働き方

出世する人には特徴がある。同僚と差がつく違いを知ろう

仕事ができるのに出世できない人、仕事があまりできないのに出世できる人もいます。なぜこのような差ができるのでしょうか?実はできる人には色々と特徴やさまざまな共通点があります。その特徴を知ることで、出世するためのポイントを知りましょう。

出世する人としない人には違いがある

出世をすることで待遇や地位が変わります。出世をするのは会社に認められていること。しかし出世する人と、いつまでも出世しない人がいます。仕事はできるのになかなか出世しない人、仕事があまりできないのに出世をどんどんする人。この差の違いは一体なんでしょうか。

では出世する人の特徴とは何か、また出世しない人の特徴とは何でしょうか。実は出世する人にはある特徴や共通点があります。その特徴についてみていきましょう。

出世する人に多い性格

出世する人と出世しない人とでは考え方がそもそも違います。そして出世する人には多くの性格の共通点があります。全部が全部同じではありませんが、出世する人にはそれだけ共通点が多いのです。ではその共通する多い性格とはなんでしょうか

いつも元気でポジティブ

出世する人の特徴としてはいつも明るく、元気な人が出世できる可能性は高いです。出世している人でネガティブ思考の人はあまりいません。常に周りに明るく笑顔を振る舞い、場の雰囲気を明るく前向きな空間を作ることを大切にしています。また他人のせいにはせずに謙虚さを忘れていません。

もちろんネガティブな考えを全く持たないわけではありません。しかし常にポジティブな考えを持っているので、いかにミスをしても、今の状況を打破できるように試行錯誤をしながら前向きです。そして大きな声でハキハキ話したり、周りの人に挨拶をしたりしてチームのムードメーカーとしての役割を担っている人が出世します。

メンタルが強い

出世する人の特徴の一つとしてさまざまな精神的プレッシャーをはねのけるだけの強いメンタルとストレス耐性を持っています。例えば上司からの命令などに対するプレッシャー、会社の取引先からのプレッシャー、同僚や部下からのプレッシャーなどです。このようなさまざまなプレッシャーに負けない人はメンタルが強いです。

またタフなメンタルやストレス耐性を持つことで、どんな困難や逆境に直面をしても、強い心を持つことで集中力が生まれたり、あいまいな判断ではなく、的確な判断を決断できます。メンタルが強いというのは出世する上で必要なことです。

我慢強く忍耐力がある

出世をする上で一般的に必要な力といえば、我慢強さと忍耐力といわれています

なぜかというと、どんなに今している仕事や自分の会社に不満があったとしても、その場に居続けることこそが出世へとつながる道だからです。

短期間の在籍の会社では出世することは難しく、会社の状況を長く知っている人を出世させるのは当然です。ですから出世する人とは耐えるべきところはしっかりと耐え、会社に貢献できる人です。

また仕事でなかなか結果が出なくても、忍耐力がある人はへこんでも、その場から逃げずに我慢強く仕事に打ち込んでいけます。

そして結果のために常に仕事への集中力を持って立ち向かっていける姿勢が出世へとつながっていきます。忍耐力があるということは、相手の意見もしっかりと聞ける器量があります。

出世したいという気持ちが強い

出世をしたいという気持ちがなければ出世はできません。なぜなら出世を最大の目的にしているので、そこに向かうための行動に全く迷いがありません。

そして目的に対して明確なのです。出世したいという気持ちの人には「向上心」や「積極的」という気持ちが強いです。

向上心が強い

出世する人は人の上に立ちます。ということは他人よりも能力が高い人です。ですからその人はさまざまなスキルや知識を得るために常に自分を磨こうという向上心が強いです。

また趣味も出世をする上で役立つものを選択します。例えばゴルフなどを若いうちから腕を磨き、上司と一緒に行って関係を深め、気に入ってもらえるように動きます。

何事にも積極的な姿勢

何事に対しても積極的に取り組むことも出世するためには必要です。積極的というのは、自分をアピールすること。さまざまな仕事や活動でリーダーなどの中心人物を自分からやる人は積極的にアピールをしています。

しかし人の目に付きにくい仕事などは他人に任せる傾向があるので、気をつけるべきところです。

出世する人の他の人よりも長けている能力

仕事ができる人が出世をします。それは他の人よりも仕事を任せることができるからです。では仕事ができる人とはどのような人のことでしょうか。そして他の人よりも出世する人の方が長けている能力とはどのような能力でしょうか。

仕事の処理能力が長けている

当たり前のことですが、出世する人は他人よりもすごく仕事ができます。例えば新人の頃から周りの人たちに「あいつは仕事ができる人間だ」「期待以上の成果を出してくれる」などいわれていた人は出世をしていきます。

その人たちは仕事に対して高い処理能力や問題解決能力などを持っています。

もし大変なミスが仕事で起きたとしても機転を利かして対応し、そして問題解決をしていきます。なぜなら処理能力が長けているということは、他人よりも仕事が早く、さまざま仕事の経験をしているのでさまざまな対応や解決ができる能力があります。

好印象な話し方ができる

好印象な話し方ができる人は、元気さを持ち、常に相手のことを考えている人です。このような人は高いコミュニケーション能力を持っています

元気な人は声が大きく、相手に伝わりやすい声のトーンではきはきしたしゃべり方で話します。反対に元気のない人は声が小さく、相手に聞こえにくいです。

元気だから相手に気持ちのよいあいさつができるので、相手に不快な思いをさせませんし、コミュニケーションがしっかりと取れます。

ですからそのような人は相手に好かれるので、困ったときに周りが協力をしてくれるようなよい人間関係を、そしてお客様との信頼関係を構築できます。

判断能力が長けている

出世する人は他人よりも判断能力に長けています。これは出世して上に立つとさまざまな判断をする場面があります。

そのような場面で優柔不断だったり、自信がなくてこれだという判断ができなければ、その分時間もかかってしまい結果がつかず、また問題も解決できません。ですからどんなときも冷静かつ客観的に、物事を自分で分析できる高い能力を持つ人が出世します。

整理整頓や自己管理ができる

職場の5Sを意識する

出世する人は整理整頓ができる人とよくいいます

また職場の5S

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」

を意識しています。

自分のデスクが整理できていなければ、仕事で使う資料がどこにいっているかわからなくなったりして、いざ資料を使う場合に使えず仕事に支障をきたします。

ですから仕事ができる人は整理整頓をして常に自分の周りをきれいにしています。

自己管理は体調管理やスケジュール管理

また自己管理とはスケジュール管理や体調管理などの自分の管理です。もし体調が悪ければ仕事もできず、周りに迷惑をかけます。仕事をする上で常に健康でいることは当たり前です。

体調管理ができない人が自分のスケジュール管理などできるわけがありません。ですから出世する人はいつも自己管理に対して高い意識を持って仕事に取り組んでいます。

自己評価を客観的にできる

客観的な視点で自分を評価できる人は、広い視野で物事を見ることができます。主観的に見てしまうとどうしても自己中心的な考えを持ってしまいがちです。客観視をすることで、自分自身を卑下しない、また自分を安売りしません。

そのような人は客観的に今自分に何が足りなくて、そして自分に何が必要なのかと自己評価できます。また常に謙虚さを持っているので、上司や部下といても教えてもらう姿勢があるので、どんな物事に対して一生懸命取り組むことができます。

聞き上手で周りへの気配りができる

社内でコミュニーケーションが増えれば、仕事が円滑に動いていきます。しかしコミュニーケーションの量を増やすためには、さまざまな社員の話を聞ける聞き上手な人が必要です。出世する人は聞き上手な人が多いです。

なぜなら聞き上手な人は社員の不安や不満、ストレスなどの相談を受けやすいです。ですからその悩みを解消していくことができ、周りへの活力を与えることができます。

今は社員に悩みを聞かず、キツくいい聞かせていく上司よりも部下と協力して二人三脚で前進していくような上司が求められます。

上司に好かれる

上司に好かれる人ということは、いい方を変えれば上司から信頼される人です。上司は部下を選ぶときは自分と同じような考えと同じようなスピードで仕事をする人を選ぶ傾向があります。

ですから上司と良好な関係を持つことで上司への忠誠心があることをわかってもらえます。

また人からどう思われようと気にせずに、自分から嫌われ役を買って出る人ような人を上司は求めています。それはどんなに周りの人に嫌な顔をされても、常に的確な指示を出し、いかに人を動かして結果を出せる人物はリーダーとしての資質があるので上司に対して高評価だからです。

 仕事が忙しい人は取り組みかたが違う。できる人できない人の違いとは

出世する女性の特徴

出世するのは男性ばかりのように思われますが、昨今は女性のライフスタイルが多様化し、さまざまな分野で女性の活躍が増えています。また企業も女性の管理職をどんどん増やす流れになっています。

では出世する女性とはどのような特徴を持っているでしょうか。いくつかポイントをあげていきます。

他人の悪口を言わない

出世する女性は悪口をいいません。なぜならば出世する人というのは部下を管理する仕事です。そのような仕事をする人は「誠実」な人でないと任すことができません。

ですから悪口をいう人は誠実ではありません。誠実さがなければ人望もなく、コミュニケーションが周りとうまく取れず、視野がとても狭く、また女性ならではの細やかな気配りや観察力など、男性にはない細やかさを発揮できません。

例えば悪口をいう女性は感情的な傾向があるので、気分にムラがあり周囲に不快な思いをさせてしまいます。ですから悪口をいわない女性は誠実ですから、出世してリーダーとしての役割を安心して任すことができます。

感情的にならない

女性ですからどうしても感情的になりやすいですが、感情的になってしまうのは仕事としては大きなマイナスです。自分の感情をしっかりとコントロールでき、感情的にならずに仕事をする女性は周りから絶大な信頼を得られるので出世できます。

そして冷静に物事や周りの雰囲気や様子を見られるので、仕事をしていく上で部下のモチベーションを上げて、社内のムードを変えていい雰囲気の職場を作れます。ですから感情的になる気分屋の女性はNGです。そのような女性は出世から遠いでしょう。

態度が謙虚で素直

出世する女性には素直さがあり、常に謙虚な姿勢を持っているので、どのような相手に対しても敬意を持って接します。

またそのような女性は誰の話に対しても、とても聞き上手で、相手の話に対して真摯に対応をして柔軟に吸収できるので、人よりも成長するスピードが早いです。ですから将来有望な人材として若くして出世しやすい傾向です。

また出世や昇進をするためには、組織の中で友好的な関係を築くことは必要です。謙虚な人には傲慢な態度をとることはないので、とても気さくで愛嬌があり、組織の中で信頼をたくさん集めやすく良好な人間関係を保てます。

出世しても謙虚な人は、自然と周りが助けてくれるので上に立っても自分の周りにたくさんの人が集まるでしょう。

向上心を持ち行動力がある

どれだけ頭の中に素晴らしいアイディアがあっても、それを形にする行動力がなければ結果は出せません。出世する女性は、目的のために積極的な姿勢で行動力があります。

積極的に行動することは、どんな仕事に対しても集中している時間が長いので成果があがりやすいです。そして行動が早く、任された仕事を早く仕上げるので、上司に好印象をもらえます。

また常に自発的な行動を心がけているので、与えられた仕事をただこなすわけではなく、それ以上の成果を出すための行動をしていきます。その結果どんどん仕事をする機会が増えるので評価があがります。

そしてこのような女性は資格の勉強などの自分磨きを怠りません。ですから仕事をするたびに経験値が上がり、より高いレベルの仕事を任せてもらい、出世への道がより近くなります。

出世しない人の特徴

会社では出世する人ばかりではありません。もちろんいつまでたっても出世できない人もいます。ではなぜ出世できないのでしょうか。そして何が出世する人と違うのか、また出世できない人の特徴とは一体なんでしょうか。いくつか特徴をあげていきます。

約束の時間を守れない

人よりも早く出世をしたいと思う人は「時間」を大切にしています。自分の時間も他人の時間も大切にするという意識を持っています。

ですから待ち合わせなどに遅刻することはありません。反対に出世できない人は時間にルーズです。ルーズということは計画性がないということ、自分自身の管理もルーズです。

ですから約束の時間を守ることができません。時間を守れないのは相手の時間を奪っていることです。そのような人は出世はできないでしょう。

言い訳が多い

仕事をしていく上でミスはつきものです。そのようなときには誠心誠意の姿勢で対応をしていかないといけません。しかし出世出来ない人は、いい訳の多く、自分に対しての非をなかなか認めようとしません

反対に出世する人は非があろうがなかろうが、そのミスに真摯に対応をしていきます。また言い訳が多いというのは、不平不満をずっといっているということ。不満ばかりいっている人と仕事ができるでしょうか。

結局自分のことしか考えていないので周りに不快な気持ちにさせます。そのような人はリーダーになることは難しいでしょう。

周りとコミュニケーションが上手くとれない

どれだけ仕事ができても、チームプレイが苦手で、いつも一匹狼で周りとコミュニケーションをとれない人は出世が遅いです。それは一人でする仕事の結果は一人分の結果でしかありません。

しかし一人よりも大勢の方が効率よく、また最大限の結果を生み出すことができます。ですからコミュニケーションが上手くとれない人は人の上に立つことができず、周りとの信頼関係がないのでずっと一人です。

それでは仕事の結果もついてこないので出世は難しいです。

出世する人になって社会で活躍しよう

出世することは会社の中で認められたという結果です。そして出世をすると待遇も変わっていき、自分自身のキャリアアップにつながります。

また出世をし役職がつくことで、もし仕事を変える場合の転職活動でも、プラスになる評価基準です。ですから出世するのは社会的にも地位があがるということです。

もちろん出世だけがすべてではありません。しかし通常仕事をしていく上でも、ポジティブな性格だったり、コミュニケーション能力があったり、仕事ができることは大切です。

目の前の仕事に精一杯向き合うことが、出世するための近道となるでしょう。出世をして会社でも社会でも認められたい人は、向上心を持って自分を磨きながらどんどん活躍する人になりましょう。

 リーダーの条件とは?信頼されるリーダーになるための方法を公開


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール