• HOME
  • ココロ
  • 生き方
  • 30代はよりシンプルに。20代ラストイヤーに改めて考えたい人間関係の断捨離
生き方

30代はよりシンプルに。20代ラストイヤーに改めて考えたい人間関係の断捨離

20代ラストイヤーになったら、人間関係の断捨離をスタート。新しいステージに入る前に、古くなったご縁は手放しましょう。

いよいよ20代ラストイヤー!

20代、最後の1年間。学生時代は徹夜ができたはずなのに、今は少し遠出をしただけでヘトヘト。疲れも残りやすく、心と体の状態を通して自分が年を重ねていることを気づかされるようになります。

これからも心の調子が安定し続けるためには、20代のうちに、これからも付き合っていきたい人とそうではない人を分けておく必要がありそうです。

今回は、20代ラストイヤーに改めて考えたい人間関係の断捨離をご紹介します。

親友が元・親友になっても気にしない・追いかけない

30代が近づきはじめると、少しずつ自分がどう生きたいのか、基本的な方針が決まりだします。もうしばらく仕事を優先していたいと思う人もいれば、そろそろ30歳をきっかけにプライベートな時間を増やしたい、大切にしたいと考える人もいます。

それぞれがどんな選択肢を選ぶかは、それぞれの自由です。ただ、選んだ道によっては、どうしても話が合わずに疎遠になる人も増えていきます。久しぶりに会っても、お互いに違和感しか覚えない状態。

たとえ長い付き合いだった友人と疎遠になっても、追いかけなくていいんです。手放したご縁と引き換えに、これからの自分のステージに合った人たちとの出会いが増えていきます。

今、側にいてくれる人たちとの距離感を必要以上に詰めない

人間関係の整理整頓が自動的にはじめると、最初のうちは近くにいてくれる人たちを囲い込もうと、必死になってしまいます。これ以上、自分のもとから人が離れないようにと距離を詰めたり、以前よりも会う頻度を高めたり……。

30代になっても周りの人たちと疲れない範囲で付き合い続けるためには、どんなに仲が良くても一定の距離感を意識することが、何よりも大切でしょう。少しでも「最近、会う頻度が高いかも」と疲れを感じるなら、あえて会う頻度を下げるのです。特定の人だけにすべての信頼を寄せないように気をつけてくださいね。

付き合う気のない男友達とのデートよりも、ひとりの時間を優先する

30代が見えてくると、結婚に対し再び焦りを感じはじめる女性が増えるようです。
25歳の結婚ラッシュを乗り越え、20代ラストイヤーだからこそ「そろそろ、いい人をみつけたい」「もう結婚してもいいんじゃないか」と思いはじめるのです。

ただご縁だけは、自分の思うように操作はできません。周りのアラサー女子のなかには、寂しさを埋めようと、付き合う気がない男性とデートをし、なかにはカラダの関係までもつ人もいます。

しかし、本気で結婚したいなら、中途半端なご縁をそぎ落とす勇気も必要なのかもしれません。おそらく自分自身がどこか中途半端で男友達の気持ちを利用しているのも分かっているはずです。

「このまま過ごしていても、新しいご縁は来ない」と、心のどこかで気づいているなら、付き合う気のない男性たちとは、そっと距離を置きましょう。好きではない男性と一緒に過ごすよりも、ひとりの時間を優先した方が案外、結婚までの道のりが近くなるかもしれませんね。

人間関係をスッキリさせてから30代へ

20代ラストイヤーになったからこそ、これからの自分にとって誰が必要なのか、どの人とはもうご縁を手放すタイミングに来ているのかを考え直してみましょう。30代、40代を明るい未来へにしたいなら、今すぐ「手放す勇気」を。

山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール

関連記事一覧