• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • ホテルの顔でもあるフロントの仕事。習得したいスキル、やりがいを知ろう
働き方

ホテルの顔でもあるフロントの仕事。習得したいスキル、やりがいを知ろう

フロントは宿泊者への対応くらいだろうと思っていませんか。仕事の内容ややりがい、ステップアップしていけるのかなど自分が気になっている職種であればまずは下調べというのはとても大切ですよ。そこで知られざるフロントの仕事をくわしく見ていきます。

ホテルのフロントの仕事について知ろう

ホテルスタッフの仕事もさまざまですが、今回はホテルのフロントの仕事について絞ってみていきましょう。ホテルのフロントというと宿泊者の受付だけに目が行きがち。もっとたくさんの仕事があるうちの、ほんの一部で受付での接客をしているに過ぎません。

ホテル自体の印象を左右する可能性が高い仕事でもあるので責任も伴います。ホテルのフロントの仕事内容やスキルアップできるような資格、この仕事のやりがいを知ることで、本当に自分のやりたい仕事を見つけるきっかけにしていきましょう。

【ホテルのフロント】仕事内容とは?

ホテルのフロントの仕事内容は主にフロント受付業務になります。チェックインの際にお客様をお出迎えし、チェックアウトにお見送り。そのときの手続きなどを行うので、ホテルで働く従業員たちの中でほぼ一番最初に第一印象としてお客様の記憶に残る人になります。

このほかに上げられる仕事としては、以下のようにいくつかあるのでみていきましょう。

宿泊などの予約管理

電話やインターネットで予約するお客様の部屋の確保であったり、レストランや宴会場などの予約受付と管理をしています。

もちろんパソコンを導入しているところが多いので、パソコン上で予約管理をし、ファックスやインターネットで旅行会社などから団体の予約がある場合もあります。見積書の作成や、お客様のご質問に対してしっかり答えられるようにもしなければなりません。

他にも電話での予約の対応もあるので、パソコンの基本スキルと電話での受け答えができるとムーズです。

モーニングコール

宿泊をしているお客様からモーニングコールをお願いされることがありますので、時間を厳守してモーニングコールをします。ホテルによっては電話自体にお客様自身がセットして使うもの、フロントやオペレーターによる生の声での電話などその方法はさまざまです。

ホテル周りの案内など

観光などで初めてこの土地を訪れたお客様などは、近隣の情報をよく知っているだろうということでフロントへ質問します。お客様のニーズに対してしっかり答えられるよう地域の観光や、周辺の情報に関しては随時収集しておくことがおすすめです。

このほかにもお客様のニーズがあれば可能な限り答えるのが仕事になります。マニュアルの用意はありますが、どこのフロント業務もマニュアル通りにこなせるものではありません。臨機応変に対応できるようになればホテルの顔として周囲からも認められます。

【ホテルのフロント】仕事の大変さとやりがい

仕事の本質を見極めるためにも仕事の大変さとやりがいは重要。勤めている人のモチベーションをみていきます。

?大変さは「細やかな気配りと、ミスをしない注意力」

お客様に気持ちよく過ごしていただくために、細やかな気配りはホテルの仕事をしていく上でとても重要です。その気配りは手続きなどでミスをしない注意力にもつながり、チェックイン時、お客様の個人情報の取り扱いやその後の振る舞いなどで、ホテルの印象を変えてしまいます。

お客様のニーズにこたえられない、ミスをしてしまってお客様に不快感を与えてしまった、などがあれば口コミやインターネット上の情報は瞬く間に広がります。

ホテルごとに研修などもしっかり充実していますので、はじめは不安かもしれませんし厳しいところもあるかもしれませんが、それはお客様のためでもあり、自分のためでもあり、ホテルのためでもあります。しっかりと責任を持って仕事に取り組むことでやりがいを見出すことのできる仕事です。

やりがいは「お客様の満足された笑顔」

自分自身で満足できる接客ができるようになってくると、お客様の言葉や笑顔からこのホテルに泊まってよかった、また利用したいなど、満足していただけていることに気が付けるようになってきます。充実感や仕事への楽しいという気持ちがより接客へ生かされていきます。

誰かのために何かしたい、人を喜ばせることが好きだというタイプの方にはホテルのフロントの仕事は魅力ある職業だといえます。

【ホテルのフロント】仕事をしていくために必要な技術や資格

ホテルのフロントとして働くにあたり必要となる資格にはどんなものがあるのでしょうか。

どんな種類の資格がある?

フロントで仕事をしていくために必要な資格は、どのホテルも外国人の観光客が以前にまして訪れるようになったということもあり、語学力が当たり前のように求められるようになりました。ホテルによっては応募資格にTOEIC何点以上であることや、語学に関する資格の取得が書かれているところも。

他には「ホテル実務技能検定」「ホテルビジネス実務検定」など、就職やステップアップに有利となる資格があります。

ホテルのフロントになるために必要な技術や資格の勉強法

必ずしも必要かといわれればそうではないかもしれませんが、利用者が多いホテルとなればそれだけ、言語力のある人材がほしいというのが採用担当者の気持ちです。TOEIC、実用英語技能検定(英検)、TOEFL、観光英語検定などがあると、フロントでも海外からいらしたお客様にも対応できるようになります。

勉強方法はそれぞれ資格のテキストを参考にしたり、実際に英会話を習うことで養った上で、挑戦してみるというのもよいでしょう。実用的に使えるかというのが結果的に重要になってきます。

また「ホテル実務技能検定」「ホテルビジネス実務検定」については、ホテルスタッフを目指す専門学生や高校生も受講していますし、現役ホテルスタッフが研修プログラムの一環として受験しています。

ステップアップにつながることも

もともとスキルとしてもっていなかった場合は対応できるお客様が増え、「お客様満足度」も上げることができますので、給料の面などでもステップアップが見込めるというのはいうまでもありません。困っているお客様のニーズにしっかりこたえるのは言語力が伴えば英語などでお答えできます。

【ホテルのフロント】の気になる年収

ホテルのフロントは平均年収がどれくらいなのかみていきましょう。

勤めているホテル業績で異なる

平均年収は200~300万円ですが、業績がよいホテルですと平均年収900万円前後というところも。高級ホテルや一流ホテルで知名度もあれば年収は高額になる傾向があります。

ステップアップすると

マネージャーになると30代であっても年収が700万円前後になる人も。副支配人ともなれば1000万円を超えてくる人も出てきます。年収アップを目標としているのなら副支配人になれるようにがんばりたいですね。

ホテル業界では30代でもマネージャーや副支配人に昇進する人が少なくありませんので、目標にし現実的に考えても努力することでステップアップは可能です。

【ホテルのフロント】女性はどのくらい活躍している?

女性の活躍の場として、徐々に男性主体からシフトしてきているのがホテルのフロントでもあり、他業種からの転職も多く女性の働く場所としても魅力的です。

マナーや接客、お客様との向き合い方など女性特有の得意なところが仕事の内容に多く、単純に業務遂行の面から考えると女性は多く活躍できる場所でもあります。現在は男女比が半分ずつか、やや男性が多いような傾向となっています

ホテルの印象を変えるポジション。色んなところに目を向けてみよう

ホテルのフロントの仕事をもし就職先に考えているのであれば、一度泊まってみて対応がどうなのか実際に体験してみることもいいでしょう。宿泊するだけではなく、さまざまな視点でその仕事に目を向けることで、改めて良さを身にしみて実感することができます。

有名ホテルは高くて宿泊するのは難しいとなれば、電話でお問い合わせをした際の受け答えの印象なども役立ちますので、積極的に行動してよりよい情報を得ることで転職や就職に役立てるようにしたいですね。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール