• HOME
  • 美しさ
  • 唇のケアに便利なリッププランパーとは|上手な使い方やおすすめ6選
美しさ

唇のケアに便利なリッププランパーとは|上手な使い方やおすすめ6選

魅力的な唇のためにおすすめなのがリッププランパーです。当記事では効果的な使い方や、リップクリームなどとの違いを説明しています。具体的な製品を例に、購入時のポイントもチェックできます。リッププランパーの特徴を知って、理想の唇を目指しましょう。

話題のリッププランパーを上手に使おう

さまざまな唇ケアやメイクアップ法がありますが、リッププランパーは手軽に使えるだけでなく、他にも多くのメリットがあります。唇をふっくらさせたり、1本でケアとメイクが完成したりなど。

上手に使えば、唇の悩みもなくせるかもしれません。そのような効果がある理由をはじめ、自身の用途にあった選び方も含めて確認していきましょう。

リッププランパーの効果

リッププランパーというのは、リップをプランプする(plump=膨らませる)もので、つまり「唇をふっくらさせる」ためのケアアイテムのことです。

メイクテクニックによって、視覚的に立体感を演出することと違い、保湿効果のある成分や、適度に刺激を与える成分が入っているので、唇そのものをふっくらさせる効果があります。その他の効果や成分は、製品によってさまざまですが、どれも塗るだけなので使い方は簡単です。

唇の縦じわを目立たなくする

リッププランパーの中には、他のメイクアイテムによりも保湿成分が含まれている製品も多くあり、塗るだけで乾燥を防ぐことができます。そのため、使い続けることで乾燥による縦じわが、目立たなくなります。

これだけでは、リップクリームなどと変わりがないように感じられるかもしれませんが、もう一つポイントがあります。

唇をふっくらさせる

リッププランパーが他のケアアイテムと大きく異なるのは、ハーブやカプサイシンなどの血行促進成分が含まれているということです。この成分が、適度な刺激を与えて唇をふっくらさせます。

「リッププランパーを使い続けていると、唇の潤い感が増した」という声がありますが、これは血行がよくなることで、唇に水分が集まりやすくなったためと考えられます。

おすすめのリッププランパー

カラー、価格、刺激の強さなどを細かく見ていくと、リッププランパーにも、実にさまざまなタイプの製品があります。まずは、代表的なブランドの製品をチェックしていきます。含まれる成分や、香りなども比較しつつ、アイテムごとのおすすめの使い方も確認してみましょう。

ディオールアディクト リップマキシマイザー

カプサイシンが含まれる「トウガラシ果実エキス」や、「ヒアルロン酸」、海洋性由来成分を含む「コラーゲン」などによるプランプ効果(=唇をふっくらさせる効果)が期待できるアイテムです。色味が強くないので、他のリップメイク製品と併用して使いやすいです。

メイクの前または就寝前に、15日間塗り続ける「集中ケア」としての使用も推奨されています。「他の製品には戻れない」「何本も愛用している」というユーザーも多い定番のアイテムです。

ミントとバニラのふんわりとした香りや、スース―とした使用感も人気の理由のようです。また、2019年1月にはグリッターが入ったホログラムカラー2色を含む新色が発売されます。

エトヴォス ミネラルリッププランパー

石けんとぬるま湯で落とせて、敏感肌の方にも優しいアイテムです。植物由来オイルをベースに作られており、唇をふっくらさせる成分として「アミノ酸誘導体」などが含まれています。そして界面活性剤・シリコン・鉱物油・タルク・ナノ粒子・タール系色素・合成香料・パラベン不使用の低刺激処方です。

カラーも豊富で、ベースとして使いやすい「ピンクオパール」から、1本のみで使える高発色の「イノセントローズ」など全9色あります。また、オレンジ製油のさわやかな香りも特徴。お肌や唇がデリケートなので、リッププランパー特有の刺激が気になって手を出しづらいという方は、この製品から試してみるのもおすすめです。

HI・MI・TU リッププランパー

「トウガラシエキス」や「セイヨウハッカ油」の刺激が、クセになると評判の国産製品です。他にも「ペプチド」をはじめとする唇に弾力を与える成分や、「ヒアルロン酸」などのハリを与える成分、植物由来の保湿成分11種類など、唇によい成分が豊富に含まれています。

クリアタイプの「101百合」とカラータイプ4色の全5色。カラータイプはしっかり発色するので、1本でリップメイクが完成します。「今まで淡めのカラーは発色感が得られなかった」という方にもおすすめです。

ミント系の香りとスースーとした感じが強いようですが、プランパー効果をしっかり実感したいという方には、とくに好評なアイテムです。

エスティローダー ピュアカラーエンヴィリップボリューマイザー

さほど強くないミント系の甘い香りと、刺激の少ないひんやりとした使い心地が支持されています。製品画像では濃いピンクに見えますが、これはチップ自体の色もあり、実際の発色は、ほんのりとしたピンクです。単体での使用では、健康的なナチュラルさを演出できます。

ブランドサイトによると、保湿力の高い「ヒアルロン酸ナトリウム」が時間差で放出されることにより、潤いが長持ちするとあります。
実際「付けた直後より、少し時間がたってから唇がふっくらしてきた」というユーザーの声もあるので、リップメイクのベースに使用すると、効果の持続感が期待できそうです。カプサイシン系の成分が入っていないので、特有の温感、ピリピリ感が苦手な方にもおすすめです。

ドラッグストアで買えるおすすめリッププランパー

ここでは、「とりあえず手軽にリッププランパーを試してみたい」という方にもおすすめな、ドラッグストアでも買える比較的安価なアイテム2点もチェックします。

ボリカ リッププランパー

唇のクリアバランスを整える「ラ・フローラEC-12」という乳酸菌や、「3Dヒアルロン酸」と呼ばれる成分により、唇をケアしてくれるアイテムです。リッププランパー特有のスースーとした使用感もあり、口コミによると、使い初めにほんのりリンゴの香りがするようです。

3種類あり、「UV+」は限定アイテムで、名前の通り紫外線から唇を守ってくれます。また「PINK RICH」はティントタイプになっており、唇の水分量によって色が変化します。好みの発色になったら、ティッシュオフして色を定着させることもできます。

キャンメイク ボリュームアップレディグロス

保湿成分83%以上、SPF15、PA++で、UVケアもできるアイテムです。トウガラシ果汁エキスなどによるプランプ効果も期待でき、香りはほぼありません。ベースやグロスとして、他の口紅などと併用する方が多いようです。

さらにスパチュラがプラスティック製でふき取りやすく、色移りを防げるので、日によってカラーを変える方でも使いやすいことが特徴です。また、「使用感がディオールのマキシマイザーに似ている」との評判もあり、お出かけにはディオール、普段使いにはキャンメイク、という使い分けもおすすめです。

リッププランパーの上手な使い方

これまでの説明の中で少し触れてきましたが、リッププランパーは主に4通りの使い方ができます。唇の状態やシーンに合わせて、使い方も変えてみましょう。

リップやグロスを塗る前に使う

リッププランパーを塗ってみると、すでにツヤ感があり、リップメイクのトップに使いたくなるかもしれませんが、プランプ効果をより実感できるのは、ベースに使用したときです。

これは、含まれる成分が直接唇に触れることで、縦じわやくすみを軽減していくためです。さらに、保湿成分との相乗効果で唇がなめらかになり、メイクがしやすくなります。

リップメイクのあとに使う

とくにツヤ感を出したいときには、仕上げに使うこともできます。リッププランパーの中でも、パールが配合されているものはハイライト効果があるので、視覚的な立体感も演出できます。

家を出るときはベースに使用し、メイク直しの際には、グロス代わりにという使い方もおすすめです。保湿しながら、メイク直しができることはうれしいですね。

リップやグロスの代わりに単独で使う

リッププランパーには美容成分配合されているので、なおかつ発色のよいものを選べば、1本でリップメイクが完成します。少しの外出時に時短メイクにもなり、オフィスメイクとしても使いやすいでしょう。

また、リップやグロスと、複数のアイテムを持ち歩かなくてもよくなるので、ポーチの中をすっきりさせることもできます。

就寝前に唇のケアとして使う

ケアとして、とくにおすすめなのが就寝前の使用です。リップパックがわりにリッププランパーを使うと、寝ている間に唇を潤してくれて、翌朝のメイク乗りもよくなります。

さらに無色タイプを選べば、寝具に色がつく心配もありません。サッと塗るだけで簡単ですし、ぜひ試してみてください。

リッププランパーを使いこなして理想の唇へ

自身の唇にピッタリの製品を見つけて、使い方を工夫すれば「リップメイクに時間がかかる」「仕上がりをよりよくしたい」「唇のボリュームが下がってきた」といったさまざまな悩みも、リッププランパーひとつで解決できるかもしれません。「いろいろなリップケアを試したけれど、どれもイマイチだった」という方もぜひ一度使ってみてください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール