• HOME
  • 働く
  • 仕事術
  • 社会的地位が高い人とは。向上させる方法を知るために参考にしよう
仕事術

社会的地位が高い人とは。向上させる方法を知るために参考にしよう

裕福な暮らしに憧れているなら、社会的地位が高い人を参考にしましょう。社会的地位が高い職業や、社会的地位が高いことのメリットを参考にし、自らの社会的地位を向上させるために役立てましょう。それらの中から自分でできることを見つけることが大切です。

社会的地位の高い職業ランキング

社会的地位が高い人の特徴を知るために、社会的地位が高いといわれている職業はどのようなものがあるのかを確認していきましょう。その職業はどのようなものか、どうして社会的地位が高いといわれているのかを知ることで、社会的地位を向上させるヒントを得られるかもしれません。

また、社会的地位が高いことにはどのようなメリットがあるのかも知っておくとよいです。社会的地位を向上させる方法を知るために、さまざまなことを学んでいきましょう。

社会的地位の高い憧れの職業

社会的地位の高い憧れの職業にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

選挙を勝ち抜いてきた政治家

政治家は社会的地位の高い職業の代表格といえるでしょう。選挙に負けてしまったらただの人になってしまいますが、選挙に勝ち抜いてきた政治家は、衆参議員や地方自治体を代表する人になります。

政治家の中では、首相が最も社会的地位が高いです。国会議員の中から国会の議決によって指名される首相(内閣総理大臣)は、日本を代表する人。一般市民は、政治家に対して社会的地位が高い憧れの職業だというイメージを持っていますが、政治家は首相に対して社会的が地位が高い憧れの職業だと思っています。

司法試験が必要な裁判官

裁判官は、社会的地位の高さではトップクラスともいえる職業です。裁判官になるには、法学部に入った後に、司法試験に合格する必要がありますが、難易度が高いので簡単には受かることができません。また、難関の司法試験に受かったとしても、その後1年間司法修習という研修を受け、裁判官、検察官、弁護士のいずれかを選択します。

裁判官を選択できるのは、資本試験の成績や修習中の試験がトップクラスであることが必須であり、さらに人を平等に見ることができる優れた人格であることも大切。世の中の善悪の判断を委ねられ、人の人生を大きく左右することになるので、頭脳も人格も優れている人でないと、裁判官という職業に就くことができないのです。

高い学力が必要な医師

医師になるためには、高い学力が必要です。医師を目指すためには大学で医学部に入学するところから始まります。トップ10に入るような国公立の医学部の偏差値は全て70以上。東京大学の医学部の偏差値は80以上です。私立大でも同じく、トップ10に入るような医学部であれば偏差値70くらいは必要なので、理系の中でもトップクラスの学力がないと医学部に入学することはできません。

医学部に6年間通い、医師免許を取得して2年間研修医として勤務した後に、ようやく医師になることができるのです。そして人々の健康や命を救うために働きます。医師になることは簡単なことではありません。難関の試験を突破し、その後の数々の試練を乗り越えた人のみが医師になることができます。医師が社会的地位が高いというのは、誰もが納得できることでしょう。

専門分野への知識が深い大学教授

一般的に、大学教授も社会的地位が高い職業だというイメージが強いです。大学教授は専門分野への知識が深く、その知識を生徒に伝授していきます。さらに、論文を書いて発表し、世の中のためになる情報を提供することも仕事です。

すべて人々の役に立つ内容で、大学教授になるには、国家資格は必要ありませんが、ほとんどの大学教授が大学院を出ており、博士号を持っています。その後すぐに大学教授になれるのではなく、まずは助教として勤務し、准教授になり、その後ようやく大学教授になるという流れです。これらのステップを乗り越えた人のみ、大学教授という職業に就けます。一般的には、大学教授という職業に就ける年齢は40代半ば~50代頃が多いです。

希少価値の高い航空パイロット

パイロットという職業にあこがれを抱いている人は多く、社会的地位が高いパイロットになりたいと目指している人もたくさんいます。しかし、実際にパイロットになるためには、厳しい訓練を受け、さまざまな条件をクリアすることができなければいけません。飛行機を操縦することは、空の上で乗客・乗務員の命を預かるということでもあります。その安全を守るためにも、高度な技術と専門的な知識が必要です。

難解な関門を突破してようやくパイロットの訓練生になります。訓練生の間は、休日であっても路線、空港、法律、気象、社内規定など、さまざまな勉強をしています。訓練を終えたら副操縦士になり、何年も経験を積んだ後に機長訓練コースに合格し、機長に昇格するという流れです。

社会的地位が高いことのメリット

社会的地位が高いことのメリットにはどのようなことがあるのかを確認してみましょう。

他人に対してマイナスの感情を抱かない

社会的地位が高い人は、他人に対してマイナスの感情を抱かない傾向があります。心に余裕があるので、人に対して恨みや嫉妬の気持ちを抱くことがほとんどありません。社会的地位が高いと、自分に自信を持つことができるので、堂々とできます。そのことも、他人に対して恨みや嫉妬を抱くことがない理由です。

一般的には、「あの人に勝ちたい」「もっと出世したい」など、さまざまな欲を持っています。そしてその欲が満たされないと、他人に対して恨んだり嫉妬したりすることが出てくるものです。しかし、社会的地位が高くなると、それらのマイナスの感情がなくなります。

お金に困らず好きなものが買える

社会的地位が高い職業は、一般的な平均収入をはるかに上回る収入があります。経済的に余裕があるので、お金に困らず好きなものが買えるということがメリットです。

その代わり、その職業に就くまでには、優秀な頭脳や専門的な知識、長い経験等が必要で、難関の試験をクリアするなど、数々の試練を乗り越えなければいけません。また、その職業に就いた後も新しく更新される情報の勉強が欠かせないなど、プライベートの時間が確保できないほどに忙しく働いている人が多いです。誰でもできるような簡単な職業ではなく、その職業に対する評価が高いために、高収入が得られるということもいえます。大変な職業ではありますが、お金に困ることはないので、欲しいと思う物のほとんどが手に入るともいえます。。

他人から頼られたり称賛される機会が多い

人として尊敬されることが多く、他人から頼られたり称賛される機会が多いです。立派な職業に就いているのであれば、それだけでも尊敬の念を抱かれます。

仕事に関することに限らず、社会的地位が高いと普段の生活態度も凛としており、マナーや礼儀、TPOなどをわきまえて行動できる人が多いです。会話の内容が知的であり、行動力もあるため、存在感があります。普段の生活の中でもリーダー的な存在になり、周囲から見たら憧れの人になることでしょう。

人脈が広がりやすい

人と交流する機会が多いので、人脈が広がりやすいです。社会的地位が高い人同士の交流も多く、職業も年齢もさまざまな人と知り合うので、より知識が豊富になり人生も豊かになります。

また、自ら交流を求めなくても、社会的地位が高いと自然と人が集まって来るものです。その中には金銭目てなど良くない目的で近寄ってくる人が紛れているかもしれないので、警戒心を持つことも大切。しかし、人との出会いは素晴らしいことです。人脈が広がれば、将来のために役立ちます。

異性から人気がある

社会的地位が高い人は、輝いて見えるものです。同性から見ても憧れを抱かれることが多いのですが、異性から見ても素敵に見えるので人気があります。

服装や身につけるものが上品などの外見的な魅力だけでなく、心も美しくマナーが身についているなど、内面も魅力的だからです。知識が深く会話能力があるので、初対面の人でも会話が弾みやすいということも人気がある理由の1つ。そのため、同性からも異性からも好かれます。

社会的地位を向上させる方法

社会的地位が高い人の職業や特徴などを参考にした上で、自らの社会的地位を向上させる方法を学んでいきましょう。

収入の高い職業へ転職する

現状に満足できていないのであれば、収入の高い職業へ転職するのも1つの手段です。行動しなければ何も始まりません。今よりも収入の高い職業へ転職できるのであれば、社会的地位を向上させるきっかけになります。

収入は、社会的地位が高いかどうかを判断する1つの材料です。一般的な平均収入よりもあきらかに高い収入であれば、社会的地位が高いと判断されることになるでしょう。経済的な余裕ができ、上質なものを身につけるなど、今までとの違いが表面化されます。また、誰からも尊敬されるような職業に転職できれば、より理想的です。

難しい資格を取得する

国家資格などの難しい資格を取得することも手段としておすすめです。一見遠回りに思えるかもしれませんが、難しい資格を取得できれば、その先には、一部の限られた人しか就くことができない、社会的地位の高い職業に転職できるチャンスが与えられます。

難しい資格を取得するためには、長い時間をかけて勉強する必要があります。簡単には受かることができない難関な試験をクリアしてから、社会的地位の高い専門的な職業に就職することができるのです。大変な道のりではありますが、社会的地位を向上させるためには必要なことなので、しっかり時間をかけて資格を取得するための勉強を始めましょう。

言葉遣いや身だしなみに気をつける

社会的地位が高い人の多くに共通していることが、言葉遣いや身だしなみが整っていて清潔感があるということです。言葉遣いは丁寧で、相手に対して不快な気持ちをさせることはありません。人によって態度が違うなどということもなく、誰に対しても平等に接し綺麗な言葉遣いで話をします。

また、服装や身に付ける物のすべてが上品で清潔感を漂わせていることも特徴。これらは気をつければ誰でもできることなので、まずは言葉遣いや身だしなみに気をつけることを毎日続けましょう。

上質なものを使うようにする

上質なものを使うようにするのもおすすめ。鞄や靴やアクセサリーや時計など、毎日身につけるものを上質なものにすることが、社会的地位を向上させることにつながります。

ただし、高級品をたくさん買うようにすすめているのではありません。社会的地位が高い人ほど、1つのものを大切に丁寧に使っている傾向があります。上質なものは丁寧にお手入れをすれば長く使えるので、上質なものを長く大切に使うことをおすすめします。

豊富な知識を身につける

ただ良いものを身につけて、見た目だけ見栄を張っても意味がありません。外見だけを向上させるのではなく、豊富な知識を身につけて内面も向上させることが重要です。

豊富な知識を身につけるためには、興味がある分野または勉強したい分野の講習会に行くのがおすすめ。例えば、ビジネスに興味があれば、契約についてなどビジネスの基礎知識が学べる講習会があります。豊富な知識を身につけることが第一の目的ではありますが、講習会に行くといろいろな人と知り合うことができるので、人脈を深めることもできるというメリットもあるのです。

周りから尊敬されるような人物を目指そう

見た目を着飾るだけでは社会的地位の高い人になることはできません。外見も内面も磨き、そして勉強して知識を深めるなどの努力も必要です。

社会的地位が高い職業は、社会や人の役に立つような仕事内容であり、優秀な人材でなければその職業に就くことはできません。簡単にできることではないために、周りから尊敬されているのです。しかし、職業に関係なく、言葉遣いや身だしなみに気をつけるなど、社会的地位を向上させるためにできることはあります。周りから尊敬されるような人物を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧