生き方

人に話しかけられない自分を変えよう!そのためにすべきこととは

人に上手く話しかけることができなくて悩んでいる方は多いです。そういう方は仕事でもプライベートでも苦労していることが多いでしょう。本当はみんなともっと仲良くなりたいのに、話しかけることができなくて楽しくないと考えているかもしれません。そんな人が自分を変えるための方法を紹介します。

自分から話しかけられるようになりたい

なかなか自分から他人に話しかけることができないという人がいるかもしれません。これにはさまざまな理由が関わっていることでしょう。人とコミュニケーションをとることが苦手だと、さまざまな場面で損をしてしまうことが多いため注意しましょう。実際に人に話しかけられなくて困った経験をしたことがある方は多いはずです。

こちらでは他人に話しかけるのが苦手な人のための情報をまとめています。人に話しかけられない人の特徴や自分から人に話しかけられるようになるための方法についてまとめました。ぜひとも参考にして、積極的に他人に話しかけられるようになってください。

人に話しかけられない人の特徴

なかなか人に話しかけることができなくて悩んでいる方は多いです。そういう方には共通点が存在していることが多いため、特徴について紹介します。

何を話したらいいのかわからない

そもそも何を話せばいいのか分からなければ、たとえ話しかけたとしても会話が続かなくて困ってしまいます。基本的に話しかけた側が話題を提供するべきであり、黙っていては相手に失礼でしょう。最初の挨拶は簡単にできたとしても、それに続く言葉がなかなか出てこなくて固まってしまう方がいるのです。

せっかく話しかけても話題がなくて黙ってしまうことによって、とても気まずい気持ちになります。こういう経験を何度も繰り返してしまうと、自分は駄目だと責めてしまい落ち込んでしまうのです。

消極的な考えの人

他人に話しかけるというのは一種の行動です。積極的な人は、特に意識しなくても簡単に他人に話しかけることができてしまいます。しかし、消極的な人の場合は、行動を起こすために踏ん切りをつける必要があり、なかなか行動できません。その結果、他人にせっかく話しかけようと考えても、結局行動に起こせなかったという経験がよくあるのです。

消極的な人は基本的にマイナス思考に陥っていることが多いでしょう。自分のような存在が話しかけてもいいのか、相手に嫌われてしまうのではないかと恐れてしまいます。どうせ自分のような人間と話をしていても面白くないはずだと諦めることもあります。行動を起こさない原因ばかりが頭の中にどんどん思い浮かんでしまうのです。

相手に対しての恐怖心

話しかけようとする相手の存在に恐怖を感じるケースもあります。たとえば、相手が気難しそうな人の場合、無愛想な態度を取られるかもしれないと不安になります。自分が話しかけることが相手にとって迷惑なのではないかと考えるケースもあります。基本的にネガティブであり、どんどん悪い方向へ考えてしまうのです。

過去の経験がトラウマになっているケースもあります。上手く他人に話しかけることができなくて、相手を不快にさせたり、怒らせた経験があるとそれがトラウマとなります。トラウマは簡単にフラッシュバックしてしまうものであり、同じ行動が取れなくなってしまうのです。

憧れや好きという気持ちが強すぎて話しかけれない

相手が自分の憧れの人や好きな人の場合は、嫌われたくないという気持ちが強くなってしまいます。ちょっとしたことで相手に悪く思われるのではないかと不安になってしまうのです。相手を強く意識しすぎてしまうため、自然に話しかけることができなくなり、恐怖を感じてしまうこともあるのです。

いざ話しかけようと思うと、相手が好きな人ではとても意識してしまい、緊張したり、気持ちが高ぶってしまうこともあります。顔が真っ赤になってしまったり、挙動不審になってしまう方もいるでしょう。

自分の思い込みが原因

会話に対する思い込みの強い人がいます。たとえば、会話は楽しくなければいけないと考えてしまうと、会話に対するハードルが上がります。そうなると、自分にはとてもそのハードルを超えることができないと考えてしまうのです。会話に対する期待値を自分で勝手に高めてしまい、それは無理だと諦めてしまうのです。

世の中の人はそれほど会話に対してハードルが高いと感じていません。たとえつまらない話や取り留めのない話でも平気でしている方が多いです。しかし、他人と上手く会話できない方は、普通の無難な話をしてはいけないと考えてしまうのです。

うまく話せなかったり相手からの質問にうまく返せない人

いざ会話をするとなると、自分の言いたいことを発したり、相手の発した言葉に返答しなければいけません。そのような円滑なコミュニケーションが自分にできるとは思えないと考えて、不安になっている人がいます。また、実際に会話が上手くいかない経験を何度もしていると、自分の会話のスキルを疑問視してしまい、自分から話せなくなるのです。

自分から話しかけられるようになる方法

自分から他人に話せるようになりたい方は多いでしょう。そのための具体的な方法をいくつか紹介します。

まずは笑顔を忘れずに話す

実は会話では上手く話をできるかどうかよりも、表情のほうが重要です。相手もあなたの話している内容よりも、表情の方に注目していることが多いでしょう。そのため、常に笑顔を絶やさないようにすることが大切です。笑顔でいるだけで相手に安心感を与えることができるのです。敵意を持たれてしまうことがなくなり、好印象となります。

どれだけ流暢に話ができたとしても、表情に笑顔がなければ相手を怖がらせてしまいます。笑顔であれば、たとえ会話がおぼつかなくても、相手は許してくれるでしょう。緊張しているとつい笑顔がなくなってしまうのですが、それでは逆効果です。会話に一生懸命になりすぎると、無愛想な表情になりがちな人もいます。常に笑顔を崩さないようにしながら話をしましょう。

自分の知識を増やす

会話の話題が多い人というのは興味関心の対象が広いということです。さまざまなことに興味を持っていて、自然といろいろな知識を吸収しています。そのような知識をもとにして話題にしてみると良いのです。その分野について必ずしも詳しい必要はありません。表面的な知識であっても、それを話題にすることはできるからです。

また、いろいろな知識を持っていると、どのような話題にも対応できるようになります。そうなると、自分に自信を持てるようになり、他人と話をすることが楽しくなってしまいます。

自分が存在している意味を見つける

たとえば職場で他人に上手く話しかけられないという方がいるかもしれません。しかし、仕事の場合は本来自分の目標や目的があるはずです。与えられた役割が存在しており、自分の存在意義が必ずあるはずです。自分の役目を果たすためには、他人に上手く話しかけられないなんてことで悩んでしまうことはないはずです。

職場の場合は、他人に話しかける話題や意味を見つけやすいでしょう。たとえば、仕事について分からない部分があるならば、それを質問したり、アドバイスを受けるべきです。自分の目標や目的を明確にすることによって、他人に話しかけやすくなります。

相手を意識しない

本来、人間は特別な意識をしないでも他人と話をすることができるはずです。世の中の大部分の方は、特別な意識や覚悟をせずに他人に話しかけています。これは、話しかけることをそれほど重大なことだとは考えていないからできるのです。他人に話しかけられない人は、会話というものを大層なものだと考えてしまっています。

たとえば、多くの方は意識せずに呼吸をしています。しかし、一度呼吸をすることを意識してしまうと、急に呼吸をするのが苦しくなってしまうはずです。意識することによって、これまで普通にできていたことができなくなるのです。相手を意識せずに何も考えずに話しかけてみましょう。

一人で話しかけようとしない

会話は必ずしも一対一でしなければいけないものではありません。もし仲間がいるならば、その仲間を一緒に話しかけたい相手と接するようにしましょう。そうすれば、話題がなくても、他の人が代わりに話題を出してくれます。相手の視線や表情、感情などをそれほど意識する必要はなくなります。

もちろん、仲間と一緒に話しかけてしまうと、あなたの印象は薄れてしまうかもしれません。しかし、一人で話しかけられないよりも、仲間と一緒でも話しかけて会話をしたという事実が残る方が良いでしょう。一度、仲間と一緒に話をしたという経験があれば、今度は一人で話しかけやすくなります。顔見知りになっているからです。

自分から話しかけて友達も仕事もうまくいくようになろう

この世の中で上手く楽しく生きていくためには他人に自分から話しかけて仲良くなることが大切です。積極的にコミュニケーションができれば、仕事も上手くいくようになるでしょう。こちらで紹介してきたことを参考にして、自分から話しかけられるようになってください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール