スキンケア

レチノール美容液を正しく使って美白を目指そう!

レチノールは美白に効果的とされる成分で、多くの美白化粧品やアンチエイジング化粧品に使われています。シミやシワ予防にも効果が期待出来ることから、美肌を目指す女性にもよく知られています。レチノールとはどういう働きがあって、どんな人に向いているのかを紹介します。

レチノール美容液を使ってみよう

レチノールを配合した美容液は、美白やアンチエイジングに良いと言われています。化粧品に配合されている成分ですが、実は体内に元々存在している成分でもあります。レチノールには別名があり、ビタミンAと呼ばれています。レチノールと聞いてもピンとこない人でも、ビタミンAのこととわかれば親しみやすくなるのではないでしょうか。

レチノール美容液には様々な効果が期待できます。ただし種類によっては使い方に注意が必要です。レチノールの効果や使用上の注意点をみていきましょう。

レチノール美容液には2タイプあり

この2つはどちらもレチノール美容液ですが、種類によって期待できる効果は変わってきます。純粋レチノールというのは、他の成分を混ぜないピュアなレチノールを配合している物、レチノール誘導体は、パルミチン酸という成分を混ぜて作った物です。簡単に言えばピュアか混ぜ物をしているかの違いでも、美容液の性質や効果は大きく変わってきます。

イメージとしては純粋レチノールの方が効き目が高いように思えますが、ピュアな分不安定で酸化しやすいので扱いに注意が必要です。混ぜ物をしていても安定性が高くなれば、その分効果が高くなるというメリットが生まれます。

▼レチノール化粧品のおすすめ商品を知りたい方はこちら
レチノール配合化粧品おすすめ4選|その効果と使用上の注意点とは

レチノール美容液とは何に効くのか

レチノール美容液を使うとどんな効果が期待出来るのかを紹介します。

ターンオーバーを正常にする

レチノール美容液には肌のターンオーバーを促進させ、サイクルを正常化させる働きがあります。ターンオーバーが乱れる原因はいろいろですが、古い角質が残ったままだと肌トラブルが起きます。シミやニキビ跡が目立ってしまったり、肌がごわついたりくすんだりと、ターンオーバーが乱れると見た目も手触りも悪くなってしまいます。

ニキビ跡やシミが気になっている人は、肌のターンオーバーが乱れている可能性が。レチノール美容液をいつものケアにプラスすれば、ターンオーバーを正常化して肌トラブルを防げます。

▼肌のターンオーバーについて詳しく知りたい方はこちら
肌のターンオーバーを正して美肌になろう。周期を整える改善法

コラーゲン作りをサポート

レチノールには、肌内部の線維芽細胞を活性化させる働きがあります。線維芽細胞というのは肌のハリや弾力に欠かせない、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成に欠かせない細胞です。線維芽細胞の活動が低下すると、コラーゲンやエラスチンを生成する力が弱くなり、肌のハリや弾力を維持できなくなってしまいます。

レチノール美容液を使えば、線維芽細胞の働きを助けそれが結果的にコラーゲンやエラスチンを増やす助けになるというわけです。加齢や肌の乾燥で、ハリと弾力が低下していると感じている人はレチノール美容液を試してみるといいかもしれません。

たるみをアップ

コラーゲンは年々減少していきます。20歳をピークとした場合、50歳ではピーク時の半分以下になるとも言われていて、誰にでも起こりうることです。

年齢とともに肌のたるみが気になり始めますが、そのままでは実年齢よりも老けて見られてしまいます。レチノール美容液をプラスすることで、コラーゲンのサポートをして肌のたるみをアップできれば、見た目年齢を少し若く出来るのです。ただし化粧品の効果は実感までに時間がかかるので、早めに使い始めるのがおすすめです。

▼どうやってたるみが出来るのか?根本の原因を知りたい方はこちら
老けて見られる顔たるみの原因は?さようならほうれい線に悩む日々

紫外線によるダメージを防いでくれる

紫外線を浴びると肌は軽い火傷をしたのと同じ状態となってしまいます。想像以上にダメージが大きくなるだけでなく、肌内部では活性酸素が発生し細胞やDNAを傷つけます。身体が酸化するとサビの原因となり老化を促進させてしまうので、紫外線対策は特に気を使いたいところです。

レチノールは高い抗酸化作用があるので、紫外線を浴びて発生する活性酸素を除去できます。紫外線は年間を通して降り注いでいて、室内にいても浴びてしまいます。完全にブロックするのは難しくても、レチノールに溶液を取り入れれば紫外線のダメージを軽減できます。

レチノール美容液を使うときのポイント

レチノール美容液をスキンケアに取り入れるにあたり、次の3つのポイントを知っておくと安心です。

紫外線ケアが必要

レチノール美容液は紫外線によるダメージを軽減する効果が期待できますが、肌のターンオーバーを促すことで、皮膚が薄くなるのは否めません。この状態で紫外線を浴びると、通常よりもダメージが大きくなってしまいます。

レチノール美容液を使用するときは、いつもより念入りな紫外線対策を心がけましょう。外出時は必ず日焼け止めを付けるようにしてください。うっかりすると、肌に想像以上のダメージを与えてしまいかねません。数値は高めがおすすめですが、紫外線吸着剤など肌に負担をかける成分を使用していない物を選ぶといいでしょう。

パッチテストをしてから使って

レチノールはビタミンAのことですが、人によっては肌に合わないことがあります。肌質による違いはあるものの、肌が弱い人は赤くなったりヒリヒリと痛みを感じることも。いきなり顔に塗ってしまうと、肌に合わなかったとき炎症を起こす可能性があります。

顔に使う前には必ずパッチテストをして、問題なく使えるかどうか確認をしましょう。パッチテストは、腕の内側など皮膚が柔らかいところに塗って、経過を見守るだけでOKです。24時間経過しても何も起きないなら、顔に使っても大丈夫でしょう。パッチテストで赤みやヒリヒリ感があるようなら、レチノールは刺激が強いので使用を控えましょう。

保存方法に注意

レチノールは酸化しやすいので、長期保存には不向きです。そのため使いきれるよう、少量しか入らない容器で販売されています。使用上の注意などもあるので、使う前は説明書を読み期限内に使い切るようにしてください。

レチノール美容液ここに気をつけて

レチノール美容液を使うと、肌の乾燥やピリピリ感、カサついてかゆみが出ることがあります。これはレチノイド反応といって、一種の副作用です。

肌が丈夫なら2週間ほどで症状は落ち着くので、そのまま使い続けても構いません。症状がひどくなるようなら、使用を中止して皮膚科に行くことをおすすめします。

レチノール美容液正しく使ってお肌のケアを

レチノール美容液には使い方にいくつか注意点があるものの、正しく使用すれば悩みを解消したり、これから先に起こるかも知れないトラブルを予防したりする効果が期待できます。シミやソバカスが気になる人、年齢サインの出始めた肌の人には特におすすめです。使用上の注意をよく守りケアを続けて、なりたい肌を目指してください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール