• HOME
  • ココロ
  • 占い
  • 風水を使いカーテンで運気アップを狙う|理想的な自分になるためには
占い

風水を使いカーテンで運気アップを狙う|理想的な自分になるためには

風水は男女問わず、多くの人が関心を持っています。風水は当たるというよりも、運気をアップさせてくれる一つのインテリアとして活用していきます。ここでは方位別・部屋別におすすめをご紹介します。どのようなカーテンカラーがよいか学んでいきましょう。

部屋によっておすすめのカーテンは変わる

部屋の中で窓というものは、風水的にとても重要なポイントとなってきます。外からの運気が入ってくるため、窓の方位によってカーテンの色を変えていくのがベストです。

しかし、どのような色にすればよいのかわからない人も多いため、ここでは風水を中心としたカーテン選びをご紹介していきます。同時に、カーテンを選ぶ際の注意点なども見ていきましょう。

風水でカーテンは重要なアイテム

窓につけるカーテンは中を見えないようにしたり、防犯上としてのアイテムや光を遮断するためとして考えられるのが一般的です。しかし、風水ではカーテンは光を遮る「陰」に属するアイテムとして、夜に多い邪気の進入を防いだり、せっかくよい運気を溜めたものを、外に出ていかないようにするためとしてあります。

そのほかにも、カーテンは風水の中で、精神的にも落ち着かせるリラックス効果があります。カーテンにかかる面積も大きめですので、部屋の印象も大きく変わるため色選びも重要なポイントなのです。

風水の方角から見るおすすめのカーテン

自分の家の中にある窓の方位を確認して、どのような色がおすすめとなるのかをチェックしていきましょう。また、どのような効果があるのかも見ていきます。

東の窓はビビッドカラー

「仕事運・勉強運・健康運・発展・情報」などに関する方位とされます。特に勉強運や仕事運がよいため「赤色・青色・ピンク・白色」などのビビッドカラーがよいでしょう。ビビットカラーは力強さを与えてくれて、やる気を出してくれるカラーです。

東向きに机を置き、ビビットカラーのカーテンで勉強をすれば、成績もアップすること間違いなしです。また、よい情報を得たいなら、赤色がとくにおすすめです。しかし、東向きの窓に黄色や濃い茶系のカーテンにしてしまうと、集中力を下げてしまう可能性がありますので避けるようにしましょう。

北東の窓は白や黄色

「貯蓄運・不動産運・相続・転居・転職」など変化に関する方位とされます。おすすめのカラーとしては「白色・黄色」がよいでしょう。金運ももたらしてくれる白や黄色は、貯蓄運が特によくお金も溜まりやすいのです。

しかし、黄色い色といっても、原色系の黄色や濃い茶色は「木の気」を持っており、発展力を弱めるとされているため注意してください。

西の窓はパステルイエロー

「金運・商売運・趣味」などの楽しみごとに関係する方角です。西向きに窓がある家は、お金を使いすぎてしまったり浪費ぐせがついてしまうため、カーテンを付けて光を防ぐようにしてください。

「黄色・ベージュ・白色・パステルイエロー」などがとても相性がよいため、積極的に取り入れてください。しかし、赤系のカーテンは、金運を燃やしてしまう効果があるため西向きの窓には避けたいカラーです。

南西の窓は明るい色

「不動産運・健康運・仮定運・努力・安定」に関する方位とされます。南西は家庭運が上昇すると言われていて、温かい家庭を築いていきたい人や、安定感を求めたい人におすすめのカラーです。相性がよいのは「黄色・紫色・明るい緑色・白色・黒色・灰色 明るい茶色・オレンジ色」などが挙げられます。

また、友情運も期待できますので、生活を充実したいのであればおすすめのカラーです。しかし「赤色・濃い緑色」は南西の「土の気」と相性がよくないため避けるようにしてください。

南の窓は緑色

「人気運・美容運・直観力・知性・芸術・人気・名誉」に関する方位とされます。女性なら美容運もアップさせたいところですので「緑色・白色・ベージュ色」がおすすめです。南向きは「火」を表していて、外から入ってくる悪い運気を燃やしてくれる効果があります。

反対色の緑色などは赤の気と調和と保て、より若々しく行動できるのでおすすめです。中でもリーフ柄やコットン生地のものがよいでしょう。

東南の窓は花柄が良い

「恋愛運・結婚運・旅行運」に関する方位とされています。異性にモテたい人や、そろそろ結婚を考えている人は「黄緑色・オレンジ色・ベージュ色・白色」を積極的に取り入れてみてください。中でも東南は花柄とも相性がよく、女性にとっても花柄というのは恋愛運アップが期待できます。

東南の窓に「茶色・グレー・黒色・灰色」は相性が悪く、恋愛運が一気に下がってしまう可能性がありますので、避けるようにしてください。

北の窓は温もりがある色

「恋愛運・金運・子宝運・秘密・浄化」に関係する方位とされています。北には「水の気」が入ってきて、悪い運気を流してくれる効果があるとされています。水に関する気ですので、ぬくもりを感じられるカラーがよく「ワインレッド・ピンク・オレンジ色・アイボリー」などがおすすめです。

反対に水の気に相性がよくないカラーは「黒色・灰色」などです。暗いカラーは水の気と合流して、濁流のような運気と変化してよくありません。特に冷え性の人は、さらに悪化してしまうため気をつけましょう。

北西はベージュがおすすめ

「事業運・出世運・玉の輿・グレードアップ」に関係する方位とされています。仕事を軌道に乗せたい人や出世したい人には「白色・ベージュ色・茶色・緑色・淡いピンク」がおすすめです。中でも事業運を安定させるには、ベージュ色や茶色がよいでしょう。北西はリーダーシップも取れて、仲間からの絶大な信頼を得られます。

北西も「水の気と天の気」が流れていますので、同じ水色や反対色の赤色などは、水の気が強くなりすぎてしまい逆効果となってしまうため避けてください。

風水の部屋別おすすめのカーテン

リビングや寝室などのカーテンは、何色にしていけばよいのか見ていきましょう。それぞれ、自分がどのようになりたいのかを考えておいてくだい。

リビングはシンプルなもの

リビングは多くの人が集う部屋なので、個性的なものや高級なものよりも、洗濯しやすい明るいシンプルなものがおすすめです。方位を見るためには、家の中心からその部屋がどの方位にあるかによって、相性のよいカーテンカラーが変わってきます。

北にある場合 「黄色・薄いピンク・ワインレッド」明るめで暖色系のカラーがおすすめ
東北にある場合 「白色・淡いベージュ・ストライプ柄・チェック柄」すっきりとした清潔感のあるデザインがおすすめ
東にある場合 「赤色・青色・ピンク・明るいビビットカラー」温かい雰囲気になるカラーがおすすめ
東南にある場合 「ピンク・オレンジ・花柄」など自然を感じられるデザインがおすすめ
南にある場合 「青色・緑色」などの光沢感のある寒色系のカラーがおすすめ
南西の場合 「ベージュ・黄色・アイボリー・緑色・ラベンダー」落ち着いたカラーがおすすめ
西の場合 「ベージュ・茶色・黄色」などの優しい癒されるカラーがおすすめ
北西の場合 「ベージュ・緑色」などの落ち着いたカラーがおすすめ

寝室は二重のカーテンがよい

寝室は風水では寝ている間に、よい運を取り込む部屋とされています。そのため、運を逃がさないようにするアイテム選びが大切となってくるでしょう。

カーテンは運気が逃げにくいように「レース」と「ドレープ」の二重にすれば運気を取り込むことができます。家の中心からその部屋がどの方位にあるかによって、運気を逃さないカーテンカラーを決めていきます。

北の場合 「ピンク・オレンジ」など鮮やかなカラーがおすすめ
東北の場合 「白色・アイボリー」などシンプルなカラーがおすすめ
東の場合 「赤色・青色・白色」はっきりしとしたカラーがおすすめ
東南の場合 「緑色・ピンク・オレンジ・花柄」がおすすめですが、モノトーンは避けたほうがよいでしょう。
南の場合 「明るい緑色・白色・ベージュ」癒してくれるカラーがおすすめ
南西の場合 「ベージュ・緑色・山吹色・赤」が入った少し明るめのカラーがおすすめ
西の場合 「ベージュ・茶色・黄色」など西日が強い場合は遮光カーテンを
北西の場合 「ベージュ・緑色」のストライプがおすすめ

運気をアップするにはカーテンの種類だけではダメ

いくら風水を勉強してカーテンの色を希望の色に変えたとしても、基本的なことがしっかり行われていない場合は効果はありません。どのようなことに気をつけなくてはならないのかを見ていきましょう。

カーテンは清潔な状態にしておく

風水で運気のよいカーテンを選んでも「汚れ・ほつれ」があっては、運気はダウンしてしまいます。運気を正常に保つためにはカーテンや、窓は常に清潔にしておく必要があるでしょう。

日本は湿気が多いため窓に水滴がつき、そこからカビが発生してしまうこともあります。当然窓に近いカーテンは、カビが繁殖しやすくなってしまうのです。カビを繁殖させないためにも、冬場でも喚起をしっかり行って、空気の入れ替えをこまめにしてください。

窓のサイズに合ったものを使用する

引っ越しの時に前使用していたカーテンをそのまま窓につけると、丈が短かったり長すぎてしまうこともあります。カーテンのサイズが、窓のサイズに合っていないと、気が安定しないこともあるため注意が必要です。

カーテンが短すぎると、外からの厄が入ってきてしまうのでおすすめしません。新しく購入するまでは応急処置として、同じような素材のものを縫い付けておくと少しはマシになります。カーテンが長すぎるものより短すぎるもののほうが風水的にはNGでしょう。

カーテンは閉めっぱなしはダメ

都心などではマンションが密集していて、ついカーテンを閉めっぱなしにしてしまうことも多いでしょう。しかし、カーテンを閉めっぱなしにしておくと、部屋の中に気が滞るのでよくありません。朝起きたら少しの時間でもよいので、カーテンを開けよい気を取り入れることが大切です。

昼間は部屋の中が外から見えにくいためレースのカーテンにするとよい運気が入ってきやすくなります。しかし、カーテンの開け閉めには例外があります。窓を開けて鉄塔や墓地、隣の家の換気扇がすぐ側にあるなど、よい気が入ってくることが期待できない窓は、閉めておいたほうがよいでしょう。

風水の力を借りて運気をアップさせよう

風水は昔から伝わるもので、風水によって発展してきた人もいます。占いとはまた違うものとし、中国古来から伝わる「気」を利用した環境学です。そのため、環境が人を変えてくれると信じられてきたのです。実際に風水を初めて運気が上がった気がするという人は数多く存在していて、風水と家は切っても切れないものなのです。

カーテン選びも人の運を左右する大切なもので、気持ちが明るくなることで毎日の活力となっていきます。どのカラーにするのかは自分が将来的になりたい理想でも構いませんので、自分の部屋の窓はどの方角か確認し、カーテンカラーを変えてみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール