• HOME
  • 働く
  • 仕事術
  • リーダーの条件とは?信頼されるリーダーになるための方法を公開
仕事術

リーダーの条件とは?信頼されるリーダーになるための方法を公開

任される仕事も多くなり、部下からも仕事やプライベートなどの相談を受ける機会が増えている人も多いのではないでしょうか。ここでは、部下から信頼されるリーダーを目指すために、リーダーの条件となるポイントを押さえていきましょう。

リーダーに求められるものは

リーダーとは、ある一定のグループにおいて指導や指揮をとる立場にある人のことをいいます。しかし、上手くリーダーシップをとっていくためには、どのような条件のもとに行動したらよいのでしょうか。ここでは、部下から信頼されるリーダーの条件や、その条件を身につけるポイントなども詳しくみていきます。

信頼されて成功する為のリーダーの条件

リーダーシップを発揮するためには、単に指導するだけや指揮をとるだけでは周囲がついてこないということもあるでしょう。上手くリーダーシップをとっていくためには、部下を始めとする周囲からの信頼を得ることが大切です。それでは、信頼されて成功するためのリーダーの条件を順にチェックしていきます。

明確なビジョンを掲げる事ができる

企業にとって、売り上げや利益を上げることは重要だといえるでしょう。しかし、売り上げや利益だけに囚われてしまっては、企業の経営方針や理念に背いてしまう危険が伴います。

そこで、企業でリーダーとして部下を率いていくためには、自分自身がビジョンを明確にして部下に示す必要があります。このように、目指す方向性を示すことによって、グループでの計画を推し進めていくことができるといえるでしょう。

自分から率先して動く行動力がある

リーダーには、部下に指示するだけでなく、自分からも率先して動くという行動力が求められます。また、目標達成のために自ら率先して行動し、部下の模範となることができるように努力することが必要です。部下や周囲だけに厳しいのではなく、自分の言動にも厳しくすることを心がけましょう。

決断力がある

物事を決定しなければならない場合に、リーダーが決めかねていては進む仕事も進まないという状況に陥ってしまいがちです。このようなことを避けるためには、リーダーの決断力が求められます。的確で素早い判断を下すことができるリーダーであれば、自然と部下からの信頼を得ることができるといえるでしょう。

高いコミュニケーション能力がある

どのような仕事であっても、仕事を進めていく上で、ある程度のコミュニケーションスキルの高さが必要です。リーダーには、取引先や上司だけでなく、部下とのコミュニケーションを円滑にはかる能力が求められています。
また、相手の立場に立って物事を考えることによって、信頼関係を築いてやり取りができるというメリットがあるといえるでしょう。

部下がついて行きたくなるリーダーの条件

それでは、どのようなリーダーであれば、部下がついて行きたいと思うのでしょうか。ここでは、部下がついて行きたくなるリーダーの条件を順に確認していきます。

部下のやる気を高めて仕事に活かす

仕事を進める上で、一定のモチベーションを保つことが大切です。部下のやる気を高めるためには、どのような行動をとればよいのでしょうか。

部下の才能や魅力を引き出せる

人には、一人ひとりが持っている才能や魅力はさまざまです。また、人によっては、仕事のキャパシティーもさまざまです。このようなことを念頭において、リーダーは、一人ひとりの能力を見極める力が必要です。さらに、部下による仕事の成果を認め、やる気が高まるように導いていくことが必要だといえるでしょう。

失敗やミスを責めずに今後に活かす

最近では、昔と違って新入社員などを叱責して成長を求めるのではなく、褒めて能力を伸ばす方法をとっている上司も多いという現状を見聞きすることもあるのではないでしょうか。

しかし、仕事の失敗やミスに対して、どのように対処していくのかという過程が大切であるため、今後、失敗やミスを恐れずに挑戦したり、同じミスを繰り返さないための行動を部下自身に考えさせるなどして仕事に活かすことができるように仕向けてあげる必要があるといえるでしょう。

人として信頼や尊敬ができる

企業には、一人ひとりさまざまな考え方や性格の人が集結していますが、仕事だけでなく、人としても信頼や尊敬できるということが、部下がついて行きたくなるリーダーといえるのではないでしょうか。

責任感や思いやりのある人である事

リーダーであるということは、自分だけでなく部下の行動に対しても責任があるという自覚を持つ必要があります。したがって、常に責任感のある行動をとることを心がけ、決して部下に全ての責任を押し付つるようなことがないようにしましょう。

どんな時も平常心を保っている人である事

突発的な出来事に対して、リーダー自信がパニックになっているような状態であれば、部下も不安になってしまいがちです。したがって、よい時も悪い時も、感情を表に出すということは避け、常に余裕のある雰囲気を崩さないという姿勢が大切です。

学ぶ姿勢を忘れない謙虚な人である事

どのような業界でも、日々進化し続けており、最新の情報を入手するという努力が必要です。したがって、リーダーだからといって、部下だけに学ぶことを求めるのではなく、周囲の意見もよく聞いて、常に謙虚な姿勢で物事に向き合えることが必要だといえるでしょう。

リーダーの条件を習得する為におすすめな本

現在、リーダーの条件などについて書かれている書籍が、数多く登場しています。ここでは、リーダーの条件とはどんなものなのか述べられていることや、リーダーとして成功するためにはどうしたらよいか述べられていることに焦点をあてた書籍を順に解説していきます。

php研究所 グローバルリーダーの条件

グローバルリーダーの条件

グローバルリーダーの条件

大前 研一 船川 淳志
発売日: 2009/04/21
Amazonの情報を掲載しています

php研究所から出版されている「グローバルリーダーの条件」は、日本だけでなく世界各国に及ぶグローバルなビジネスを想定し、世界各国と相対できる人材になるために必要なことは、「第一歩を踏み出すこと」としています。また、グローバルリーダーに必要とされる資質や、思考を考察しながら第一歩を踏み出す方法も示しています。

phpパブリッシング 四十歳で五つの会社の社長になる

phpパブリッシングから出版されている「四十歳で五つの会社の社長になる」は、子供の頃から数多くの戦国武将伝や経営者の立志伝を読み、夢と志を強く持つようになり、18歳で「40歳で5つの会社の社長になる」と決心した著者の船井哲良の実体験が綴られています。また、著者が実践してきたリーダーの条件が書かれていて、リーダーを目指す人にとって参考になることが述べられています。

リーダーの条件を身につけて仕事に活かそう

部下から信頼されるリーダーとは、誰もがなれるものではありません。自分のことだけでなく、周囲の状況を把握する力や高いコミュニケーションスキルが求められます。また、リーダーとして、部下を育てるということも使命だといえるでしょう。

これから、どのようにリーダーシップをとっていけばよいのか悩んでいる人は、改めて自己分析してみることや、リーダーとして信頼されている人が書いた書籍などを参考にして、少しずつリーダーの条件を身につけていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール