• HOME
  • 恋愛
  • デートで素敵なキスをしたいなら覚えておきたいとっておきのヒント
恋愛

デートで素敵なキスをしたいなら覚えておきたいとっておきのヒント

できたばかりの彼氏とデートでロマンチックなキスをしたいけど、どうたらいいの。そのような場合に効果的な仕草や、思わずその気になるシチュエーションがあります。男女でキスをしたいと思う瞬間も異なるので、その違いを抑えて素敵なキスを交わしましょう。

素敵なデートキスをしたい

最近できたばかりの彼氏との念願のデート。思い出に残るような素敵なキスを交わしたいですよね。自分から迫るのは恥ずかしいので、やっぱり彼からのキスが欲しい。でも一体どうすれば理想のキスができるのでしょうか。

理想のデートキス

あなたの理想とするデートキスはどのようなものでしょうか。人によって理想が違うように、男女によってもデートでの理想のキスに差があるようです。もしかしたらあなたと彼の間にも、理想のキスに差があるかもしれません。

初キスは告白されてから数日後

20〜30代の女性を対象にしたアンケートによれば、半数以上の女性が「告白されて数日後にキスされたい」と思っているようです。次点で3割以上の女性が「告白と同じ日にキスされたい」があがりました。逆に「キスだけされて、後日告白されるのは許せない」と7割以上の女性が回答しています。

告白から何日か経つと、そろそろキスのタイミングかなと考える女性が多いようです。恋愛のプロセスを大切にする女性心理が垣間見える結果だといえるでしょう。

3回目のデートまでにキスしたい

続いて初めてのキスは何回目のデートでするのが理想ですか、というアンケート。こちらによると、ほとんどの女性が初めてのデートから3回目の間までにはキスをしたいという回答が大半を占めました。

逆に4回目以降のデートが理想という回答は急激に減っています。やはり3回目のデートまでには初めてのキスを済ませたいと思っている女性が多いようです。

男性はデートキスにこだわりはない

女性に対して男性の意見は大きく異なるようです。男性のアンケート結果によると、「何回目のデートでキスをしよう」などと特に意識しておらず、むしろ付き合う前にキスをしても構わないと思っている人も4割近くいます。この点は男女での意識に大きな差があるといえそうです。

この結果から、「まだキスは早いかも」とあなたが遠慮する必要はないのかもしれません。むしろ彼がキスをするタイミングをつかめていないだけの可能性も。あなたの「キスがしたい」という気持ちが伝われば、理想のキスをするタイミングはそう遠くないともいえるでしょう。

デートでキスしてくれないと悩む女性もいる

何度かデートを繰り返しても、なかなかキスをしてくれない。そのような状況が続くと、女性は自分に魅力がないせいなのかと悩んでしまいます。一方アンケートによれば、男性は半分以上の人が様々な理由からキスしたくないと思う瞬間があるようです。

もしかするとキスをされないのはあなたに魅力がないからではなく、男性をキスから遠ざけてしまう原因があるからかもしれません。この原因は軽視できません。なぜならば、「彼女がキスさせてくれない」「キスしたくならないのは、思っていいたほど好きではないからかも」と誤解してしまい、彼の気持ちが冷めてしまう可能性があるからです。

デートで男性をその気にさせるために大切なこと

男性はどのようなシチュエーションでキスをしたくなるのでしょうか。自分からキスをすることに抵抗がある人ほど、男性がキスしたくなるような雰囲気をこっそりとお膳立てする必要があります。

理想のデートキスをするために、男性心理をおさえていきましょう。

男性がキスしたくなるシチュエーションを把握する

男性をその気にさせるにはムードが大切。デートをするなら夕日や夜景見える場所などの薄暗く雰囲気のいい場所がおすすめです。デートの帰り際だと、離れたくないなという気持ちが雰囲気をさらにいいものにしてくれるでしょう。

また自然にお互いの距離が近くなるシチュエーションも必要です。観覧の中やドライブデートがチャンスです。それでも恥ずかしさのある人はアルコールの力を借りて、そっと彼に寄りかかってみるのもいいでしょう。

男性がキスしたくなる女性の仕草をする

男性には女性の仕草を見て「キスしたい」と思う瞬間があります。キスしてほしいと思ったときにその仕草をすることで、彼の気持ちをそっと後押ししてみましょう。

具体的な仕草については後ほど紹介します。あなたからさりげなくアピールすることで「キスしたいな」と控えめに伝えることができそうです。そのためには男性からのサインを見逃さないことも大切です。

男性がキスをしたいと思う場所

男性がキスをしたいと思う場所はどのような場所なのでしょうか。デート先にさりげなく組み込んでおけば、理想のキスを誘うことができるかもしれません。

人目につきそうでつかないところ

男性はドキドキが高まると思わずキスをしたくなるようです。例えばエレベーターの中や路地裏、夜の公園など。映画館の中も暗い上にお互いの距離が近いのでおすすめです。

人前でキスをするのは抵抗がある男性は少なくありません。また誰もいない場所に連れ込むのも、あなたを不安にさせるかもという配慮が働くためためらわれます。誰かに見られそうで見られないというちょっとしたスリル感もキスの背中を押してくれるでしょう。

女性の部屋もしくは男性の部屋

屋外でのキスに抵抗があるシャイな彼には、誰にも見られていない自分の部屋が一番安心できる場所。二人だけのプライベート空間で、まったりとした濃厚な時間を過ごしましょう。あなたの部屋でも構いません。

実家暮らしの場合はちょっと難しいかもしれませんので、デートの食事を個室タイプのお店にしたり、ドライブデートを企画して彼が安心して二人きりになれる空間を提供してみましょう。

デートで男性がキスしたくなる瞬間

つい男性が「キスしたい」と思ってしまう瞬間はどのような時でしょうか。理想のキスを誘発するために、偶然を装って彼をその気にさせてみましょう。

彼女からいい匂いがしたとき

女性はいい匂いがするものだと思い込んでいる男性は以外と多いもの。フェミニンな香水や、洗い立てのシャンプーの香りは女性らしさを連想させます。ただし匂いには好き嫌いがあります。キツイ匂いのつけすぎも逆効果。彼の好みの香りは事前にリサーチしておきましょう。

逆に悪臭はキスを遠ざけます。例えば服についたタバコの匂いや口臭が気になってキスしたくなくなる人もいます。日頃から匂いのケアを怠らず、デートの前日や当日の食事の匂いにも気をつけましょう。

唇に色気を感じた時

男性は唇がぷるツヤだと、思わずキスしたくなるようです。普段からリップなどで保湿するなど、唇の手入れを怠らないようにしましょう。またデートの時はグロスを使ってツヤ感を盛ってみるのも効果的。

ただし流行りのビビットカラーのリップやグロスをつけすぎた唇は、男性を「キスしたくない」という気持ちにさせてしまいます。男性が好むのは血色がよく見える程度のナチュラルカラー。程よくふっくら感が伝わる唇を演出しましょう。

上目遣いをされた時

女性の上目遣いに弱い男は意外と多いもの。いくらあざといな、ぶりっこだなと感じても、うるうるの瞳でじっと見つめられるとついくらっときてしまうようです。

また上目遣いをしてくる女性は、キスしてOKのサインだと解釈される場合も。意中に彼以外に上目遣いして勘違いをされないように気をつけましょう。

目と目が合ったとき

男性は目と目が合った後に一瞬の沈黙があるとキスしたくなるそうです。この「一瞬の沈黙」がポイント。もしもチャンスが訪れたら、たとえ恥ずかしくても彼から視線を外してはいけません。

潤んだ瞳や半開きになった唇、上目遣いも併用すればあなたの女性らしさが全開に。距離が近ければゆっくりと目を閉じてみましょう。彼がそっと抱き寄せてくれるかもしれません。

意外に多いのがほろ酔いの時

あなたが自分からのキスを恥ずかしがるように、彼もまた初めてのキスに緊張しているかもしれません。そのような奥手な二人には、お酒に後押ししてもらいましょう。

素面の時よりも、ほろ酔いの時の方が甘えやすくてキスを誘うのにも効果的。さらにほろ酔いの時は自然と血色が良くなり、瞳もウルウルになるので、あなたをより一層魅力的にしてくれるでしょう。

男性にいろいろモーションを掛け素敵なデートキスをしよう

素敵なデートキスを叶えるためには、相手によってはちょっとしたテクニックが必要です。もちろん初めてのキスの時だけではなく、ロマンチックなムードが欲しい時や意中の彼を射止めるのにも有効です。

肉食女子になりきれなくても大丈夫。いろいろなモーションを駆使することで小さな罠をいくつも張って、彼をキスしたくなるように仕向けましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール