生き方

緊張しやすいと感じる人におすすめ|大事な時の緊張との向き合い方

今回は人前に出ると過度に緊張してしまうと感じる人は多いと思います。緊張しやすい人の特徴や緊張によってもたらされる病気などを中心に紹介しています。普段の生活を思い返しながら、自分に当てはまるものがないか探してみてください。

なぜ自分が緊張しやすいのかを分析してみよう

年齢が上がれば上がるほど人前に出る機会が増えたり、また大切な試験前や会議の際につい緊張してしまう方も多いのではないでしょうか。緊張してしまう機会は人それぞれですが、しっかりと乗り越えていかなければいけない課題の一つでもあります。

準備してきた成果を最大限に活かしてパフォーマンスができるように、ここで一度皆さんの緊張がどこから来るのか考えてみましょう。緊張の原因がわかるだけで気持ちも楽になりますし、気持ちが少し楽になるのではないでしょうか。

ここではまず、緊張しやすい人に共通する行動パターンやメンタル状態についてご紹介します。日常生活で緊張を感じ易いという自覚がある方は、自分の行動や思考パターンを思い出しながらなにがあなたの緊張の原因となっているのかを知るためにもぜひ下記を参考にしてみてください。

緊張しやすい人の特徴

緊張しやすい人にはどのようなタイプが多いのでしょうか。

緊張を誘発する個々人の性格や考え方は、いくつかのジャンルに分けることができると言われています。全ての方が下記の行動パターンに当てはまるわけではありませんが、少しでも該当するものがないかを普段の行動パターンを思い出しながら見つめなおしてみてください。

実際に今までは自覚がなかったとしても、知らず知らずのうちに緊張感によってプレッシャーを感じていた何てこともあるかもしれませんね。自分に当てはまる性格がないか考えてみてください。

人から認められたい欲求が強い

自分の行動に対する、他人からの評価を重要視してしまう人です。自分の成果を他人の評価基準をベースに考えてしまうので、失敗できないプレッシャーが大きくなります。

自分が失敗したらどうしよう、という不安に一度駆られてしまうとなかなか振り切るのが難しくなってしまいますよね。

生まれつきの体質

生まれつきノルアドレナリンという成分の分泌量が、多いとされる人も緊張しやすい体質であると言えます。個人の性格に関わらず、ノルアドレナリンが大量に分泌されることによって、体内で反応が起きてしまうと言われています。

先天的な症状に悩まされる人も一定数いらっしゃるようです。現在は医学的に証明されているので、自分が生まれつき緊張しやすいと考える方は病院で相談してみるのもいいかもしれません。

まじめな人

日ごろから仕事や勉強に対して真面目な姿勢で取り組む人も緊張しやすいと言われています。真面目になりすぎて自分に負荷をかけすぎてしまったり、失敗しないよう入念に準備すればするほど自分の心の余裕をなくしてしまうのです。

オンとオフをしっかり切り替えて物事に取り組むと解消されるかもしれないですね。

過去にトラウマのある人

過去に起こった失敗がトラウマとなって、再び同じ行動をする際に緊張してしまいます。過去の自分の失敗をいつまでも引きずってしまいなかなか新しい挑戦に挑めなくなってしまうことが特徴です。

このタイプでは過去と比べて自分に自信が持てないことが大きな原因の一つなので、今の自分をしっかりと評価してあげてください。

人からの評価を気にする人

周囲の人が自分をどのように評価するのか、少しでも良く思われたい、すごいと思われたいという心理が働くことで緊張しやすくなってしまいます。

他人からの評価がモチベーションアップにつながることもあるので、しっかりコントロールしたいですね。フィードバックをもらってから自分がどのように改善していくかを考えられるようになるとプラス思考になれるかもしれません。

消極的な人

何をするにしても人前に出るのが苦手な人は、やはり大勢の人の視線を集める機会には緊張してしまうものです。消極的・積極的などの個人的な性格は、小さいころからの環境や対人関係の在り方などの非常に長期的な影響要素も大きく影響していると言えます。

その人の性格は一朝一夕で形成されるものではありません。そのため一気に緊張しない性格に変えることは難しいかもしれません。

その中でも周りの人とに関わりの中で自分の意見を主張できるように意識したり、より相手からの共感を得られるような経験を積み重ねていくと改善できるといわれています。

プライドが高い人

プライドの高さも大きな緊張の原因になります。特に自分がこだわりを持って長期間温めてきた企画のプレゼンや、テスト・資格試験の時に大きなプレッシャーを感じてしまうのではないでしょうか。

プライドの高さは、自分以外の評価の良しあしを気にしすぎてしまうことから頻?に発生するようです。「周りに優秀だと思われたい、大きな成果を得たい」といった、自己承認欲求が高い人に多くみられます。

他人からの評価のみに左右されるだけでなく、自分の中で明確な自己評価指標を作っておくとプライドに悩まされすぎずに生活することができるかもしれません。

深く物事について考える人

「行動する前にまずじっくり考えたい」というあなたは、いざという大事な場面で緊張してしまった経験はないでしょうか。深く考えること十分なリスクヘッジができますが、考えすぎてしまうが故に、イレギュラーな事態に対応できなくなってしまう事態が起こりゆるのです。

仕事においても人とのコミュニケーション能力においても、瞬発力があることはあなたの成功につながります。想定内の出来事で自分の挑戦を収めてしまうだけではなく、失敗や不確実性にも恐れずに立ち向かっていけるような勝負強さも必要になってくるのではないかと思います。

自分に自信がなく人と比べてしまう人

十分に魅力や実力を持ち合わせているのにも関わらず、周りの人と自分を比べて悲観的になってしまうことはありませんか。

他人と比べた時の自信のなさも緊張の原因になってしまいます。あなたはあなたなりの良さがあり、それを理解してくれる人も周りに必ずいるはずです。他人と比べずに唯一無二の自分を大切にしてあげてください。

本番に弱い人

「自分なりに満足できるようにコツコツを準備を進めてきたのに…どうして本番で結果が出ないんだろう」そんなことを考えたことはありませんか。本番で結果を出せないことに不安を抱き、緊張に繋がることがあります。

本番で100%の力を出すことは難しいし、どんな人にとってもけっして簡単なことではありません。100%に少しでも近づけることも日々の努力なのです。

本番にどうしても不安要素を抱いてしまう方は、信頼できる周りの友達や先輩・同僚などを頼って力を貸してもらうことも一つの手段かもしれないですね。

ネガティブな人

どんな状況でも、メンタルが弱いと高いパフォーマンスを発揮することはできません。自分テンションや向上心を高く保つことでメンタルは鍛えられるものなので、揺るぎない目標に向けた努力を惜しまずに、自分に自信が持てると良いですね。

マイナスなことを考えてしまうと気持ちも、そして結果も振るわないもの。セルフマインドコントロールが重要です。

今まで苦手なことを避けてきた人

これまでの人生がチャレンジングだった人と、苦手なものを避けてきた人との間では本番に対する緊張具合に大きな差が出ます。スポーツ選手が本番で素晴らしい結果を打ち出せるのも、日ごろから自分の実力よりも高いハードルに挑んでいるからだと言えます。

緊張に打ち勝てる人は、常に高い壁に向かって挑戦を重ねることで自身のメンタルを強く保つ力を身に付けているのです。

「勝負慣れ」という言葉があるように、自分が何かに挑戦するチャンスは多ければ多いほどあなたの力になってくれます。本番や自分が苦手なことに対して、逃げ腰になるだけではなく、そこから得られるものに価値をおくこトで苦手を克服する大きなチャンスに繋がるはずです。

緊張しない人の特徴

では逆に、どのような特性を持つ人が緊張しづらいと言えるのでしょうか。こちらもいくつかのタイプに分類して考えてみましょう。普段の自分の行動パターンや思考と照らし合わせて考えてみてください。

特に緊張しやすいと感じる人は、あまり緊張しない人の行動パターンを真似してみるといいかもしれません。緊張しない人には堂々とした人が多いので、気持ちの持ち方ひとつで本番に対する緊張が和らぐかもしれません。

失敗を恐れない心

目の前にある高い壁に対しても、失敗を恐れずに経験を活かして上を目指し続けられる人は緊張しづらいと言われています。

会社の研修などでよく紹介されるPDCAサイクルを経て成長できている人に多いのでしょうね。

自己評価をしっかり持っている

他人からの評価に惑わされることなく、自分で決めた目標を達成できているかを重要視する人も大事な場面で心を落ち着かせることができます。

成功か失敗の判断基準が自分の中で定まっているため、余計な不安に駆られることがありません。他人からアドバイスをもらい、素直に聞き入れることも自己成長には欠かせないことです。

情報や他人の評価をしっかり自分の中で取捨選択することで、自分の評価指標を確立することができるでしょう。

手の抜き方がうまい

与えられた課題や目標設定に対しても、ほどほどにいい加減に対処することができるため、さまざまな事柄に柔軟に対応できるタイプです。

一見信頼されないのではと思ってしまいますが、容量が良く自分の力量を理解しての判断なので緊張せずにいられるのです。

人間は常にスイッチを入れ続けていると必ずどこかで疲れてしまうことです。仕事もプライベートの両方を大切にすることで定期的に肩の荷を下ろすことができます。

常にタスクに追われている生活は、精神的にも体力的にも負担が大きいものです。自分だけの時間も大事にしてあげるように心がけましょう。

楽観主義者が多い

何か困難なことがあっても「どうにかなる」と気楽考えることができる性格の持ち主です。どんな状況においても自分のペースで進んでいけることが楽観主義者の強みでもあります。

楽観主義者はあまり物事を深く考えすぎないのが特徴なので、さまざまなトラブルやイレギュラーな事態にも柔軟に対応することができるのです。

仕事においては、極端に楽観的であることはリスクを負いかねません、しかし私生活においては多少気楽に物事を考えたほうがうまくいくパターンもあります。

相手の反応をしっかり見極められる

他人の評価を過剰に意識することがないため、相手の反応をしっかりと見ることができます。

何を言われようと自分が持っている判断軸で情報を取捨選択することができるので、相手の目をあまり気にしないことが大きな特徴です。よって緊張を避けることができます。

実力主義を求められる環境にいる人にとってはなかなか難しいことかもしれませんが、自分が取り組んできたことに誇りを持つことで、他人に何を言われようと落ち込まない力をつけることができます。

上下関係をあまり重視しない

とくに日本の大きな会社では、年功序列の色が濃く、まだまだ目上の人の反応を気にして行動する必要があります。一方で、誰に対しても隔てなく気さく対応することができ、人懐っこい人や人の目をあまり気にしない人は緊張しにくいのです。

目上の人に対しても分け隔てなく交友関係を築いていける人は、上下関係という枠組みを超えて誰からも好かれるひとが多いです。

結果的に世渡り上手で人生をうまい具合に進めていけるようになるので、何においてもお得に見える人が多いです。

緊張をほぐす方法

では、あなたの悩みの原因である緊張をどのようにほぐせばよいのでしょうか。特別な道具が必要なく、緊張を感じた時にすぐに実践できる方法をまとめました。事前にいろいろな方法を試してみて、自分に高い効果が望める処置の方法を一つ覚えておくと役に立つかもしれません。様々な方法があるので、是非一つ一つ試してみてください。

緊張は悪いことではないと思うことが大切

緊張は一見マイナスなこととしてとらえられがちではありますが、緊張することでさまざまなトラブルを回避することにも繋がっています。

人は緊張すると普段は気にしないような細かいことに対しても、過度に意識してしまいます。しかし、注意力が時として予期せぬトラブルを回避してくれることもあるのです。

どんな会社でも優秀な人材でも、大きな失敗を避けるために慎重にリスクヘッジを重ねます。あなたが緊張を感じるその瞬間も、これからやってくるトラブルや失敗を避けるための重要な要素であると考えると、緊張も重要なプロセスの一つであると感じられますよね。

心の持ち方ひとつで緊張が大分緩和されるというデータもあります。メンタル的な問題である以上、自分の心のコントロールで解消するのが効果的なのです。

前向きな言葉を繰り返す

言霊の力というのは、私たちの想像以上に大きなものです。自分の口で実際に発言することによって、あらゆるあなたの精神状態に良い影響を与えてくれるのです。

緊張や不安を感じた時にこそ、自分自身に対してポジティブな言葉をかけてあげてください。あなたが今まで積み重ねてきた努力は自分が一番よくわかっていますし、その一言が心をスーッと軽くしてくれます。

大事な場面で繰り返す言葉を決めておくと、おまじないになってより安心できるかもしれないですね。

音楽を聴く

音楽を聴くことで気持ちがいい意味で高揚してポジティブになれたり、逆にリラックスした時間を与えてくれます。緊張する場面だけでなく、ここで一番で踏ん張りたいときや仕事で失敗して落ち込んだ時にあなたの背中を押してくれる力強い音楽があると元気になれますよね。

音楽だけでなく、メッセージ性のある歌詞が一緒にあれば、緊張した場面で支えてくれる応援歌として、大切なお守りになってくれるかもしれないですね。

いずれにしても、緊張して張り詰めた自分の心に余白を作ってあげるのは気分転換になりますし、その後のパフォーマンスを高めてくれます。お気に入りの一曲を見つけて緊張緩和に活用してくださいね。

深呼吸をして呼吸を整える

緊張を和らげる方法として最も有名なのが、深呼吸をすることです。ここで重要なのが、きちんと腹式呼吸を意識すること。お腹からいっぱいに息を吐きだすことで、副交感神経が活発になり体内の血流をよくしてくれます。

緊張すると体が硬くなって血流が悪くなってしまうので、深呼吸をして体をほぐすイメージを持つことが重要です。最近はやりのヨガでよく知られるようになりましたが、腹式呼吸が脳やメンタルにもたらす効果は私たちが考えているよりもはるかに大きなものです。

プラスイメージを大きく吸い込んで、マイナスなイメージを吐き出すように、大きな深呼吸を心掛けてください。

体の血行を促進する

上記した深呼吸の欄でもご説明しましたが、緊張している時は体内の血流が滞っていいる状態です。そこで少しでもふさぎ込んだ気持ちを開放するためにも、体をほぐして血行を良くしてあげましょう。

本来は軽い運動をすると効果的ですが、会議の際などにはスペースがないと思うので、つま先立ちを繰り返したり伸びをするだけでも血の巡りは改善されます。

「今緊張しているな。」と思ったら硬くならずに、軽い運動をすることを心掛けてください。

緊張することで起こる体調不良

緊張することでは気持ちを不安定にするだけではなく、体調にも大きな負担を与えてしまうことをご存知でしょうか。緊張が原因で発症する体調不良は、ますます緊張感を高めてしまい悪循環に陥りがちなのです。

こちらでは、緊張がもたらすさまざまな体調不良をご紹介します。あなたが普段抱えている慢性的な体調不良は、実は日々の緊張によるものかもしれません。

緊張がもたらすことで特徴的な点がそれぞれの症状にあるので、原因を解明していざという時に対策できるよう参考にしてください。

ストレスによって引き起る緊張型頭痛

緊張によるストレスは、頭痛をもたらします。ストレスによる頭痛の特徴としては、ヘルメットでし頭部を締め付けられているようなズキズキとした痛みを感じることです。

症状が悪化すると後頭部から首にまで痛みが伝わってくるため、普段から緊張すると頭が痛くなってしまう人は、頭痛薬などを常備していると安心ですね。

緊張による腹痛や吐き気

脳が緊張感を認識すると、緊張を緩和するためにセロトニンという成分を過剰に分泌するようになります。

体内でセロトニンが過剰分泌されると、腹痛や吐き気・下痢などを引き起こす原因となります。腹痛や吐き気は精神状態にも大きな影響を与えるため、注意する必要があります。緊張による吐き気・腹痛がさらなる緊張を呼び、負のスパイラルにはまってしまうので常備薬を用意しておくと安心ですね。

交感神経の活性化による多汗

日ごろから手汗に悩まされている方は、ストレスや過度な緊張感が原因になっているかもしれません。

ストレスや緊張は、交感神経を刺激するため以上な手汗を発生させてしまいます。会議では紙資料を使用することも多いので、できれば手汗は抑えたいですよね。

症状がひどくなると手汗だけではなく、脇汗や足汗にも繋がることがあります。気温が特別高いわけでもないのに汗をたくさんかいてしまう人は病気の恐れがあります。お仕事をされている人だと、エチケットにも気を遣うと思います。早めに専門家に相談するようにしましょう。

自律神経のバランスが乱れて震える

脳が激しい緊張を感知すると、緊張を緩和するためにセロトニンという成分を過剰に分泌すると上記で述べましたが、これが原因となる腹痛や吐き気、下痢などは自律神経のバランスを大きく崩します。

自律神経の乱れは手先の震えを誘発します。人前で緊張すると手が震えてしまうのは自律神経の以上によるものなのです。

過度な緊張は病気の原因にもなる

緊張によって発症する体の不調についてご説明しましたが、小さな体調不良が大きな病気の原因にもなりえます。普段感じている慢性的な体調不良が実は緊張が原因で発症しているものかもしれません。

日常の体調不良を解消するヒントになるかもしれないので、どのような病気の可能性があるのか見てみましょう。

過度な緊張が招く社会不安障害

脳が緊張感をコントロールすることができずに、その不安な感情に支配された精神状態ががエスカレートして、社会不安障害に陥ってしまうことがあるのです。

精神的に影響を与える緊張が、体の異常をもたらすことはよく知られていますが、身近な緊張が精神障害の原因になることもあります。

心と体の健康状態を正常に保つためにも、緊張とはしっかりと向き合っていく必要があることをわかっていただけたでしょうか。自信の抱くネガティブなイメージに対しても適切な処置を施すことが健康の維持にも繋がります。

人前に出た時に不安が生じる対人恐怖症

退陣恐怖症とは人と話すのが苦手、人前ですぐに緊張してしまうという人が陥る病気です。人前に出るときの緊張感によるストレスがたまれば溜まるほど、対人恐怖症を発症しやすくなってしまいます。

気が付いたら人と話すことが怖くなっていた、と手遅れにならないようにしっかり自分の気持ちと向かって生活をしてください。

個人の孤立化が問題視される昨今では、人と人との関わりの大切さに立ち戻ってその価値を重要視する風潮があります。人間は一人きりで生きていくのは非常に難しい生き物です。

対人恐怖症になってしまう前に、緊張状態に対して耐性をつけておくことも重要ですね。

精神的疾患によって起こる空気嚥下症

緊張が原因で、常に「気持ちが落ち着かない、心臓が異常にドキドキしてしまう。」という方は、精神的疾を患っている可能性があります。

緊張する場面でもないにこのような精神的不安を感じるのは、病的な症状といえます。ここで紹介する空気嚥下症は、緊張によって口を強く噛み締めてしまう症状が特徴的です。

無理せず病院を受診しよう。

体調に不安を感じたら、無理をせず、早めに専門の医療機関で診断をしてもらうことが重要です。現代では精神病に対する周囲の理解や、医療技術の発達も認められているので、悩んだ時には専門科に相談することが一番です。

対人恐怖症や不安障害の場合は精神科、空気嚥下症の場合は症状によって受診する科が異なります。事前に調べてスムーズに診療が受けられるようにしておきましょう。

精神状態が大きな原因となるケースでは、患者さん一人ひとりにおいて発症までの経過や症状、回復仕方まで異なります。

自分の健康状態を客観的に分析しておくことで、より自分自身の体調不良にも気が付きやすくなりますし、病院で症状を伝える際にも言語化がしやすくより性格な診断を受けることができます。

緊張しやすい人にはメリットもたくさん

「緊張強い」と聞くとマイナスなイメージを持ってしまう人も少なくないと思います。しかし緊張することで得られるメリットもたくさんあります。悲観的になるだけでなく、緊張してしまう自分自身をポジティブにとらえることも大切ではないでしょうか。

緊張は自身を守るための防御反応

なぜ緊張は起こるのかというと、そもそもは人間が自分の安全を守るための防御反応であるということをご存知でしょうか。緊張して心臓がどきどきするのは、体が瞬時に危険を感知して回避できるように血圧を上げて、体が動きやすくなっているためなのです。

緊張するのは、人間が生き延びるための手段の一つだったのです。緊張も人間の本能として生じるものだと考えると、ポジティブなイメージを持てるのではないでしょうか。

緊張しやすい人は頭が良い

緊張する人は、「先のことをよく考える人」です。つまり、先に起こる事態を的確に分析することができる人であると言えます。

考えすぎることが緊張の原因になると既に述べてはいますが、極端に考えすぎなければ病気になる心配はありませんし、メリットになりうることもあるということなのです。

ですので緊張というのは、しっかりあなたが先を見越して自分自身のことを考えてた結果なのです。緊張してしまう自分を責めるのではなく、しっかりと先見性をもって思考できているあなた自信を誇りに思うようにしてくださいね。

人の反応をうかがうため、成功しやすい

緊張しやすい人は必然的に聞き手の反応を気にしているので、結果的にしっかりと自分が受けるフィードバックを意識して行動できていると言えます。

一定の緊張感をもって行動することで、しっかりと自分の成功に結びつけることができます。緊張しすぎることでデメリットもありますが、適度な緊張感をもって人前に立ったり試験を受けたりすることは、高いパフォーマンスに繋がることもあります。

成功している人には、失敗を経験して次の挑戦にしっかりと活かせている人が多いです。自分の周りにいる優秀な人や、尊敬できる先輩の成功談も参考にして、自分を第三者からの目線で俯瞰的に分析することも成功絵の近道になるかもしれません。

最高のパフォーマンスを発揮できる

一流のスポーツ選手や世界的なスターも、本番前には敢えて適度な緊張感を持てるよう工夫しているという話をご存知でしょうか。

人間はリラックスしすぎていたりその場の状況に慣れすぎてしまうと、高いパフォーマンスを発揮できないことは、既に人間科学的にも証明されているのです。特筆すべきなのは、標準水準よりも緊張レベルが高かったとしても、同じように高いパフォーマンスで行動することができるということです。

過度に緊張してしまうことが悩みとなっている人もいるかもしれませんが、実際は緊張のレベルが高すぎたとしても、大切な場面ではちょうど良いくらい、ということなのです。

緊張しやすいことは決して悪いことではない

最後に皆さんにお伝えしたいのが、「緊張しやすいことは決して悪いことではない」ということです。「ここで頑張らなくちゃいけない。」という場面で緊張を感じてしまう方も多いと思います。

とくに若手社員の方や、人生をかけた受験生にとっては、ここ一番の勝負に向けてたくさんの時間と労力と、時間を費やしてきているのでその分プレッシャーも大きいですよね。

周りの人々からの評価を気にしすぎることも、本当に自分の努力が報われるか不安になってしまうことは決してマイナスな側面ではありません。自分がどれだけ頑張ってきたかという過程をもっと大切にしてほしいと思います。

読んでくれた皆さんが、少しでも緊張に対してポジティブなイメージが持てること、そしてそれぞれの場所で活躍できることを祈っています。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール