生き方

独身女性の将来や不安とは?ライフスタイルについて考えよう

女性の社会進出が活発化している現代において、今後自分がどう生きてゆくべきなのか、その選択肢の幅が広がってきています。「独身ならでは」のメリットを楽しみつつも、将来生じるであろうデメリットへの不安や覚悟について考えてみませんか?

独身女性のメリットとデメリットを紹介

近年では「結婚=幸せ」という考えだけがすべてではなく、ライフスタイルやライフステージの計画によっては、独身のままでいるほうが自分らしくいることができる、そんな選択の自由を取り入れた考えかたをする人もたくさんいます。

もちろん、選択にはメリットとデメリットが生じるものです。これからご紹介する内容を踏まえながら、ぜひ今後のライフスタイルについての参考にしてみてください。

独身と未婚は違う

ところで、「独身」と「未婚」は同じ意味ではないことをご存知ですか?独身とは法律上の配偶者がいない状態の事であり、未婚とは過去に結婚の経験が無い独身の状態をさしています。もっと簡略化すると「独身のみ離婚や死別をした経験がある」人のことを指すため、類義語とはいえ大きな違いがあるのです。

さらに最近では内縁(婚姻の意思を持ち、長期間同居をしているが法律上の届け出をしていない状態)といった関係もよく耳にするようになりました。近い言葉に事実婚がありますが、法的に定められている内縁の通称だと考えると分かりやすいかと思います。

独身女性のメリット

独身女性のメリットに共通するもの、それは「自由」よりほかありません。どれだけ「おひとりさま」としての自分を心から楽しめるかどうか、そこが大切なポイントといえるでしょう。

お金も時間も自由に使える

家計簿などで収支のチェック、資産運用のための銀行まわり、食費や生活費の調整など、結婚生活においてお金に関する作業は少なくありません。自分の時間も、家族を優先するならば減ってしまう可能性があります。

その反面、独身ならば働いて稼いだお金は誰に許可をとることもなく自由に使えますし、料理や洗濯に手抜きをして怒る人もいませんし、気兼ねなく自分中心の生活を送ることができます。

仕事や趣味に没頭できる

自分の好きな仕事に従事しやすいのも独身の強みです。リスクを抜きにして、幼い頃からの夢を叶えるため転職にチャレンジしてみるのも良いでしょう。同居人がいなければ部屋も自由に使えます。部屋のひとつを趣味の品々で埋め尽くしてしまっても、捨てられてしまう心配はありません。

自由に恋愛が楽しめる

独身であれば、異性と会うのに対して気を遣う必要なんてどこにもないのです。さまざまな出会いの場におもむき、自由な恋愛を謳歌することができます。ときには自分自身に磨きをかけるために時間やお金を使って、異性にアピールするためのたしなみや魅力を増やすのも良いですね。

独身女性のデメリットも考えておこう

女性の場合は特に、ライフステージにおける独身のデメリットについても覚悟しておかなければいけません。また、結構な頻度で人恋しくなってしまう、またはセンチメンタルな気分におちいりやすい人は、生涯ひとりで過ごすことには不向きな可能性もあります。自分の性格についても改めて見つめ直してみてください。

老後の孤独の不安がある

歳を重ねてゆくと、どうしても孤独に対する不安がつきまとうものです。身体が思うように動かなくなってしまったとき、保険に加入していたとしても、家族の助けなしにはなにかと大変な思いをするかもしれませんし、精神的な負担からさらに弱ってしまう可能性もじゅうぶんに考えられます。パートナーがいない場合、誰かと気軽に言葉を交わす環境が減ることも、不安を助長させるひとつの原因になりえるでしょう。

生涯働き続けなければならない

収入において、自分しか頼れない状態がずっと続くことも考慮しておかなければなりません。年金もどう変化してゆくのかわかりませんし、職場の環境次第ではありますが、高齢の女性が働き続けるにはまだ難しい時代です。年齢に関係なく、病気やケガで一時的にでも働けなくなる事態を見据えるならば、自分一人の意思で、しっかりとした貯蓄の計画を早い段階から練っておく必要があります。

現在の女性の生涯未婚率は14%

2015年(平成27年)の国勢調査結果において、生涯未婚率(50歳までに結婚経験がない人数の割合)は14%という結果がでています。未婚の理由はさまざまで、「結婚したいと思える相手に出会えない」「自由な時間をもう少し楽しみたい」「今の収入で結婚生活は(資金的に)難しい」といった意見をみることができます。

結婚には前向きな考えでいても、タイミングなどの関係で結局50歳になるまでその状況に至らなかった、そのようなケースも考えられます。前の章で紹介した内縁関係の夫婦が増えている背景もあり、未婚率はさらに上昇してゆく傾向にあるのかもしれません。

結婚するのが当たり前でない時代の到来

素敵なパートナーと出会い、生涯を誓い合い、授かった子供を育みながら母として生きてゆく。それが当たり前のことではなく、ひとつの選択肢として選び取る時代がきたといえます。女性であれば、結婚して子供を産むのが幸せだろう、そう考えられてきた時代は終わりつつあるのです。

一人の女性として何歳になっても自由に輝いていたい、そんな人生を全面的に応援するサポート型の保険なども増えています。「結婚できない女性」などと見られる筋合いはない、と突っぱねて良いのです。独身を貫くことは、ひとつの「自立」のかたちといってもおかしくはありません。

独身とは自由な人生を楽しむひとつの選択肢

現代では「結婚=幸せ」などといった先入観に縛られ続ける必要がないことをここまでご紹介してきました。大切なのは自分がひとりの「自由」を楽しむことができるかどうか、それが後悔のない選択であるかどうかです。
幸せとひとことに言っても、その形は人によって異なります。自分が思い浮かべる幸せをつかむために、独身という選択肢を選ぶことは、平等に与えられた人生の過ごし方であることをぜひ知っておいてください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール