インテリア

【タイプ別】ポスター活用術。素敵なインテリアを作りませんか

部屋の雰囲気を変えたいときに活用できるインテリアの1つが、ポスターです。貼ったりはがしたりも簡単で、自分の欲しいポスターをそろえやすいのが魅力。ここではポスターを使うときのポイントや、さまざまなポスターを見ることができます。

ポスターでおしゃれな空間を演出

おしゃれな空間を手軽に演出できるアイテムの1つが、ポスターです。インテリアとして初心者でも手軽に飾れるだけでなく、自分の個性にぴったりなポスターを探しやすいのも理由の1つです。

ここではポスターを綺麗にインテリアとして保つポイントにあわせて、人気の高いモノクロポスターや海外写真のポスターなど、タイプ別にポスターを見ることができます。自分の部屋にあうぴったりなポスターをみつけて、おしゃれな空間を演出しましょう。

インテリアにポスターを使うときのポイント

インテリアとしてポスターを飾るときに悩みがちなのが、貼り方です。ここではポスターを使うときのポイントを4つ見ていきましょう。

磁石と画鋲でポスターを綺麗に保つ

ポスターを壁に貼るときに「どうしたらポスターを綺麗に保てるのかな」と悩んだ経験はありませんか。そんな悩みの解決方法の1つが、磁石と画鋲を使ったポスターの貼り方です。

まず画鋲に小さなサイズの強力磁石を貼り付けます。そして、その画鋲をポスターを飾りたい位置に差し込みます。こうすることでポスターを貼れる土台が出来上がるので、ポスターを画鋲の磁石と別の磁石ではさむようにすると、ポスターを傷つけずに飾ることができます。

画鋲に取り付ける磁石や、用意する画鋲の数を増やせば、大きなポスターでも安定して飾れます。外すときはポスターの上からつけている磁石を外すだけなので、移動も簡単です。また磁石の形を自由に変えられるので、ポスターを邪魔しないようなシンプルなものにするか、ポスターを引き立たせるデザインにするかは、自分で決められるのも特徴です。

クリップと画鋲でかわいく

「磁石だとちょっと強度が心配」という人にはポスターを傷つけない貼り方として、クリップを使った方法があります。

あらかじめポスターの4隅にクリップをつけておき、クリップの端に画鋲を入れて壁へ取り付けます。壁に画鋲を刺す点は磁石を使う方法と同じですが、画鋲とクリップだけでできるので家にあるアイテムを活用できるのがポイントです。クリップのカラーや大きさを変えれば、よりかわいくポスターを演出することもできます。

取り外しも画鋲を外してクリップを回収すればよいので、コンパクトにまとまりますが、1つ注意点があります。クリップでポスターを挟み込むので、長期間飾っているとポスターそのものにクリップの跡が残ってしまうこともあります。クリップの跡をつけたくない場合には、クリップで挟み込む部分をあらかじめ補強しておくか、クリップに入れる前に一回り大きな透明なファイルを用意して飾るという方法があります。

マスキングテープで壁も傷つけない

「賃貸だからできれば壁に穴はあけたくない」「ポスターも傷つけたくない」という人におすすめのアイテムがマスキングテープです。

貼り方は、シンプルにマスキングテープでポスターを壁に貼ってしまうというものです。

  • 四隅をマスキングテープで留める方法
  • マスキングテープで輪を作って両面テープのように壁に取り付け、ポスターを貼るという方法

もあります。

もっと貼り方を工夫して、ポスターにマスキングテープを直接貼らないようにするためには、厚紙を使った方法がおすすめです。厚紙の使い方は簡単で、ポスターとマスキングテープの間に厚紙を挟むだけです。このとき、厚紙をマスキングテープと同じ横幅で、マスキングテープより短くすることがコツです。こうすることで、マスキングテープがポスターに直接あたることなく、壁へ貼り付けることができます。

注意点は、マスキングテープの粘着力よりもポスターが重いと、壁から剥がれてしまうことです。小さいサイズのポスターにするか、マスキングテープの粘着力が高いものを選ぶと改善できます。

額縁を使って絵画風に

フレームを使うと、ポスターを絵画風に飾ることができます。フォトフレームなどでも代用できますし、壁だけでなく棚の上や床の上に無造作に飾れるのもフレームを使う上でのメリットです。

フレームは100均ショップや、絵画用品を取り扱う文房具店などで購入できます。この購入したフレームを、自分で改造するのもおすすめです。色を塗り替えたり、使い古したようなデザインにしたり、シールなどで簡単にデコレーションもできます。

お気に入りのポスターを、もっと自由に、もっと自分らしく飾ってみませんか。

おしゃれなデザインのポスター

インテリアに向いているほか、おしゃれで人気が高いポスターを5タイプあつめてみました。

人気の高いモノクロポスター

インテリアとして飾るポスターの中でも人気が高いのが、モノクロポスターです。部屋の雰囲気を問わずにマッチさせやすく、デザインが豊富なのが人気の理由です。壁に直接飾ってもよし、フォトフレームなどに入れて飾るのもよしのポスターなので、置く場所を選ばないのも嬉しいですね。

そんなモノクロのポスターの中でも人気なのが、映画の主役たちをメインにしたポスターです。小さめのサイズでも印象深く、部屋を華やかに引き立ててくれます。

自分の部屋に飾るポスターなので、好きな映画の主役を選ぶのもおすすめです。ポスターを見た人と映画の話で盛り上がれたり、飾ることで自分の好きなものをアピールできるというメリットもあります。

またおなじモノクロのポスターを選べば、部屋の雰囲気をさほど変えることなく新しいものを飾れるので、気分に合わせてポスターを変えたい人にもおすすめです。

都会的なデザインのポスター

モダンかつシンプルな、ニューヨークスタイルのデザインの部屋を目指す人におすすめなのが、メッセージ性が強い都会的なデザインのポスターです。

デザインがおしゃれなのもさることながら、インパクトがありつつも部屋の雰囲気を壊すことなく、インテリアとして部屋のデザインを引き立ててくれます。反対に、ポスターをインテリアの中心にするのもおすすめです。部屋の印象がぐっとコンパクトにまとまるので、シンプルな部屋作りができます。

こうしたポスターの飾り方としては、額縁やフォトフレームを活用するのがおすすめです。シンメトリーに並べたり、床に直接置いたり、飾り方のバリエーションが広がります。

癒されるデザインのポスター

仕事で忙しい日々でも、帰宅したときにそれを見るとほっと安らげる。そんな癒されるデザインのポスターも、お部屋のインテリアにおすすめです。

人気が高いのは、緑や水といった自然を感じられるデザインのポスターや、愛らしい猫や犬といった動物たちのポスター、宇宙を感じられる星々のポスターなどです。どれもサイズ、デザイン共に豊富なので、ネットでチェックするだけでなく、街のインテリアショップを見て回るのも、思いがけずお気に入りのポスターが手に入ることもあります

自然系のカラーが豊富なポスターが多いので、部屋もナチュラルテイストに仕上げると、ポスターがインテリアとして溶け込みやすくなります。壁に飾ったり、アクセントとして棚の上にフォトフレームへ入れて飾るのもおすすめです。

キュートな海外写真ポスター

海外写真ポスターは、デザインがキュートなものが多く、シンプルな部屋にもよく似合います。他のアイテムと色味を揃えても、ポスターを中心としたデザインにしてもまとまりやすいので、ポスターを試しに飾ってみたいと考えている人にもおすすめです。

反対に、海外写真ポスターは派手な印象や、ビビットな色使いが特徴のポスターもあります。こうしたポスターをあえてシンプルな部屋に持ってくることで、部屋の印象がきゅっと引き締まったり、ファッションにおける差し色のようにアクセントになったりします。

自分で使い方を考えやすいのも、海外写真ポスターの魅力です。

爽やかな海がデザインのポスター

ジクレーポスター 山下良平【Frontier 7】 (A1 841mm×594mm)

ジクレーポスター 山下良平【Frontier 7】 (A1 841mm×594mm)

16,500円(02/22 05:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

躍動感のある海をデザインしたポスターは、貼り方を工夫することでよりおしゃれに飾ることができます。おすすめは額縁を使った飾り方で、よりポスターの爽やかな印象を引き立ててくれます。

また立ったときの目線の高さにポスターの中心を合わせることで、他のインテリアとうまく溶け込みます。座ったとき、立ったとき、またベッドに寝転んだときなど、さまざまな角度からポスターをチェックすることで、ポスターをどんな位置に飾ると一番しっくりくるのか、確かめることができます。

海がデザインになっているポスターは、絵画で表現されたものもあれば、簡略化されたデザインとしてのポスターもあります。また写真を選べば別の印象になり、朝の海や夜の海など、時間帯によってカラーもまちまちです。

自分の部屋にはどんな海が似合うのか、考えながら選ぶのもまた楽しそうですね。

個性的なデザインのポスター

インテリアのアクセントがほしい、珍しいデザインのポスターがほしい、という人におすすめのユニークなポスターを、5つ集めてみました。

ウッド調家具に合わせたいポスター

木目のある家具や、木の温かみを感じる家具で部屋をそろえている人も多いのではないでしょうか。そんなウッド調の家具に合わせたいのが、英語のフレーズが入ったポスターです。

ウッド調の部屋の印象を引き締めてくれるほかにも、見た人にとってはインパクトのあるデザインなので、インテリアの主役としても活躍してくれます。また、ウッド調のフレームは種類も豊富で、比較的お手頃価格のものが多いので、サイズが大きめのポスターを飾りやすいのもポイントです。

英語のフレーズが入っているポスターは多いので、いろいろ探してみると自分が目標にしたい言葉や、好きな名言がデザインされているものもあります。そうした目線でポスターを選ぶのも、インテリアとして面白そうです。

印象的な個性派ポスター

見る人を「あっ」と驚かせてくれそうな、印象的かつおしゃれなポスターもおすすめです。部屋のインテリアの中心となってくれるだけでなく、部屋に遊びに来てくれた人との会話のきっかけにもなります。英語でメッセージが書かれているもののほうが、いろいろな部屋の雰囲気に合いやすいです。

印象に残りやすいので、自分のことを相手が覚えてくれるかもしれません。

ショップディスプレイ風ポスター

まるで商品を売っている店に来たかのような気分にさせてくれる、ショップディスプレイ風のポスターは、おしゃれな部屋を演出するのにぴったりです。ポスタースタンドと呼ばれる、ポスターを飾るためのインテリアを活用すると、よりお店らしくなります。

収納をする壁の後ろに飾ったり、棚の上にのせたりする人が多いようです。

コミカルでかわいいポスター

サイズが小さめでも、カラフルでコミカルな印象のあるポスターは、インテリアとして存在感を発揮してくれます。ポスターとしては小さいですが、一緒にフレームが付いてくるタイプのものなので、届いてすぐに飾れるのも嬉しいところです。

ポスターを置いてみたい場所、壁などを考えて選ぶのも、ポスター選びの楽しみの1つです。

ナチュラルテイストなポスター

シンプルな部屋に合わせたい人には、布をキャンパスにしたナチュラルテイストなポスターもおすすめです。英語とイラストを組み合わせたデザインは、ヴィンテージ感もあって部屋に落ち着いた印象を与えてくれます。レトロな雰囲気なので、額縁に入れたり、直接壁に貼ったり、使い方も自由自在です。

布製のポスターは紙とはまた違った雰囲気を持つので、ナチュラルな雰囲気をお部屋に求めている人は、候補として探してみるのもおすすめです。

ハイセンスなポスターの飾り方

欲しいポスターのイメージが決まったら、飾り方にもこだわりたいですよね。ここではハイセンスなポスターの飾り方をお伝えします。

サイズに統一感を出す

ポスターをいくつか飾りたいときには、サイズを揃えるとちぐはぐな印象にならず、部屋にまとまりを持って飾ることができます。同じサイズのポスターフレームを活用すると、1つ1つのポスターのサイズは違っていても、見た目の印象に統一感を出すことができるのでおすすめです。

ポスターそのものは値段的に安いものも多くあるので、ついついいろんな種類をそろえてしまいがちです。たくさんポスターを揃えたら、飾る時にはサイズに統一感を出すように飾ってみると、しっくりきます。

もし購入する前であれば、飾りたいポスターと同じサイズの紙を用意して壁に貼ってみましょう。実は意外にもポスターのサイズが小さかった、あるいは大きすぎた、ということに気付けます。

ランダムに飾る

海外でも人気の高い飾り方が、さまざまなサイズのポスターをランダムに飾ることです。ポスターのサイズも違うのに、不思議とまとまりのある飾り方をしている人がたくさんいます。

このとき注意したいのが、

  • どのラインでポスターをそろえるか
  • ポスター同士の間隔をどの程度開けるか

の2つです。ポスターのサイズは違っていても、中心線やポスターフレームの上か下のラインをそろえることで、印象がまとまります。またポスター同士の間隔が同じだと、見た目にも美しいです。壁に1回ずつかけると大変なので、床やテーブルなど、広いところで並べてみてから壁に飾るとうまくいきます。

家具と色合いと合わせる

ポスターを選ぶときに、家具と色味を合わせると、部屋の中に溶け込みやすくなります。ポスターと家具の一体感を意識することが、ポスター選びのコツの1つです。

100均で販売されているポスタースタンドや、フォトスタンドを活用するのもおすすめです。自分でアイテムのカラーを変えたりと工夫ができるので、家具との色合いを合わせやすくなります。また100均で購入できる布も、ポスターと部屋の印象をマッチさせるのに使えます。

たとえば赤色のポスターの下に赤い布を敷いたラックを置くと、印象がまとまりやすくなります。

額縁に入れて棚に置く

小さなサイズのポスターをフォトフレームや額縁に入れて、スタンドを使って立てておくと棚にも飾ることができます。棚の上に置くのもいいですし、棚の中に飾るのもおすすめです。移動も簡単なので、季節に合わせてポスターを変えたい人や、ポスターに画鋲などで穴を開けたくないという人にもぴったりの飾り方といえます。

棚の上に置くときは、ポスターだけだと寂しく見えることもあります。そうしたときには、手前にポスターより小さなインテリアと、その小さなインテリアとポスターの中間サイズのインテリアを置くと、バランスがよくなります。

ポスターを綺麗に保管

ポスターを季節によって交換したい、古いポスターも大切に保管したいというときのために、保管方法を知っておくと便利です。ここではポスターを綺麗に保管する方法を2つ、お伝えします。

丸めて傘立てに収納

丸めて収納してもよいポスターは、傘立てを使うと綺麗に収納できます。丸めたポスターは、棚やたんすに収納すると、ちょっとした圧力で曲がったり折れたりしてしまいます。こうしたことを防ぐために、傘立てを使うと外側からの圧力からポスターを守れるので便利です。

このとき、使う傘立てはシンプルな筒状のもので、ポスターの横幅より長めのサイズがおすすめです。ポスターよりサイズが小さくても入れることはできますが、傘立てからはみ出している部分はポスターが折れる可能性があります。

また丸めたポスターを傘を立てるように1本ずつ入れるのも良いですが、英語のフォントがあるものなど、曲がった跡があると見栄えがよくないものもあります。そうしたポスターは、傘立ての内側にそわせるように入れると、曲がるのも少なくてすみます。

一押しのポスターファイル

ポスターの保管で特におすすめなのが、ポスターファイルです。ポスターをそのままの形で保存できるクリアファイルで、折れたり曲がったりもせず、綺麗な状態で保存できます。

ポスターファイルが一押しの理由はもう1つあり、場所をとらないというメリットがあります。ポスターファイルそのものはサイズが大きいのですが、厚みは10枚挟めるもので2センチほど、20枚を超えても3センチ前後なので、タンスにしまっておいてもそこまで場所をとりません。価格はB2サイズのポスターファイルで4,000円前後です。

ポスターでお気に入りのお部屋にチェンジ

ポスターを活用すると、自分の部屋の雰囲気や印象を手軽に変えられるので、自分の部屋をすてきにチェンジすることができます。また飾り方を工夫すれば、同じポスターでも違った印象で楽しめるのがポイントです。

自分が目指したい部屋にあうポスター、自分が欲しいポスターを探して、理想のお部屋づくりをしてみませんか。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール