• HOME
  • 恋愛
  • 社内(職場)恋愛をするきっかけ作り。同僚から恋人に発展させるためのコツ
恋愛

社内(職場)恋愛をするきっかけ作り。同僚から恋人に発展させるためのコツ

職場恋愛はいつでも起こりうる恋愛です。いままで意識しなかった職場の同僚や上司が、あるひとつのきっかけから、お互い異性の男女として意識し始め、恋愛感情が生まれて職場恋愛に発展します。恋愛を意識するきっかけに注目してみましょう。

職場恋愛を始めたきっかけは何か

同じ職場の上司や同僚、部下と恋愛に発展するきっかけとはどのようなものなのでしょう。仲間から異性としての恋愛感情を持つようになるためには、いくつかのきっかけが考えられます。

職場恋愛に発展させたい相手が居るのなら、きっかけを作って職場恋愛に発展させるチャンスを多く作りましょう。今回職場恋愛に発展するいくつかのきっかけを調べてみました。

職場恋愛が始まった主なきっかけ

職場恋愛を始めるきっかけは、男性や女性としてお互いが意識し始めるタイミングが肝心です。

通常の業務の中では、相手を異性として意識することは余りないといえますが、会社でのイベントや何かのきっかけで、今まで異性として感じなかった職場の同僚や上司を、急に異性として意識してしまう場合があります。その具体的な場面をいくつか見ていきましょう。

食事や飲み会で話している内に

職場での食事会や飲み会では、日頃仕事をしているときには、感じない「相手」を見ることができます。職場では厳格で怖い印象だった上司が、飲み会の席では優しく話しやすかったり、日頃もよく話す同僚や後輩でも、仕事以外の話しをしてみると頼もしく感じる場合もあります。

飲み会がきっかけとなり相手の別の顔を覗いた結果、異性として意識することになり職場恋愛に発展する場合も少なくありません。

お酒の力を借りていると、日ごろはなかなか話せない相手でも打ち解けて話すことができるため、気付かなかった相手の良さに気付いて異性として意識して恋愛に発展することが多くあります。

また、職場で見せる顔と違う、素の自分を相手に知ってもらうこともできる飲み会は、職場恋愛のきっかけづくりとして良いチャンスといえます。

一緒に残業をしていたら

通常の勤務時間ではあまり意識しない同僚でも、一緒に残業が続くことで、いつも話さない相手と話すきっかけが多くなったり、残業終わりに夕ご飯に行って話をする機会が増えると、同じ時間を共有して残業を乗り越えたという親近感が湧いて、相手に対して意識力が高まり恋愛に発展する場合があります。

通常の勤務時間では、人も多く業務のことで周りに対する余裕が無くても、残業中は限られた時間に追われることなく、のびのび時間を使用できるため周りの相手に対しても、同じゆとりと共有感が生まれてきます。そのゆとりの時間が、相手との会話が出来るきっかけであり、職場恋愛に発展する要因でもあります。

通勤経路が同じ

通勤経路が偶然同じ場合、毎日の通勤で何度となく出会うタイミングが増えてくれば、挨拶から通勤中の何気ない会話に発展し、相手のことや自分のことを知り合えるチャンスになります。

ただし、同じ通勤経路だからと、待ち伏せして偶然を装うことは、ストーカー行為に近いものがあるので注意も必要です。偶然的に出逢って挨拶を交わし、その後会話を楽しみ、関係を少しずつ親密にしていくことが理想です。

同じ企画やイベントに携わっているうちに

同じ会社で働いていても、部署の違いや仕事の違いから接点がない同僚も多くいます。接点がない職場の同僚と接点を持つためには、同じ企画やイベントに携わることで、自然と何度も出逢うことになり、同じ仕事上での会話も増えてきて相手を知るきっかけになります。

また同じ仕事の目標に向かったプロジェクトでは、同じものに向かっていくという共有間や仲間意識が強くなり、男性側からも女性側からも、相手を異性として意識するきっかけになることが少なくありません。

同じ経験を共有していると恋愛に発展しやすい

人間は逆境や命に係るような体験を共有した相手と、恋愛に落ちやすくなると良くいわれます。同じ経験をした男女であれば、痛みや達成感などの感性が共有できることも、お互いを信頼できる相手だと意識するきっかけになるのでしょう。

同じ職場においても、あるプロジェクトを一緒に成功させるために努力し合ったり、共有できるキャリアがあることで、相手を同僚以上に打ち解け合うことができてしまうことが多く、その相手に対しての打ち解け感から、恋愛意識に代わってくる場合が多くあります。

打ち解け感は、同性同士であれば仲間意識の団結力につながり、異性になると仲間意識以上の恋愛意識に繋がってしまう事が少なくないのです。

相手にアピールする方法

気になる人が同じ会社で働いている場合、自分の存在を相手にアピールして恋愛に発展させていく必要があります。ここでは、自分を相手にアピールする方法をいくつか考えてみましょう。

社内行事では相手の近くの席へ

社内行事などの飲み会や、社員旅行など気になる相手の近くの席に座るように心がけてみましょう。

飲み会などでは、座った席の周りの人と話すことが多くなるため、気になる相手の近くに座ることで相手と必然的に話すきっかけが増え、女性としての気配りを相手に気付かせることができるチャンスになります。

積極的にお酒を注いだり、食べ物を分けたりすることで、女性として周りから意識してもらえるきっかけになるので、イベントや飲み会では気になることの近くに座ることが、あなたをアピールするポイントになります。

仕事の相談をする

気になる相手と何を話したらよいのか、会話のきっかけがつかめないなら、仕事のことで相談をしてみると良いでしょう。仕事のことなら相手も身構えることなく、同じ会社の仲間として話を聞いてもらえます。

その仕事の相談を通して、プライベートなことも話していくことで、自分を相手に知ってもらえるチャンスでもあり、相手を知るチャンスにつながります。いきなり食事に誘うのでなく、相談に乗ってもらうという理由から、気になる相手を誘ってみましょう。

 好きな人を振り向かせる方法|さまざまなテクニックを試してみよう

相手に告白する時に気を付けたいこと

相手に告白する前に、告白を成功させるためにいくつか注意点があります。下記について気を付けましょう。

まず同じ職場の相手なら、難しい仕事のプロジェクトに取り込んでいる最中だったり、相手が恋愛できる状況であるかも見極めることができるはずです。仕事だけでなく、私生活では他に付き合っていそうな人がいないかなど、相手の今の現状を把握できる関係にあることも必要です。

やみくもに告白してうまくいかなかった場合、同じ職場に居づらくなることもあります。告白するからには、成功させるため、相手の現在の状況や恋愛ができる状態を見極めてから告白するのか決断しましょう。

 思いを伝えたい。女性の告白の仕方、告白の成功率を上げよう

職場恋愛の良い点

職場恋愛には、一般的な恋愛では経験できない魅力が多くあります。一緒にいる時間が長いことも大きな理由です。同じ職場だから毎日会うことが必然ですし、彼の仕事をしている姿や仕事ぶりの把握もできるので、彼や自分の仕事に対して理解し合える点も魅力です。

また、まわりの社員に気づかれないように、二人だけのドキドキ感が仕事中でも味わえるので、そのスリル感がたまらないという意見も少なくありません。一般の恋愛では、プライベートな彼だけしか知らない場合も多いのですが、社内恋愛の場合は、二人だけでいる彼と仕事に真剣になっている彼の、2面性を目の当たりに見れることも魅力です。

同じ職場の人になるべく恋愛事情は話さない

会社によっては、社内恋愛禁止にしている場合もあります。禁止でない職場でも社内恋愛していることは、彼と自分の社内での立場を守るためにも、公表しない方ほうが良いでしょう。なぜならば、社内恋愛していることを公にしたお陰で、転勤先に飛ばされて強制的に離別させられたり、仕事が進めづらくなる場合もあります。

また、社内恋愛していることを公表したおかげで、他の同僚からからかわれたり、嫉妬されたりやっかみに合うこともあります。職場の環境にもよりますが、社内恋愛しても、なるべく恋愛事情は話さないように付き合っていくことが重要です。

社内恋愛はリスクがいっぱい?!社内恋愛のリスクとそれを防ぐポイントとは

デートにおすすめの場所

社内恋愛中のカップルのデートは、会社帰りに近くの飲み屋で同じ職場の人に付き合っていることが分かってしまう場合もあるので、職場の近くではなく、どちらかの自宅の近くで個室空間のある飲食店でのデートがおすすめです。

個室なら誰かに覗かれる心配もなく、万が一、職場の人に見つかることもないため、2人のプライベートな時間を思う存分楽しむことができます。会社帰りのデートの待ち合わせ場所なども、職場の近くだと誰かに見られる場合もあるので、見つかることのない待ち合わせ場所選びにも、注意しましょう。

職場恋愛を成功させるためには

同じ職場の同僚や上司が気になり始めたら、相手の男性と接点を多く持つように心がけたいですね。相手と接点を多く取り、相手へ告白できるタイミングかどうか見極めて自分の気持ちを告白しましょう。

同じ職場だからこそ分かる相手の状況を察することも、社内恋愛を成功するポイントになります。毎日顔を見ることのできる社内恋愛だから、急がず焦らず相手の気持ちや状況もよく考えて、楽しい恋愛に発展させましょう。

 「片思いの人と職場恋愛を実らせたい」やっていいこととだめなこと

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール