生き方

男の嫉妬の心理と対処法|相手を不安にさせないためのポイントとは

男の嫉妬は女性よりも凄く、場合によってトラブルの原因になることもあります。彼を不安にさせない態度を取ることで安心させられ、嫉妬させない関係性を築けます。相手を不安にさせないためのポイントを押さえ、相手の気持ちを理解することに徹しましょう。

男の嫉妬心は怖い

女性の嫉妬心は凄いイメージがありますが、男性の嫉妬心のほうが凄いことをご存知でしょうか?嫉妬は悪いことではないのですが、度が過ぎてしまうと恐怖を感じてしまう人が多いです。人によっては態度や行動で気持ちを露にする人もいるので、男性の嫉妬を軽率に見てはいけません。

誰にでもある嫉妬ですが、できればそのような気持ちにさせずに平和に接したいと願う人は多いです。そこで、男性が嫉妬する理由を知っておくことで冷静な対応ができ、万が一に備えたトラブルを回避できます。

男が嫉妬する理由

男性が嫉妬する理由を理解することで、自分の行動を改めることができます。嫌な思いをさせないためにも、内容を把握しておきましょう。

元彼に嫉妬

男性の嫉妬理由の多くが、元彼に対する嫉妬です。「元彼はこんなことをしてくれた」という話をされると、「元彼の方がよかった」と言われているように感じて嫉妬する男性は多いです。実際にそうであっても、彼の前では元彼の話をしてはいけません。さらに比較されて自分が劣っていることを遠回しにでも言われると、嫉妬と怒りでトラブルの原因になりかねません。彼の前では元彼のことは話さず、自分が思っているだけに留めておきましょう。

ライバルが現れた

彼女や気になる女性に対してちょっかいを出してくる男性がいると、対抗心を煽られて嫉妬する男性が多いです。彼女には自分だけを見ていてほしいのにも関わらず、他の男性と楽しそうに話す姿を見せつけられたら、嫉妬しない人はいません。この時点で彼女を諦めてしまう男性もいるので、他の男性を話す場合は注意しましょう。他の男性と話をしてもそっけない態度を取り、気がないことをわかるような対応をしましょう。そうすることで、他の男性と話をしても、強い嫉妬心を抱かせることはありません。

ほかの男性の話をしていた

自分以外の男性の話をされるとイライラして嫉妬するのは、男性であれば当然のことです。女性でも、彼が他の女性の話をしているとイライラすることがあるのと同じですね。他の男性の話をすることは決して駄目なことではありませんが、その後に「やっぱりあなたが一番ね」などの言葉も付け加えると、彼の気持ちを安心させられ嫉妬によるトラブルも回避できます。

ほかのことに夢中になっている

ほかのことに夢中になっていると、構ってくれないという理由で嫉妬する男性もいます。彼女の意識を自分に向けたいので、いつでも構ってほしいという気持ちがあります。しかし、ほかのことに夢中になりすぎると、彼への意識よりもほかのことのほうへの意識が強くなり、ほかのことのほうが大切なのだと判断されてしまいます。夢中になれる趣味があると、余計に彼が嫉妬してしまうので、彼の相手もしながら取り組むようにしましょう。

男が嫉妬したときの行動

男性が嫉妬したときの行動を知っておくことで、冷静に対処することができるようになります。内容を押さえておきましょう。

無言になる

男性が嫉妬心を抱いているときは、話を振っても無言になり、会話を拒否する行動を取ります。女性に対して冷たい態度を取り、不機嫌で怒っている態度を取る傾向があります。なぜ不機嫌になっているのか把握できないと、気まずいままになり別れの原因に発展する場合もあります。言葉で話してくれればよいのですが、無言になり明らかに今までとは違って不機嫌になる態度を取り始めたら、何かに嫉妬している可能性があると考えましょう。

機嫌が悪くなる

嫉妬心が強くなればなるほど機嫌が悪くなり、よくない雰囲気を出して怒りっぽくなる傾向があります。怒りっぽくなるタイプは、トラブルに発展する率も高いので、相手の行動や態度を注意深く見るようにしましょう。自分でも、相手を嫉妬させないような行動や態度を取ることで事前にトラブルを回避できます。機嫌を悪くさせてしまった場合すぐに謝るなどして、自分も怒らないで冷静に対応し相手の気持ちを和らげましょう。

批判する

女性が好きなものや芸能人などに対して、「大したことない」「実はあまりよくないらしい」など、批判するようになることも、嫉妬による態度であると判断できます。同性の芸能人であればよいのですが、異性の芸能人だと嫉妬心が強くなり、批判する言葉を発するようになります。彼がいつもと様子が違うと感じた場合、話題を変えて彼が得意なものや趣味に関する話をすると、彼に意識が向いていることを感じさせられるので、嫉妬心を取り除くことができます。

武勇伝を話す

自分のほうが優れていることをアピールするために、武勇伝的なエピソードを話し始めることも、嫉妬の気持ちがあるからと考えましょう。アピールをすると自分に気を向かせられるので、大げさに話す人も多いです。彼の気持ちを安定させるためには、話を楽しそうに聞くことがポイントになります。「すごいね」などの誉め言葉も相手を嬉しくさせられるので、嫌がらず話を聞きましょう。

スキンシップが増える

自分のものということをアピールするために、人前でスキンシップをしたり、甘えたりすることもあります。無言になるタイプと真逆の性格ですが、嫉妬心が強く、絶対に他の人に渡さないという気持ちが強い証拠として考えておきましょう。人前でのスキンシップを嫌がる女性も多いのですが、彼の気持ちを受け入れて対応することで男性の嫉妬心を取り除き、安心させることができます。人前でのスキンシップが嫌な場合は、前もって話しておくことが大切です。

男の嫉妬の対処法

男性の嫉妬を対処する方法を知っておくことで冷静に対応でき、トラブルを回避できます。

相手の気持ちを理解する

嫉妬する気持ちを頭ごなしに否定するのではなく、相手が嫌がることをしていなかったかなど、自分の行動を振り返ることも必要です。なぜ不機嫌な行動を取ったのかという理由を見つけるためにも、自分の行動を見直してみましょう。相手にやきもちを焼かせる行動を取っていなかったかなど、相手を責める前に自分で確認しておくポイントもあるはずです。自分の反省点を見つけることで、相手の気持ちを理解できるようになります。

連絡を取るようにする

どこで誰と会うのかなど、ある程度自分の行動を相手にも知らせておくと安心できます。自分の行動を相手にあらかじめ伝えておくことで、しつこく聞いてくることもなくなり、自分自身も仕事や趣味に集中して取り組めます。連絡をしないと、相手を不安で寂しい気持ちにさせてしまうため、大雑把にでもスケジュールを話しておくとよいでしょう。

必要以上にほかの男性の話をしない

特別嫉妬深くない男性でも、必要以上にほかの男性の話ばかりされると気分がよくないと感じる人が多いのでほどほどに抑えましょう。自分の中では恋愛感情のない男性でも、相手からすると頻繁に違う男性の名前が出ると、「自分以外の人に気があるのでは?」と不安な気持ちにさせてしまいます。この不安な気持ちが強くなり嫉妬心になるわけなので、必要以上にほかの男性の話をしないようにしましょう。

交友関係を明かしておく

「この人は友達の彼氏」「この人は会社の先輩」など、あらかじめ関係性を明らかにしておくと安心でき、嫉妬心を抱かせにくくなります。交友関係があっても、必要以上に他の男性の名前が出ると嫉妬させてしまう原因となるので注意しましょう。よく名前を出してしまう場合は、気持ちがないことをはっきり伝え、仕事のみの関係であることを理解してもらうことが大切です。

たくさん褒める

日頃からたくさん褒めるようにすると、相手の自尊心を満たすことで満足させられ、嫉妬させない日常をおくることができます。他の男性の話をしても、最終的に彼を褒めると場の雰囲気もよくなり、彼の気持ちを安心させられます。褒めるところがないように思えても、服装や髪型ならいかがでしょうか。やる気がない場合でも「そのオフさがいい」など、とにかく褒めるポイントを見つけて彼の気持ちを満たしてあげることです。

感謝する

相手のことを大切に思っていることをしっかり伝えるようにしましょう。彼は、一番この言葉を待っているので、素直な気持ちになって伝えることが大切です。あまのじゃくで素直になれない女性も多いかもしれませんが、素直になることは自分にとっても相手にとってもよく、2人の仲を安定させることにつなげられます。嫉妬させることもなくなるので、彼もこちらへ純粋な気持ちを向けてくれます。

男の嫉妬心を理解しよう

男性の嫉妬心を理解することで、対処法や自分の反省点を見つけ出せるようになります。嫉妬しない人はいません。自分の意識や行動一つで彼を不安にさせてしまうこともあります。嫉妬させない行動を把握しておくことは、2人の仲を安定させることにつながります。対処法も知っておくとトラブルを回避できるので、彼が嫉妬心を抱く行動はどのようなものなのかを把握しておきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール