• HOME
  • ココロ
  • 独身
  • 孤独と引きかえに自由を選ぶ。結婚しないメリットを考えてみました
【特集】自立する女性のそれぞれの形

孤独と引きかえに自由を選ぶ。結婚しないメリットを考えてみました

結婚しないことは孤独で寂しい面もあるかもしれないけれど、それ以上に良いこともあるはず。結婚しないことで得られるメリットを考えてみました。どんな生き方をしたいのか?自分に合った生き方ってどんな人生か?考えるきっかけにしてみてください。

結婚しないメリットを考える

結婚して、出産をする。
それが女性の自立や幸せとイコールとは限りません。

結婚に向いていない人もいれば、夫婦生活以上に人生をかけてやりたいことがある人だって、なかにはいます。

ただ通常の道とは違うレールを歩き続けるのは、大変なこと。今回は、結婚しないメリットを考えてみました。

趣味が仕事になる

結婚しない最大のメリットは、自由な時間を手にすることです。

夫や子どもがいれば、自分の好きなタイミングではでかけられず、いちいちお伺いを立てなければいけません。一つの拠点をもつというのもメリットとデメリットの両方があるのです。

自由な時間をすべて、趣味に費やしたら……。おそらく趣味の領域を超えて、本業になる人もいるでしょう。最初のうちは趣味として楽しんでいたはずのヨガがライフワークとなり、天職へと変わっている人もいます。

趣味が仕事になれば、人生が楽しくなるのは当然です。しかも経済的な力も身について、ひとりでいる意味がでてきます。

多拠点生活を送れる

最近では「旅するように暮らす」というキャッチコピーをよく目にするようになりました。

本当は実践してみたいけど、憧れだけで終わっている人が、ほとんどではないでしょうか。

ひとりの人生を選べば、実現しやすくなります。守るべき拠点がない分、どこで何をしようと自由です。

もともと実家から独立していれば、両親から文句を言われる筋合いもありません。

海外で暮らそうと、田舎で暮らそうと、それは本人の自由。自宅でもできる仕事に切り替えれば「旅するように暮らす」あるいは「暮らすように旅をする」が、明日からでもスタートさせられるのです。

夫と二人きりならともかく、お子さんがいる場合、どうしても多拠点生活を実現するのは、しばらく先になります。これからの人生の中で「自由度」を優先させたいなら、あえてひとりの道を選ぶのもありです。

お金を自己投資にかけられる

結婚しないメリットとしては、自己投資額が増えるというのも考えられます。「家庭」がない分、維持するのに必要なお金のほとんどを自分への投資として費やせます。

仕事のためにとたくさんの書籍を買っても、本人さえ納得していればOK。仕事上、美容のメンテナンスも必要なら、エステやネイルも投資のうちの一つです。もしかしたら、夫がいると、そこまで自由にお金をつかえないかもしれません。

ましてやお子さんがいるとなったら、何より優先すべきはお子さんの成長です。結婚しない人生は、不安や孤独とも向き合うことにもなります。周りがママ生活を楽しんでいても「自分は、この道を選ぶ」という覚悟が早い段階から必要に。

ただ覚悟を決めれば、自由にお金を投資できるというメリットも、ついてくるのです。

フットワークが軽くなり「活きる人脈」を構築できる

人脈は、仕事に活かすためや人生を豊かするためにあるものです。

人生のステージを上に上げてくれる人たちとの出会いがあるからこそ、人脈をつくって正解なのです。

お互いの悪口を陰で言ったり、それぞれの家庭事情に首を突っ込んだりと、時間を無駄遣いするような人たちといても、人生の質は上がらないかもしれません。

結婚しない道を選べば、まずフットワークが軽くなり、人脈が作りやすい環境が作れます。

仕事関係者と少し打ち合わせがしたい、あるいは情報交換をしたいとなったとき、すぐに現場に向かえ、フリーランスのように自由な働き方をしている場合は、さらに自由度が高くなり、思い立ったら会いたい人に会いに行ける状態。

そんな日々を積み重ねていれば、自分にとってプラスになる人脈を築くことが出来、仕事を通して結果も出やすくなるでしょう。

自分に合っている生き方を探す

結婚しないメリットは想像以上に、たくさんあります。

ただし自由と引き換えに孤独を選ぶことにもなります。本当にひとりが好きでなければ、選べない人生です。

メリットとデメリットの両方を比べながら、今後のライフプランを考え直してみましょう。

 独身女性が寂しいと感じる瞬間とその対処法|幸せの定義は結婚なのか


山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール