生き方

人生を変えるためできること。つまらない日常やを変化させる方法とは

「日常生活に変化がなくてつまらない」「自分にはまだまだできることがあるはず」そんな風に思っているのなら、まずはできることから行動してみてはいかがでしょうか。少し行動を変化させてだけで、これまでとは違った世界が広がることでしょう。

つまらない人生を変えたいと思っている人は多い

日常生活は、小説の世界のように華やかではありません。毎日同じ繰り返しだと感じ、つまらない人生だと思う人も多いでしょう。しかしそれは毎日同じ繰り返しの日常を、あなたが選択していることに他なりません。この記事では、自分が変わることによりそのような日常生活に変化を起こすコツをお伝えします。

人生を変えるために必要な事

もし自分の人生を変えようと思ったら、まずはわずかな行動から始めてみましょう。

長所と短所を考えてみよう

まずは紙やノートなどに自分の長所や短所を書き出し、それらを活かせる場所や、自分を成長させる方法などをみつめ直してみてください。自分が人とコミュニケーションを図るのが得意ならば、それを活かす仕事につくこともよいですし、遅刻が多いという短所がわかっていれば、生活習慣を変えることができます。長所と短所を客観的に理解することにより、さらなる成長をすることができます。

出会いを大切にしよう

人と人が出会うことで、そこに否応なく変化が生じます。意識しなくても、会話をしたりすることが刺激となり価値観が変わるのです。普段休日などに家にこもりがちだとしたら、たまには外に出てみてはいかがでしょうか。社会人サークルに参加したり、資格を所得するための講座などを受講することで、新しい出会いも生まれます。

自分の目標を考えてみる

目標がなければ、なかなか日々の生活を変えることは難しいもの。将来やりたいことや、イメージを持つことは非常に大切です。「結婚したい」「子供がほしい」。例えばそのようなイメージがあるのなら、20代のうちから恋人をつくったり婚活を始める必要性がみえてきます。このように、将来のビジョンを考えることは、自分の今やらなければならないことを浮き彫りにしてくれます。

新しいことに挑戦してみよう

「いつか、または今度挑戦してみよう」そんな風に思っていても、たいていは結局はやらずに終わってしまいます。年を取ってくると、体の不調なども出る可能性のあり、全てできるとは限りません。もしもやってみたいことがあるのなら、若いうちにすべきなのです。いろいろなことを学び、知識を蓄積することで、自分自身が行動できる可能性を広げることができます。

生活習慣を改めよう

暴飲暴食、睡眠不足、運動不足など、いわゆるやめたほうがよいといわれる生活習慣を送っているようならば、ぜひそれを改善しましょう。「別に、体に不調ないし」と放っておくと、人生を変えるような結婚、就職といった重要イベントにも悪影響を及ぼしかねません。早寝早起きなど大した変化ではないように思えるかもしれませんが、人生を変えるあなどれない小さな習慣です。

行ってみると人生観が変わる旅行先を紹介

旅は人生を簡単に変えます。しかし国内の温泉旅行などにちょっと出かけたくらいでは、大きくは変えられません。どうせつまらない人生を変えたいと思っているのなら、思い切って国外に出てみてください。インドで日本の常識が通用しないことを経験してみたり、アイスランドで人の手が入っていない雄大な自然に触れてみても素敵ですね。

他に人生を変える旅行先の上位ランキングには、アメリカや中国、フランスなどがランクインしています。

映画を観てみる

映画には、人の人生が濃縮されています。それをみることで自分自身に変化が起きることがあります。人生を変える映画をいくつか挙げるとブラジル発のポップなギャング映画「シティオブゴッド」、ヒトラーが現代にタイムスリップするという奇抜な発想で描かれた「帰ってきたヒトラー」など。興味の持てる分野の映画からまずはみてみましょう。

転職に役立つ資格をとる

将来転職を考えている人は、ぜひ目指す転職先で必要となる資格を取得してみましょう。また資格取得に興味があるけれど何から始めたらよいのかわからない人は、人生を変える最強の資格を取得しておいてもよいです。例えば転職に役立たずとも人生の役に立つファイナンシャルプランナー、人事社保の専門家である社会保険労務士など。履歴書に資格を記入できると、それだけでうれしくなります。

人生を変える本を読む

本も人に大きな影響を与えます。本は心の清涼剤。仕事や恋愛に疲れたときに、読んで気持ちを切り替えましょう。気持ちが前向きになるオグ・マンディーノの「十二番目の天使」、勇気をもらえる武藤貴宏の「『本気で生きる』以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ」など、読んだだけで元気がもらえます。

人生を変える心に残る名言を探す

人生を変える魔法の言葉といものもあります。それは過去に偉人たちが残してくれた、さまざまな心に残る名言です。書店に行けば名言集は数えられないほどおいていますし、ネットでも検索することができます。名言ノートなどを自分で作成し、心に響いた言葉を書き止めていってもよいです。それはあなたの特別な一冊になり、心を支えてくれることでしょう。

人生を変える仕事

人生の大半を費やす仕事だからこそ、充実させたいものです。

仕事へのモチベーション低下をどう対処するか

「仕事をやめたい」「仕事がつまらない」そのようにつぶやいている人は多いもの。しかし実際に辞めずに愚痴をいいながらも、仕事を続けている人が大半です。そのようにモチベーションが低下したまま仕事をしていては、人生はつまらないものですね。

ではどのように仕事のモチベーションを上げたらよいのかというと、まず本気で会社がつらいなら辞めること。もちろん事前に転職活動などをして、新しい職場を探しておくべきですが、それも一つの選択肢としてあると念頭に置いておきましょう。

しかし転職をしたところで、状況が改善するとは限りません。たいていの場合給料は下がります。もしもまだ今の会社で続けてみる気力があるのなら、モチベーションが低下してしまう原因を自分でなんとかするしかありません。

抱えきれないほどの仕事が負担となり、また残業が多いようなら「これ以上は抱え切れません」とはっきり断ってみる。人間関係でトラブルがあるのなら、それを改善するように動いてみる。そのように、愚痴をいうだけではなくなにかしらのアクションを起こしてみてください。自分の人生を変えられるのは、自分だけです。

仕事を充実させるためにすべきこと

仕事を充実させたい。やりがいのある仕事と出会いたい。そう思っているのなら、まず自分が本当はなにをやりたいと思っているのか、見つめ直す必要があります。もしかしたら漠然と「いまの仕事はおもしろくない」と思い込んでしまっている可能性があります。

やりたいことが明白にあるのなら、その道へ進めるように自分自身で努力して行動するだけ。しかし「あれ?自分のやりたいことって本当はなんなんだろう」と思ってしまうようならば、会社を辞めたりするのは時期尚早です。

まずは今の会社で仕事を充実させる方法を考えてみてください。人に感謝されたとき、誰かの役にたっていると実感したときに、人は幸せを感じます。顧客や同僚たちから感謝されるような仕事っぷりができているのか、もしもできていないのならばなにを成したらよいのか考えてみましょう。そこには仕事を充実させるヒントが隠されているはずです。

行動で人生はより良いものに変えられる

人生は変えられます。そのためにまずできるのは「つまらない」と不満をいうのをやめること。口にしているだけではなにも変えられません。

大切なことは、不平を言うまえに行動することです。ほんのわずかなことで構いません。休日に人と出会うようにすることでも、早寝早起きの習慣に切り替えることでもいいのです。行動をおこすことにより、人生はより良いものに変化していくことでしょう。


関連記事