• HOME
  • 恋愛
  • 告白後に保留期間を置く男性の気持ちとは?男性の心理とその対処法
恋愛

告白後に保留期間を置く男性の気持ちとは?男性の心理とその対処法

「勇気をだして告白したのに、彼からなかなか返事がもらえない」そんな悩みを抱えている女性のために、告白後に保留期間を置く男性の心理をまとめてみました。男性の心理を知る事で心に余裕が生れます。焦らずに自分のペースで悩みを解消していきましょう。

告白を保留にする男性の本音とは

勇気を出して告白をしたのに、なかなか返事がもらえないことに悩む女性が意外と多いです。「好きではないから断る理由を考えている」「返事をするのが面倒だから、流そうとしている」など、時間が空けば空くほど、ネガティブな考えがよぎるでしょう。

告白を保留にする男性の本音を知ることは、そんな悩みを解決するきっかけになります。気持ちをすっきりさせるためにも、相手の本音をぜひ探ってみましょう。

告白の返事に保留期間を置く男性の心理

「好きな人に告白されたらすぐに返事がくるはず」と思っている人は多いでしょう。しかし、「草食男子」という言葉がはやったとおり、気持ちをなかなか行動にうつせない人、またはうつさない理由がある人もいます。

付き合いをプラスに考えて、返事の保留期間を置いている男性もいるので、しっかり相手を見極めることが大切です。

気になる存在になった

今まで全く気にしていなかった相手に、急に告白されたときに多いパターンです。告白されたことがきっかけで相手が気になり始め、彼女として初めて意識し始めます。

また「断るのがもったいない」と、告白されたことに対する嬉しさから、保留期間を置く人もいます。保留期間の間に、付き合った場合のシミュレーションをおこなう人が多く、今までと違う関係性や周りの影響などを考えます。

同じ職場であれば、より環境のことを気に掛けるでしょう。気持ちがよい方に固まれば、イエスとなる可能性が高く、前向きな保留期間は、よい結果になりやすいといえます。

キープしておきたい

他にも気になる女性がいるときに多いパターンです。もう一人の相手と上手くいかなかったときのために、「とりあえずキープをしよう」という気持ちから保留期間を置いてます。二番目の女性として考えているので、告白が成功する確率は低いといえます。

また、自分の気持ちを確かめるために保留期間を置く人もいます。「告白してきた人と、気になっている人とどちらが本当に好きなのか」「気になる人と本当に両想いになれるのか」など、自分の今後のことを冷静に判断する時間が使います。

後者であれば、「好きな人と付き合う」ことよりも「彼女を作る」ことに重視しているので、告白が成功する確率は高いといえます。

将来のことも視野に考えている

「付き合うなら結婚も考えたい」と思ってる人も保留期間を置きます。結婚を前提とした付き合いは、相手が真剣なのかを見極めたり、自分の将来のことを考えたり、家族のことも考えたりと、すぐに返事をするのは難しいといえます。

家族と仲のよい男性ならば、付き合う前に、親や兄弟に相談する人もいるかもしれません。「本当に付き合うか、それとも付き合わないか」その答えを出すだけでも、1カ月以上かかる人も多いでしょう。

相手への本気度が高いほど、保留期間も長くなる傾向にあります。じっくりと焦らず待つことで、お付き合い以上の結婚を得ることができるかもしれません。

今付き合っている相手との関係を整理したい

相手に付き合っている人がいるときに多いパターンです。二股にならないために、彼女との関係をきちんと整理してから、気持ちに答えようと考えていることが多いです。

相手に恋人がいることを知っているのであれば、相手のことを信じて、根気よく待ち続けましょう。場合によっては、半年以上の年月が必要な場合もありますが、きっとよい返事になるでしょう。

また、「自分の気持ちの整理がしたい」と保留期間を置く人もいます。「付き合っている彼女と本当に別れるべきなのか」など、まだ答えを出していない場合は、もっと長期戦になることがあります。いずれにしても、付き合うことに前向きな保留期間といえます。

 相手の気持ちがわからないとき。片思いや恋人の気持ちを確かめる方法

告白後の保留期間の過ごし方

告白後の保留期間中は、どうしても心が落ち着かない日々になるでしょう。焦る気持ちもあると思いますが、相手は返事を考えている最中なので、その間に自分の印象を落とさないよう、気を付ける必要があります。

基本的には普段通りに接する

相手のことを意識するあまり、過剰に避けたり、そっけない態度をとったりしてしまうと、「本当に好きなのかな」「告白は本気だったのかな」と相手を不安にをさせてしまいます。また、反対に明るくふるまったりすることも、不自然な挙動にとらえられ、相手が不信に思う要因になりかねません。

告白成功の確率を下げないためにも、告白する前と同じ自然体でいることがとても大切です。いつもの姿を見せるだけで、告白を成功させることは可能です。けっして、自ら可能性をなくすようなことは、しないように気を付けましょう。

積極的にデートに誘う

「保留にしてる間も、変わらず好きでいてくれる態度に惹かれ、好きになった」という人もいるように、自分のことをもっと知ってもらうために、二人きりで過ごす時間を作るのもよいでしょう。

積極的にデートに誘うことは、「相手に振り向いてもらいたい」という素直な気持ちが伝わりやすく、その熱意が告白の返事をよい方向へ導いてくれるかもしれません。しかし、あまりにもしつこく誘ったり、自分だけのスケジュールを押し付けたりするなど、身勝手な行動にならないように気を付ける必要があります。あくまで相手のスケジュールに合わせ、少しずつ自分のことを知ってもらうことが大切です。

自分の好きなことをする

告白の保留期間中は、どうしても気持ちが落ちこみやすいです。しかし、落ち込んでいても、よい返事がもらえるわけではありません。趣味や好きなことに打ち込み、有意義な時間を過ごすことは、沈んだ気持ちを紛らわせるだけでなく、心に余裕がうまれ、相手にも、今まで通りに接することができるメリットもあります。保留期間中は、とにかくポジティブに過ごすことが大切です。

自分磨きをする

告白した相手と顔を合わせる機会が多い人は、特に自分磨きをするとよいでしょう。ファッションやメイクなど、好きな人の好みが分かるようなら、相手の好みに近づける努力をすることが大切です。髪型やメイク、ファッションを変えるだけでも、とても印象が変わります。相手から魅力的だと思われるようにすることも、告白の成功率を上げる一つの方法です。

また、自分に自信を持てない人も、自分磨きをすることで自信をつけられるようになります。もっと輝いた女性になるためにも、努力を惜しまないようにしましょう。

 自分磨きをしよう。人から好かれる方法を知り目標を決めて取り組もう

告白後の保留期間中に控えたいこと

少しでも、告白の成功率を上げようと頑張ったことが、結果的に下げる原因になってしまっては本末転倒です。告白の保留期間中に控えておくことをしっかり把握することも、告白を成功させるためにとても大切なことです。

告白の話題を避ける

意外に思うかも知れませんが、告白の話題にふれないことも、保留期間中は控えるべきです。ベタベタと触れ合ったりするなどの、告白がなかったかのような振る舞いは「本気じゃないのかな」「もう考えなくてもいいのかな」と相手を勘違いさせてしまいます。
ある程度の緊張感を保ちながら過ごすことで、相手に自分を意識させ、今までの関係性を変えてくれるため、保留期間中は告白の話題を避けないことが大切です。

体の関係を持つ

返事よりも先に体の関係を許してしまうと、「遊びの関係」と相手にとらえられてしまい、曖昧な関係が何年も続いてしまう恐れがあります。そんな半端は関係にストレスがたまり、関係が悪化していくだけでなく、本命の彼女になる可能性も遠のいていくでしょう。

返事を催促する

返事をせかしてしまうと、相手の負担になるだけでなく、嫌われてしまう可能性があります。「自分のことを考えてくれない自分本意な人」そんな風に思われてしまったら、よい返事はきっともらえないでしょう。相手の気持ちが固まるまでは、催促せずに待つ心の余裕を持つことが大切です。

ネガティブなことを言う

冗談でも、相手を困らせることはやめましょう。「どうせダメだ」「もう振られている」などのネガティブな発言は、相手を不快にさせるだけです。返事をもらう前に、好き勝手な言動や行動をおこなうのは、マイナスイメージになるだけですので、自虐的な言動は慎しむようにしましょう。

告白後の保留期間が長い場合の対処法

告白をした側としては、一刻も早く返事がほしいと思う人は多いでしょう。もし好きなのであればすぐによい返事がくるはず、でも嫌いでもすぐに断りの返事がくるはず、など。保留期間が長ければ長いほど、そんな不安な気持ちが増していくでしょう。情緒不安定な状態にならないためにも、対処法を実践していくことはとても大切なことです。

期間を決める

告白の保留期間は、二人の関係性や相手の性格によって、短かったり長かったりと大きく異なります。付かず離れずの関係性が長く続けば、諦めもつけづらくなります。

そうならないためにも、自分の中で返事を待てる期間を決めておくことが大切です。その期間が過ぎても答えがもらえなかったときは、「すっぱり諦めて気持ちを切り替える」と心に決めておくことで、ズルズルと相手の気持ちを引きづることがなくなるでしょう。

脈なしと考えて次に進む

1カ月以上たっても、相手から何のアクションもない場合は、忘れられているかその程度の気持ちだったと考えて次の恋を探しましょう。もし相手が気にかけてくれているのであれば、1カ月の間に連絡などがきっと届きます。きっぱりと気持ちを切り替えることも、新しい恋のために大切なことです。

控えめに告白の話を切りだす

どれだけ待っても相手から返事がない場合は、告白の返事に関してそれとなく話を振ってみるのもよいでしょう。保留期間が長い場合、つい感情的になってしまいがちですが、けっして、相手を責めるような聞き方はしないことが大切です。

「成功しないだろう」という気持ちを持つことで、返事がだめだとしても、相手に怒りをぶつけることなく、冷静に対処することができます。告白の返事は「 聞く」ことを目的に、優しく問うようにして切り出しましょう。

最後にもう一度告白する

ある程度の時間がたっても、相手の態度が煮え切らない場合は、勇気を出して自分の気持ちをもう一度だけ、真剣に伝えてみるのもよいでしょう。もう一度アタックをすることで、相手の気持ちを変えることができるかもしれません。

相手の答えが出るまで焦りは禁物と心得よう

告白の保留期間が長いときの対処法はさまざまですが、保留期間の長さの感じ方も人それぞれです。自分が長いと感じていても、相手には短いと感じている場合もあります。自分の中である程度の期限を決めることもよいですが、基本的には相手が答えを出してくれるまで、信じて待つことが大切です。職場や街中で会う機会がある人は、まずは一緒にいることを心から楽しみましょう。

共通の楽しい話題を増やし、楽しそうな笑顔で話すことで、魅力的な女性に変えてくれます。告白後は心に余裕を持ちながら、相手からの返事を待ちましょう。

女性から告白するのは勇気がいるもの

 女性からの告白のセリフ|思いが伝わる言葉と告白のコツを徹底解説


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール