生き方

ひとりの時間について|ひとりでも楽しいおすすめの過ごし方を公開

たくさんの友達に囲まれたあとのひとりの時間は、どこか寂しくて物足りなくなるかもしれません。しかし、ひとりでも楽しめることもたくさんあります。おすすめの過ごし方を知り、せっかくの貴重なひとりの時間を有意義に使い、人生を楽しくしていきましょう。

ひとりの時間の過ごし方

あなたは、ひとりの時間ができると寂しくてSNSばかり気にしてしまうタイプですか?それとも、とても解放された気分になるタイプでしょうか?せっかく、ひとりの時間ができたのならば、いつも通り過ごすよりも、少し優雅に贅沢な時間を過ごしてリフレッシュしてみるのもおすすめです。

また、ひとりの時間は、自分自身と会話できる時間にも使えます。日々の仕事で忙しい時間を過ごしている人も、ひとりは好きだけど気づくとだらだらして1日を終わらせてしまっているかもしれません。ひとりの時間の使い方を見直し、ひとりを満喫しましょう。

ひとりの時間が好きな人

ひとりの時間が好きな人の中には、ひとりの時間もスケジュールの一つとして組み込むという人もいます。このタイプの人には共通の特徴がみられます。ここでは、ひとりの時間が好きな人にみられる共通の特徴についてみていきましょう。

気が利くが好きな人

気が利く人でよく空気を読める人は、ひとりの時間を好む傾向にあります。人といると周囲への配慮のため常に神経を使い、気疲れしてしまうためです。ショッピングに行ってどのお店に入るのか、ご飯は何を食べるのかなど、常に周りの人にあわせて行動するため、自分の意思を出すことがあまりありません。

大勢の人といると常に神経を使ってしまうため、ひとりの時間がなによりの息抜きになります。気が利く人は、ひとりの時間になってようやく自分の好きなことができるのです。

誰にも依存していない人

自立をしていて大人な考え方を持っている人は、ひとりでも寂しいと感じることなく、ひとりの時間を楽しむ精神的余裕があり、ひとりの時間が好きである傾向にある人が多いです。このタイプの人はひとりでいる自分が「周りからどう思われているか」ということを気にせず行動できます。

他人にあわせることを選ぶなら、ひとりでなんでもやってしまいたいという人やわざわざ予定を合わせたりするのが面倒であるというタイプの人がひとりの時間を好む傾向にあります。

自分のペースを守りたい人

自分のペースを守りたい人は、自分の1日のスケジュールがだいたい決まっていて、それを他人に大幅に変更されることに不快感を覚えます。例えば、仕事帰りにひとりで映画を観に行く予定を立てていたとします。そして、帰る直前に飲み会に誘われたとき、このタイプの人はそれが仲の良い友達でも断ります。

自分のペースを守りたい人は、イレギュラーを好みません。冒険するよりも、自分の決めた時間にやりたいことをやる安定的な生活を求めているため、周りの人にあわせるのではなく、ひとりで自由に過ごしたいのです。

ひとりの時間の楽しみ方

ひとりの時間ができるとどう過ごしたらよいのかわからなくなり、ひとりが寂しく感じられる人もいます。ここでは、ひとりの時間を有意義に使い、楽しむ方法をみていきましょう。

思いっきりくつろぐ

仕事の忙しさや周りの人との関わりを忘れて、朝から晩までゆっくりした時間を過ごしましょう。早起きは三文の得ではないですが、いつもより少し早起きするところから始めてみましょう。家の中でできるくつろぎ方を下記に示してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 太陽の光を浴びながらストレッチ
  • 楽な服装に着替えて本を読む
  • 好きな音楽をかけてティータイムを楽しむ
  • 空を眺めて物思いにふける
  • 普段できない場所の掃除をする
  • 家の中のお気に入りの場所をスケッチする
  • 好きな香りの入浴剤でバスタイム
  • アロマをたきながらマッサージでボディケア

ひとりで気ままにお出かけ

おひとり様でお店に入るのは少し勇気がいることです。しかし、ひとりだからこそ誰にも予定を合わせる必要がなく、気ままにお出かけをすることができます。今まで気になっていたけど入ったことのないお店に行ってみるなど冒険することも、楽しみ方のひとつです。

好きな服を着て、好きな髪型をして、自由に買い物に行き、好きな時間にご飯を食べて、カフェでゆっくりしたり、映画を一人で楽しんだりしましょう。いままで通ったことのない裏道に入ってみたら、素敵なお店を発見するかもしれません。

ホテルの朝食を食べに行く

少し早く起きてホテルのモーニングビュッフェに行ってみましょう。ホテルのモーニングビュッフェであればひとりで泊まっている宿泊客も利用しているので、女性ひとりでも行きやすく、あまり目立ちません。ラグジュアリーホテルでも、モーニングビュッフェであれば比較的安価に高級感を楽しめます。

また、朝食後もまだ午前中なので、その後の予定が立てやすいです。朝食をしっかり食べて午前中から活発的に行動しましょう。ホテルの周りを散策するのもおすすめです。

ホテルのおひとり様プランを活用

2日間くらいの日数があるのであれば、ラグジュアリーホテルや旅館の女性向けのおひとり様プランを利用してみましょう。バーに行って夜景を眺めたり、エステを楽しんだり優雅な時間を過ごしましょう。宿泊している利用客の仕草や行動の真似をして、セレブになりきるのもおすすめです。

ラグジュアリーホテルでひとりの時間をセレブ気分で思いっきり楽しみましょう。休日に非日常的なゆったりとした時間を過ごすことで、生活にメリハリが生まれて仕事へのモチベーションも上がるでしょう。

自分に向き合ってみる

徹底的に自分と向き合ってみましょう。ひとりぼっちで寂しいと考えるのではなく、人に合わせる必要のないひとりの時間に自分のことについて考えてみると、自分にとっての楽しみや大切なことを知ることができます。

将来の目標に向かって、自分はどのあたりまできていて、何ができて何ができないのかを自分自身と向き合うことで、現在の問題点とその改善策を打ち立てることができます。忙しい毎日を過ごす中で忘れかけていた夢や目標を思い出しましょう。

ひとりの時間を有意義に過ごそう

ひとりの時間というのは自分の意志で自由に使うことのできる時間です。だらだらとベッドの上で過ごすのも魅力的ではありますが、ひとりの時間を有意義に使うことでメリハリのある生活となり、忙しい日常にも活力をあたえてくれます。

ひとりの過ごし方に悩んでいた人も、元々ひとりが好きだという人も、この機会にひとりの時間を見直してみましょう。いつもと違う過ごし方をしてみると、新たな趣味を発見できるかもしれませんし、悩み事の糸口が見つかるかもしれません。おすすめの過ごし方を参考にひとりの時間をお楽しみください。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール