失敗して今う場合もあります。失敗傾向にある告白の仕方を知っておきましょう。

勘違いしたまま告白

友達を通して告白をする場合に起こりやすいことで、相手が勘違いをしているということです。友達を通して相手とのやり取りをしてしまうと、友達がきちんと伝えないため、彼は友達のほうに気持ちが向いてしまいます。友達を連絡のやり取りに頼むのではなく、自分で勇気を出して行動することが大切です。友達を含めると失敗しやすいので、注意しましょう。

本気が伝わらない

相手に自分の本気な思いを伝えられない場合、断られてしまう場合が多いです。笑いながら伝える方法や、告白ととらえてよいのかわからない場合、気持ちがよくわからないと認識され断られてしまいます。大切なことは、自分の思いを伝えることです。ふざけている感じで話してしまうと、冗談に捉えられてしまうため、いつもとは違った雰囲気を出して話すことが大切です。

場所を考えない

場所を選ぶことは、よい雰囲気やムードを高められるので考えておくことをおすすめしますが、逆に考えすぎてしまい、告白のタイミングを逃してしまう人もいます。告白したい場所に辿りつかないので、いつもタイミングを逃してしまう人は、場所を考えずに思いっきり気持ちを伝えてみましょう。「前から伝えようとしてたんだけど」という前振りがあると話しやすく、相手も受け入れやすくなります。

イベントを利用しない

イベントがあるので、その日まで告白するのを待とうという人もいます。もしかすると、断られてしまう場合もあるので、手ごたえがない場合はイベントを利用しないことをおすすめします。

また、イベントを待っている間に、ライバルに告白されてしまうというケースもあります。イベントを利用する方法がダメというわけではありませんが、無理に利用しなくてもよく、自分のタイミングで思いを伝えたほうがよい場合もあります。

相手が自分のことを知らない

相手が自分のことを知らない場合、告白しても断られる確率は高いです。できれば告白する前に、二人の出会いのきっかけを作っておくことが大切です。相手にインパクトを与えられるため、自分の存在をアピールできます。相手が自分のことを知らないと、たとえ友達から仲良くといっても断られるケースが多いです。まずは相手との接点を作ることを目標にすることを意識してみましょう。

女性の魅力が感じられない

相手と仲がよく、友達として関りがある場合、女性の魅力が感じられないとして断られてしまう場合もあります。しかし、女性の魅力を感じさせられればよいのですから、自分磨きをして再び告白するというチャンスはあります。相手を見返すという人も多く、ダイエットや美容に目覚めて女子力を高めるという方法もおすすめです。断られても、諦めずに次のチャンスに備えて自分磨きをしていきましょう。

成功率が上がる告白の仕方

告白を成功させるには、告白するまでの二人の仲が重要になります。思いを伝えるだけではなく、成功させるためにも方法を知っておきましょう。

二人の時間を増やして関係を深める

告白するまで、二人の時間を増やして関係を深めておくことで成功率を高めることができます。お互いに自分に大切な存在であることを確認できると、告白につなげやすくなり、さらに深い関係へと進展しやすくなります。お互いの気持ちの確認として告白をするというようにとらえてもよいでしょう。相手と仲はいいが、さらに関係を深めたい気持ちがお互いにある場合、告白成功率は高くなります。

「好き」の気持ちを真剣に伝える

自分が、相手のことが好きである気持ちを真剣に伝えることが大切です。そのためには、他の男性が近寄ってきてもそっけない態度を見せるなど、気持ちは彼にしか向いていないという態度を示す方法があります。普段からそのような態度を見せることで、本当に自分に気持ちがあって、他の人には気持ちが動かないという深い気持ちを伝えられることができます。言葉で表現することも大切ですが、態度に表すことも大切です。

告白の認識を変える

告白という認識を変えることで、気持ちを楽に保つことができ、固く考えすぎなくなります。緊張して固くなり、伝えたい思いを伝えられないというケースは多いです。しかし、自分なりに告白の認識を変えることで、変な緊張をすることなく、自然な自分で思いを伝えられるようになります。その分、人によってストレートさはなくなるかもしれませんが、相手に気持ちがあるというような伝えかたはできるようになります。

待つ姿勢を見せる

告白して、すぐに返事をもらえるとは限りません。返事を待っているということを伝えて、待つ姿勢を見せることが大切です。待つ姿勢によって、本気で好きなのかどうかを相手に理解させられます。待つことは大変で苦しいことですが、相手を信じてひたすら待ちましょう。返事をしつこく求めて断られる場合もあるため、相手に考える時間を作る方法もあります。冷静になることで、お互いに気持ちを確認できます。

告白後も態度を変えない

告白し、もし振られても、その後も変わらない態度でいましょう。その場は断ってしまったが、冷静になって考え、自分の存在を意識するようになり、進展する可能性もあります。1度振られても、再びチャンスがすくかもしれないので、すぐに諦めてしまうのではなく告白後も態度を変えず、普通に接してみましょう。最初は気まずく感じますが、お互いの存在を意識するようになるので、諦めず自分磨きをしましょう。

イベントを利用した告白

イベントを利用した告白の仕方もあります。相手とある程度仲がよい場合におすすめの方法です。

バレンタインに告白

バレンタインは、女性から男性に気持ちを伝えるという日として、多くの人が認識しているイベントです。このイベントを活用することで、相手も「告白されるかもしれない」という認識を与えられます。自然な雰囲気で告白しやすくなるので、バレンタインは告白におすすめのイベントです。チョコレートを渡して告白する場合、断られても義理チョコとして渡せるので、失敗しても冗談にできるというメリットがあります。

エイプリルフール

エイプリルフールの告白はリスクが高いです。しかし、自信がないときは冗談にすることもできるので、相手の反応を見ながら話してみるとよいでしょう。冗談をいってもよいという日ですが、断られてしまった場合、気持ちは嘘ではないことを話してみると、自分への見方を異性として意識してくれるようになるかもしれません。逃げ道を作りやすいイベントなので、上手に活用できます。

クリスマスに告白

クリスマスに告白することもムードが合って成功しやすくなりますが、クリスマスを一緒に楽しむためにはクリスマス前に告白するほうがよいでしょう。クリスマスを一緒に過ごしたいと考える人は、イベント前の告白を検討してみましょう。しかし、まだ微妙な仲で、相手も自分の存在に気が付いていないという場合の告白はおすすめできません。緊張しすぎず、自分らしさを出して告白してみましょう。

イベント前に告白

イベント前に告白してもよいでしょう。成功すれば、イベントを一緒に過ごすことができるようになり、一緒の時間をさらに共有できるようになるので、イベントに告白よりは、その前に思いを伝えておくとよいでしょう。イベントに意識が行き過ぎてしまう場合は、自分のペースでもちろんよいわけです。もし余裕があれば、イベントも利用して告白してみる方法もおすすめできます。特に、イベント前を意識して思いを伝えてみましょう。

一目ぼれをした時の告白の仕方

一目ぼれをした場合、相手は自分の存在を知らない可能性があります。それでも気持ちを伝えたい場合、注意したいことがあります。

告白する前に自分の気持ちを再確認

一目ぼれは、とても素敵なことですが、気持ちが冷めてしまう場合があります。冷静になって考え、本当に相手のことが好きな場合は、告白へとつなげる行動につなげていきましょう。自分の気持ちを再確認し、相手への気持ちを確認できることで、これから行動をおこしやすくなります。一方的にアピールになってしまわないように、自然な感じで相手と接点を持てるように、焦らずに時間をかけて告白へとつなげていくことが大切です。

告白するタイミング

一目ぼれの告白は、相手が自分の存在を知らない可能性があります。そのまま告白をしてしまっては、断られてしまう率が高いので、相手が自分の存在に気が付き、会話ができるようになってからという進展に目標を置きながら告白へとつなげていきましょう。進展することが楽しく思うことができるため、告白に向けて女子力を磨くこともできます。相手との距離が近くなり始めてから、しっかりと自分の思いを伝えるというタイミングがベストです。

相手の情報をある程度知っておく

相手の情報をある程度知っておくことが大切です。一目ぼれは、相手の第一印象という見た目で好きになることです。外見だけで好きになってしまった場合、内面とのギャップがあると気持ちが冷めてしまう場合もあります。相手の情報をある程度しっておくことで、自分と性格が合うのか好みは一緒かなどを把握できます。趣味などを知っておくことで、相手と会話をするときの話題作りにもできるため、情報は知っておくことが大切です。また、相手に彼女や奥さんがいないか確認しておきましょう。

相手に自分のことも知ってもらう

一目ぼれで、一番頑張ってもらいたいことは、相手に自分のことを知ってもらうことです。自分の存在に気が付いてもらうだけではなく、相手にも自分のことを知ってもらえる仲づくりが求められます。関係を進展させるには、相手に自分の存在をアピールし、興味を持ってもらうことです。相手のほうから、気になる存在と意識してもらうことで、告白へとつなげやすくなります。

ある程度仲良くなる

相手が自分のことを全く知らないうちに告白をするのではなく、ある程度仲良くなることがポイントになります。友達からということ場合でも、相手のことを全く知らない場合は話すことも怖いと感じる人が多いので、まずは自分の存在を知ってもらうことが大切です。

きっかけを作るためには、出会いを作らないといけません。何気なく話してみることや、わざと物を落として拾ってもらうという方法もあります。出会いを作ることで仲良くなるきっかけができ、相手との距離を少しずつ縮めることができます。

相手の返事に期待しない

告白をしても、相手の返事に期待しないようにしましょう。相手は自分の存在を知らないと考え、一方的に思いを伝えるのであれば、返事は期待しないと考えましょう。一目ぼれでも、相手との距離を縮めることができてからの告白なら、成功の確率も高くなります。しかしそうではない場合、確率はとても低く成功の見込みはないと考え、思いを伝えるだけになる場合も考えておくとよいでしょう。

告白の仕方で相手の返事も変わる

告白は、単に気持ちを伝えればよいと思っている人も多いですが、告白の仕方でも相手の返事が変わる場合があります。相手の気持ちを自分に引き付け、キュンとさせられれば、成功率も高くなります。成功できる告白をするためにも、焦らずに告白までの時間を過ごし、相手との距離や関係を確かめながら仲を深めることが大切です。告白方法はいろいろありますが、自分らしく相手の心に響くような告白ができるように、慎重に計画を立てていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧