ヘア・ネイル

セルフで簡単ジェルネイル。キットを使っておすすめおうちネイル

ジェルネイルはわざわざネイルサロンに行かなくても、ジェルネイルキットを使えば自宅で簡単にジェルネイルを楽しめます。ジェルネイルに必要な道具や、初心者でも分かりやすいジェルネイルの簡単なやり方、おすすめのジェルネイルキットを調べてみましょう。

セルフジェルネイルに必要なアイテムを解説

少し前まで、ネイルサロンでジェルネイルを施してもらうもの、と思われていた人も多いはずですが、今は簡単に自分でセルフジェルネイルが楽しむことができます。

ジェルネイルを自分で楽しむためには、ジェルネイル専用の道具を準備するだけ。ジェルネイルに必要なアイテムにはどんなものがあるのか、早速みてみましょう。

セルフジェルネイルに必要な道具

ジェルネイルは、ジェルネイルに必要な道具をしっかり揃えてから行わないと、爪が弱くなってしまったりカビが生えてしまったり、ネイルトラブルを起こす原因になる場合があります。

ジェルネイルを楽しむには、ジェルネイルに必要な道具をそろえてから行うことがポイントです。では、ジェルネイルには、どんな道具が必要になるのでしょう?ジェルネイルを楽しむためのアイテムを調べてみましょう。

爪を整えるためのアイテム

ジェルネイルをする前に、ベースとなる自爪を整える必要があります。自爪をちゃんと整えてからジェルネイルを行なう必要がある理由は、ジェルネイルが浮いたりすぐに剥がれてしまわないためのベースづくりになるからです。

エメリーボード

エメリーボードと呼ばれる爪やすりは、爪の形や爪の長さを整えるときに使用します。ブラックファイルとも呼ばれることもあります。爪に負担がかからないことや削っている感覚を捉えやすいように、薄く振動が良く伝わる形状になっています。

エメリーボードは、目の粗い物から細かい物までさまざまなタイプがありますが、目の粗い物は削りやすいメリットと爪に負担がかかりやすいデメリットがあり、目の細かなものは爪に負担はかからないメリットと、削るのに時間がかかるデメリットがあります。

バッファー・ファイル

バッファーは、スポンジファイルとも呼ばれるスポンジ状になっている爪やすりで、爪の表面の凹凸や整えるために使うこともありますが、ジェルネイルでの使用方法は、サンディングと呼ばれる爪表面に細かな傷を付けジェルネイルが爪に密着する効果のために使用します。

ファイルと呼ばれるバッファーのスポンジが無いタイプの爪やすりは、爪の端を部分などの細かな部分のサンディングに使用します。

バッファーやファイルで、サンディングを丁寧にすることがベース処理でとても肝心なポイントになります。サンディングが不十分だと、完成したジェルネイルがすぐに浮いて剥がれてしまう原因にもなります。

メタルプッシャー

金属製で爪のカーブに沿った平らな面のペン状の道具をメタルプッシャーといい、甘皮を処理するときに使用します。甘皮が付いたままジェルネイルすると、甘皮の部分からジェルネイルが浮きやすくなり、水などが入ることで、菌が発生する原因になる場合もあります。

ジェルネイルでは、メタルプッシャーはジェルをオフ(取り除く)時にも使用します。

消毒のためのエタノール

ジェルネイルは、爪に油分や水分が残っていると密着せず浮いてしまう原因になる場合があるので、施術前に消毒用のエタノールで指や爪の油分と水分を取り除く必要があります。

また、エタノールのもう1つの使用方法として、UVやLEDで硬化した時に未硬化として残っているジェルを取り除く場合や、ジェルが付いた筆やメタルプッシャーなどの器具の消毒としても利用します。エタノールで除菌することで、カビなどの細菌の繁殖を防ぐ効果があります。

ジェルを硬化するLEDライト

ジェルネイルを硬化させるために必要な、LEDライトやUVライトになります。LEDライトは、コスパ的にはあまり良くないデメリットはありますが、半永久的に球切れする心配が無く紫外線による心配もないことや、ジェルの硬化時間も早いなど多くのメリットがあるので、ネイルサロンでも主流となっているライトです。

UVライトは安価で販売されていることからコスパが良いというメリットはありますが、UVライトが球切れとなってしまったり、紫外線の爪や指への影響や、ジェルを硬化させるのに時間が多く必要となるデメリットがあることから、個人でも利用する人が少なくなっているライトです。

使用するジェルによっては、UV専用やLED専用、UVとLEDどちらでも硬化するものなど、硬化させるライトのタイプの指定があるものもあり、ジェルやライトの種類に注意が必要な場合もあります。

ジェルネイル用のブラシ

ジェルネイルを爪に塗る際に必要となる筆になります。ジェル用の筆は、一般的な絵画などで使用する筆と違い、筆の繊維がしっかりとして滑らかで粗くないので筋が付きにくいメリットがあるものが多いです。

ジェルはベタベタして塗りにくいので、爪に均等に塗ることができる平筆や、フレンチネイルなどが塗りやすい斜め筆、花や線などを書くために必要な細筆の3つのタイプの筆を持っていると、大概のデザインジェルネイルを仕上げることができます。

クリアジェルとカラージェル

クリアジェルは、ベースコートとしても飾りを付けた後のトップコートとしての利用ができる為、何本でも持っていたい定番ジェルとなります。

カラージェルは、色の付いたジェルで単色やグリッター入り、ラメ入りなど色とりどりのカラーやタイプがあります。ジェルには、ベタつきが硬めの重いタイプのものと、水っぽい軽いタイプの種類の違いのほか、マニキュアのようボトルに入ったタイプと蓋つきのコンテナに入ったタイプに分かれます。

オフする時に必要なアイテム

ジェルネイルを取ることを、「オフ」といいます。オフする際には、ファイル、リムーバーと呼ばれるジェルを溶かす溶液と、リムーバーを含ませるために必要なコットン、リムーバーを浸したコットンをネイルに固定するために必要なアルミホイルや、取りきれなかったジェルを落とす際に使用するメタルプッシャーが必要になります。

セルフジェルネイルのやり方

では、実際自分の爪に施術するセルフジェルネイルの方法を、順番にみてみましょう。1つ1つじっくりゆっくりやっていくことで、最後には素敵なキラキラジェルネイルが仕上がります。

まずは下準備を行う

まずは自爪の下準備を行いましょう。下準備はジェルの密着を高めるだけでなく、仕上がりの質を上げたり、ジェルネイルを長持ちさせるためにも、正しく行う必要があります。

まず、手を水で洗い汚れを落としたら、爪の形や長さをエメリーボードで仕上げていきます。爪の形には、スクエアやオーバルなど自分の爪の形に合った形に仕上げましょう。形や長さが整ったら、甘皮をメタルプッシャーで落とし、ファイルで表面に傷を付けるためにサンディングします。最後にエタノールで爪の油分や汚れを拭き取って、下処理完了です。

ベースジェルを塗る

爪のベースが仕上がったら、いよいよベースジェルを爪に塗っていきます。

爪の真ん中、根元から1ミリ程度ずらした辺りから真っすぐに平筆などで塗っていきます。角度を付けすぎると凸凹してしまうことがあるので、あまり角度を付けず指が動かないように固定した状態で塗ると塗りやすいです。爪の端になる、エッジと呼ばれる部分にもしっかり塗ることで剥がれにくくなります。

ベースジェルが塗れたらLEDライト硬化します。硬化時間はベースジェルにより違いがありますが、大体10秒~25秒程度になります。時間が分からない場合は、ベースジェルの本体に記載されているので、使用する前に調べておきましょう。

カラージェルを塗る

ベースジェルを硬化させたら、カラージェルを塗っていきます。ベースジェルと同じように真ん中根元から1ミリ程度ずらしたあたりから真っすぐ下に塗っていきます。マニキュアと違い、すぐに乾くことがないので焦らず、丁寧に塗っていきましょう。

塗る順番は、親指→硬化、親指以外→硬化という順番で、まず親指から塗って硬化させたら、他の指を塗って硬化させる順番が綺麗に硬化させるポイントになります。全ての爪を塗って硬化させたら、2度目のジェルを同じ順番で施術していきましょう。

カラージェルの硬化時間もジェルの種類別に本体に表示があるので、その硬化時間で行うことがポイントです。硬化しすぎるとくすんでしまう事もあるので注意しましょう。はみ出した場合は、硬化する前にウッドスティックや楊枝などで取っておくと良いでしょう。

トップジェルを塗る

最後の工程となる、トップジェルをカラージェルと同じように爪に塗り、硬化していきましょう。硬化後に、未硬化のジェルが残っている場合や、未硬化ジェルをふき取る必要があるジェルの場合は、エタノールをコットンやワイプと呼ばれるスポンジに浸し、未硬化ジェルをふき取りましょう。

未硬化ジェルは拭き取りが必要ないタイプのジェルも販売されているので、簡単に仕上げたいなら拭き取りが必要ないタイプがおすすめです。硬化時間が足りなかったり、硬化がうまくいかない場合にエタノールで未硬化ジェルを取ると、せっかくキラキラしたジェルがくすんでしまう場合もあるので注意しましょう。

ジェルをオフする

ジェルネイルをオフする方法は、自爪が傷つかない程度にジェルネイル事態にファイルなどで表面に傷を付けます。傷を付けることで、リムーバーが浸み込みやすくなる効果があります。

リムーバーをコットンに十分に浸し、ファイルしたジェルネイルを覆いアルミホイルでコットンがネイルに密着してずれないように固定て包みます。約10分~15分経過したら、アルミホイルとコットンを外し、ふやけているジェルをメタルプッシャーで取り除いていきます。

ふやけたジェルが取りにくい場合は、無理な力を加えず、もう一度コットンにリムーバーを浸しアルミホイルに包んでふやかしてから、再度取り除いていきましょう。無理にメタルプッシャーで取り除こうとすると、自爪にダメージを与えてしまう場合があるので、注意しましょう。

ジェルネイルキットの選び方

セルフネイルが手軽に行えるようになってきたので、ジェルネイルキットもさまざまな種類が販売されています。初めてジェルネイルを行う場合は、最低限の道具が揃っているジェルネイルキットがおすすめですが、どんなジェルネイルキットが良いのかジェルネイルキットの選び方を見てみましょう。

必要なものが含まれているかチェック

ジェルネイルキットの選び方のポイントは、セットされている内容をチェックしましょう。簡素なセット内容の物からプロ用の物まで、豊富な種類が販売されています。まず、最低限のアイテムが揃っている事がジェルネイル初心者のキット選び方のポイントです。

いきなり初心者でプロ仕様の物を購入することも良いですが、購入後に結局1度しかトライしなかったなどでは、宝の持ち腐れになる場合もあります。まずは、最低限必要な物が含まれるセットを購入し、慣れてきたら少しずつ道具を揃えていくことがおすすめです。

ジェルの質が高いものを選ぶ

セットされているジェルの質やタイプをチェックしましょう。激安セットの場合は、粗悪なものが入っている場合もあり、ジェルがなかなか固まらないなどの不具合がある場合もあります。

初心者におすすめは、ボトルタイプでマニキュアのようにジェルが塗れるタイプで、ノンサンディング、ノンワイプ(未硬化ジェルの拭き取り必要なし)の表示があるものだと、処理も簡単に行えるので初心者には簡単にジェルネイルが楽しめます。

UVライトよりLEDライトがおすすめ

UVライトとLEDライトどちらかがセットになっていますが、球切れすることもあるUVライトがセットされている場合はどちらかというと安価な場合が多く、半永久的に使用できるLEDライトがセットされている場合は高価になる傾向があります。

現在は、安価のUVライトがセットになっているよりも、LEDライトがセットされているタイプが主流となり、少し高価でも長持ちなのでおすすめとなっています。

おすすめのセルフジェルネイルキット

初心者でも使用しやすく、最低限のアイテムとなる道具が揃っていて、ジェルなどの品質の良いセルフジェルネイルセットをご紹介しましょう。

理想のうるツヤ仕上がりJelly Nail ジェルネイルキット ベーシック

発色抜群のJelly Nailのベーシックセットは、初心者でも扱いやすいノンワイプ(未硬化ジェル拭き取り無用)で、ノンサンディング(爪をサンディングする必要なし)で簡単に仕上がります。発色抜群のカラージェルは、お好きなカラーを54種類の中から3つ選ぶことができます。

初めてでも分かりやすいHOW TOブックも付いているので安心です。LEDライトで硬化時間も短く、爪にもダメージを与えることなく、安全な初心者向けジェルネイルセットです。

【参考:https://www.jellynail.net/product/gelnailkit/

長さ出ししたい人におすすめNaturalTrend ジェルネイル スターターキット

ジェルネイルに必要なものが全て入った、コンプリートセットと呼んでもいいジェルネールスターターキットです。ネイルシールやガラスストーン、スタッズなどデザインを楽しむだけでなく、ネイルフォームが付いているので、ネイルの長さを楽しみたい人にもぴったりのセットです。

7種類のアートブラシやファイル、キューティクルプッシャー、ウッドスティックなどジェルネイルには欠かせない定番アイテムが多数セットになっています。カラージェルも10色同包されているので、色々なカラーやデザインで楽しむことができる、おすすめのセットです。

ハイクオリティのネイルが楽しめるワールドビューティワークス シャイニージェル スターターキット

シャイニージェルはネイルサロンでも使用される人気のジェルブランドです。

発色の良さ、塗りやすさのシャイニープロフェッショナルカラージェルの定番3色カラーがセットされ、ノンサンディングでもジェルの定着が良く、驚くほどオフも簡単になるスーパーベースと、ジェルの持ちもアップするスーパートップも同包されている人気のジェルネイルスターターキットです。

安心の国産品質ノーヴプロ ジェルネイルスターターキット

ノーブプロのジェルは、安心な国産品質なので発色も良く安心して使用できることから、ネイルサロンなどでも使用される人気のジェルです。ジェルネイルスターターキットは、ジェルネイル~ジェルオフまですべての工程が、このキットで行うことができる充実セットです。

手を入れるだけで自動点灯のLEDライトや、ノーブのベースとトップコート、カラージェルは良く使うカラーの5色と、スタッフおすすめカラー2色の7色入りになります。初心者でも分かりやすい「ジェルネイル解説し書」付きで、アートパーツのパールストーンやスタッズ、ブリオン、ラインストーンなど64種類が付属され、人気のボヘミアンデザインや清楚なパールデザインもすぐに楽しむことができます。

マニキュア感覚で塗れる ソルースジェル ジェルネイルキットNew Basic

初心者でも、到着したその日から「おうちネイル」が実現できるジェルネイルキットです。ボトルタイプのポリッシュ型ジェルネイルカラーとベースコート、トップコートなので、筆を使わずマニキュア感覚でジェルネイルが出来上がります。

日本人の肌に合わせやすいカラー3色のジェルと、シルバーグリッター、ゴールドグリッター、スワロ社製ストーンもセットされているので、デザインアートも楽しめます。軽量なLEDライトは、硬化時間の目安になるタイマー付きで便利です。

シンプルさが魅力 グランジェ ジェルポリッシュセット

グランジェのジェルポリッシュセットは、手間や時間スペースを削減したジェルネイルがもっと身近に感じるシンプルキットです。ノンサンディング、ノンワイプなので爪の負担も気になりません。

好きな3種類のカラージェルが選べるほか、コスメポーチに入れて持ち運べるコンパクトなペン型LEDライトが、使用しやすくとても便利で個性的です。ノンサンディングなのに2週間以上と持ちが良く、剥がれにくいジェルや、グランジェの最大の特徴となるツヤは、オフまで持続する魅力的なジェルネイルセットです。

【参考:http://www.granje.info/products/detail.php?product_id=126

セルフジェルネイルに挑戦しよう

ジェルネイルは難しいと思っている方も少なくないでしょう。マニキュアができる方なら誰でもマニキュアより簡単にジェルネイルが自宅でできます。

ジェルネイルの良いところは、マニキュアのように乾かす時間が必要ないこと、キラメキが長続きすること、爪先のネイルが剥がれたり削れることが少ないことです。1度自分でジェルネイルを試してみると、あまりの簡単さにビックリしてしまいます。

この夏の手先や足先のお洒落は、簡単長持ちキラキラ持続のセルフジェルネイルにしましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール