仕事術

年収600万の人の私生活とは?年収アップの秘訣を解説します 

安定した生活が送れる、ひとつのボーダーラインとされる年収600万円。そんな年収600万円の生活をイメージしながら、年収アップさせるための方法を一緒に学びます。自分の理想な生活を思い描くことは、実現させるための一番の近道となるでしょう。

年収600万円だとどのような生活ができるか知りたい

「年収600万円」とは、将来安定した生活が送れるかどうかのひとつのボーダーラインと考える女性は多いです。しかし「実際にどのような生活が送ることができるのか」「本当に安定した生活が送れるのか」そのボーダーラインの真意を知る人はきっと少ないでしょう。

年収600万円の生活レベルについて

実際に年収600万円を稼ぐ人は、税金や年金・保険などを差し引いた月々の手取り金額が30万円から35万円で、あとは年2回のボーナスをもらうことで、この数値に達している人がほとんどです。

しかし、女性の20代後半の平均年収は320万円から359万円となっており、30代では386万円、40代では423万円、そして50代でも445万円と、年収600万円にはどれも満たしていません。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の全体平均年収はそもそも415万円となっており、平均年収よりも約1.5倍高い年収600万円はかなり高い生活水準といえるでしょう。

年収600万を憧れる人が多い理由

ひとつのボーダーラインとして考える人が多い「600万円」という年収ですが、その数値に憧れている人はそれなりの理由をもっています。年収600万円に憧れる人が多い理由とは一体なんでしょう。

一番幸福を感じている人が多い

年収と幸福度には関係性があり、アメリカのプリンストン大学が2010年に実施した調査では、一番幸福を感じている人が多い年収は600万円だと結果を出しています。

しかし幸福度は年収と常に比例するものではなく、600万円の金額を超えると「喜び」や「満足感」といった感情が減少する傾向にあります。

「稼げば稼ぐほど幸せになれる」というわけではなく、年収が高い人は「何かを得れば何かを失う」という言葉の通り、幸せを犠牲にする人が多いといえます。

支払う税金が比較的低い

日本では「累進課税制度」が導入されているため、収入が多いほど所得税率が上がる仕組みになっています。せっかく稼いだお金を稼げば稼ぐほど多く徴収されるのはとても大きなストレスです。

しかし、年収600万円の人は年収900万の人が所得税率33%に対して、税率が20%と比較的低い数値となっています。高収入に比べて所得税率が比較的低いのも、年収600万円に憧れる大きな理由といえます。

年収600万円で得られる女性の幸せについて

女性の社会化が進み、男性よりもキャリアアップを重ねる女性も珍しくない社会となりました。また、女性を中心に活躍する会社も増えています。

経済的にも自立することができる

自立した生活ができることで人生のパートナーに対する経済的な条件をもつ必要がなくなり、自由な恋愛をすることができます。また転職先やキャリアアップ方法など、仕事においても制限なく選択することが可能です。

自立することで何事にも自由に選ぶことができ、より人生を楽しむことができるでしょう。

将来に対する不安が減る

将来一番不安なことといえば、老後のお金のことを心配する人が多いでしょう。年収が600万円あれば、十分な収入から貯蓄ができ定年後の老後資金や不動産の購入などにあてることも可能です。計画的な貯蓄をすることは、それだけで精神的な安定につなげてくれます。

また、将来に対する不安から焦って結婚のことを考える必要もなくなり、ゆっくりと恋愛を楽しめます。そんな大人の余裕は、きっと魅力的な女性に魅せてくれるでしょう。

年収600万円の人の割合について  

近頃はゆっくりと景気が回復傾向にありますが「あまり稼ぐことができない」というイメージは払拭できてません。いわゆる「勝ち組」とよばれる年収600万円の人は、一体どれくらいの割合を全体で占めているのでしょうか。

労働者全体の約19%

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、2015年において年収600万円以上の人の割合は労働者全体の約19%でその中における女性の割合は約5.6%です。

平均年収が420万円と考えると、年収600万円は平均を大いに上回っているため実現しづらい数値といえます。20代に絞ったデータでは、年収600万円の割合は約4%で、20代前半に限定するとその割合は0%に近い数値になってしまいます。

ほとんどが40代から50代

調査によると年収600万円の人は、40代から50代の働き盛りの男性が最も多く一定の役職に就いている人がほとんどです。年功序列が強く残っている日本では、役職手当などで優遇されることにより年収を大幅に増やせることができるでしょう。

しかし、大企業であれば係長クラスで年収600万円を見込めますが、中小企業であれば課長クラスでも見込めない場合があります。また、業種にも大きく左右されます。40歳を過ぎていても年収600万円を上回るのは、なかなかハードルが高いのが現実です。

年収600万円の人が支払う税金と手取りについて

もし年収が上がっても、支払う税金も一緒に上がることを決して忘れてはいけません。年収600万円でも実際に使えるお金は意外と少ないものです。お金は限りある資源ですので、しっかりと支払うお金について理解することが大切です。

所得税と住民税の合計はおよそ100万円

年収600万円の場合、支払う所得税は約50万円(1/12ずつ毎月、源泉徴収されます)、住民税は約47.1万円で合計約100万円にのぼります。またその他の保険料なども差し引かれるため、手取り金額は470万円から490万円になるでしょう。

月額の給与は約30万円

手取り金額が470万円から490万円になるため、ボーナスを4ヶ月分として考えると、約480万÷16で毎月の給料は約30万円です。決して裕福な家庭と言い切れる手取り給与ではありません。

たとえ年収600万円になっても、浪費くせがついてしまったりぜいたくな生活をしていると、一気に以前の生活ラインと同じになってしまいます。場合によってはそれ以下に陥ってしまう恐れもあるため、うかつにお財布のひもを緩めないように意識することがとても大切です。

年収600万円になってできること 

「将来への安心」の指標として、多くの人が目指す年収600万円という壁ですが「多くの人が目指せれる」という点では現実的な金額だともいえます。そんな年収600万円で、新たにできることとは一体なにがあるでしょうか。

お金は、大きければ大きいほど自由に使えるお金も大きくなります。そのため、お金の使い方への選択肢もきっと増えることでしょう。

家賃12万から15万のところに住める

以前のバブル経済の頃は、家賃の目安は年収の30%ほどでしたが、今は基準値が下がっており、年収の20%から25%ほどが適正です。そのため年収600万円の人の家賃の目安は、12万円から15万円です。

毎月の手取り金額を30万円と仮定すると、家賃12万円では給料の残りは18万円です。生活をするには十分に余裕がある金額といえます。しかし、入居審査の基準は、年収だけで決まりません。現在の職業や過去の滞納歴、また第一印象も審査されます。年収は基準の一つとして考えることも忘れないようにしましょう。

毎月平均6万円の貯金ができる

一般的に毎月の貯金の目安は年収の10%ですので、年収600万円の場合は、毎月約6万円が目安となります。これ以上を貯めようすると、生活に無理が生じる場合があるので注意が必要です。

貯金がうまくできない人は、定期預金や財形貯蓄などを利用するのもひとつの手法です。ただし、家計簿をつけるだけでも家計管理を行うことができ、気付かないうちにしていた無駄な浪費を減らすことも可能です。まずは家計簿をつけることから始めましょう。

投資運用などにお金を使える

年収が600万円あればただ貯金するだけでなく、お金を投資したり運用したりして増やすことができ、お金の余裕もうまれます。特に近頃は不動産投資として、アパートやマンションなどを経営する人も増えています。

株や先物取引とは違い、不動産投資は景気に左右されにくく、しっかりとした仕組みができれば不労所得となり大きな資産に変わります。しかし、投資運用は必ずリスクも伴います。

高いスキルや経験値が必要なときもありますので、本職との兼ね合いも考えながらしっかりプランニングすることがとても大切です。

家賃別年収600万円の生活プラン 

豊かな生活が実現できる年収600万円の生活プランです。家賃ごとにどのくらい貯金ができるのか、どんな生活ができるのか、シミュレーションしながら自分に合った生活を見つけましょう。

家賃13万円のところに住んだ場合

おおよその出費の割合は、家賃が13万円、食費が2万5千円、光熱費が1万千円、美容代が1万円、娯楽費と交際費が3万円、通信費が1万千円、その他購入費が4万円で合計が25万7千円です。

無理のない生活が十分にできるうえ、貯金も毎月7万円することができます。自炊などを心がければ、食費をもっと減らすことも可能でしょう。

家賃を10万に抑えて貯金をする

おおよその出費の割合は、家賃が10万円、食費が2万5千円、光熱費が1万2千円、美容代が1万円、娯楽費と交際費が3万5千円、通信費が1万円、その他購入費が4万円で合計が23万2千円です。

家賃を目安以下に抑えられているので、毎月9万5千円の貯金をすることができます。貯金額の内の数万円を旅行費にあてれば、年に1回は海外旅行も楽しむことができるでしょう。

年収600万円で住める間取りについて 

マンションと一戸建てでは、住める間取りや地域などにどんな違いがあるのでしょうか。双方のメリットやデメリットを比較しながら、より自分のライフスタイルに合った物件を探しましょう。

都内でも1LDK から2LDK に住める

家賃を約15万円払えば、都内でもデザイナーズマンションの1LDK から2LDK に住むことができます。交通の便が非常によい港区や渋谷区に関しては、ワンルームや1Kのマンションが多いですが、駅から少し離れたり築年数にこだわらなければ同じく1LDK から2LDK に住むことができるでしょう。

一戸建でも賃貸可能

マンションは利便性に優れてますが、騒音などのストレスを感じる人も多いです。それにひきかえ、戸建てはプライバシーがしっかりと守られるうえ、駐車場付きの物件を探せば駐車場代が無料で使うことができるので、車を所有している人には特におすすめな物件です。

間取りは2LDKから3DKが基準です。しかし交通の便が非常に良くないものや、とても古い物件など想像以上に不便なものもあるので一戸建ての場合はマンション以上に下調べが大切です。

年収600万になればマイホームの夢も叶う

住宅ローンを組むのに、年収600万円以上という条件であることが多いため、賃貸ではなくマイホームの購入も視野にいれることができます。住宅ローン10万円で生活プランを考えた場合、食費が5万円、光熱費が1万5千円、娯楽費と交際費が3万円、通信費が1万5千円、その他購入費が2万円と考えても、貯金を毎月7万円することができます。

無理のない生活ができるのであれば、マイホームの購入も夢ではないでしょう。

年収600万円の人の住宅ローン返済プラン

住宅やマンションを購入するために、まずは住宅ローンについての知識を知ることが大切です。知識が足りなければ、「こんなはずではなかったのに」と後悔してしまうかもしれません。理想のマイホーム生活を過ごすためにも、年収600万円での返済プランをしっかりと理解しましょう。

毎月の返済上限額は約17.5万円

借りられる住宅ローンの上限額は年収によって返済比率が決まっており、その返済比率で知ることができます。しかし返済比率は各金融機関によって異なるため、一律で計算することはできません。

たとえばある銀行の返済比率が、年収600万円の場合は35%だと仮定します。600万×35%は210万なので、借りられる住宅ローンの上限額は210万円。そして毎月の返済額の上限は約17万5千円となります。

借りられる住宅ローンは3952万円まで

利息部分は多くなるが毎月の支払いが一定となる「元利均等返済」か、利息部分は減っていくが始めの支払いが高くなる「元金均等返済」かの、どちらかの返済方法を選択し、金利の設定も同時におこないます。

ここでは計算しやすい元利均等で、返済期間を35年と金利4%で計算すると、年収600万円の人が借りられる最大額の住宅ローンは3952万円となります。

年収600万円の私生活について

年収が増えれば、今よりもランクアップした生活を過ごすことができます。では、実際にどのような生活が可能なのか、充実した生活はおくれるのかいろいろな角度から見てましょう。

ステータスの高い車を購入できる

車の購入にはローンを組むことがほとんどですが、その金額は年収の30%が妥当です。年収600万円であれば、180万円から300万円の車を買うことが可能です。これほどの予算があれば、国産コンパクトカーの新車から中古の輸入車まで、幅広く自分の好みに応じた車種を選ぶことができます。

200万円代で購入できる、女性におすすめの車種は以下の三つです。

「メルセデスベンツA180」は金額が約298万円です。ベンツ独特の高級感あふれる造りがポイントで、初めての輸入車でもゆっくりと安全運転ができます。

また分厚いドアやボディの作りも特徴的で、多少の衝撃を耐えられるとても頑丈な構造となっています。エコカーのため重量税や自動車取得税が減税になるメリットもあります。

「アウディA1」は金額が約249万円です。女性的なエレガントなデザインが魅力で、2ドアで小型なコンパクトカーでありながらも、力強い走りが特徴的な車です。クオリティの高いシートは長時間運転していても疲れにくく、人気の高い輸入車です。 

「マツダ ロードスター(スポーツカー)」は金額が約249万4800円です。軽快の走りで人気を博した初代ロードスターのカタログコピーで、先進の安全技術と最新技術が標準装備されています。進化したスポーツカーとして、とことんかっこよさを追求した造りとなっています。

年に1度は海外旅行に行く

家賃が11万円、飲み会が週に3・4回、財布やバッグはプラダなどの一流ブランドで購入している年収600万円の文系学部卒の女性は、年間50万円ほどの貯金もしながら年に1回の海外旅行と年に2・3回の国内旅行を楽しんでいます。

無理な節約はしておらず、残った生活費を貯めるだけで実現するそうです。意識が高い人はもっと貯金額を増やすことで、長期な海外旅行にも行けることができます。夏休みなどの長期休みも有効的に使えるでしょう。

旅行では空港のラウンジを利用する

「プラチナカード」とはゴールドカードを超えるサービスが受けられるクレジットカードの一種で、カード会社によって異なりますが、年収約500万円を超えないと作成することができないカードです。

このカードを作ることにより、空港のラウンジでいつもより優雅な時間とサービスを無料で受けることができます。ステータスの1つとして数えられており、作って損のないカードでしょう。

エステやスパなどに通える

自由になるお金も増えるので、エステやスパなどを楽しむこともできるようになります。高級ホテルで質の高いサービスやハイレベルな技術を堪能し、セレブリティな体験をすることも可能です。

またダイナースクラブでは、クレジットカードの特典による優待サービスもあり、特別価格で体験することもできます。

ワンランク上のクレジットカードの紹介 

高い年収や安定した職業などの高いステータスがないと作ることができない、ワンランク上のクレジットカードは、サラリーマンがいつかは持ちたいと憧れるほど、限られた人しか持てないプレミアムなカードです。

サービスが充実したダイナースクラブカード

年会費は23,760円で、おもなサービス内容は「空港ラウンジの利用」「海外傷害保険などの保証」「年中無休24時間対応のコールセンター」「スパの優待サービス」など、充実した内容が魅力的です。

また、ダイナースの名前は「食事をする人」という意味に由来していることもあり、「ダイニングのサービス」も設立当初から力をいれています。店舗数に関しても、他の会社より圧倒的に多く、都心部や幅広い地域まで約600店舗以上でサービスを受けることができます。

ステータス性の高いアメックスゴールドカード

年会費29,000円で、今もなお、ゴールドカードといえば一番に名前が出てくる、非常に高いブランド力とステータス性を誇るカードです。おもなサービス内容は、「空港ラウンジの利用」「手荷物の無料宅配」「空港送迎のサービス」「高級レストランの食事一名分無料」「家族カード一枚目無料」などと、サービスも豊富です。

また、海外旅行に傾斜したプランや海外旅行の有事の際の補償など、国外旅行での保険や補償が非常に手厚いのも特徴的です。

年収600万円の人の運用プラン 

資産を増やすために、運用に挑戦してみるのもひとつの方法です。しかし「何をすればよいのか分からない」「年収600万円でも可能なのか」など、初めてのことに躊躇してしまうのは当然なことでしょう。

年収600万円の人に合わせた運用プランを知ることは、そんな不安を解消し運用の挑戦の道へとつなげてくれます。ぜひ、自分の身の丈に合った範囲で実践していきましょう。

最初は国内株式や国債など

普段の生活に困らない程度に少しずつ投資をおこない手堅く増やしていくのが、年収600万円の人の基本的な投資プランです。大幅に資産を使わないことが大切です。

利回りが低いですが、価値が暴落するリスクも低い国内株式や国債などの金融商品を中心に、投資をおこなうとよいでしょう。

不労収入が得られる不動産投資

約100万円の自己資金から十分に借り入れすることができ、条件がそろえばフルローンをすることも可能なので、比較的に簡単に不動産投資は始めることが可能です。

しかし約4割の人が「空室が埋まらなかった」「修繕費や維持費に出費がかかりすぎた」などの失敗をしており、事前の勉強と念入りな計画がとても大切です。

多かった成功理由として「本をたくさん読んで、知識を身につけた」「不動産会社に細かく質問をした」などがあり、じっくりと計画を立てることで失敗するリスクが下がるといえるでしょう。

年収が600万円あるならば、まずは貯金をして資金を貯めることも大切です。

年収600万円の職業とは

年代や性別などで一概にその職業が年収600万円だとはいえませんが、「行政書士」「税理士」「社労士」「通訳者」「小学校教師」「ITコンサルタント」「プログラマー」「自衛隊」「消防士」などの職業は、年収が600万円以上の人がほとんどです。

特徴として、国家試験もしくは特殊な技術が必要な職業だったり、公務員や厳しい肉体労働を要する職業が多いでしょう。

年収600万への近道について 

これまで年収600万円でのライフスタイルを中心にみてきましたが、実際に年収を上げるためにはどのような手段があるのでしょうか。また、その近道とは一体なんでしょうか。

管理職を目指す

20代後半からの転職は、とても安易ではありません。ましてや、今よりも高収入がもらえる職業に就くとなると非常に厳しい道のりになります。

場合によっては、収入が減少してしまう恐れもあるため、そんな大きなリスクを負うよりも今の仕事の管理職を目指した方がよい場合もあります。

管理職は実績を積むことを求められるため、ある程度の残業や拘束を覚悟しなければいけませんが、周りの信頼さえ勝ち取ることができればスムーズにキャリアアップへつながりやすい職種ともいえます。

履歴書や職務経歴書を見直す

TOEICや行政書士などの資格を取っていても、収入を増やすことは難しいです。年収600万以上を稼ぐためにはなにより実務経験が重要であり、英語や会計などのスキルは当たり前と思われがちです。

特に転職を考えている場合は、履歴書や職務経歴書を見直すことがもっとも大切です。プロに依頼することで自分の能力を会社に分かりやすく伝えてくれるので、給料アップにつなげることができます。

勝負の仕方を考えることも、年収600万円以上を稼ぐための近道になるでしょう。

女性の多い職場を選ぶ

女性が多い職場は出産や育児などの優遇制度があることが多く、働き続けやすいメリットがあります。また、男女の差別がなく能力を平等に評価してもらいやすく、気持ちよくキャリアアップを望むことができるでしょう。

女性の多い職場には子育て向けの商品を扱う会社や、幼児向けの教育商材を扱う会社などがあり、女性の視点を取り入れることに重点を置いた企業に多い傾向があります。

年収600万円あればかなりゆとりのある生活が送れる

「年収600万円」を実現させることは、とても簡単なことではありません。しかしゆとりのある生活を送るために、今の場所からステップアップすることは、自分を成長させるよい機会にもなります。

自分が思い描く理想の生活プランをしっかり持ち、業務の専門性を高めたり、場合によっては転職をおこなうなど年収アップのためにすべきことをぜひ考えてみてください。

今よりも、もっと幸福な生活が待っているでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール