健康・運動

ヨガの効果とは。体によいとされる理由を把握し継続して取り組もう

ヨガを取り組むことで、得られる効果はさまざまあります。単にダイエット目的で取り組んでいる人も多いですが、心にも体にも脳にもよい働きがあるのです。ヨガから得られる効果を知ることで、ヨガの大切さや、継続して取り組もうとする意欲を高められます。

身体的または精神的効果とはが見られる

ヨガは、単なるストレッチと思っている人は多いのではないでしょうか?ヨガは、身体的または精神的によい健康法のひとつで、ストレス発散やダイエットにも活用されています。

呼吸法を意識することで、体の巡りを改善し代謝を高めることができます。健康維持や美容にも効果的で、気持ちをスッキリさせる働きも。ヨガを行う場合、癒される音楽を聴きながら行うことで、さらに楽しく継続して取り組むことができます。

ヨガの効果を実感するためにも、得られる効果を知っておくことが大切です。ヨガを行う目的を明確にすることで、さらに意欲を高め、前向きな気持ちで楽しく取り組めるようになります。女性に人気のあるヨガですが、どのような効果が得られるのでしょうか。

ヨガがもらたらす効果とは

ヨガを行うことで、素晴らしい効果が得られます。得られる効果を知っておくことで、ヨガに意識が向き、集中して取り組むことができ、効果を実感するための近道となります。

ココロと体とさまざまな面で発揮される

ヨガは、日本YOGA連盟によるとヨガはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。このため、あらゆるカテゴリとつながりがあり関係しているため、さまざまな面で発揮することができます。心には呼吸や瞑想、体にはポーズ、精神的にはストレスの解消や気づきを得られるというように、ヨガを行うことで心と体と魂がつながりを感じられる健康技法になります。

体の緊張をほぐして、精神の安定や安らぎを得ることができ、体によい効果をもたらしてくれます。運動が苦手な人でも、ヨガを通じて体の機能を回復させられている人も多く、筋トレやトレーニングが苦手な人、疲れを癒しリラックスしたい人はヨガがおすすめです。

カラダに表れるよい効果

ヨガは、姿勢を正し自然治癒力を高め、腰痛肩こりなどの慢性的な症状を緩和すると考えられています。体にとってよい効果をもたらしてくれるため、ヨガを活用して心も体も健康になりましょう。ヨガが、体にもたらすよい効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

効果を把握しておくことで、ヨガを集中して取り組むことができ、継続してやろうという意識を高めることができます。目に見えてわかる部分もあれば、目に見えない部分の改善も期待できるので、焦らずにコツコツと継続してヨガを行いましょう。気持ちがスッキリとするため、日々のモチベーションを維持できることにもよい作用があります。

【参照リンク:http://www.npo-yoga.com/about_yoga/mokuteki.html

痩せやすいカラダを作れること

ヨガにはダイエット効果がないとの意見もあるが、体重を急激に減らすようなダイエットとは異なり、アプローチでのダイエット効果があります。ヨガは使い慣れない筋肉を動かし脂肪を燃やしやすい体へと導きます。呼吸法により、体全身の代謝が改善されていきます。このため、体の巡りが調い老廃物を流し綺麗な体へと導く作用があるのです。老廃物が流れることで、冷えが改善されむくみの解消にもつながります。

ホルモンバランスの安定や体内リズムを整え、自律神経の回復にもよい働きがあるとされています。女性にとってホルモンバランスとはとても大切なことなので、体の内側から改善されてよい体内環境を維持できるようになります。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/2828.html】 

正しい姿勢へと導く

ヨガを行うことで、正しい姿勢へと導くことができます。体のゆがみが冷え性やむくみにつながるため、体のゆがみを解消してくれるヨガが有効とされています。呼吸法を意識することで、自然にインナーマッスルにも働きかけます。体の軸となる筋肉にアプローチできるため、骨や内臓が正しい位置へと戻り、姿勢や体のゆがみがなくなり、意識をしなくてもよい姿勢ができるように改善されていく効果を得られます。

ポーズを行うときも、呼吸は止めずに続けることを意識しましょう。呼吸を止めてしまうと、上手に体内に酸素を取り入れられなくなります。急激な酸素を必要とするため、無酸素運動状態になります。心拍数も上がってしまい集中できなくなるので、ゆっくりとしたペースで呼吸を行うことを意識することが大切です。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/2994.html

ココロに表れるよい効果

ヨガは、心にもよい働きを示してくれます。ヨガを活用して、自分の心にも栄養を与えられるように、落ち着いてできる環境やタイミングで行うと効果的です。心によいと思って取り組むよりも、腹式呼吸に集中しながら瞑想やポージングをすることで、ごく自然に効果を実感できるようになります。

ヨガをやってすぐに心がスッキリをするというわけではなく、ヨガを継続してとりくむことで体のサイクルが安定し、自律神経の乱れも改善していきます。よって、気持ちやメンテル的な心にもよい効果が生まれるというわけです。1回や2回のヨガの効果では得られないので、続けて取り組むことを目標に行いましょう。毎日ではなくても、週に2~3回でもよいです。また、少しの時間でもよいので、継続した取り組みを定着できるような環境を作りましょう。

ヨガの瞑想効果で集中力アップと心にゆとり

ヨガによって、副交感神経を活発にして交感神経が活発な緊張状態から、バランスの取れた状態にできます。体へのアプローチはポーズですが、心には瞑想でアプローチをしていきます。瞑想を行うことで、体や脳がリラックスできる状態になり、集中力もアップできます。瞑想中、集中できない場合は腹式呼吸をゆっくりと行うことを意識すると、上手にできるようになります。

何かを考えるのではなく、とにかく冷静になり、ただ呼吸を行いましょう。リラックスしている状態が、アイディアの閃きが起こりやすい状態になるので、焦らずに瞑想を続けてみましょう。個人差があるので、上手くできない場合もあり、途中で寝てしまう場合もあります。そのような場合は、そのまま寝てしまっても大丈夫です。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/1295.html

うつ病対策効果も期待されている深い呼吸で落ち着きを計る

腹式呼吸によって活発化されるセロトニンの分泌がカギとなります。このセロトニンの分泌が十分に行われることで、熟睡できるようになり、免疫力が上がるなど、身体機能にとってよい効果がでてきます。呼吸はヨガの基本ですが、単に呼吸をするのではなく、きちんと鼻から吸って口から吐くということが大切なポイントになるのです。

呼吸をゆっくりと行い、新しいポジティブなエネルギーという酸素を吸い、体内に巡ることを意識します。そして、二酸化炭素という体内にとって不必要なものを吐き出すというイメージで続けていきます。これを続けることで、体は少しずリラックスしていき、気持ちをスッキリとさせ、うつ病対策にもよい効果が得られることにつなげられるのです。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/1297.html#i

脳機能にも良い影響を与える

イリノイ大学の研究室は、ヨガが高齢者の認知機能の改善することやを報告しています。さらに、ヨガが脳の記憶と抑制機能のスピードと正確性を向上させるとも報告しているため、ヨガは脳機能にとてもよい働きを与えてくれることがわかります。認知症の改善や記憶力アップにもよい作用があるため、心、体、脳という、全てによいことが理解できます。

リラックス効果もあるので、冷静さを取り戻したいときにもおすすめできます。脳機能を活性化でき、明るくモチベーションの高い自分をキープできることにもつなげられます。集中したいときや集中力を高めたい場合にも、ヨガの取り組みがおすすめです。何かを考えようとするのではなく、心を落ち着けることが大切です。いろいろと考えてしまう場合は、いろいろと考えてよいです。しかし、その後は冷静になれる瞬間がくるので、そのときの自分に合わせて取り組んでもよいでしょう。

【参照リンク:https://matome.naver.jp/odai/2141441107278410401

ヨガは男性にも女性にも効果あり

ヨガの効果には男性にとっても魅力的なものも多いということを知っておきましょう。ヨガというと、女性が行う健康法というイメージがありますが、男性も女性同様によい効果が期待できます。男性でも、運動不足が気になり、柔軟な体を手に入れたいと思っている人にもおすすめの身体技法で、インナーマッスルを簡単に鍛えることができます。呼吸法によりインナーマッスルが鍛えられ、体の歪みも姿勢も改善され、痩せやすく太りにくい体へと改善させることができるのです。

単なるエクササイズとは異なり、体の内側にあるインナーマッスルにもアプローチできるため、男女ともによい効果が期待できます。インナーマッスルに働きかけるには、呼吸を止めずに負荷をかけすぎないことです。負荷をかけすぎてしまうと、インナーマッスルではなくアウターマッスルが鍛えられ、体の軸を鍛える効果が低くなります。焦らずに取り組むことも、ヨガの大切な要素になります。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_body/897.html

ヨガの効果は科学的根拠がある

ヨガの効果は奇跡ではなく根拠があり、証明されていることです。その内容と詳細をみていきましょう。

インナーマッスルの強化で腰がラクに

ヨガは、インナーマッスルを鍛えることができ、強化することで腰痛によい効果があるとされています。腰痛緩和の効果は、アメリカのNational Center for Complementary and Integrative Health(NCCIH)によって示されており、腰痛に悩みを抱える人はインナーマッスルを鍛えることをすすめられています。

単なる筋トレとは異なり、体の内側にある小さな筋肉なので、普通の筋トレでは鍛えられません。自然に鍛える方法として、呼吸法を大切にしているヨガの取り組みが進められています。特別な筋トレをしなくても、簡単にインナーマッスルを強化できるため、運動ができない人や苦手な人にもおすすめです。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/2426.html

ギャバの分泌量を増加させ心を鎮める

ヨガは、副交感神経のバランスを整えたり、神経を鎮めるギャバの分泌量を増加させる効果があり、これがリラックス効果とされています。ヨガの呼吸法とポーズにより、脳の中にある神経伝達物質のひとつであるギャバが、自律神経のバランスを整え、ストレスや不眠症などの症状を和らげる作用があります。

このような、メンタル面の改善も科学的な根拠があるとされているため、ヨガがもたらす素晴らしい効果が理解できます。精神的なメンタル面でもバランスを安定させ、自分本来の体機能を保つことができます。体のサイクルが悪い人でも、自律神経を改善させられるためよい効果が期待できるとされます。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/2426.html

医療現場に取り入れられるヨガ

アメリカでは、補完的治療マネジメントにヨガが活用されています。ヨガを行うことで、血圧や悪玉コレステロール値が改善され、心拍数が改善されるなど、心臓病の病気にもよい効果があると科学的な根拠があると示されています。医療の現場にも取り入れられるほど、改善効果が期待できるとされています。

ヨガは、体本来の免疫力を高める作用があり、瞑想や呼吸法によって、血行促進や腰痛の緩和などにも高い効果が得られています。脳の活性化にもよい作用があるため、これからも医療の現場に取り入れるところは増えるでしょう。自分自身も、意欲的にヨガを行うように意識づけることで、さらに体機能を改善させやすくなります。

【参照リンク:http://yoga-medical.org/healthcare_service/

ヨガの効果的なやり方ついて

ヨガの効果的なやりかたを把握することで、さらに効率よく効果を実感できることになります。

呼吸法がヨガの効果を高めるカギ

ヨガは呼吸法がとても重要なポイントで、この呼吸法でヨガの効果を高めるとされています。ヨガで用いられるのは華呼吸とも呼ばれる腹式呼吸です。腹式呼吸をゆっくりと行い、息を吐くときはお腹に力を入れながらゆっくりを吐き出していき、限界まで吐き切ります。お腹に力が入ることでインナーマッスルを効率よく鍛えることができ、次の新しい酸素をたくさん体内に取り入れることができます。

息は止めず、続けて腹式呼吸を続けていきます。ポーズをしても瞑想をしていても、この呼吸法は変わらず行いましょう。体調が悪く、鼻が詰まっている場合は無理に行わないことです。「ヨガ」を意識せず、普通の呼吸でよいので体の回復を優先にしましょう。

【参照リンク:http://textview.jp/post/health/22227

継続が不可欠

ヨガの効果を実感するためには、継続が不可欠となります。週一回程度の無理のない頻度で、2~3カ月の継続が必要とされています。短期間でも、効果を実感できる人もいますが、体の内側から確実に体質改善しようと思う人は、3カ月の取り組みを目標にしましょう。普段使わない筋肉にアプローチし、血行の改善やリンパの流れをよくできるため、代謝を高める効果も実感できます。1回2回の取り組みでは、何だかよくわからないという場合が多く、実感までには至りません。

体の内側から改善したい人は、根気よく続けることを心がけて取り組みましょう。ヨガは、継続することで少しずつ効果を得られるものです。短期間での効果を期待している人はヨガは向いていません。長いスパンになりますが、少しずつ体が変わっていくことを実感できるため、楽しく取り組むことができます。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/3077.html

ヨガの効果を高めるを行う時間帯で異なる

ヨガを効率よく行うためにも、行う時間帯も意識して取り組むとよいでしょう。朝はヨガで頭をリフレッシュできる効果が高く、夜はヨガでリラックスし深い眠りにつくことができます。朝のヨガは、一日の神経伝達作用が効率よく高められ、主にポージングを行いながら腹式呼吸を行いましょう。

夜は、リラックス効果を高められる瞑想を中心としたヨガを行うとよいです。ストレッチなども取り入れ、就寝前に行うことでよい眠りにつくことができます。継続することで、交感神経と副交感神経のメリハリが正常になり、体内リズムもよくなります。時間帯にも目を向けて、しっかりと取り組んでいきましょう。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_body/905.html

独学ヨガで体を痛めないように注意

独学でヨガを始める人も多く、自分なりに効果を得られているという人も多いです。しかし、正しい方法を教えてくれる人がいないため、無理に筋肉を使って痛めてしまうことがあります。ヨガについて全くわからないという人は、独学はおすすめできません。正しいヨガ教室に通うことをおすすめします。

専門知識のある人からヨガを学ぶことにより、正しい呼吸法やポージングなども教わることができ、よいアドバイスや指導を的確にしてくれるので、安心して取り組むことができ、ヨガに集中できます。また、独学は、費用をかけずに始めることができるメリットがありますが、途中で飽きてしまい、継続できないというデメリットがあります。無茶なポーズをしてケガをする人もいるため、正しくヨガを行いたいという人は独学ではなく教室に通うようにしましょう。

【参照リンク:https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga_kouka/3081.html

一緒に頑張れる友達と習う

ヨガを継続して取り組むためにも、一緒に頑張れる友達と一緒に行うと楽しくでき、継続してできるようになります。ヨガを行うのは自分ですが、そこには人と人とのつながりやコミュニケーションがないと楽しく感じません。一人で音楽を聴きながら取り組むという方法もよいですが、友達と一緒に習うことでよい刺激になり、効果を実感できた喜びを分かち合うことができます。

楽しく続けたい人は、友達と一緒に取り組んでみましょう。一緒にヨガの効果を実感できると、さらに楽しく取り組むことができ、私生活も楽しく感じられるようになります。健康と美容のために行っている人も多いので、気軽な気持ちから始めるとよいでしょう。

【参照リンク:http://omyogastudio.jp/yoga_katsu

ヨガとピラティスの違いについて

ヨガとピラティスはどちらも健康法として人気があります。違いについて理解しておくことで、両方のよい部分や得られる効果を把握できます。

ピラティスとヨガは発祥が異なる

ピラティスはリハビリを基に作られた体幹を重視する健康法で、ヨガはインド発祥の修行法が基になっているもので、呼吸法や瞑想を行うことで体本来の機能を高める効果を得ることができます。ピラティスは、身体のパフォーマンスの向上や体幹を鍛え、健康的でケガの予防に大きな期待ができるようになります。

また、ヨガは、ダイエットを目的としたエクササイズではなく、インドの思想体系に基づいた治療法のひとつとするものです。エクササイズやダイエットに用いられるピラティスに対して、ヨガは健康法や治療法に用いられるものと考えるとわかりやすいです。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

呼吸法が違う

ヨガとピラティスで大きく異なるのは呼吸法です。ヨガの呼吸法は腹式呼吸なのに対してピラティスの呼吸法は胸式呼吸になります。ヨガで重視するのは、お腹で大きく息をする腹式呼吸です。この呼吸法で、副交感神経を活性化させリラックス効果を高め、心と体の安定につなげることができます。

ピラティスでは、胸に息を送り込む胸式呼吸を中心におこないます。腹式呼吸で得られる効果とは異なり、交感神経を活性化させ頭をスッキリとさせる効果を得られます。また、自律神経を整え、血行促進させる効果もあります。ヨガは、心の安定を求めるのに対し、ピラティスは心と体の調和させ、ダイエットなどの効果で理想の体づくりを目的としています。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

しなやかな体作りのヨガ

ヨガは、しなやかな体づくりや美しい姿勢に効果的とし、インナーマッスルが鍛えられないということではなく、あくまでも呼吸法を重視しているため、ピラティスとは別のポイントの違いがあるということが分かります。ヨガは、呼吸法を意識するだけでもインナーマッスルは鍛えられるのですが、その部分を重点的に鍛えることを目的とはしていません。

体機能を正常にし免疫力を高め、健康的な心と体へと導くのに効果的とされるのがヨガです。特別な運動はしていませんが。呼吸法を意識することで、太りにくく痩せやすい体へと導くことができます。短期間ではなく長期間取り組むことで、効果を実感できるとされています。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

ピラティスはコアを鍛える

ピラティスは、コアと呼ばれる体幹の強化や姿勢の改善効果があります。そして、ケガの予防などに効果的とされています。ヨガとは違い、エクササイズを取り入れた身体技法で、鍛えることを目的しているため、ヨガに比べると早く効果を実感することができます。ヨガのように免疫力を高めるという効果を目的とせず、体幹や姿勢の改善など、鍛えることで健康的な体へと導く効果をえられます。

インナーマッスルも効率よく鍛えることができ、よい汗をかきたいという人にも向いています。ヨガも、健康やダイエットを目的として取り組む人もいますが、ピラティスも健康と美容によい効果を得ることができます。ケガをしにくい体作りができるため、体を動かしながら健康的になりたい人におすすめできます。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

リラックス効果を求めるならヨガ

ヨガの腹式呼吸は、副交感神経を活性化させリラックス効果をもたらします。リラックス効果を求めるならヨガを行いましょう。疲労回復効果や免疫力を高める、脳の活性化などを目的とするならば、ヨガの取り組みがおすすめです。朝もおすすめできますが、夜寝る前に行うことでよい眠りへと導きます。しっかりと熟睡できるため、不眠症の改善にも役立てられます。

翌朝の目覚めもスッキリとするので、体機能を正常に保ちたいという人にも向いています。仕事がお休みの日に行う場合は、リラックス効果のあるBGMを聞きながら取り組むことで、さらにリラックス効果を得ることができ、心も体も休ませられます。このときも呼吸法をできるだけ意識をして取り組むと、よい効果を得られやすくなります。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

ピラティスならリフレッシュ効果

ピラティスの胸式呼吸は、交感神経を活性化させ頭をリフレッシュ効果をもたらします。ヨガを夜にするなら、ピラティスは朝に取り組むようにして、一日のエネルギーづくりとして行ってもよいでしょう。また、気分転換にもよい効果があり、気持ちをリフレッシュさせることができます。

ピラティスの呼吸法で、体全身が活性化するため代謝も上がります。老廃物もしっかりと排出していくので、新しい酸素を取り入れ気持ちを明るく保つことができます。体の動きの基本となる動作を意識して行うので、運動が苦手な人でも楽しく取り組むことができます。

【参照リンク:https://school.epark.jp/columns/pilates/pilates_or_yoga

ヨガスタジオは独学よりもいいかも

自宅ヨガのメリットはもちろんありますが、ポーズや呼吸法などの基礎をキチンと教わりたい初心者や、一人では集中や継続が難しい人には、ヨガスタジオの利用がおすすめです。ヨガを効果的に行うポイントやアドバイス、継続するためのコツなども教えてくれるので、継続して取り組みたい人は利用してみましょう。ヨガスタジオを、コミュニケーションの場として活用することもよい方法です。人との関わりも楽しいので、みんなで楽しくやりたい人にもおすすめできます。

しかし、一人のほうがよいという人は、無理にスタジオを利用しなくてもよいです。仕事が忙しく、就寝前にしかできないという人も多いです。そのような人は、腹式呼吸を意識して取り組みましょう。ポージングは慣れてきたら行うようにし、瞑想も取り入れて自分なりにやってみましょう。それぞれの個人にあった、集中し継続しやすいヨガを行うことが大切です。

【参照リンク:http://kurachikanako.com/blog/sensei-mitsukekata/

正しいやり方を知ってヨガの効果を高めていこう

ヨガは、正しいやりかたで行うことで、さらに高い効果を得られるようになります。健康を意識している人におすすめでき、得られる効果を知っておくことで、さらに意欲的に取り組むことができます。短期間で効果が実感できるものではなく、継続することで効果を実感でき、太りにくく痩せやすい体へと導くことができます。ヨガを通じて得られる効果はさまざまあり、女性だけではなく男性にもおすすめできる健康法になります。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール