生き方

将来に不安を感じたときにはどうすればいい?原因と対処法を知ろう

多くの人が直面するであろう「将来への不安」。できれば目を背けたいものです。しかし不安に向き合って深く考えたことはありますか?ここでは、そんな将来への不安を感じたときの原因や、その対処法について詳しく見ていきたいと思います。

将来への不安はどうやったら解消できるのか

誰もが、一度は悩んだことがある「将来への不安」。おそらくほどんどの人は、この問題について悩んだことがあると思います。しかし、その将来への不安はどうやったら解消できるのでしょうか。また、将来への不安の原因には、どのようなことがあるのでしょう?ここでは、そういった将来への不安の対処方法について見ていきます。

将来に不安を感じるのはなぜか

将来への不安は、おそらく一度は感じたことがあると思います。しかし、そういった将来への不安を感じるのはなぜでしょうか。人によって理由はさまざまですが、ここでは将来に感じる不安について、大きなウェイトを占めている理由について見ていきます。

将来に不安を感じる理由

将来に不安を感じているという方は、多いのではないでしょうか。ところが、その不安について、深く考えたことがあるという方は、そう少ないのではないでしょうか。

自分で悩み続けていると、何に対して不安を感じているのかが、分からなくなってしまいがちです。ここでは大きなウェイトを占めている仕事、お金、結婚などの悩みについて見ていきましょう。

仕事に関して不安が消えない

現在、働いている会社に不安を持っている方は多いと思います。あなたは、現在の仕事に不安はありませんか?では、具体的にどういった不安があるのでしょう。大まかには、以下の3つが挙げられるかと思います。

  • この会社がずっと安定しているかわからない
  • 人間関係や仕事内容で、自分がこの先続けていけるかわからない
  • 本当に自分がやりたかったことなのかがわからない

企業の経営方針、仕事環境、自分の働き方など、あなたも一度はこのどれかで悩んだことがあるのではないでしょうか。

お金がないので不安

安定した暮らしを手に入れて、維持することが難しいこのご時世で、金銭面で悩んだり将来に不安を感じたりしている方も珍しくありません。今の生活で手一杯で貯蓄もできずに、老後の生活の不安などもあります。現に日本国民の約4割が、今の生活に不安を抱いているといわれています。

また、転職をするにしても、応募を受け付けている企業が少なかったり、転職をするにあたってのデメリットが生じてしまったりして、なかなか次の一歩が踏み出しにくい状況もあります。AI化が進み、どの職業がなくなるかわからない世の中なので、お金がないことによる不安があることも無理はないでしょう。

結婚できないという不安

国勢調査によると、50歳までに結婚したことがない人の割合は、女性の場合は14.06%(2015年調べ)といわれていて、女性の7人に1人が生涯未婚となります。男性の場合は4人に1人が生涯独身です。割合的には女性のほうが少ないのですが、7人に1人という数字には不安を感じます。

また、結婚願望があるにもかかわらず、結婚にいたらないという人も多く、余計に結婚できないのではないかと不安に感じてしまいます。「〇歳までに結婚するべき」などという、周りの目もあるのであせりがでて、それが不安につながってしまう人も少なくないようです。

▼結婚できないのには理由がある!?結婚できない人の特徴はこちら
結婚できる女性とできない女性の違いって何?両者の違いをまとめてみました!

老後の生活が不安

現在、高齢化が進んでしまうという現状があり、将来は年金を受け取れるのかもわかりません。とりあえずは、年金制度や医療制度が定められているので、最低限を受け取れるとは思います。しかし、これからどうなっていくのかがわからないので、不安になってしまいます。

最近では、若いうちから老後のために貯金したり、資産運用をしたりといった方も珍しくありません。老後には、生活の他にもいろいろとお金がかかってしまう場面も多いので、貯蓄は多いに越したことはありません。

これから先、社会や自分の環境もどうなっていくのかわからないことが、現在での社会の現状なので、老後などの将来に不安を抱えることも無理はないでしょう。

不安は、自分の将来に関わる大きな不安から、現時点で抱えている中の小さな不安など、さまざまなものが積み重なって、より大きな不安になっています。将来に対して、危機感を覚えることはよいのですが、あまりにも大きいとストレスになってしまいます。

漠然とした将来の不安への対処法

不安というものは、どうやったら取り除けるのでしょうか。どうすればよいのかわからない、漠然とした不安に襲われたときには、どう対処すればよいのかについて見ていきましょう。

不安に感じることを紙に書き出す

不安に感じることを、紙に書き出してみましょう。私たちが抱えている不安には、目をそむけたくなり、不安について考えることは怖いかもしれません。しかし、ここで一度紙に書き出して、その漠然とした不安の正体が、はっきりと見えるようにしましょう。

不安について書くときには、大きな不安から小さな不安まで、思いつくものすべてを書き出しましょう。書き出したら、その不安について「何が原因になっているのか」「どういった要因がからんでいるのか」を書き出します。こうして見える化することによって、今まで規模がわからなかった不安が、どのくらいのものなのかが理解できるようになります。

そうしたら最後は、自分の理想についても書いてみましょう。理想に近づくためにはどうすればよいかなど、計画を立てられますし、自分が実現したかったことについても、あらためて知ることができるでしょう。

優先順位をつける

優先順位を付けることは、できるだけ「不安に感じることを紙に書き出す」ことをしてから行うようにしてください。理由としては、大体の人が抱えている不安は、複数の大きさが違う不安が、それぞれ複雑にからみ合っているためです。頭の中で、そのすべてを整理することは難しいので、紙に書き出してから、自分で理解できるようにしましょう。

不安に対処するためには、あらゆる手を打たなければなりません。しかし、不安だけわかっていても、それを対処するためにするべきことが多すぎて、漠然としてしまいます。したがって、しっかりと優先順位を付けましょう。優先順位の付け方としては以下のように考えましょう。

  • 今すぐにやったほうがよいことか?
  • 潮時を待ったほうがよいことか?
  • 自分にとって、今何をやっておきたいか?

もちろん対処できない不安もありますが、不安は少しでも減らしておけば、少しは楽になれます。また、自分の理想を考えることによって、不安への対処法が見えやすくなるのでおすすめです。

人に相談する

人に相談するというこよも、不安の対処法としておすすめです。しかし、人に言いにくいこともあるでしょう。そういう場合、どういった内容なのかにもよりますが、知識面などの人の意見を聞くだけでも、解決できることは積極的に聞きましょう。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とも言いますし、物事に対して知らないから不安ということも大きいです。ぜひ、積極的に行動して聞いてみましょう。

また、こうして相談で声を出して会話することによって、ストレスを低下させられます。しかし、なるべくその相談相手は、理解がある人や仲のよい人が好ましいでしょう。

考えるのことをやめる

正直にいって、いくらお金を稼いでいる人でも、将来への不安を持っていることと思われます。そういった場合、不安を取り除くことは厳しいです。したがって、「考えることをやめる」ことが、不安を緩和する一番の手だといえるでしょう。

考えてもどうにもできない将来の社会状況などは、悩んだところでどうしようもありません。その中で、その対策を今のうちからしておくことは重要ですが、自分達ではどうしようもないことに悩むことは、無駄になってしまいます。

悩むとことは、かなりエネルギーや集中力を使うので、仕事などにも影響が出てしまう可能性があります。したがって、リフレッシュしてなるべくそのことについては、考えないといったことも重要でしょう。

将来の不安に具体的に対処する方法

ここからは、将来への不安に、具体的に対処する方法について見ていきます。将来への不安を解消するためには、どのように行動していけばよいのでしょうか。

お金に関する勉強をする

やはり、将来への不安の大きな割合を占めることは、金銭面に関してです。現に20代の時点から、将来のお金に関する不安を抱えている人は半分以上もいます。

年を重ねるごとに、その不安を抱える人は増えいていき、40代がピークとなっていて、その割合は8割にもおよんでいるようです。

将来のために、お金を稼ぐということも大切ですが、「これから資産をどのように運用していくのが賢い選択か」、また「具体的な貯蓄の計画」をあらかじめ立てておくことで、将来への不安は解消できるでしょう。

しかし、なにも知識がない状態での資産運用はリスクがあります。そこで、しっかりとした計画や運用をしていくためにも、お金に関する勉強をしていく必要があります。私たちが生きていくうえで、必要不可欠なお金のことなので、勉強しておいて損はないでしょう。

▼お金の勉強をするならお金持ちに人に学ぼう
賢いお金の使い方を学ぼう|お金持ちの人が実践していることとは

資格取得のための勉強をする

お金に関する資格について勉強をして、資格を取得すれば実績ににもつなげられます。また、しっかりとした知識が増えるので、不安を和らげてくれるでしょう。さらに、お金に関する資格以外の場合でも、資格を取ることによるメリットは多いです。具体的には、以下のようなメリットがあげられます。

・勉強をするで、より気を紛らわせることができ、将来の自分のためにもなる
・資格取得による実績を残せて、今後の転職などにも有利になる
・勉強することにより、自分の知識を増やせる

自分のためにもなりますし、将来へとつなげられるので、将来への不安がある方は、ぜひ資格を取得することをおすすめします。ただし、資格にもいろいろとあります。

たとえば、自分の悩んでいることを、解消してくれるようなことに関する資格を取るのもアリですしょう。また、自分の将来やりたいことに関することや、趣味についての資格もよいと思います。興味のある資格があったら、積極的にチャレンジしてみてください。

▼資格取得にチャレンジしたい方はこちらの記事がおすすめ
「取得して損はないおすすめ資格」今からチャレンジしてみよう

積極的に行動する

やはり、将来のことについて抱える不安といえば、金銭面などがありますが、それと同様に結婚に関する不安も多いです。社会人として働いている人の中には、なかなか出会いの機会がなく、焦りを感じているという人も多いのではないでしょうか。

機会というものは、待っていてもなかなか来るものではありません。よって、なるべく積極的に機会を作っていきましょう。出会いの機会を作るとなると、容易に考えられるのが、婚活サイトや出会い系アプリ、婚活のパーティーなどがあります。

しかし、積極的に行動するのはよいことですが、行動する前に考えておきたいことがあります。それは、どうして結婚したいのか、将来はどのようになりたいのかということを考えてから、行動に移すようにしましょう。

ただあせって結婚してしまうことは、リスクが大きいです。婚活など、将来のためを思って行動する際には、「本当に自分はどうなりたかったのか」を考えて、本質を見失わないように行動していきましょう。

▼どうやって積極的に行動したらいいのかわからない人におすすめの記事です。
30代を過ぎて結婚したいけど出会いがない人におすすめ!結婚相手と出会うためにはどうすべきか?

健康面に気を使う

日本国内でも、健康に不安を抱える人は多いです。テレビなどのメディアにも、健康問題も多く取り上げられているので、健康面が不安といった人が多いことは確かでしょう。現に厚生労働省の関連ページには、生活習慣病が医療費の約3割を占め、それによって死亡する人の数は約6割を占めていると記載されています。

日本人は、野菜の摂取不足などが問題視されており、1日に満足な栄養を摂取できていない人が多いです。また、ストレス社会ともいわれているので、健康的な環境で生活している人は、それほど多くないように見受けられます。

不規則な生活を続けていると、将来重い病気にかかってしまうリスクが高くなります。また、不健康なままでいると、精神面にもよくなく、将来への不安がより大きくなってしまいます。そのため、適切な睡眠や適度な運動、バランスの取れた食事を取ることによって、肉体的にも精神的にも、健康を維持し続けることを意識しましょう。

将来への不安と正しく向き合おう

将来への不安は、多くの方が抱えていて、内容も人それぞれでしょう。こういった不安は、できれば目を背けたいものですが、不安を放置することはよくありません。

自分が抱えている不安はどういったものなのか、不安を解消するためにはどうすべきかを知るためにも、できるだけ将来への不安とは正しく向き合っていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧