ヘア・ネイル

シャンプーでさらさらな髪へ。選び方のポイントやおすすめ8選

「綺麗でさらさらな髪をキープできるシャンプーが知りたい」という人は多いはず。しかし、シャンプーの種類は豊富にあるため、どれを選んでいいのか困ってしまいます。シャンプー選びのポイントを知り、誰もが憧れるさらさらで美しい髪を保ちましょう。

シャンプーは種類がありすぎて迷ってしまう

シャンプーは種類が数多くあり、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。CMでさらさらになると宣伝していたから買ってみたけど、その効果が得られないという経験をした人もいるでしょう。

シャンプーを選ぶコツは、含まれている成分を知ることが重要です。また、髪に負担をかけない洗い方をする必要があります。本記事を参考にして選び方を学び、さらさらで健やかな髪を維持しましょう。

髪がさらさらになるシャンプーの選び方

髪がさらさらになるシャンプーの選び方のポイントは主に3つ。通販やドラッグストアなどで選ぶときは、これらポイントをふまえて購入するようにしましょう。

アミノ酸系洗浄成分配合のものを選ぶ

シャンプーは主に、水分と界面活性剤で作られています。特に洗浄力を作用するものが界面活性剤で、これがアミノ酸系だと髪にあまり刺激を与えません。

しかも弱酸性のため、パーマやカラーリングでアルカリ性に偏りがちな髪のキューティクルを閉じ、髪のパサつきを防ぎます

また、化粧水などによく含まれているコラーゲンはアミノ酸が集まってできたものなので、髪に弾力を与える効果が期待できます。

ノンシリコンタイプのものを選ぶ

通常のシャンプーには「シリコン」という、人工の油分が含まれています。これはツヤのあるしっとりとまとまりのある髪に仕上げてくれるのですが、毛穴や髪に残留するため、頭皮トラブル原因になるといわれているのです。

シリコンが含まれていない「ノンシリコンシャンプー」は、天然由来の植物油が含まれており、頭皮トラブルが起きにくいというメリットがあります。

さらに、髪にふんわりとしたボリュームを与えたり、髪の毛の色の発色をよくしてくれる効果も期待できます。

天然保湿成分がはいっているものを選ぶ

シリコンはもともと、髪をコーティングしたり、しっとりさせたりとケアするための成分です。ノンシリコンシャンプーは、シリコンが取りのぞかれているため、コーティング力や保湿力が弱まります。

すると頭皮が乾燥しやすくなるため、フケやかゆみの原因になってしまうのです。そのため、植物成分や精油などの天然の保湿成分がしっかりと含まれている、ノンシリコンシャンプーを選ぶようにしましょう

髪がさらさらになるシャンプーを紹介

一度は使ってみたいサロンシャンプーと、購入しやすい市販のシャンプーのおすすめを各4つピックアップしました。それぞれアミノ酸系洗浄成分が配合されていて、ノンシリコンタイプのものです。自分に合ったものを選んで、サラサラの髪に仕上げましょう。

一度は使ってみたいサロンシャンプー

haru kurokamiスカルプ

頭皮を優しく洗い、たっぷり保湿する、3種類のココナッツ由来アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーです。頭皮に付着したさまざまな汚れを、毛穴からしっかりと取り除いてくれます。

さらに、マイクロカプセル化したアミノ酸が、頭皮の角層に浸透したっぷりと保湿して潤いキープ。また、頭皮サイクルに働きかける黄金処方の8種類の成分が、しっかりと芯から丈夫で美しい髪をサポートします。

 haru公式サイトで詳細を見る

ハーブガーデン ハーブガーデンシャンプー

天然成分100%使用で、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーです。南阿蘇酸オーガニックハーブウォーターや、エコサート認定オーガニック成分、38種類の植物成分が配合されており、髪本来の美しさを引き出します。

合成香料、着色料、保存料、石油系界面活性剤が使われていないため、通常のシャンプーよりも頭皮への刺激が少ないです。

 【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー

ティエラコスメティクス 守り髪シャンプー

髪の毛のハリやツヤ、コシを高めてくれるシャンプーです。アミノ酸保湿成分やアルガンオイル、ナノリペアーCMC・ELntoittaの4つの成分が、傷んでしまった髪を集中補修し、本来の美髪の状態へと導きます。また、ヒアロベールやシアバター、加水分解シルクがあらゆるダメージから守り、髪の元気をキープします。

 思わずさわりたくなる、つややかな髪を実現!美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

mogans ノンシリコンアミノ酸シャンプー

頭皮の環境を健康に保ち、髪の毛の成長を助けてくれる、天然甘草由来グリチルリチン酸2Kがたっぷりと配合されているシャンプーです。15種類の植物性アミノ酸成分も配合されており、地肌をいたわりながら頭皮の力を最大限に引き出します。また、天然精油の香りが心身にリフレッシュ感をもたらし、深い安らぎへといざないます。

 mogans公式ページを見る

買いやすい市販のシャンプー

ボタニスト ボタニカルシャンプー《スムース》

二とにも地球にも優しい、こだわりの植物由来成分が配合されているシャンプーです。優しい泡が髪に弾力やコシを与えて軽やかに洗い上げ、植物の恵みにより、髪本来の美しさをキープします。すっきりとしたグリーンアップルの香りと華やかなローズの香りが全身に広がり、気持ちに張りが生まれます。

ディアボーテHIMAWARI オイルインシャンプー《リッチ&リペア》

プレミアムヒマワリオイルEXや、4種類のアミノ酸系洗浄成分が配合されている、ノンシリコン処方のシャンプーです。髪のボリュームを抑えて、まとまりのよい髪へと導きます。さらに、ハチミツ&コーティングオイル配合処方の作用によりうねり抑制を強化し、ダメージセンサー機能によりさらっと弾む仕上がりになります。

アンファー スカルプD ボーテ ナチュラスタースカルプシャンプー

スカルプDボーテ ナチュラスター シャンプー

スカルプDボーテ ナチュラスター シャンプー

1,950円(09/30 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

カミツレエキスやローズマリーエキス、ビルベリー葉エキスなどの天然由来成分が、90%以上配合されているシャンプーです。これら成分がきまぐれ頭皮をいたわりながら、毛穴汚れやベタつきをすっきり落として清潔に保ちます。
さらに、ノンシリコン、合成着色料フリー、鉱物油フリー、パラペンフリー、サルフェートフリーの5つの無添加処方で、頭皮に刺激をあまり与えません。

カウブランド 無添加シャンプー さらさら

天然由来アミノ酸系洗浄成分や、天然由来コンディショニング成分が配合されている、ノンシリコン処方のシャンプーです。すっきりとした洗い上がりで、根元から軽やかで指通りがさらさらな髪に仕上がります。感肌の人でも使用できるように、香料や着色料、防腐剤、アルコール、品質安定剤が使用されていません。

さらさら髪をつくる上手なシャンプーの仕方

シャンプーはヘアケアの基本で、さらさらな髪をつくるために重要です。正しいシャンプーの仕方を知って、理想の髪質に仕上げましょう。

シャンプー前にブラッシングをする

シャンプーを行う前は、準備段階も重要なポイント。事前にブラッシングすることで、ほこりや古くなった角質を落して、頭皮の血行が促進されます。血液の流れが良くなることで、シャンプー時にきちんと汚れを落すことができるのです。ちなみに、シャンプー前にブラッシングを習慣にすると、フェイスラインが引き締まる効果も得られるといわれています。

 ヘアブラシのおすすめとは?選び方や正しいブラッシング方法を解説

マッサージするように優しく洗う

シャンプーは頭皮から分泌された老廃物を、洗い落とすことが目的です。指の腹を使って優しくマッサージするように洗うことで、頭皮の環境が清潔に保たれるため、健康な髪が育ちます。ゴシゴシ洗うと皮脂汚れがスッキリと落しきれないので、頭皮をギュッとつまみながら皮脂汚れを押し出すようにして洗うようにしてください。また、髪の毛は泡でなでるように優しく洗いましょう。

時間をかけてよくすすぐ

シャンプーはしっかりとすすいで、汚れを落すことが重要です。頭皮の汚れをしっかり落とせても、頭皮や髪に残った状態だと、頭皮トラブルの原因につながります。そのため、シャンプーが残らないように、すすぎはきちんと丁寧に行いましょう。特に、顔周りや耳の裏、襟足は流し残しやすいため、忘れないようにシャワーで十分にすすいでください。

自分にあったシャンプーを見つけてサラサラ髪にしよう

髪をさらさらにするためには、シャンプーの選び方が重要です。アミノ酸系洗浄成分やノンシリコンタイプ、天然の保湿成分が配合されているものを、選ぶようにすることがおすすめです。

また、それを使って正しくシャンプーすることで、頭皮の健康を守り髪の毛が美しく仕上がります。自分に合ったシャンプーを見つけて、さらさら髪を手に入れましょう。

 おすすめのトリートメントとは?理想的な髪に近づくための使用法

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール