• HOME
  • ココロ
  • 占い
  • 運命の人を見極める方法とは?出会ったらすぐ分かるようにしっかり見極められるようになろう!
占い

運命の人を見極める方法とは?出会ったらすぐ分かるようにしっかり見極められるようになろう!

「もしかして、この人運命の人かも…」と思ったことがある人もいるかもしれません。しかし、本当にその人は運命の相手でしょうか。ここでは運命の人を見極める方法と運命の人に出会う前の前兆を紹介したいと思います。しっかり覚えておいてくださいね。

運命の人に出会う前は前兆がある

運命の人に出会う前にはいくつかのパターンがあると言われています。もし、今から紹介する出来事があなたの回りで起こっているようであれば、もしかしたら運命の人に出会う前触れかもしれませんよ。

・恋愛以外に楽しいことがある

「誰かと付き合いたいな」って思っている時ほど出会いがなかったりしませんか。そして仕事が楽しかったり、趣味や習い事に打ち込んでいて「恋人なんて要らない」って思っている時こそ運命の相手が現れたりします。この時に判断を誤ってしまうと運命の相手と付き合えなくなってしまうので気を付けて下さい。

・自分自身に変化がある

例えば、引っ越し、転職、卒業、入学などなど自分自身に変化があった後に運命の人が現れる可能性は多いです。環境が変化すると新しい出会いが増えるので自然と運命の人に出会う確率も高くなります。

・久しぶりの人に会う

昔、あれだけ遊んでいたのに全く連絡をとらなくなった人っていますよね。そんな友人から急に連絡がきたり、自分からふと思い出して連絡とってみたり…そんな時は運命の相手に出会いやすくなります。その久しぶりの人が運命の相手になることもありますが、その人から紹介してもらったりということも考えられるので女友達にも連絡をとるようにした方が良いです。

・ショッキングなできごとがある

例えば自分では上手くいってると思っていた恋愛が突然終わってしまったり、先に妹や弟が結婚してしまったり、ショックなできごとはその人によって違いますが、悪いことが起こった後はいいことが起こりやすいです。その時は辛いかもしれませんが、その後に運命の人が現れることは多いので期待しましょう。

運命の人を見極める方法をチェック!

上記で紹介したような運命の人に出会う前兆が現れても、しっかり自分自身がアンテナを張っていないと運命の人と一緒になることはできないかもしれません。そこで運命の人を見極める方法を紹介しますのでしっかり覚えておきましょう。

・共通点が多い

学生の頃や20代前半はカッコいい人やかわいい人が自分の運命の相手だと思いがちです。要するに外見から入ることが多いのですが、実際の運命の相手は顔は関係ありません。どちらかと言えば、外見よりも中身が重要になってきます。

例えば、同じ趣味を持っていたり、好きなテレビ番組や音楽が一緒だったり、何かしら共通点を持っていてその話題で盛り上がれるというのは運命の相手かもしれません。どんなに相手がイケメンでも顔は一緒に過ごしていくうちに見飽きてきます。むしろ、年を取ってしまうと「昔はあんなにかっこよかったのに今は…」って思うかもしれません。

もしかしたら、気づいてないだけで既に運命の相手に出会っている可能性もあります。一緒に居て話題に尽きない人っていませんか。もしいたら運命の相手かもしれませんよ。

・一緒に居て飽きない

運命の相手は性格が全く真逆の人の場合もあります。一見、合わなそうな相手でも意外と上手くいくことって多いです。しかし、真逆の人と反発し合うことも多いでしょう。そうなるとどうやって運命の相手かどうか見極めたら良いかどうか分からないですよね。そこでポイントになってくるのが、一緒に居て飽きないかどうかです。

一緒に居て会話が続かない人や気を遣いすぎて疲れてしまう人は運命の相手ではないかもしれません。性格が真逆云々は別として、一緒に居て飽きないかどうかが大事になってきます。

・何度もバッタリ会う

会う約束をしているわけではないのに1日に何度も別の場所で会ったり、短期間で何度も同じ人に会うことってなかなかないですよね。偶然出会うということは相手と行動パターンが似ているということです。行動パターンが似ているということは生活スタイルや考え方が自然と近いはずです。

そのため共通点なども多く、話しやすかったりします。偶然出会うということは何かしらの縁があるからかもしれません。

・タイプではないけどなんとなく好き

今まで付き合ってきたタイプと全然違う人なんだけど、なんとなく好感が持てるという場合、運命の相手の可能性があります。全くタイプじゃないし、むしろ苦手なのにどうしてこんなに惹かれるんだろう…という場合、運命の相手である可能性があります。その相手と一緒に居て居心地が悪くなければ尚更です。

・周りが交際を応援してくれる

障害があるほど燃える恋もありますが、そういう恋は後から後悔してしまうことも多いです。とくに若い間は恋は盲目になりがちですからね。そんな時、冷静な判断をしてくれるのは周りの友人や家族です。反対されると反抗したくなるかもしれませんが、周りの意見を聞いた方が上手くいくことは多いです。なぜなら、あなたのことをよく知っているからです。

ただ、恋愛は個人の問題だから干渉しないでほしいという人もいると思います。しかし、周りからの意見をしっかり聞くことも大切です。できればみんなに祝福される恋愛をしたいですよね。

・将来に対するイメージが湧く

運命の人に出会ったら、生涯一緒に暮らしていくことも考えられます。そこで、この人と一緒に暮らせるかどうか、結婚した後のイメージが湧くかどうか、子供ができた時のイメージや老後をどんな風に過ごしているか、具体的なイメージが付くことが大事になってきます。

これは付き合いが浅いとなかなかできないかもしれません。ですので、例え運命の相手と出会っても最初は見えないかもしれないので、ある程度付き合ってみて考えてみると良いでしょう。

・匂いが好き

人間の五感には相性のいい人を嗅ぎ分ける能力があると言われています。もし、相手のことを良い匂いだと思えるのであれば、その人は運命の相手かもしれません。ただし、好きな香水をつけているからというのは別の話です。その人が持っている匂いを感じとるようにしましょう。

・なんとなくしっくりくる、ホッとする

若いころは好きな人に嫌われたくないという思いから相手に合わせて付き合っていた人もいると思います。でもそれってすごく疲れますよね。また、一緒に長く過ごす時間が長くなればなるほど、その状況に耐えられなくなってしまったり、頑張りすぎて辛くなってしまうこともあるでしょう。

そういう相手は好きな人ではあるかもしれませんが、運命の相手とは違うかもしれません。本当の運命の相手は頑張らなくても一緒に居て居心地が良いです。ドキドキするような恋愛ではないので、ワクワクすることはないかもしれませんが、安心して過ごすことができます。

しっくりする、安心する相手は人によって基準が違いますが、一緒に居て居心地の良い相手であることは間違いありません。自分の中でなんとなくしっくりするなと思う人は運命の相手かもしれません。

運命の相手は案外近くにいるのかも?!

以上、運命の人を見極める方法について解説してきました。いかがだったでしょうか。いくら運命の相手が近くにいてもその特徴を知っていないと気づけない可能性があります。また、運命の相手に出会う前は何かしらの前兆があると言われています。

そこで、運命の相手を見極める方法をしっかり覚えておき、いつ現れてもしっかりキャッチできるようになっておきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール