• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 好きな人ができたらしておきたいこと。彼にしてみたい質問や注意点
恋愛

好きな人ができたらしておきたいこと。彼にしてみたい質問や注意点

好きな人や彼氏がいなかった期間が長いと、好きな人ができたときになにからアプローチしたらいいのかわからなくなることがあります。もちろん恋愛に、これが正しいという正解はありません。多くの人が行う行動を知り、自分自身の行動の参考にしましょう。

好きな人と一緒にいるときにしたいこと

好きな人と一緒にいると、ドキドキしてどうしてよいのかわからなくなるかもしれません。もしも自分自身が適齢期で「次の恋愛が運命の人かもしれない」と、結婚を前提にするようならなおさらです。

まずは自分自身の気持ちを素直に受け止めてみてください。彼と一緒にいたい。彼と話をしてみたい。彼に聞いてみたいことがある。その強い気持ちを、ちょっとした勇気をもって実行してみるだけです。

なにもしなければ、あなたのその気持ちに彼は気づくことはありません。しかしもしも勇気をもって行動すれば、それがあなたの幸せにつながるかもしれないのです。

この記事では好きな人ができたらするとよいことはどんなことか、好きな人に聞いておきたいこと、好きな人ができたときの注意点や、周囲の見守りかたなどをまとめています。恋愛に正解などありませんが、ぜひ参考にしてみてください。

好きな人ができたらすること

好きな人ができたら、彼とお近づきになるために自分から行動してみましょう。ここでは好きな人ができたらすることをまとめています。

話が出来るように話題を探す

共通の話題で親しくなるために、話題を探してみましょう。もしも彼の趣味がわかっているのなら、その話を掘り下げてみるのもよいです。

趣味が読書ならおすすめの本を紹介してもらったり、本を借りてみてはいかがでしょうか。借りた本は返さなければなりませんし、返すときには感想を伝えることもできるので、彼の好感度アップは間違いありません。

ポイントは、話題とするのは自分の好きなことではなく、彼の好きなことだという点です。自分の好きな分野に関してなら話題は尽きないでしょうし、その話に楽しそうに耳を傾けてくれる聞き上手な女性がいれば、男性はうれしくなります。

もしも趣味などがわからない場合は、直接それを聞けばよいですし、聞きにくい場合には持ち物をほめたりするところから話題をつくると簡単です。

普段通りの自分でいる

もしもあなたが、好きな人の前でとても緊張してしまったり、積極的になりすぎたり、挙動不審になってしまうようなタイプならば、普段通りの自分でいることを心がけることも大切です。あなたの「好き」という気持ちはもちろん相手に伝わったほうがよいですが、過剰な行動は逆効果になる場合があります。

しかし普段通りにしようと思ってできれば苦労はいりません。難しいようならば、普段通りでいられる姿を、何度も何度も繰り返しイメージして、イメージトレーニングをしておきましょう。

それに加え、「自分が」というよりは「彼からみたらどうなのか」という彼視線の客観的な目線で自分をみてみると、意外に冷静になれたりします。

連絡先を聞いてみよう

もしも彼とあなたの距離がまだまだ遠いのならば、連絡先を聞いてみることからスタートしてみてください。lineやメールなどの連絡手段を作り、自然なやりとりを今後もしていくことができれば、お互いのことをもっと知ることができます。

また連絡先を聞くということは、「あなたに興味をもっています。もっと近づいてもよいですか」という心の声を伝えることにもつながります。もしも連絡先を教えてくれないようならば、いまのところ脈はないのでしょう。しかし、連絡先を教えてくれるようならば、友達関係からかもしれませんが、彼もあなたとの絆をつないでおきたいと考えています。

みんなで出掛けて仲良くなる

2人きりでお出かけするのはハードルが高いですが、みんなで一緒にでかけるとなるとグンとハードルが低くなります。また企画も自分自身で提案しやすいです。バーベキュー、ハイキング、スポーツ観戦、買い物。なんでもよいので「今度の週末みんなで遊ばない?」と声をかけて、彼も巻き込んでしまうのです。

みんなで出かけることには利点もあります。それは特別過ぎない距離感で、だんだんと仲良くなっていくことができることです。最初は大勢の女の子の一人かもしれません。しかしできるだけ彼の近くにいるように心がけ、彼に「一緒にいて楽しい子だな」と好印象をもってもらうことにより、徐々に特別な女の子へと変わっていくことができます。

ゆっくりと会う回数を増やす

出会ってすぐに猛アピールをすると、相手は怖がって逃げてしまう可能性があります。スタートダッシュは相手の負担になりやすいのです。大切なのは、中長期的に仲を深める心づもりでいること。ゆっくりと会う回数を増やしていくことです。

気がついたら、楽しいときも悲しいときも辛いときも、いつもそばに寄り添ってくれていた女の子。そばにいるのが当たり前になっていて、ちょっと離れて過ごしたときに彼女がかけがえのない存在だったと気がついた。そのようなポジションをめざしてみてはいかがでしょうか。

好きな人に聞いておきたいこと

好きな人ができたら、相手のことをもっと深く知りましょう。特に聞いておきたいポイントをお伝えします。

趣味や好きな音楽

趣味や好きな音楽を尋ねておくことは恋愛の鉄則です。なぜなら自分とかけ離れていては、立つ術がありません。もしも彼の趣味と自分の趣味がかけ離れているようならば、すこしでも彼の好きなことを勉強し、共通の話題をつくりましょう。

もしも彼がなにかあなたのしたことのないスポーツを趣味にしていたとします。その場合には「やってみたいから教えてほしいな」という風におねだりをしてみてはいかがでしょうか。

男性は自分の得意なことを教えたりすることが好きです。それに1回だけではなくて、続けて練習することになれば定期的に彼と会うことができます。

彼女がいるかどうかの確認

彼に彼女がいるかどうかは非常に重要です。もしも彼がフリーならぐんとあなたが彼女になることができる可能性は高くなります。逆に彼女がいるようなら、諦めるか略奪愛を目指すことになります。あとになって彼女がいることがわかると辛いので、会話の流れでさりげなく聞いてみるとよいです。

聞きかたのポイントですが、深刻さを出さずに自然な流れで聞くこと。たとえば他の友人の話などを持ち出してもよいでしょう。「○○さん(友人名)、彼女ができたらしいですよ。そういえば、○○くんは彼女いるんですか?」という感じです。いるという返事だったとしても、がっかりした様子はみせないように気をつけてください。「そうなんだ、どんな人なんですか?」とさりげなく追加で情報を仕入れましょう。

好きな人の好きなタイプ

誰もが、好きな人の好きなタイプを知りたいものです。ここは思い切って彼に直接聞いてみてはいかがでしょうか。自分自身をまるっきり彼好みに変える必要はないと思いますが、「女性の長い髪の毛が好き」「清潔感のある人」といった簡単なものならば、好きなタイプに近づくようにしてみるとよいです。

しかしこのような質問をされた場合、男性は概ね理想をいうものです。そして現実と理想が違うことも理解しています。彼が口にしたことがすべてではないので、自分自身とあまりにも彼の好みのタイプが違った場合には落ち込む必要はありません。

女性も、彼氏にしたいタイプと結婚したいタイプが違ったりするでしょう。男性も同じです。実際につきあう人は普通の心根のやさしそうな女性だったりするので、彼の言葉に踊らされることがないようにしてください。

好きな人ができた時の注意ポイント

好きな人ができたときに、やってはいけない注意ポイントがあります。嫌われないために知っておきましょう。

気持ちを自分勝手に押し付けない

自分が好きだという気持ちを、相手に押しつけないように気をつけてください。逆に嫌われてしまうことがあります。「好き」ならばなにもかもが許されるわけではありません。

好きという気持ちのボルテージが上がってしまうと、いつも相手のそばにいたいと思ったり、相手のなにもかもが知りたくなるかもしれません。しかしあなたが一緒にいたいと思っても、相手はそのとき一人でいたい気分かもしれないのです。

あまりしつこくつきまとったり、質問攻めにするとそれを彼が不快に思う可能性があります。自分本位ではなく、相手の気持ちをしっかりと考えるようにしましょう。

好きな人のことだけにならないようにする

好きな人のことばかり考えていると、自分のやるべきことが疎かになることがあります。ついつい仕事中もぼーっと彼のことを考えてしまい、仕事の手が止まってしまうことも。自分のやるべきことは怠ってはいけません。

人を好きになる気持ちは、プラスのほうへ向けるべきです。「彼はどんな女性が素敵だと考えるか」と、自分に問いかけてみてください。やるべきことをやらずに、好きな人を追いかけ回すような人でないことは確かですね。自分自身を磨き、彼が魅力的だと思う女性を目指す。恋の力はそのように正しく使いましょう。

周囲も温かく見守ろう

新しい恋が始まった友人や同僚。周囲はどのように見守ればよいのでしょうか。

無理矢理くっつけようとしない

やりがちなのが、無理矢理くっつけようとして失敗することです。恋愛というのは他人が介在するとうまくいくものもうまくいかなくなったりするもの。わざとらしく2人きりになるようなシチュエーションをつくろうとしたり、彼に女性側のグッドポイントを延々と述べてみたり、あからさまなのはよくありません。

よくあるのが仲間内でいるときの席決め。「ほらほら、○○ちゃんは、○○くんの隣にいきなよ」とニヤニヤしながら2人を一緒にさせようとするなど。されたほうは照れくさかったり、不愉快に思ったりします。おせっかいもほどほどにしましょう。

相談にはしっかり耳を傾ける

恋をすると、幸せな気持ちや不安な気持ちが次々にやってくるものです。自分自身の気持ちを持て余してしまって、客観的な誰かの意見を聞きたくなるときもあります。

好きな人ができたばかりだとなおさらです。仲のいい友人などに、自分の行動は正しいのかなど質問をしてきたり、迷ったことを相談にくるかもしれません。

そんなときには相手の言葉にしっかりと耳を傾けて聞いてあげてください。相手はなにもベストなアドバイスを望んでいるわけではありません。多くの場合が否定されるのを怖がっていて、相手に共感してほしいと思っていることが多いのです。大切なのは、相談してきてくれた人に寄り添って一緒にいてあげることです。

好きな人としたいことを実行して、幸せな恋を実らそう

好きな人としてみたいことは、どのようなことでしょうか。イメージを膨らませてみるのはとても大切なことです。彼と一緒に楽しくお話がしてみたい。まずは連絡先を好感したい。そんな風に思えたのなら、あとは実行してみるだけです。

実際に彼を目の前にしてみると、胸がどきどきしてしまってうまく話せないかもしれません。でもそのようなあなたの様子は、きっと彼にとっては微笑ましくうつることでしょう。好きの押しつけでない限りは、人に好かれるのは悪い気分ではないからです。

好きな人ができたら、その気持ちをプラスにいかして頑張ってみてください。あなたの努力はいつか実を結び、幸せな恋が実るかもしれません。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール