• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 「転職エージェントとの面談に備えよう」 希望の職に就くために
転職

「転職エージェントとの面談に備えよう」 希望の職に就くために

転職を決断するのは容易なことではありません。せっかくなら次は自分の希望条件がそろった仕事がしたいはずです。そこで重要なのは転職エージェントとの面談です。どんなことに気を付けて面談にのぞむべきか、事前におさえておきましょう。

転職エージェントの面談の内容を知りたい人へ

転職先を決める手助けをしてくれる「転職エージェント」はたくさんありますが、どのエージェントにも共通する最初のステップは、転職希望者との面談です。

「面談」と聞くと、とても堅苦しいものに感じますが、転職エージェントの面談は、企業との直接面談とは違った内容になっています。

ではいったい、どのような内容なのかを解説していきたいと思います。事前に把握して、面談に備えましょう。

転職エージェントの面談の目的とは

転職エージェントとの面談の目的は、転職希望者が次の職場にどのようなことを望んでいるのか、働くうえで重要視していることは何かを知るためです。さらに、転職希望者の人柄を知ることも目的の一つになります。

いくつかの転職エージェントは、直接面談がないWeb登録のみの場合もあります。しかし、希望通りの職場を探したいのであれば、できるだけ面談がある転職エージェントを選ぶようにしましょう。

また、面談は自分の経歴を、直接アピールできる場でもあります。転職エージェントはその情報をもとに、最適な職場を紹介してくれます。

自分を客観的に見つめなおす

面談の担当者と話すことは、自分自身を見つめなおす機会にもなります。企業との直接面談ではないので、気兼ねなく次の仕事に求める条件や、本当にやりたいことなどを相談できます。

面談の中では、簡単なスキルチェックテストを行うエージェントもあるので、パソコンの入力スピードなど、今の自分のスキルを再確認することもできます。

その結果をもとに、転職前に資格取得を目指す人もいるので、自分自身のキャリアアップにもつなげられます。面談担当者とのコミュニケーションは、失敗しない転職への第一歩と考えましょう。

理想の転職先を見つける

エージェントとしても、転職希望者の人となりを直接みることで、紹介先を判断しやすくなります。

また、希望条件が合えば、その場で募集中の仕事を紹介してくれるケースもあります。転職エージェントは、いくつもの企業情報を持っているので、前職ではかなわなかった希望条件などを、きちんと伝えるようにしましょう。

ただし、必ずしもすべての希望条件がそろった仕事を、すぐに紹介してもらえるわけではありません。そのため、すぐに転職したいのか、ゆっくり時間をかけて理想の転職先があるまで待つのかを、決めておくことも重要です。

すぐに転職を目指す場合は、希望条件の優先順位を決めておくとよいでしょう。

転職エージェントの面談に必要なもの

転職エージェントの面談には、いったい何が必要なのか悩むところです。何度も面談をする方もいますが、基本的には、初回の面談で希望条件を伝えて、あとは仕事の紹介を待ちます。

スムーズに面談を進めるためにも、自分の経歴をしっかりと把握しておくことが大切です。

さらにエージェントは、転職希望者のためにたくさんの情報やアドバイスをくれるので、面談後に検討するためにも、筆記用具は忘れてはなりません。ほかにも、面談の際の服装なども気になるかと思いますので、詳しくみていきましょう。

履歴書と職務経歴書

ほとんどの転職エージェントは、あらかじめウェブサイトで、経歴や職歴を入力してから面談をする流れになります。もし事前登録がない場合は、履歴書や職務履歴書を、事前にエージェントへ送付しておくとよいでしょう。

エージェントが先に履歴書を把握できると、初回の面談から仕事の紹介をしてもらえるなどのメリットがあります。

メモができる筆記用具

転職エージェントの面談では、メモ帳とペンは必須です。たいていのエージェントには、ペンやメモ帳はおいてありますが、すぐにメモできる紙やペンを持ち歩くことは、仕事をするうえでも必要になることです。

したがって、この2点は普段から持つように心がけましょう。紹介された職場の情報をメモしておいて、面談後に検討するためにも、筆記用具は必須アイテムになります。

服装は基本自由

特に指定がない限りは、面談時は私服でも大丈夫です。ただし、カジュアルすぎる服装は、面談にはふさわしくないので注意しましょう。エージェントは、面談での印象で転職希望者の人柄を判断し、転職先を紹介しなければなりません。

服装は印象を決める重要なポイントになるため、第一印象だけで紹介先が減らないように、面談にふさわしい落ち着いた色合いの服装を心がけることが大切です。ジャケットを羽織ると、なおよいでしょう。

A4サイズが入れられるカバン

面談の際のカバンは、服装に合ったものがおすすめです。初めての面談のときには、帰り際に紹介された仕事先の情報が記載された書類や、エージェントからの資料を渡されることもあります。

したがって、そのような書類が入るようなサイズのカバンを選ぶとよいでしょう。

転職エージェントの面談内容

転職希望者の希望に合った仕事を紹介するために、エージェントはできるだけ、いろいろな情報を知りたいと思っています。

転職希望者の人柄や、どのような経歴があるかを知ることは、仕事をマッチングするうえで重要なポイントになります。

また希望の職種や条件を、面接前にクリアにしておくことも大切です。失敗しない転職先探しをするためにも、エージェントからのアドバイスはかかせない要素になるので、必ずメモしておくようにしましょう。

自己紹介と経歴の確認

面接では、まず自己紹介と経歴の確認をします。自己紹介は、転職エージェントが転職希望者と紹介先の職場の雰囲気を、マッチングするための重要ポイントになります。

したがって、あらかじめ自己紹介の内容などは考えておきましょう。エージェントとコミュニケーションをとるだけでも、どのような人柄かがわかるので、たくさん話すとよいかもしれません。

また、経歴は偽りなく正直に伝えるようにしましょう。職歴の数が多い方は、近々の職業をいくつか選んでもかまいません。または、希望する職種に関連する前職を、ピックアップするのもよいでしょう。

転職先の希望や条件を伝える

エージェントから転職先の希望や条件を聞かれるので、できるだけ具体的に希望を伝えられるようにしておきましょう

また、希望条件の優先順位を決めておくことも大切です。特に、希望条件としてよくあげられるのは、給料、通勤時間、就業日数や時間です。さらにあげられる条件としては、大手企業、中小企業、またはベンチャー企業などがあります。

希望する職種によっては、エージェントから細かい希望をヒアリングしてくれるところもあります。前職ではかなわなかった就業条件などを、伝えるようにしてください。

アドバイスをもらう

転職エージェントは、失敗しない転職をするために力を貸してくれます。わからないことや疑問は、その場で質問して解消しておくようにしましょう。

入職してから「こんなはずではなかった」とならないためにも、職場の雰囲気や働いている人の年代など、自分に合うかどうかの判断材料になることは聞くようにしましょう。

また転職エージェントは、スキルアップのためのアドバイスもしてくれます。いくつかの転職エージェントでは、コンピュータースキルをあげるための講座などを、無料で実施しているところもあるので、活用するようにしましょう。

転職エージェントとの面接のあとは、いよいよ企業との面接になります。企業面接に不安を感じる人は、希望すれば模擬面接をしてくれる場合もあるので、エージェントに確認してみてください。

転職エージェントの面談で転職は有利になる

転職は、人生の大きな決断でもあり、転機でもあります。失敗しないためにも、慎重に探したいという方がほとんどだと思います。

よって、できるだけ転職サポートのプロである「転職エージェント」を活用するようにしましょう。

転職エージェントと面談することで、自分自身を見つめなおすこともできますし、短期間で希望にあった転職先をみつけられます。この面談のチャンスを、できるだけ有効に使って、失敗しない転職を実現してください。

転職エージェントを比較。自分に合った強みを持つところへ登録しよう

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール