• HOME
  • 恋愛
  • 【LINEで使える恋愛テクニック】男性の心をつかむ会話の秘訣とは
恋愛

【LINEで使える恋愛テクニック】男性の心をつかむ会話の秘訣とは

現代の恋愛に欠かせないツールの1つとなったLINEは、気になる相手ともメッセージのやりとりを気軽に行うことができるコミュニケーションツールです。気になっている相手の気を引くために、LINEのテクニックを活用して男ココロをつかみましょう。

恋愛で使えるLINEテクニック

メッセージを気軽に送信できるLINEは、気になる相手との距離を縮める手段としても利用できます。LINEを使って相手とのやりとりを楽しみながら、少しずつお互いを深く知り合うにはテクニックが必要です。

LINEで使える恋愛テクニック

LINEを上手に活用して気になる相手との恋を成就させましょう。

テンションを合わせる

片思いの相手とのLINEのやり取りは、相手のテンションに合わせましょう。テンションに温度差があると「話が合わない」と思われる可能性があります。ときには相手の文体や絵文字の使い方を真似してみるなどのテクニックも必要です。

短い文章で送る

片思いの相手に送信するLINEの文章はできるだけ短くしましょう。長い文章は男性の気持ちを重くするものです。画面上でお互いの文章量が比較できてしまうLINEは、返信する立場の男性からすると面倒に感じてしまいます。100文字程度の短い文章の方がぱっと見て読みやすく好印象に映り、男性側からすると返信しやすいでしょう。

スタンプを上手に使う

好きな人には、かわいいスタンプやハートのスタンプを使ってアピールすることも忘れていけません。女子の仲間内では盛り上がるシュールなキモ可愛いスタンプは、男性にはあまり受けがよくないので避けたほうが無難です。

毎回では効果がありませんが、たまにハートのスタンプを使うことで男性の心をくすぐりましょう。男性が好きなキャラのスタンプを使ってみるのもよいかもしれません。

意味深なLINEひとことにする

あまり活用している人がいないとされるLINEひとこと。更新すると友達リストの「最近更新されたプロフィール」に上がってきます。このLINEひとこと機能を活用して意味深な言葉を入れてみましょう。

普段LINEひとことを設定してない人が、突然恋愛に関する言葉を書いたりすることで、気持ちの変化があったことをアピールすることができます。男性も気になる女性のひとことはチェックしているので、意味深なLINEひとことは効果的でしょう。

未読スルー既読スルーを活用する

やりとりを何度もしたあとに、意図的に既読スルーし、そのあと全く別な話題についてメッセージを送ることで、相手は少し不安になります。「この話題はよくなかったかも」と考えることはあなたのことを考えることにつながります。

メッセージを読んでいない状態の未読スルーは男性側からすると「どこか具合悪いのだろうか」と心配になる状態です。既読スルーも未読スルーもたまに活用することで、相手にあなたのことを「気になる相手」と認識させるには効果的なテクニックです。ただし使いすぎると「そういう人」と思われるので気をつけましょう。

嫌われるLINEのNG行動

LINEは便利なツールですが、使い方を間違うと嫌われてしまう悲しい原因になることもあります。

質問攻めにする

普段の会話の上でも必要以上に質問攻めにされると誰でも嫌なものです。コミュニケーションの形式としては会話とは異なるLINEでも同様のことがいえます。

相手のことをもっと知りたいと思っていても、相手が戸惑ってしまうので質問はほどほどにしましょう。質問するなら、相手の趣味についてなど具体的に答えやすい内容にすることが大切です。

どうでもいい内容のメッセージを送る

自分の日常生活の一部である「〇〇に行った」、「〇〇を食べてきた」のような内容のメッセージはリアクションに困る人が多いようです。プラスに捉えて「連絡がマメなタイプ」と判断してくれればよいのですが、受け取る側としてはどう返信したらよいかわかりません。既読スルーされる可能性があります。相手が返信に困る日記のようなメッセージは送らないようにしましょう。

返信を催促する

返事を催促することはしてはいけません。相手の都合を考えないで返事を催促するような内容のメッセージを送信すると、相手側からは面倒な人と思われる可能性があります。相手にも事情があります。忙しくて返信できないだけかもしれません。

一方的に愚痴を言う

愚痴はLINE上で送信しないほうがよいでしょう。とくに恋愛関係に発展させたい相手にはなおさらです。たしかに愚痴を言うことですっきりするものですが、愚痴ばかり言われると迷惑に思う人もいるということを忘れてはいけません。せっかくいい子だと思っていたのに愚痴が多くて、もしかしたら自分も言われているのではと相手に思われてしまうかもしれません。

長すぎるメッセージを送る

スクロールしなければ読めない長文メッセージは、送信された相手は見た瞬間に読む気がなくなる、途中で読むのを諦めてしまう場合があります。全部を読んでくれたとしても「重い」と思われたり、返信も長文にするべきかと困らせることにも。メッセージは短文で送信するようにしましょう。

脈あり脈なしサインの見分け方

男性からのLINEメッセージにはあなたに対する脈あり脈なしのサインが隠されています。とても繊細な男性の恋愛のサイン。きちんと受け止めましょう。

男性側からLINEが来たら脈あり

草食系男子と言われる自分から発信するのを苦手とするタイプの男性も、好きな女性に対しては積極的に動きます。ちょっとした内容のメッセージだったり、あなた自身を気遣う内容だったり男性からLINEが送られてくる場合は、脈ありといえるでしょう。

質問が多いのは脈あり

気なる人についていろいろ知りたいと思うのは男女共通の心理です。男性も気になる女性については深く知りたいと思う心理が働きます。そのため男性側から質問が多いのは脈アリの可能性が高いでしょう。

趣味や好きな音楽、などたくさんの質問が男性側からあったら、あなたとの関係性を築きたいと思っています。男性は自分の好きな人と興味のない人に対する態度がはっきりしており、興味のある人に対しては「もっと知りたい」と質問するようです。

既読スルー未読スルーは脈なし

男性は女性より恋愛に関して駆け引きが下手だどいわれています。女性はあえて男性からのLINEを時間をおいて確認するなどのテクニックを活用しますが、男性は気になる女性からのLINEはすぐに確認し返信する人が多いようです。

すぐ既読になり返信が来る場合は脈アリといえます。ところが、なかなか既読がつかない、返信が遅い、未読スルーの場合は脈なしの可能性が高いかもしれません。

短い返事やスタンプのみは脈なし

返信が極端に短い、会話をスタンプで終わらせてしまう相手は、脈がないと思いましょう。あなたとのやりとりが面倒と思っている可能性があり、もしかしたら無視も悪いし、気の無い返信をすることで、そのうちメッセージがこなくなることを期待しているかもしれません。

LINEで恋愛を発展させよう

メッセージを気軽にやりとりできるLINEを使って、気になる相手とコミュニケーションをとるのは楽しいものです。しかし、気軽さゆえに一方的に自分の思いやルールを押し付けないようにしましょう。

男性はLINEのやりとりの中にサインを隠しています。そのサインをきちんと読み取って気になる相手との関係を恋愛に発展させましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール