• HOME
  • ココロ
  • 女性心理を知れば行動にも自信が持てる。さらに魅力的な輝ける女性へ
ココロ

女性心理を知れば行動にも自信が持てる。さらに魅力的な輝ける女性へ

今置かれている状況が苦しいと、どこで何を間違ったかと過去にとらわれてしまいます。そんな時、客観的に見つめ直すために女性心理学を取りいれてみませんか。日常生活が上手くいけば自然と自信が生まれ、本来の魅力を引き出し、新たな一歩を踏み出せます。

自信が持てなくなったら女性の心理面を探ってみる

現代の女性は非常に大変です。仕事も恋愛も全て引き受けて、走り続けなければならない訳ですから。がむしゃらに仕事や恋愛を頑張ってきました、という女性が多いのではないでしょうか。その中には「前の職場で好きだった男性と上手くいかず傷心のまま、転職した。でも、新しい職場も馴染めなくてどうしたらいい?」といった大変辛い状況の方もいらっしゃるかもしれません。

そんな辛いときは、自分を見つめ直すタイミング。今回は女性心理の視点から、状況を把握してみましょう。女性心理学を活用することで解決策がみえてくるかもしれません。

女性は感情や直感で判断する性質を持っている

まずは、分かりやすい女性心理から始めてみましょう。「女性は感情や直感で判断する性質を持っている」。いわゆる、直感(第六感)と呼ばれているものですね。確かに「女性の直感は怖いくらい、よく当たる」なんて世間でよく聞きます。

女性心理学は、こういった女性の行動や心理を学問的に解明する方法の一つです。全てが誰にでも当てはまるわけではありません。ですが、判断材料として活用する知識(武器)として活用できます。

感情や直感を信じることは女性の本能

女性心理学の観点から、女性の直感に対する行動をひも解いていきましょう。「感情や直感を信じる」という女性心理はどこから生まれてきたのでしょう。人類が集団で生活を始めるようになった遥か昔。女性の大切な役割は出産や育児でした。

大切な子孫である子供の感情を、表情や動作から素早く正確に読み取り、直感を働かせることで厳しい環境から守ってきたのです。それは長い年月をかけて、女性の本能として「感情や直感を信じること」が取り込まれる結果となりました。

ですから、当然、男性よりも直感が鋭く、感情を読み取ることが上手というのも歴史的裏付けがあるのです。ただし、それが100%正しいとは限らないことを理解しておきましょう。役に立つ能力ですが、判断材料の一つにすぎません。実生活の中で、その知識(武器)を活用すれば、人間関係が少しでも気楽なものになるでしょう。自分や同性の同僚の心を推し量りながら行動できるようになれば、周囲からの評価も違ってくるでしょう。

恋愛については特に感情や直感を頼る

古来から脈々と受け継がれてきた直感ですが、特に恋愛にかかわると、感情や直感を頼る本能が強くなる傾向があります。興味を持った相手を見つける「恋愛察知能力」。相手のしぐさ・表情・視線など感情を表す行動を符号化し、読み取る「符号解読能力」。これらをフル回転させて、印象がよい時は「この人とは上手くいきそうだな」と感じるでしょうし、印象があまりよくない時は「ちょっと無理かもしれないな」と感じるでしょう。

これが、恋愛における直感です。蓄積された過去の経験から本能的に読み取っているので、未来を決める大切な判断材料になります。前述した「失恋後に転職した女性の例」に当てはめてみましょう。この女性は「男性と上手くいかなかった」、「職場を変えたほうがよい」と直感と感情で判断したと考えられるわけですね。

つまり、女性心理学によると、この女性は自分の中にある「女性の本能」に導かれて、すでに正しい方向に一歩踏み出していると、受け止めることができます。そう考えれば、少し気持ちが楽になりませんか。それに、女性の直感は、結構当たるのです。悩みがあって、なかなか決められない時は自分を信じて直感に頼ってみましょう。

メールやLINEの返信で相手の心理を探り判断する

気になる異性とメールやLINEでやりとりできる関係になると、どうしても相手の返信の頻度や返信にかかる時間が気になってしまいます。ここで気を付けたいのが「メールやLINEの返信で相手の心理を探り判断する」という陥りやすい女性心理です。

女性はあれこれ考えすぎてしまうと、「相手の気持ちが冷えた」とか、「愛情が足りないのではないか」など勝手に思い込み始めます。思い込みを信じて、自分から恋愛を終わりにしてしまうこともあります。ですが、よく考えてみましょう。働き盛りの男性のライフスタイルはどうでしょうか。平日は仕事の連絡だらけで、疲れ切っているかもしれません。次の日の準備で夜遅くまで、気を張り詰めている日もあります。

仕事内容や仕事量によっては頻繁に連絡できなかったり、休日にゆっくり連絡をとりたいと考える人も多いでしょう。相手の仕事も大変であることを心に留めておきましょう。そして、大切なのはメールやLINEの頻度ではなく、文面や内容から読み取れる相手からの好きだという気持ちですよね。

何度も追及したり、責めたりすれば、それが相手の重荷になってしまいます。メールやLINEが原因で恋愛が上手くいかなくなってしまうのは残念です。大切なのはお互いを思いやる、心のゆとりです。相手としっかり話し合ってみましょう。

女性は解決方法より共感を求める

女性心理の中で「女性は解決方法より共感を求める」という心理があります。これは大抵の女性が、強く頷いてしまう部分ではないでしょうか。とにかく感情豊かなのが女性なのです。

悲しければ悲しむ、怒っている時は怒りまくる。納得いくまで自分の中で暴れている感情を(自分一人ではなく)多くの周囲の人たちに伝えて共感してほしいという欲求があります。共感してくれればしてくれるほど、心のわだかまりを整理できるのです。

共感して欲しくて悩みを吐き出している

人間は辛いことや悲しいことがあると、心にしまっておくことは難しいです。特に、女性はおしゃべりすることが本能的に好きなのです。相手にも共感して同じ思いを感じてほしいという強い心理が働きます。溜まっているものがスッキリするまで、悩みを何度でも吐き出し続けます。

その傍らで、耳を傾け見守るというのは、少し大変な作業ですが、そうやって悩みを吐き出す行為そのものが、その相手の傷を癒す一番の方法なのです。悩みを聞く側にもメリットがあります。より相手の気持ちが理解しやすくなりますし、傷を癒した分だけ、相手の信頼を得られるでしょう。

悩みに寄り添ってくれる人の支えを求める

男女を問わず、悩みが全くない人はいません。実際は、多くの方が大小たくさんの悩みを抱え生きています。女性の心理はここでも強く働きます。自分のどんな些細な悩みにも寄り添ってくれ、慰めてくれる人の支えを常に強く求めています。

もし、傍にそんな異性がいるなら、その人は運命の相手でしょう。同性なら親友と呼べる人でしょう。周囲の人たちも一人一人、孤独や悩みを持っている人たちです。辛い時こそ、お互いに親身になって支えることで、よりよい対人関係を構築でき、人望にもつながるでしょう。

女性は人間関係を重要課題とする

女性は男性と比べてコミュニケーション能力が高い、といわれています。このコミュニケーション能力も人間関係において重要な要素となります。

女性の集団があれば、情報を共有する集団心理が働きます。この人間関係が上手くいかないと、集団内に混乱やトラブルが発生し、仕事がやりにくくなります。ですから、女性は人間関係を重要課題と受けとめていて、とてもデリケートになります。

良好な人間関係で自分の価値を感じる

集団の中で良好な関係が築けているとということは、周囲から評価され信頼されているということです。他人からの評価が自分の価値であると感じています。これも女性心理です。ですから、良好な関係だと、とても心のバランスが安定します。

逆に、集団に上手く溶け込めないと、集団によって排除されることもありますから、大きなストレスにさらされ、心のバランスが不安定になります。ついには自分の価値を見失い、自信をすっかり無くしてしまうのです。これでは職場で前向きに働こうという意欲は生まれてくるわけがありません。どう対策を取っていけばいいのでしょうか。

必要とされることに喜びを感じる

女性心理には、誰かに「必要とされることに喜びを感じる」というものがあります。この心理には、母性本能が強く関係しています。力が弱い赤ちゃんを根気よく、育児するために必要な本能だったのでしょう。しかしなぜ、「喜びを感じる」ことへとつながるのでしょうか。

それは、承認欲求が満たされるからです。つまり、必要とされる自分に対して自信がつき、自分の価値を感じることができるからです。この女性心理を上手く活用するには、まず、あなた自身が同僚を必要としてみてはどうでしょうか。素直に悩みを相談し、その相手を必要としていることが伝われば、親身になって協力してくれる契機になるかもしれません。

職場の人間関係がプライベートにも影響する

職場での人間関係が上手くいっていないと、仕事の効率や結果に大きく影響してきます。それは女性にとって大きなストレスとなり、プライベートすらリラックスできないでしょう。いつもイライラしたり、気力が無くなって元気がない状態に陥ります。

そうなってしまうと、恋愛どころではなくなり、プライベートも上手くいかなくなります。これでは、悪循環になってしまいます。仕事とプライベートの両方を同時に何とかしようとしても、難しいはずです。解決策を見つけるまで、仕事とプライベートをしっかりONとOFFで切り替えられるようになりましょう。

これは少し訓練すれば身につくスキルで、いろいろなシーンでも活躍します。まずは、感情に流されている状態を目をつぶって、深呼吸を繰り返して落ち着かせます。すると、だんだん頭がすっきりして冷静になります。さらに深呼吸。何回も繰り返しイメージトレーニングすると、ONとOFFの切り替えが楽になります。

恋愛を含む人間関係すべてを重要視している

女性は「恋愛を含む人間関係すべてを重要視する」といったやっかいな傾向があり、完璧を求めてしまいがちです。もちろん、理想はそうですが、簡単にいくとは限りません。職場なら突然の転勤・転属といった変化があったり、恋愛なら相手の仕事の悩みや都合で、思うようにいかないこともあるでしょう。

どちらかに問題が生じた場合は、切り離して考えるしかないのです。どちらを優先するべきか、冷静に判断して決めてから対応を始めましょう。

女性は素直になれない自分を肯定する

「女性は素直になれない」という女性の心理は、多くの女性にとって苦い経験のあるテーマではないでしょうか。なぜ素直になれないのか、探ってみましょう。

素直になれない感情には自分なりの理由がある

他人に対して素直になれないのには、いろいろな原因があげられ、複雑です。これをやれば簡単解決、という魔法のような方法は、残念ながら発見されていません。それは人間が千差万別だからでしょう。

ある人にとって簡単に乗り越えられる壁も、ある人にとっては難しい。性格、性質、子供時代の環境や過去のトラウマの影響など、さまざまな理由で、なかなか乗り越えられずに立ち止まったままの高い壁もあるからです。それぞれ、自分なりの理由があるのです。

素直になれない裏の心理に気付いて欲しい

素直になれない心の裏には、以下のような女性心理が隠れているといわれています。ツンデレとかあまのじゃくといわれる心理状態ですね。ツンデレという言葉が世間に広がって、「女性心理は複雑である」という見解は浸透しつつあります。

「強がり、負けん気が強い、プライドが高い、人に弱みをみせたくない、ありのままの自分を出せない、他人の目を気にしすぎる、どこか自分に自信がない、怖い、恥ずかしい」といった本心を隠して、自分を守ろうとする心理が働いています。

隠れた裏の心理に気づいてあげれば、言葉を選びやすくなります。気遣いながら、言葉を選びながら語りかければ、相手も心を開きやすいでしょう。

ささいなことで少女のように素直になれる

人間関係は、一人で作るものではありません。相手がどんなことを考えているのか、何を悩んでいるのか、常に相手の心の内を思いやることができれば、素直な気持ちで相手と接することができるのではないでしょうか。

もし、ささいな言葉やプレゼントをくれた相手がいれば、その相手も努力しているものなのです。そう、思えるようになれば、相手の行動や言動に対して「かわいい」とか「少し笑っちゃう」と好印象を受けるのではありませんか。

与えてくれたものが、どんなものでも子供の頃のように、素直に喜んでみましょう。それが幸福感です。特に恋愛において、ささいなことで少女のように素直になれるのは、とても魅力的な女性にうつるはずです。

女性は相手の気持ちを言葉で求める

女性に対して「言わなくても伝わっている」は厳禁です。言葉で伝えてくれないと女性は不満に思います。相手の役に立ったのか、確認できないからです。

「ありがとう」、「嬉しかった」、「助かるよ」、飾らない言葉で自分の気持ちを、きちんと伝えているかどうかで、その女性との関係が上手くいくかが決まってきます。言葉が女性のモチベーションをアップさせる魔法なのです。

言葉があると安心感が湧いてくる

「その調子」、「悪くないよ」、どんな簡単な言葉でも、有ると無いとでは雲泥の差です。どんな時にも相手の行動の評価として言葉を添えるように行動してみましょう。言葉の力は凄いです。たった一言で相手に安心感を与えて、さらに頑張るパワーとなるのです。

「もっと頑張ろう」、「もう少しだけやってみよう」、という気持ちになれれば職場の雰囲気がよくなり、皆のモチベーションもあがり、よい環境になるのです。「細やかな言葉をかける」行動は大人の女性の魅力であり、武器なのです。

メールやLINEのやりとりで満たされる

信頼関係ができるとメールやLINEでやりとりが始まります。最初は緊張したり、ドキドキしたり、何度も内容を確認したり、実行ボタンがなかなか押せなかったり。楽しいプライベートの時間ですね。時間がとれない社会人にとっては、時間も人の視線も気にせず、二人きりの世界を一瞬にして作る魔法の道具です。

ですが、最初はまめにメールやLINEをくれたのに、「全然こない…」、「文が短い…」と不満がたまらないように注意が必要です。相手の気持ちをくんで、短くても思いの伝わる文面を心掛けることで、絆を深めていきましょう。ツールは違えど、遠い昔の平安時代から現代までずっと、「文を貰うのは嬉しい」という気持ちは変わらないのですね。

会話がはずむ相手に好感をもつ

女性は男女問わず、会話がはずむ相手に好感をもつものです。では、どうすれば会話が弾むのでしょうか。ここで、好奇心が役に立ちます。共通点がない相手を前にしても、相手の話を聞く姿勢がたとえ話が盛り上がらなくても好印象を与えます。

「あなたのことを知りたい」という気持ちが伝わるからです。そこで質問する能力も必要になってきます。日頃からある程度、イメージトレーニングするとスムーズに会話ができるようになるでしょう。といっても、通勤時間や待ち時間の少しの時間で十分です。

しぐさや行動から好感度を上げ注目されたい

好感度をあげる第一歩は第一印象を大切にすることです。「他人からどうみられているのか」を常に意識して、服装・化粧・表情に心配りを忘れないでいたいものです。

女性らしいしぐさとは

女性として好印象を与えるには、見た目やしぐさも大切なポイントになります。1ランク上の女性を目指して日頃から心がけておくとよいですね。

口角を意識した笑顔で、自然なリアクションをとり、生き生きした瞳で、会話中に視線をキョロキョロ動かさない、姿勢をきれいに颯爽と歩く、などで好印象をもたれるようです。気づきにくいのですが、声を気にする男性も多いです。

緊張すると声のトーンが高くなったり、話すスピードが速くなったりしてしまいます。バスタイムや寝る前に少しだけ、ボイストレーニングをするとよいでしょう。自分の会話する声のトーンやスピードを何パターンか準備しておくと緊張しません。誰もが好感をもてる、優しい印象で上品な話し方ができるようになると女性らしさに磨きがかかります。

女性らしい行動とは

どの相手にも、きちんと挨拶ができること、姿勢がきれいなこと、座った時の両足が自然にきれいに揃えてあること、机が散らかっていないこと、立ち振る舞いが落ち着いていること、気配りを忘れないこと、いつも優しい印象で対応してくれること、意外と細かいところまで男性は見ているものです。

また、細やかな気配り、目配り、おもてなしの心をもって接してくる女性は、年齢男女を問わず、好かれる傾向があります。例えば、書類が不足している人はいないか、いつも周囲に目をやって困っている同僚はいないか、書類を渡す時は心のこもったメモや付箋付きだったり。新人だと、ここまでの心配りは難しいです。得意不得意があるので、やれるところから実践してみてはどうでしょうか。

注目は自分を見てくれるという喜びになる

気が付くとひんぱんに目が合う、話していると自然な笑顔になる、いつの間にか近くにいる、話に本気で反応してくれる、自分を褒めてくれる、プライベートな話を聞いてくる、差し入れをしてくれる、そんな異性がいれば、それは脈ありのサインかもしれません。

いつも気にかけ見守ってくれたり、時に慰めたり褒めたりしてくれるような注目は、女性にとって「この上ない喜びであり充足感」につながります。そんな風に自分を評価してくれる相手に「嬉しい」と感じるなら、素敵な恋愛の始まりの合図でしょう。

二者択一話法は自分を守ってくれる

社会に出れば、いろいろなタイプの人がいます。みるからに、話しかけにくい人、話しかけてもつっけんどんな人。社会人になると、どうしても避けられない場面で会話をしなければならないことが多々あります。そんな状況を乗り切るにはどうすれがよいのでしょう。二者択一話法というテクニックがあります。

冷たい返事やイエスORノーの会話になりにくい

二者択一話法(=ダブルバインド)とは、心理学を利用したテクニックで、返事が「ノー」にならない二つの選択肢で会話を進めていく方法です。この方法は、質問の仕方、選択肢にヒントがあります。

ポジティブな答えが返ってくる選択肢で

例えば、相手に「何か飲み物はいりませんか」と質問したら、高い確率で「ノー」といわれたり、「今はいらない」と答えられてしまいます。選択肢を少し変えて、「コーヒー飲みますか?お茶飲みますか?」と聞くようにすると「いらない」という選択肢がないので断られにくいわけです。

相手は少し考えて「じゃあ、コーヒー」、「うーん、緑茶をいれてもらうかな」と答える確率が高くなります。これはビジネスマンが営業で使う方法の一つですが、質問の出しかた一つで随分結果が違ってきます。コミュニケーションスキルの一つとして取得したいものです。

会話がうまく流れると傷つかずに過ごせる

会話が上手く流れるとお互いに気まずい状況にならず、相手を傷つかせずにやり過ごせます。苦手な相手や初対面の方との会話がうまく流れるためには、事前に手に入る情報があれば頭に叩き込み、相手のその日の装いなどから話をふるのもよいでしょう。

会話の相手を想像して、年齢や性別、趣味といった内容を普段から少し考えておくと、自然に会話できるようになります。面倒ですが、これもイメージトレーニングすることで、スキルが磨かれます。

自己啓発本でコンプレックスを解消する

自己啓発本はたくさん出版されていて、電子本にもなっています。通勤時間を使って試しに興味のある本を読んでみてはいかがでしょうか。

自己啓発とは

自己啓発とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為であるとされています。もう少し分かりやすくいうと、今の自分より「よりよい自分」になったり、「より大きな成功」を達成するために、能力開発や新しいスキルを身につけ、精神的な成長を目指し、訓練を行うことを意味しています。
【参考リンク:https://ja.wikipedia.org/

自己啓発は様々なジャンルがある

本屋さんに行けば自己啓発本コーナーが常設されてあり、所狭しといろいろなジャンルの本が並んでいます。ジャンルもビジネスに必要なスキル本、精神的なアドバイスの本、自分磨きの本などさまざまです。どの本もそれぞれのターゲット層に配慮した内容になっています。

簡単で楽しめる女性向けの本がたくさんある

もちろん、女性向けの本もたくさん出版されています。「自分磨き」というジャンルをとっても、化粧品、ダイエット関連、恋愛関連、人間関係、ファッション、ライフスタイルなど多種多様化しています。女性が手に取りやすいように、かわいく装丁された本などが数多く並べられています。

マンガで面白く説明している本や、おしゃれで部屋に飾るだけで気分がアップしそうな装丁だったり、時間が経つのも忘れるほどです。気軽に読む本のジャンルの中に、自己啓発本もぜひ仲間入りさせてください。

参考にできる部分を切り取り実践する

自己啓発本の中身を全て、うのみにする必要はありませんし、それは危険です。日常ですぐに実践できるアイデアが本の中に、たくさん詰まっています。参考にできる部分を切り取り実践するだけでも、何もしないよりずっと変化はあるはずです。

コンプレックスが長所に変わる

特に、女性磨きの本などは、読み手が落ち込まないように工夫されています。こっそり隠していたコンプレックス。そんなコンプレックスが長所に変わることを、具体例をあげて優しく伝えてくれています。ちょっと行き詰まったなと感じたとき、気分転換に読んでみてはいかがでしょうか。

女性のワークライフバランスが心の安定に繋がる

女性の社会進出には、目を見張るものがあります。どんな業界でも、頑張っている女性の姿を見受けられるようになりました。仕事は好きだけれど、女性として出産や育児もしたいと、両立している女性が大勢います。

しかし、諸事情で仕事を辞める女性も一方でたくさんいます。現在の働く制度では、女性にとても負担がかかっている現状です。

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは仕事と生活の調和を実現させながら、それぞれ望む人生を生きることを目指すことです。2017年に日本政府が本格的に動き出したばかりで、日本企業におけるワークライフバランスの浸透は遅れています。

核心部分は「働き方の変革」です。女性にとってワークライフバランスは重要な問題です。なぜなら大抵の女性は将来、出産や育児を経験することになります。仕事を続けたいけれど、共働きするには今の制度では難しいという女性も多いです。

このように従業員の人生のライフイベントに合わせて働き方を変化させ対応できるのが、ワークライフバランスの重要な考え方です。政府はもちろん企業が対応できるようになれば、さまざまな形で仕事を続けられる女性は増えていくでしょう。

バランスをとることが難しい職場は転職も考慮

いくら頑張っても、一人の力ではできません。会社自体が考え方を変え、変化していかなければならない問題です。業界によってはこの制度が浸透するのに時間がかかる会社も多数あるでしょう。

頑張りを評価しモチベーションをあげるべく、協力してくれるような職場でないのなら、転職は賢い選択の一つです。今は意欲や経験があれば転職できます。魅力的な人材をどこも求めているのです。

私生活の充実でバランスをとる

私生活の充実は、心の健康の源といえます。恋愛しかり、趣味しかり、充実してポジティブな休日を過ごせているなら、心に貯まったパワーを仕事にバンバン使えるはずです。私生活をどうステキに楽しめることができるかが、人生の大切なテーマです。

どちらかに偏らずどちらも充実している女性

生活していくためには仕事が大切です。そして人生を生きていくためにはプライベートが大切です。現在の制度では、その両方をバランスよく楽しんで充実させるのは至難の業です。正社員で勤めていれば責任も重く、積み上げられた仕事をこなすことに精一杯。仕事への喜びなんて考える余裕は無いかもしれません。

もっと自由な働き方ができる制度になれば、ワークライフバランスが社会全体でよくなっていくはずです。どちらかに偏らずどちらも充実している女性がどんどん増えれば、出生率や人手不足の問題にも一石を投じるのではないでしょうか。

心の安定は日常生活のバランスにある

日常生活は、仕事、恋愛、結婚、育児、お受験と多忙です。さまざまな難関が女性を待ち受けているといっても過言ではありません。どこかで自分の心に、ゆとりをとれる方法を見つけてください。

女性として美容に磨きをかけたり、美味しいものを食べて大喜びしたり、面白いものをみつけて大笑いしたり、そんな人生の醍醐味をどうか忘れないで。自分の大切な心を守ってあげてください。それが大切な家族や友人を守ることにもつながります。

女性心理は十人十色より百人百色

ここまでいろいろな女性心理をみてきましたが、余りあてはまらないという方がいても、おかしくありません。女性心理は複雑です。十人十色というより百人百色といったところです。自分だけが自分の本当の内面をわかってあげることができるのです。

自分らしさを褒める

一番自然な自分の姿を思い浮かべてみてください。ステキな女性は必ず、毎日のように自分観察、自己分析をしています。時に、帰宅途中の電車の中で反省しながら、自分を見つめる。簡単なようで難しいです。

「客観的に自分を捉える」ことは、コンプレックスな部分しかみえてこないかもしれない。でも、それだけではないはずです。今まで頑張って生きてきた、キラキラした部分が必ずあります。その部分を、いっぱい褒めてあげましょう。自分を褒めることは、自分を認めることです。それは結果として自信を取り戻すことにつながります。

人と違うところが自分の魅力

人と違うことを恐れてはいけません。人と違うところに自分の魅力がつまっているのです。たとえば、本当に好きという信念をもってやっていることであれば、それは立派な一つの個性です。

ただ、人の意見は参考にしましょう。耳をふさいでいては、ただの頑固者です。磨きをかけて「変わってるね」といわれる個性を追求するのも、美しい女性のあり方の一つだと思います。

自分を好きになるために自分と向き合う

自分で自分を好きになるためには、まず自身を知らなければなりません。どうなりたいのかをイメージしましょう。そして次は「なりたい自分になるためには何が必要か」、「他にできることはないか」と考えてみましょう。これを一つ一つポジティブに積み重ね、実行していくのです。

自分のペースで続ければ5年後、10年後には違いがみえてくるはずです。愚痴や毒吐き続ける女性より、ひたすら自分や家族のために心を砕いた女性の方が、ずっとずっと軽やかに輝いた姿で歩き続けているはずです。

女性心理学を知り自分の生き方に自信が持てる

女性心理学を知る事で、女性のよい面、悪い面どちらも理解を深める事ができます。それは時に、女性なら心がチクリとして、目をそらしたくなる内容かもしれません。でも、恐れる事はないのです。女性なら当然だと学問が解読してくれているのですから。

よい面は前面に押し出し、悪い面は常に心に刻み、慎みをもって行動する事で、周囲の印象も変わってくるでしょう。ネガティブな考えは役にたちません。一つ一つを見つめ直して整理してください。スッキリすれば、自分の自信につながります。いつか、なりたい自分の未来像を思い描けるようになるでしょう。

「どうしよう」ではなくて「どうしたいか」と、考え方を前向きに転換することが大切。自分の生き方に自信が持てる女性は、自然と笑って輝いてみえ、同性からも魅力的です。今苦しい状況でも、強く踏み出して乗り越えていきましょう。そして、自分の生き方に自信を持ちましょう。


関連記事