• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 女性におすすめの転職エージェント選び方と注意点をおさえよう
転職

女性におすすめの転職エージェント選び方と注意点をおさえよう

「自分に合った転職エージェントが見つからない」という人は多いはず。女性特有の気持ちや事情があるため、これらを理解してくれるエージェントを選ぶことが重要です。女性におすすめの転職エージェントを利用して、転職をスムーズに進めましょう。

女性におすすめの転職エージェントとは?

女性のキャリアは結婚や出産、育児などといった、経験した人にしかわからないことが多くあります。そのため、女性の気持ちを理解し、適切な求人を紹介してもらうことが重要です。

女性におすすめの転職エージェントは、女性の気持ちや結婚などのライフイベントなどを、理解して運営しています。本記事では、女性にオススメの転職エージェントや選び方など、転職に役立つ情報を記載していますので、ぜひ参考にしてください。

女性におすすめの転職エージェント

女性にとくにおすすめしたい転職エージェントは下記の3つ。自分に合った転職エージェントを見つけて、利用してみてください。

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」は、“女性の新しいキャリアを提案する転職サービス”をコンセプトに、社会で活躍したい女性をサポートしている転職エージェントです。

職種別に専門キャリアアドバイザーが在籍し、求職者の相談に親身に乗りつつ、最適な求人を紹介してくれます。さらに相談だけでなく、企業への応募手続き・選考日程の調整・書類添削・面接対策なども行っており、転職に不安な人も安心して頼れます。

type女性の転職エージェント詳細はコチラ

「女の転職@type」との違い

「type女性の転職エージェント」を運営している株式会社キャリアデザインセンターは、「女の転職@type」という転職サイトも展開しています。この違いは、キャリアアドバイザーがつくのか、つかないかという点です。

「女の転職@type」は、自分のペースで自由に求人情報を検索できますが、公開されている求人情報が少ないというデメリットがあります。一方、「type女性の転職エージェント」は、キャリアアドバイザーが情報収集をし、求職者に合った求人情報を提供してくれます。

【参照URL:https://woman-type.jp/

パソナキャリア

女性求職者からの評判が非常に高い、総合転職エージェントの「パソナキャリア」。大手の中でも、キャリアコンサルタントが親身に対応し、サポートしてくれます。

リクルートに次いで、規模の大きい転職エージェントで、企業とのつながりや案件数など、信頼できる実績を持ち、とても幅広い案件を紹介してもらえます。また、社内外で女性の活躍推進を掲げており、女性がエージェントを利用しやすい環境が、整えられていることが利点です。

パソナキャリア詳細はコチラ

【参照URL:https://www.pasonacareer.jp/

リブズキャリア

仕事もプライベートも充実させたい女性に向けた、転職エージェントの「リブズキャリア」。対象求職者は、過去の年収が、400万円以上に到達している女性を限定としており、高収入案件が多いことが特徴です。大手企業や中小企業の管理職案件が豊富で、長期間働き続けることも可能。

さらに、数年でキャリアを積むために、転職することもできるとされています。また、女性活躍プロジェクトに関わる、200社以上の企業と提携を結んでいます。その中には、「日本アイ・ビー・エム」や「リクルートグループ各社」などの一流企業の名が連ねていて、これら企業の非公開案件に出会える可能性があります。

【参照URL:https://libinc.jp/

女性限定ではないが幅広い求人を持つ転職エージェント

女性限定ではありませんが、幅広い求人を持つ転職エージェント3つピックアップしました。女性限定の転職エージェントサイトで、自分に合うものがない場合や、視野を広げたいときなどに参考にしてください。

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒No.1のメディアである「マイナビ」が運営している転職エージェントです。各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが、これまで培ってきたノウハウをもとに、求職者を専任体制でサポートしてくれます。

新卒採用で、ほぼ全ての人気企業が「マイナビ」を利用している背景から、20代や第二新卒の転職に関して、実績を急速に拡大。マイナビエージェントでしか募集を行っていない、大手人気企業も多数存在しているとされています。30代の転職などには、まだ強いとは言えませんが、20代の転職であれば、とても頼りになる存在となるでしょう。

Woman will

【参照URL:https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、転職成功実績No.1の「リクルート」が運営している転職エージェントです。キャリアアドバイザーが求職者の強みを分析し、最適なプランを考えて、転職を成功へと導いてくれます。

求人が豊富で、一通りの転職支援サービスが受けられるので「転職エージェントは数が多すぎてどこがいいのかわからない」「選ぶのに手間がかかる」という人におすすめです。

ただし、利用している人が多いため、サポートに時間をかけてもらえない場合も。また、在籍しているエージェント数も多いので、質にバラつきができ、納得いくサポートが受けられない可能性もあります。

リクルートエージェント

【参照URL:https://www.r-agent.com/

DODA

転職支援や人材派遣などを手掛ける、総合人材サービス会社「パーソナルキャリア」が運営している転職エージェントの「DODA」。当たり外れが少なく「さまざまなアドバイザーからの意見を聞いて、慎重に転職したい」という人や、時間に余裕がある全ての人におすすめです。

女性のキャリアを専門にしている、キャリアアドバイザーが在籍しており、パソナキャリアと同様に、女性のサポートに関して高い評価を得ています。また、支援の一部として、女性の転職に必要な情報を提供する、イベントを随時開催しています。

転職ならdodaエージェントサービス

【参照URL:https://doda.jp/

女性の転職エージェントの選択の仕方

女性の転職に強いエージェントを探す際は、次の3つの観点で探すことをおすすめします。それぞれのポイントをしっかりとチェックして、自分に合った転職エージェントを探しましょう。

結婚や出産を経験したスタッフはいるか

20~30代の人が転職を考える際には、女性特有のライフイベントである「結婚」や「出産」など、キャリア中断を見越したうえで検討することが多いです。このとき、結婚や出産を経験した同性のアドバイザーがいると、先々の働き方が相談できるため、安心して転職を進められます。

最近はホームページに、コンサルタントのプロフィールを掲載しているエージェントも増えているので、事前にチェックしてみてください。

女性の転職ならではのコンテンツは充実しているか

女性の転職ならではのコンテンツが充実していると、女性の転職に力を入れているといえます。面接時のファッションや、ヘアスタイルなどのアドバイスなど、インタビュー記事やコラム記事が豊富に掲載されている転職エージェントを探すとよいでしょう。

女性に向けた絞り込み検索が用意されているか

「産休・育休取得実績あり」や「育児・託児支援制度」など、女性に向けた絞り込み検索が用意されている転職エージェントは、女性を求めている企業の求人を、多数持っていることになります。絞り込み検索は、登録前にも利用できるので、検索をかけて確認することをオススメします。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際の注意点はいくつかあるのですが、その中でも注意したいことを3つ挙げました。トラブルなく利用するためにも、しっかりとチェックしましょう。

Vokersを使って企業の情報を知る

「産休・育休の取得率・復帰率」や「女性の活躍した例」など、転職エージェントの求人情報で掲載されているケースの中には、よい部分だけを取り上げている可能性があります。そのため、サイトの情報をそのまま鵜呑みにするべきではありません。

「Vokers」という、社員口コミ・求人情報サイトでは、実際働いた経験に基づく「社員や元社員の声」を共有しています。まずは「Vokers」で企業の情報の裏を取り、トラブルを避けるようにしましょう。

担当のスタッフが合わない場合は変更してもらう

担当スタッフが合わない場合は、変更してもらうことをオススメします。性格が合わなかったり、知識に不満があったりする場合があります。

そこで我慢をして関係を築こうとしても、転職が思うように進みません。申し訳なく思うかもしれませんが、担当の変更はさほど大した問題ではないので、合わないと感じたら変更をお願いしましょう。

同じ応募先に別のエージェントから応募しない

複数の転職エージェントサイトを利用している場合は、同じ応募先には、別のエージェントから応募しないようにしてください。企業から「他の転職サイトからも応募がある」と、担当に連絡が行ってしまい、企業とエージェントの双方に不信感を与えます。

場合によっては破談して、「再度応募が行えない」「登録したエージェントから案件を紹介してもらえない」など、転職しづらくなってしまうので、注意が必要です。

年代別の女性の転職の特徴

女性の転職は、年代別で特徴が変わります。20代は結婚や出産など、途中で仕事を中断することを、見越した転職が目立つ層です。事務職など、仕事を再開しやすい職種の求人が豊富にある転職エージェントを選ぶことが、指標の一つになります。

30代は20代と比較すると、実績やスキル、人間性が重要とされ、これらが足りないと、応募してもすぐに切り捨てられてしまう可能性が高いです。

転職エージェントは、企業と求職者をマッチングするプロなため、要望を聞きながら、あなたに合う求人を探し紹介してくれます。30代の人がエージェントを選ぶ際には、サポートの手厚さを基準にするとよいでしょう。

転職エージェントと面談する際の服装にも気を付けよう

転職エージェントと面談を行う際には、服装にも気をつける必要があります。服装は自由とされているのですが、エージェントとは信頼関係を築く必要があります。

印象を悪くしないためにも、身なりはしっかりと整えなければなりません。そのため、清潔感を保つようにし、きっちりめの服装を着用するようにしましょう。

転職エージェントを活用して希望の企業へ転職しよう

転職エージェントに頼むことで、転職がスムーズに進みやすくなります。とくに女性の場合は、女性の転職に強いエージェントに依頼することで、将来的にも安心できる仕事につきやすくなります。

しかし、エージェントの選び方や利用の仕方を間違えると、転職が遅くなるため注意が必要です。うまく転職エージェントを活用して、希望の企業へ転職しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール