• HOME
  • 恋愛
  • 女性からの告白のセリフ|思いが伝わる言葉と告白のコツを徹底解説
恋愛

女性からの告白のセリフ|思いが伝わる言葉と告白のコツを徹底解説

好きな人がいて告白しようとしているとき、どんな言葉で思いを伝えたら相手に気持ちが伝わるか悩んでいませんか?本記事では、女性から告白するときの効果的に気持ちが伝わりやすいセリフの例や、年上男性へ告白するときのコツまで分かりやすく解説します。

告白のセリフで女性の気持ちを伝えよう

告白するときのセリフや仕草などで相手に気持ちが伝わりやすくなります。相手によって伝わりやすい告白の仕方が変わってきます。意中の相手に効果的に気持ちが伝わるような言葉を考えてみましょう。女性らしさをアピールした告白をすることによって男性からは更に魅力的に見えます。

また、同世代よりも年上の男性になると考え方が大人になり告白のときやアピールするときに気遣うポイントが変わってきます。より効果的に思いが伝わるコツも詳しく解説します。

告白のセリフで女子が言うと効果的なもの

思いを伝えるといっても選ぶ言葉によってあまり気持ちが伝わらないものもあります。より効果的なセリフを言うようにして気持ちが伝わるようにしましょう。

ストレートな告白のセリフ

女性からストレートに「好きです」伝えると男性は嬉しいようです。遠回しに言うよりも分かりやすく直球的な言葉なので思いがそのまま伝わります。ストレートなだけに言葉にするのが恥ずかしいということもありますが、一番気持ちが伝わります。

また、真剣な気持ちが伝わりやすいので相手も真剣に気持ちに向き合ってくれるようになります。恥ずかしがらずに思い切って言葉にしましょう。

「以前から好きだった」と伝える告白

「ずっと前から好きだった」ということを伝えると、相手のことをずっと思っていたことが伝わるので男性も「自分のことを見ていてくれたんだ」と自覚し、嬉しいと感じます。男性にとって以前から好意を持たれていたというのは自信にも繋がるようです。

また、過去のことを思い出して「あの時も自分のことを思っていたからこういう風な行動をしたんだな」と過去の出来事を思い出して女性の気持ちを再確認するようになります。

疑問形を活用しての告白

少し遠回しに「私のことどう思ってる?」と疑問形で女性から男性へ質問するとストレートな告白ではないですが好意があるという気持ちが伝わり、もし両想いであればそのまま男性から「好きだよ」と告白してくれる可能性もあります。女性からこのようなセリフを言われて「嫌いだよ」という男性はまずいないでしょう。

また、片思いだったとしても確実に意識をしてくれるようになります。両想いになるように積極的にアピールをするチャンスになります。

無理かもという想いの入った告白

ストレートな告白ではなく控えめに「私じゃだめかな?」と言うと、謙虚そうな性格やおしとやかさが出て女性らしい弱さが見せられるので気持ちが惹かれます。無理かもしれないけれど頑張って伝えたいという思いがにじみ出るセリフなので男性から見るとグッとくるようです。

もし相手に他に好きな人がいる場合でも、このセリフを言うことによって今まで意識をしていなくても必ず意識をしてくれるようになるので有効といえます。

好きな所を具体的に伝える告白

たとえば男性の優しいとことが好きなのであれば「○○さんの優しいところが好き」など相手のどのようなところに惹かれたのかを伝えると説得力が深まるので気持ちが伝わりやすくなります。男性にとって自分のどこに惹かれたのかという点は重要視するポイントのひとつになるので、告白の時に伝えると自信にもなります。

好きになった時のエピソードや、意識をし始めたときのことなど自分がその時どのように感じたのか伝えると男性はさらに喜びます。

女の子っぽい可愛らしい告白

すでに友人として深い仲だったりする場合は、改まって堅苦しい言葉で告白するよりも「好きになっちゃった」と可愛らしく伝えることによってドキッとするようです。可愛らしい女の子っぽさのあるセリフが男性にとって、この子は可愛らしい女性と再認識させることができます。

男性は女性に少なからず可愛らしさを求めます。もともと男友達のように接していたとしても、無邪気に笑顔で伝えれば意識していなくても可愛らしさから意識するようになってしまうようです。

少しインパクトのある告白

告白は男女ともにそこまで珍しいものではありません。そのため、ありきたりなセリフよりもインパクトのあるセリフにすることによって記憶に残りやすくなります。たとえば「こんなに好きになったのは初めて」と言われると、その女性の今まで好きになった男性の中で1番ということですから衝撃的なものになるはずです。

男性は1番ということが嬉しいと感じることが多く、さらにそれが1人の女性の中の1番と直接伝えられるので「そんなに自分のことを思ってくれているのか」とさらに嬉しく感じるでしょう。

告白事前準備中の女性がしておくこと

告白をする前に事前に準備をしておくことによって成功率を上げましょう。

恋人の有無を確認

告白をする前に彼女がいるかどうかの確認は必須です。いざ告白をして「彼女いるから」と断られてしまったら辛い思いをしてしまいますし、相手にも気を遣わせてしまいます。必ず告白をする前にさりげなく確認をするようにしておきましょう。

また、「彼女はいるの?」と聞くことによって男性も「もしかしたら自分に気があるのかもしれない」と自覚するようになるので今まで意識していなくても必然的に意識してしまうようになり、告白前に効果的です。

相手に心の準備をしてもらう

直接会って告白をするときには、男性を「話がある」といって呼び出すようにしましょう。「話がある」と言われたら告白されると大抵の男性は勘づきます。そのため告白をする前に心の準備をしてもらってから来てもらうので、いきなり告白されてびっくりしてしまうということが無くなります。

事前に告白されると分かっているので男性も前もって告白の返事を考えてくるため、真剣な気持ちで向き合ってくれます。

年上男性への告白のコツ

自分より大人な年上男性へ告白するときに成功率を上げるコツを解説します。

事前に年上好きということを伝えておく

年上男性は年が離れている女性に対して、自分は恋愛対象ではないのではないかと不安に思っていたり決めつけていたりすることがあります。そのため、事前に年上が好きと伝えることによってそのような不安を取り除くことができます。

そんなに親しい間柄になっていないのにいきなり伝えると変に思われる可能性もあるため、さりげない会話の中で伝えることによって「自分ぐらいの年齢でもいいんだ」と自覚してもらえるようにしましょう。

告白の雰囲気作りをする

告白において雰囲気は大切です。ガチャガチャしたファミレスなどで告白するよりも、夜景の綺麗なレストランや大人な雰囲気のバーなどの場所で告白をすることで、いい雰囲気になり告白もしやすくなります。また、特別な雰囲気に酔ってしまうので告白の成功率も上がります。

2人きりの世界になれる場所という点が重要です。他人が割って入って来るような場所は選ばないようにし、告白をする前にリサーチをしておくようにしましょう。

服装にも気を付ける

デートの服装でTPOに気を付けるのは基本です。年上男性は人生経験豊富な分、そのようなところはチェックしてくるので最低限のマナーは意識しましょう。また、相手の好みの服装が分かっている場合はいいですが、どのような服装が好みか分からない場合は個性的なファッションや露出の多いセクシーすぎる服装は避け、上品なワンピースなどの服装にしましょう。

年上男性と一緒に並んで歩いても違和感のないような服装を心がけると成功率が上がります。

素直な言葉で告白する

年上男性にとって年の離れた女性は若く、少し子供に見えます。そのため、男性に合わせて大人ぶるよりも年下の可愛らしさを出す方が効果的です。そのため大人の恋愛の駆け引きのような告白の仕方よりもシンプルに「好きです」というような告白の仕方のほうがあどけなさがあり、可愛らしく見えるでしょう。

年上男性から見た年下の女性は、経験豊富な女性よりも経験の少ない女性のほうが魅力的に見えます。そのため、あどけない年下っぽさを出すと守ってあげたいと思われるようです。

告白のセリフで女性らしさをアピールしよう

さまざまな告白の仕方がありますが、自分の気持ちをいかに相手に分かってもらうかが告白のポイントになってきます。どんなに好きでも言葉にしないと伝わりません。自分の気持ちが伝わりやすい言葉を選びましょう。気持ちが伝われば相手も真剣に向き合ってくれるはずです。

また、男性からの告白とは違い女性から思いを伝えるときには、女性らしさや可愛らしさを出すと男性から見ても魅力的に見えますので、その点を意識して告白するようにしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール